赤ちゃんこんにちは

待望の赤ちゃんと対面を果たしたママたち。おめでとうございます。これから育児の日々ですが、楽しんで赤ちゃんと向き合っていきたいですね。

スキンシップは成長していく上でも大切なことですが、新生児の最初のスキンシップは授乳と沐浴になります。どちらも初めてのママにはとまどうことも多いかもしれませんが、かけがえのないひと時です。どうやるの?沐浴させる時間は決まってるの?いつまで沐浴させるの?など疑問もたくさんですよね。そんなママたちのために、沐浴についてまとめてみました。

沐浴はなぜ新生児に必要なの?

新生児というのは出生後28日未満までの赤ちゃんをさしています。たった28日間だけ「新生児」とよばれるわけです。

生まれて間もない新生児は抵抗力がまだ弱く、細菌などに感染しやすくなっています。新生児はへその緒がまだ取れておらず、おへそがじくじくしています。そこから感染しやすいとも言われ、大人との湯船での入浴は1か月ほどできません。

ですが、汗をかいたり一日何度もおしっこもうんちもでます。オムツが蒸れたり、おっぱいで汚れることもありますから、清潔に保ってあげるためにも沐浴で肌をきれいにしてあげる必要があるのです。湿疹やあせもができないように、一日一回は沐浴させてあげいましょう。夏場は汗をかきやすいので、一日数回沐浴してもかまいません。

また、お母さんも産後1か月は産褥期といわれ入浴は控えることになっています。ですから、新生児だけをベビーバスで沐浴してあげる方が自然といえます。

新生児の沐浴のやり方

沐浴のやり方①

必要なものを準備します。バスタオル、沐浴布(ガーゼやハンドタオルでも可)、ガーゼ、石鹸(ベビー用)or沐浴剤、温度計。あがったあとの服とオムツも着せやすいようセットしておきます。

消毒液、綿棒や保湿用ベビークリームも必要に応じて用意しておきましょう。服は着せる順番に重ねておいておくと、拭いた後スムーズに着替えたできますよ。やり方は毎日沐浴しているうちに、慣れてきます。

沐浴のやり方②

ベビーバスと最後の上がり湯用の洗面器に38、39度くらいのお湯を入れます。新生児の肌はデリケートなので、熱くならないよう温度計で測ります。沐浴剤を使用する場合は、この時点で入れておきます。

座った状態での沐浴は腰が痛くなるので、立ってできる場所がよいでしょう。キッチンや洗面所にベビーバスをセットします。

沐浴のやり方③

お湯の準備ができたら、新生児の服を脱がせます。仰向けの状態で足からお湯に入れてあげ、お腹には沐浴布(ガーゼ)をかけてあげます。布をかけると安心して泣くことも少なくなりますよ。

新生児の頭を片手で支え、お湯が入らないよう親指と中指で両耳をふさいであげます。手が小さくて届かない場合は、片耳でも大丈夫です。

沐浴のやり方④

いよいよ新生児を洗ってあげましょう。頭から足へ順におりていく手順がやりやすいと思います。まずベビー石鹸を手で軽く泡立てて、髪の毛を優しく洗います。

顔はお湯で軽くガーゼで拭くだけでもOKです。皮膚が薄いので、優しく拭いてください。石鹸泡をつけるなら、おでことほっぺくらいでよいでしょう。

続いて首、脇、腕、お腹、股、足とおりていきます。首や脇は汗をかきやすくあせもができやすいですので、きちんと洗います。股も回数の多いうんちやおしっこで汚れやすいので、丁寧に洗ってあげます。

沐浴のやり方⑤

次は背中を洗います。ここで新生児をうつぶせにしなければなりません。慣れないうちは大変ですが、焦らず行います。頭を支えている逆の手で、脇に手を入れ両手でゆっくりうつぶせに。

うつぶせになったら、親指を肩にまわして握ります。この時、首が苦しくなっていないかよく見てくださいね。背中とお尻をきれいに洗ってあげます。

洗えたら、また上向きに戻してあげます。最後に上がり湯をかけて石鹸の残りがないか確かめて、ベビーバスからあげてください。時間は10分以内、長くても15分以内で終わるようにします。

沐浴のやり方⑥

あがったら、バスタオルの上に寝かせて優しく拭いてあげます。綿棒で耳との水分を優しくとってあげます。へその緒が取れるまでは、消毒液を少ししみこませた綿棒でおへそのまわりを優しく消毒しておきましょう。

必要に応じて、ベビークリームを塗り、素早くオムツと服を着せてあげます。湯冷めしないよう、手際よくできるようにしましょう。

やり方は参考なので、時間がかかりすぎないよう自分のやりやすいように全身が洗えればOKです。うつぶせにしにくければ、仰向けのまま背かなとお尻をなでるように洗ってあげるだけでもよいでしょう。

沐浴完了!

これで沐浴は終了です。ドキドキするのは最初だけなので、大丈夫ですよ。何日かすれば慣れてきます。実家で沐浴できる場合は、おばあちゃんに手伝ってもらえばスムーズに行えますね。

新生児の沐浴の時間は?

新生児の沐浴は時間帯は決まっているのでしょうか。特に時間は決まっていませんが、なるべく毎日同じ時間に沐浴させてあげるようにしましょう。まだ生まれて間もない赤ちゃんとはいえ、生活のリズムが整いやすくなりますよ。

授乳して直後だったり、お腹がすいている時間はさけましょう。授乳後は、できれば1時間ほどあけてから沐浴するようにしましょう。大人でも食べて直後のお風呂は、苦しくて気持ちよく入れないですからね。

1人で入れるのは不安な場合は、ご主人が戻ってから一緒に沐浴させてあげてもよいですね。その場合も時間がまちまちにならないよう、なるべく毎日同じ時間に入れてあげましょう。

新生児沐浴の温度は?

