野菜の切り方ご紹介!初心者でもわかりやすい基本・種類や名前など

料理本に書いてある野菜の切り方を全て把握していますか?たくさん種類のある野菜の切り方は決して難しいものではありません。野菜の切り方を覚えて、食卓に変化を出してみませんか?きっといつものご飯よりずっと美味しいものに変身しますよ。

目次

  1. 料理初心者さんに優しい!野菜の切り方紹介
  2. どんな野菜にも使える切り方基本の種類
  3. 円筒状の野菜の切り方基本の種類
  4. 野菜に味の染みやすい切り方基本の種類
  5. 野菜に火が通りやすい切り方基本の種類
  6. 根菜野菜で使える切り方基本の種類
  7. サラダに使える野菜の切り方基本の種類
  8. 料理に合わせて野菜の切り方基本の種類
  9. 野菜の切り方で料理を魅せる基本の種類
  10. 料理初心者さんは野菜の切り方から学ぼう

料理初心者さんに優しい!野菜の切り方紹介

料理の基本は野菜の切り方から始まります。料理によって野菜の切り方を変えると味の染み込み方や煮る時間が短縮され、野菜の良さを引き出し料理の見栄えも良くなります。基本的な野菜の切り方の種類を知ることで様々な料理に使えて応用することもできます。料理初心者さんであれば、まずは基本となる野菜の切り方の種類と名前を覚えるところから始めると取り掛かりやすいです。

どんな野菜にも使える切り方基本の種類

一番簡単な野菜の切り方が、ぶつ切りとざく切りです。様々な料理で使うことができることから、料理初心者さんは切り方に困ったらこの切り方をするのが無難です。野菜によっては味が染み込みにくいものもありますので、作る料理を考えて切り方を変えていきましょう。根菜野菜や青菜は予めよく洗っておき土を取り除いてください。

@jinpokeさんの投稿
17662485 1862038680787105 1505289327469395968 n

ぶつ切り

端から2センチから3センチの長さで切っていく方法の名前をぶつ切りと言います。様々な種類の料理に用いられることが多い切り方です。ごぼうやネギなどの野菜に対してこの切り方をします。

@5th646さんの投稿
17662889 164336174088141 2115033293178011648 n

ざく切り

幅3センチから4センチでザクザクと切っていく方法の名前をざく切りと言います。主に炒めもの、鍋ものの時に用いられる切り方です。キャベツ、トマト、青菜などの野菜に対してこの切り方をします。

円筒状の野菜の切り方基本の種類

主に円筒状の野菜に対して行う切り方があります。大根など皮のあるものは、先に皮をむいてから切りましょう。なすなどは切った後そのままにしておくと変色してしまいますので水の張ったボウルに入れておくと変色せずに使えます。トマトは先に包丁でヘタを取りその後切っていきましょう。トマトは柔らかいので、料理初心者さんは中身を潰さないように気をつけながら切ってください。

@jasmine.oseanさんの投稿
14099778 1573990502907280 568508548 n

斜め切り

細長い円筒状の野菜を斜めに切っていく方法の名前を斜め切りと言います。主にごぼう、ネギ、きゅうり、にんじんなどの野菜に対してこの切り方をします。厚さは料理によって変えていきますが、薄く切る場合は斜め薄切りと表現されます。

@chiyodalさんの投稿
12501570 1590561104593496 777745224 n

輪切り

端から1センチから3センチの一定の間隔で切っていく方法の名前を輪切りと言います。厚さは料理によって異なります。切り口が輪の形になっていることから輪切りという名前になりました。主に大根、にんじん、かぶ、玉ねぎ、トマト、じゃがいも、たけのこ、きゅうり、なす、レンコンなどの野菜に対してこの切り方をします。

野菜に味の染みやすい切り方基本の種類

お漬物や汁物によく用いられる切り方があります。きゅうりなどは予め両端を切り落としてから切るようにしましょう。大根やにんじん、レンコンなどは皮をむいてから切っていきます。切り口を下にして等間隔で切っていくと安全で切りやすいです。

