北の国から資料館が8月で閉館・閉鎖に!老朽化や来館者減少で!再開は?

北海道富良野市には、現在もドラマ「北の国から」の資料が展示されている「北の国から資料館」があります。長年親しまれた「北の国から資料館」ですが、2016年8月で閉館・閉鎖したそうです。「北の国から資料館」についてまとめていきたいと思います。

目次

  1. 「北の国から資料館」が閉館・閉鎖!
  2. ドラマ「北の国から」とは?
  3. 「北の国から資料館」がある北海道富良野市
  4. 地井武男さんが演じた中畑和夫のモデルになった仲世古善雄さん
  5. 仲世古善雄さんが「北の国から資料館」を開館!
  6. 「北の国から資料館」の展示品は?
  7. ピーク時は9万人だった「北の国から資料館」への来館者!その後は?
  8. 老朽化!惜しまれつつも「北の国から資料館」は閉館・閉鎖に
  9. いつかは!「北の国から資料館」の再開は?
  10. 【まとめ】「北の国から資料館」は閉館しても感動は永遠!

「北の国から資料館」が閉館・閉鎖!

@minorin1128さんの投稿
13724592 627268097435644 1423214306 n

田中邦衛さん主演で、北海道富良野市を舞台としたドラマ「北の国から」は、1980年前半に連続ドラマとして放送され、2002年までスペシャルドラマが放送された大ヒットドラマです。

@kawaian_kさんの投稿
13584020 1768446180064340 790187837 n

JR富良野駅近くに出来た「北の国から資料館」には、多くの来館者が訪れました。しかし、老朽化などに伴い、2016年8月に惜しまれつつも閉館・閉鎖となりました。「北の国から資料館」の再開はないのでしょうか?今回は、「北の国から資料館」について詳しくご紹介したいと思います。

ドラマ「北の国から」とは?

@birdland.shinさんの投稿
13732160 1641820639465614 1373921717 n

ドラマ「北の国から」は、1981年10月から1982年3月までフジテレビ系列で連続テレビドラマとして放送されました。東京から故郷の北海道に、田中邦衛さん演じる黒板五郎(くろいたごろう)が、吉岡秀隆さん演じる長男の純(じゅん)と中嶋朋子さん演じる妹の蛍(ほたる)と共に移り住むことから物語が始まりました。

@sdp1990_officialさんの投稿
17265457 418045248547640 9147854082155741184 n

北海道富良野市を舞台にしたドラマ「北の国から」は大ヒットし、富良野も一躍大人気観光スポットとなります。「北の国から」は、連続ドラマ終了後も、子役の成長と共にスペシャルドラマを定期的に放送し、21年間に渡り8編のスペシャルドラマが製作されました。

北の国からの全話あらすじ!ドラマの遺言・時代・秘密・草太情報まとめ | Pinky[ピンキ-]

「北の国から資料館」がある北海道富良野市

@showyou_yさんの投稿
17881486 282649375525317 3226511661913341952 n

ドラマ「北の国から」の舞台となった北海道富良野市は、ドラマが放送される以前は、それほど有名な土地ではありませんでした。しかし、ドラマ「北の国から」の放送をきっかけに、富良野の美しい大自然を日本全国の人が知ることとなりました。冬の美しい白銀の世界、夏の一面に広がるラベンダー畑など、四季折々の美しさが富良野にはあります。

@danchu88さんの投稿
17933880 1362391703846000 2759109483694129152 n

「北の国から」のロケ地として大半の撮影が行われた富良野の麓郷(ろくごう)地区は、過疎化の進んだ村でしたが、「北の国から」の放送直後には、観光客が詰めかけたそうです。「北の国から」のおかげで、富良野は日本全国の人が知る有名な観光地となりました。

@miisa_10969さんの投稿
13696522 1734799673468552 1693940139 n

その後、「北の国から資料館」やロケで使われた五郎の家など、「北の国から」のロケ地巡礼をする観光客が後を絶たず、ドラマ終了後も「北の国から」の根強いファンがいることを物語っています。

地井武男さんが演じた中畑和夫のモデルになった仲世古善雄さん

@markn200さんの投稿
13737087 765473473592205 1687024614 n

「北の国から資料館」の運営を行ってきた仲世古(なかせこ)善雄さんは、富良野市の木材会社を経営していて、ドラマ「北の国から」の地井武男さんが演じた中畑和夫のモデルとなった方です。仲世古さんが経営する「麓郷木材工業」は、「北の国から」のロケ地として使われました。実際にドラマで使われた「中畑木材工業」の看板は、今も残されているため、ロケ地巡りで訪れる人も多いようです。

@tatsuhiko.m_alohaさんの投稿
17332348 391071441271582 31532198188285952 n

地井武男さん演じる中畑和夫が、最後のスペシャルドラマとなった「2002遺言」の時、妻をガンで亡くすという場面がありました。そのシナリオは、仲世古さんが奥様をガンで亡くしたことを受け、脚本家の倉本聰さんがドラマで奥様の話を書きたいと直々に申し出があったそうです。仲世古さんはそれを快諾し、そのストーリーが実現しました。

@me_suke_55さんの投稿
17127298 1673346002962122 524759821484818432 n

地井武男さんは最初出演を辞退する意向を示していたそうですが、地井武男さんは奥様から出演を勧められて、出演することになったそうです。その一週間後に地井武男さんの奥様はガンで他界されました。地井武男さんは自身の体験と役柄をリンクさせての熱演だったようです。

仲世古善雄さんが「北の国から資料館」を開館!

@t.atsutyanさんの投稿
13671709 1808830876018774 325530729 n

ドラマ「北の国から」の大ヒットにより、ロケ地となった麓郷地区には観光客が集まるようになったものの、富良野の街中にはあまり観光客が来なかったそうです。そのため、地元の青年会議所のメンバーが、富良野駅前に資料館を作ってほしいと持ち掛けて来たそうです。

@daisuke_gotooさんの投稿
13151232 2049617365263942 898371156 n

「北の国から」の脚本家の倉本聰さんは、最初は資料館は麓郷に作るべきだと言っていたそうですが、地元の人たちの意向を聞いて、富良野駅前に資料館を設立することに同意してくれたそうです。そして、1995年に「北の国から資料館」は開館します。

@tamopa888さんの投稿
13259615 1105276262844782 1830693412 n

当初は農協の米倉庫だったため、開館は夏場の倉庫が空いている2ヶ月間のみでした。2002年に、米倉庫としての使用をしなくなることになり、仲世古さんが土地と倉庫を買取り、2003年6月から年中無休で開館するようになったそうです。仲世古さんは休むことなく毎日開館したそうです。

「北の国から資料館」の展示品は?

@0914omamiさんの投稿
13584157 936286586477579 258970467 n

「北の国から資料館」には、ドラマで実際に使用された小道具、ドラマの場面を写真パネルにしたもの、倉本聰さん直筆の脚本原稿、ロケで使用されたセットなど、約520点が並びました。倉本聰さんがレイアウトの監修を務め、資料はフジテレビから受け継いだそうです。

@minorin1128さんの投稿
13694830 1736081919990238 1579733109 n

吉岡秀隆さん演じる純が、東京の定時制高校に進学が決まり上京する際、田中邦衛さん演じる五郎が封筒に入れた2万円を持たせます。それは、東京まで乗せてもらうトラックの運転手さんへの謝礼でした。しかし、運転手さんは、それを受け取れないと言います。純に泥の付いたピン札を一生とっておけと返すという、感動的なエピソードのある一万円札も展示してありました。

@bust_up_boys_dr.masaさんの投稿
13739488 494271004097358 1454523433 n

「北の国から資料館」には、「北の国から」での名台詞がパネルとなって飾られていました。「北の国から」では、東京では考えられない不便な生活と引き換えに、富良野の豊かな美しい自然を堪能する生活が描かれました。そんなことから、様々な名台詞が飛び出しました。

ピーク時は9万人だった「北の国から資料館」への来館者!その後は?