@uuu.sanさんの投稿
13525411 1141842672520563 131598412 n

半月切り

縦半分に切り、更に端から1センチから3センチの一定の間隔で切っていく方法の名前を半月切りと言います。切り口が半月の形になっていることから半月切りという名前になりました。主に大根、にんじん、玉ねぎ、トマト、かぶ、きゅうり、なす、レンコンなどの野菜や果物に対してこの切り方をします。

@n.okamoさんの投稿
1388953 832665640186173 938499616 n

いちょう切り

縦に十字に切り、更に端から1センチから3センチの一定の間隔で切っていく方法の名前をいちょう切りと言います。切り口がいちょうの形になっていることからいちょう切りという名前になりました。主に大根、にんじん、かぶ、じゃがいもなどの野菜やりんごなどの果物に対してこの切り方をします。

@ykming9390さんの投稿
10358283 833208143412053 235172547 n

野菜に火が通りやすい切り方基本の種類

和え物などでよく用いられる切り方があります。ごぼうは皮をこそげて(表面を削る)水にさらして泥を取り除いておきましょう。じゃがいもは皮をむき芽を取り除いてください。炒めものに使う場合は、少し厚みを出しておくとしゃきしゃきとした歯ごたえが楽しめます。

@m.navyさんの投稿
17881730 1940544632884467 8305368681945235456 n

細切り

端から、4センチから5センチくらいの長さで切っていく方法の名前を細切りと言います。長さを出すために斜め切りをしたものを少しずらして重ね、端から切っていき細切りにします。細切りにすることで野菜に火が通りやすくなります。主にピーマン、にんじん、大根、ネギ、じゃがいも、ごぼう、きゅうりなどの野菜に対してこの切り方をします。

@miconautaさんの投稿
17817816 1719404105024453 5035203745529462784 n

色紙切り

両端を切り落とし、1片が5センチほどの立方体になるように周囲を切り落とし、端から繊維に対して垂直に薄く切っていく方法の名前を色紙切りと言います。これは切り口が色紙のような形になっていることから色紙切りという名前になりました。主に大根、にんじん、かぶなどの野菜に対してこの切り方をします。

根菜野菜で使える切り方基本の種類

汁物や炒めものでよく用いられる切り方があります。この切り方も野菜に味が染み込みやすく火が通りやすくなります。どんな料理にも用いることができますので料理初心者さんは覚えておくと便利な切り方ですね。いつもの切り方と少し変化を加えるだけで時間短縮にもなりますので、切り方にアレンジを加えるためにもこちらの切り方は役立ちます。

@naomicookingさんの投稿
15259056 348370245532537 4598394159798157312 n

短冊切り

長さ4センチから5センチほど切り縦に1センチ幅で切った後、繊維の方向を縦長にして薄く切っていく方法の名前を短冊切りと言います。これは切り口が短冊のような形をしていることから短冊切りという名前になりました。主に大根、にんじん、ながいもなどの野菜に対してこの切り方をします。

薄切り

端から1ミリから5ミリほどの間隔で薄く切っていく方法の名前を薄切りと言います。主に大根、にんじん、きゅうり、かぶ、玉ねぎ、しょうが、なす、にんにく、ネギなどの野菜に対してこの切り方をします。また、円筒状の野菜を縦半分に切り斜めに薄く切る方法を斜め薄切りと言います。

@norikonushiさんの投稿
15875817 1427090720634544 8510894781298114560 n

サラダに使える野菜の切り方基本の種類

サラダやポトフ、シチューなどの煮込み料理によく用いられる切り方があります。食卓に出る機会の多いサラダは切り方が違うだけで盛り付けにも変化が出てきますので料理初心者さんは切り方を覚えるとバリエーションが豊富になります。トマトは皮を下にして柔らかい部分を上にして切ると切りやすくなります。

@msyerry917さんの投稿
17881026 435852980096791 2766095303835648000 n

小口切り

両端を切り落とし一定の間隔で切っていく方法の名前を小口切りと言います。主にきゅうり、ネギなどの野菜に対してこの切り方をします。きゅうりの場合は、輪切りにすると表現する場合もあります。

@totonou_shimabara_foodさんの投稿
17126084 1662090860761006 217343688982921216 n

千切り

細切りよりも細く4センチから5センチの細さで切っていく方法の名前を千切りと言います。キャベツなどの葉物は縦半分に重ねて丸め端から切っていきます。大根やにんじんは長方形に切り、少しずらして重ねたものを端から細く切っていきます。主にキャベツ、にんじん、しょうが、大根などの野菜に対してこの切り方をします。

くし形切り

丸い野菜を縦半分に切って中央から均等に切っていく方法の名前をくし形切りと言います。これは切り口が櫛の形をしていることからくし形切りという名前になりました。主にキャベツ、玉ねぎ、トマトなどの野菜に対してこの切り方をします。

@39rabbitさんの投稿
17932233 133468067191940 6523640488912748544 n

料理に合わせて野菜の切り方基本の種類

少し難しい切り方もあります。みじん切りは野菜によって切る方法が違いますので気をつけて切るようにしてください。また、あまり見られないそぎ切りは持ち手に気をつけて切るようにしましょう。勢い余ると手を切る可能性がありますので、初めのうちは薄く切らずにゆっくり安全に包丁を使っていきましょう。

@kimuchi33_0515さんの投稿
18011291 812875855548344 4040742426493583360 n

みじん切り

細かく刻むように切っていく方法の名前をみじん切りと言います。また、粗めに刻むことを粗みじんと表現します。しょうがは千切りにして端から細かく切り、玉ねぎは縦半分に切り根元を残して繊維に沿って薄く切り込みを入れその後包丁をねかせて横に2本切れ目を入れて端から切っていきます。ネギのみじん切りは、ネギを回しながら縦に数本切れ目を入れ端から切っていきます。

@nicoro.256さんの投稿
17932354 411135602585324 5625450672838148096 n

そぎ切り

野菜の左側に手を添えて、包丁を削ぐように切る方法の名前をそぎ切りと言います。主に白菜や椎茸などの野菜に対してこの切り方をします。似ている切り方で、ささがきという切り方があります。こちらはごぼうやにんじんに対して用いられる切り方で、野菜を回しながら包丁で削るように薄く切る方法です。

@smile_s3leさんの投稿
13266843 1738576669765267 278521035 n

野菜の切り方で料理を魅せる基本の種類

技が効いた切り方もあります。聞きなれない名前の切り方ですが、料理の幅を広げたり見た目の美しさを表現するにはぴったりの切り方です。切り口の面が広いので火が通りやす利点があります。いつもの料理の切り方を変えてみて変化を出しましょう。

@yamakoh.accessさんの投稿
15259022 212801275838414 8806254064426811392 n

拍子木(ひょうしぎ)切り

端から長さ4センチから5センチに切り、直方体になるように縦に幅1センチ切り、ねかせて幅1センチに切っていく方法の名前を拍子木(ひょうしぎ)切りと言います。主に大根、にんじん、じゃがいもなどの野菜に対して用いられる切り方です。

@korohiro1118さんの投稿
10809863 1568918100023764 186017351 n

角切り

サイコロ形のような立方体に切る方法の名前を角切りと言います。大きさは料理によって変えていきます。角切りの立方体が小さいものがさいの目切りやあられ切りという表現もされます。主にじゃがいも、にんじん、アボカドなどの野菜や果物に対して用いられる切り方です。

乱切り

野菜を均等ではなく不均等に切り、全体的な大きさを揃える方法の名前を乱切りと言います。円筒状の野菜は回しながら切ることが多いので回し切りという表現もされます。主にきゅうり、なす、ピーマン、レンコン、にんじんなどの野菜に対して用いられる切り方です。

料理初心者さんは野菜の切り方から学ぼう

たくさんある野菜の切り方は、料理のイメージを決める一番のポイントです。野菜の切り方が美しければ料理はきっと美味しくなります。新しい切り方にチャレンジして料理の幅を広げてみましょう。

@nksk1011さんの投稿
14693927 1189492164467332 7816850292720271360 n

合わせて読みたい食材の切り方についての記事はこちら

【料理の基本】調味料・味付け・切り方・下準備・計量の知識まとめ&レシピと本紹介 | Pinky[ピンキ-]
【包丁】切り方の種類と名前・名称をイラスト画像付きで!基本やコツも紹介! | Pinky[ピンキ-]
エリンギの正しい切り方とは?意外に知らない賞味期限などを徹底調査! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