@0206maichi0218さんの投稿
13706926 1791647527736796 158151824 n

ドラマ「北の国から」は2002年に完結しますが、「北の国から資料館」は2003年6月から通年開館となり、来館者は1年間で9万人近い人たちが訪れたそうです。ドラマが終了しても、「北の国から」の人気は続いていました。資料館に入って、感動で号泣する人もいたそうです。

@mametabiさんの投稿
13628285 460064377527444 964160501 n

また、リアルタイムで観ていない世代の人も、再放送などでファンとなり、「北の国から資料館」を訪れる人もいたそうです。「北の国から」は、いつの時代も愛される素晴らしいドラマということですね。しかし、年々来館者数は減少し、2015年度は2万人にまで減ったそうです。

老朽化!惜しまれつつも「北の国から資料館」は閉館・閉鎖に

@f987oyさんの投稿
13116790 1563127023981877 1942334505 n

「北の国から資料館」は、来館者数の減少だけでなく、建物の老朽化も深刻になっていきました。雨漏りを直すのに数百万円かかるそうです。仲佐古さんは、修繕費も維持費もすべて負担して、「北の国から資料館」を維持してきました。しかし、老朽化の修繕の費用が膨大にかかる一方、来館者数は減少していくため、維持が難しくなってきたそうです。

@yusen_tks321さんの投稿
14099636 176773409397760 515993717 n

「北の国から資料館」は、年間1000万円の収入があったそうですが、経費はそれを上回るそうです。開館から21年が経過し、建物の老朽化と来館者の減少など、閉館・閉鎖が免れない状態となったようです。「北の国から資料館」の閉館・閉鎖を知って、2016年夏に訪れた人も多かったようです。

しかし、「北の国から資料館」の閉館・閉鎖を知らずにいた人は、閉館・閉鎖を知って残念に思う人も多くいます。閉館・閉鎖を惜しむ人は、いつかまた再開して欲しいと思う人も少なくないでしょう。

いつかは!「北の国から資料館」の再開は?

2017年2月には、「北の国から資料館」は取り壊し工事が行われていて、同じ場所での再開はないようです。しかし、開館から運営に携わってきた仲世古さんは、資料のすべてを別の場所に保管し、またいつか再開出来ればと思っているそうです。

@feat_ukoさんの投稿
924946 628643270546040 961302224 n

老朽化もあり、「北の国から資料館」の建物は取り壊すことになったようですが、別の形での再開を構想中のようです。「北の国から」の脚本家の倉本聰さんの資料館を設立しては?という案があるようです。

@niepongt3さんの投稿
17438947 1137652656343053 7235756507655045120 n

倉本聰さんは、「富良野自然塾」という富良野の自然を体感するプログラムを行うNPO法人を主宰するなど、富良野と深い関わりがあるので、「北の国から資料館」改め「倉本聰記念館」として再開する道を検討しているようです。

フジテレビで「北の国から」展が開催されていた!

もう終了してしまったのですが、2017年1月28日から3月5日までお台場のフジテレビ球体展示室「はちたま」にて、 放送35周年記念展『「北の国から」・・・伝えたいこと。』という展示が開催されていました。富良野の「北の国から資料館」に近い展示だったようです。このように、期間限定での再開もあるようです。

【まとめ】「北の国から資料館」は閉館しても感動は永遠!

老朽化や来館者数の減少などから、閉館・閉鎖を余儀なくされた「北の国から資料館」ですが、「北の国から」のDVDマガジンが発売されるなど、まだまだ根強い人気があります。またいつか富良野で、別の形となっても再開出来るといいですね。

ドラマ「北の国から」の出演者についての記事はこちら!

田中邦衛に死去説?現在は妻と老人ホームにいる?復帰の可能性を調査。 | Pinky[ピンキ-]
吉岡秀隆の現在の彼女は壇蜜?再婚するの?元妻・内田有紀もびっくり! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