沐浴の温度はどのくらいでしょうか。体温より少し高い38,39度前後が適切な温度です。温度計があれば測っておきます。

温度計がなければ、自分の肘をつけて温度を確かめます。給湯温度を設定できる場合も、念のため肘をつけて熱くないか温度を確認しましょう。ただ、自分の体が冷えていればお湯は熱く感じるので、温度計が一番確実ですよ。

新生児沐浴の注意点は?

沐浴するときの注意点がいくつかあります。新生児にとって沐浴は、短時間でも疲れるものです。できるだけ10分~15分程度で終わるようにしましょう。

冬場は沐浴からあがった後、寒くないよう部屋の温度は25度以上に設定しておきます。夏場も暑すぎると新生児には負担が大きいので、25度程度に設定してください。扇風機は直接風が当たらないよう注意します。

沐浴のベビーバスの種類

沐浴が1か月程度と話しましたが、それではそんな短期間のためにベビーバスは必要なのでしょうか。多くのおかあさんが必要、あってよかったと回答しています。必要なかったという方は、たらいや衣装ケースで代用しているようです。

沐浴の時期だけでなくその後も使えるベビーバスを探してみましょう。いつまで使えるかは種類によって違うと思いますので、住宅事情や家庭環境で選んでくださいね。

床置きタイプ

床置きタイプとはいっても、シンクに設置できるものも多いです。しっかりしていて滑り止めがついていたり、新米ママパパでも使いやすくなっています。

折りたためないしかさばるので収納が問題ですが、二人目三人目を考えているなら丈夫で長持ちの点ではおすすめです。

シンクタイプ

洗面所やキッチンのシンクに設置できるタイプです。立ったまま沐浴できるので、腰痛予防になりますし沐浴させるのが楽です。シンクにあった形がどうかを確認してから購入しましょう。

ビニール・エアタイプ

空気を入れて膨らませるタイプのベビーバスです。軽くて移動にも便利、たためばコンパクト、というので人気が高いです。お座りができるようになったら、水遊びにも使えますね。

ただ、穴があいてしまうと使えなくなるので、移動や設置するときにとがったものなどが近くにないかよく確認してください。

マット(シート)タイプ

シンクにマットを広げて沐浴できます。終われば洗って乾かしてたためばコンパクトですね。沐浴時期が終わっても、入浴時に洗い場にマットとして敷けば滑り止めにもなりますし、冷たさも緩和できます。いつまでも使える要素たっぷりです。

沐浴の便利グッズ

最近は色々な便利グッズも出ていますからそれを利用して沐浴させてみましょう。まずはベビーイヤーキャップ。赤ちゃんの耳にお湯が入るのを防ぎます。沐浴だけでなく、一緒に入浴するようになっても使えますね!

タミータブ。これはバケツのような縦型容器で、赤ちゃんをお母さんのおなかの中にいた姿勢でお湯につかることができるものです。ドイツの産婦人科医と助産師さんの共同開発だそうです。

小さいバケツ型なので場所もとらずよいのですが、小さいため洗いにくいというデメリットはあるようです。海外ではお風呂につかる習慣がないため、新生児もお湯につけて汗やよごれを流す、というのがメインのようです。

ですがこのタミータブ、いつまで使えると思いますか?2歳くらいまでは使えるんです。入浴中、赤ちゃんを待たせておく時や、熱がでてお風呂に入れないときに、おしりだけ洗うのも簡単です。

ベビーバスローブ。これもあると便利です。新生児の時も沐浴後髪の毛と体をふきやすいですし、大きくなってもプール遊びの時はおるのに使えます。幼児期ならいつまでも利用できるので一枚あると重宝します。

新生児は沐浴が好き?

残念ながら、全員の新生児が沐浴が好きとは限りません。嫌いかどうかはわかりませんが、沐浴させるたび泣いてしまう赤ちゃんがいるのも事実です。反対に、沐浴のたび気持ち良くて寝てしまう赤ちゃんもいます。

お父さんやお母さん(沐浴させる人)の不安が伝わると、リラックスできなくて泣いてしまうとも言われます。首もすわっていないし、扱いが難しいと感じるでしょうが、数日すれば慣れてくるので焦らず行いましょう。

不安を感じると、新生児は沐浴中に泣いて手足を動かすため、余計洗いにくくなります。身をゆだねるようになると、首だけ支えていても体はお湯に浮いている状態になり洗いやすくなります。

沐浴中の新生児の様子をよくみてみましょう

沐浴させながら、新生児の様子を観察します。泣いている場合は、気持ちが焦って観察どころではないかもしれませんが。

新生児は気持ちがよいと、浮かびながら洗ってもらいながら寝てしまう子もいますし、口をすぼめてほぉーっと気持ちよさそうな表情をする子もいます。

沐浴させる人がやり方に慣れて、落ち着いて洗えるようになれば、きっと赤ちゃんも気持ちよくなって身をゆだねてくれるようになります。

いつまで新生児を沐浴させるの?

新生児の沐浴はいつまでさせればよいのでしょうか。へその緒が取れて、1か月検診が終わるまでは続ける方がよいですね。検診で先生からOKが出れば、大人と一緒にお風呂で入浴できるようになります。

1か月過ぎて、沐浴させても特に問題はありません。入浴がやりにくければしばらく沐浴を続ければよいでしょう。ただ体重が増えて重くなってくるので手だけで体を支えることが難しくなってきてお風呂で抱っこして入れる方が楽になります。

新生児の沐浴でその後のお風呂好きが決まる?

沐浴でいつも泣いてしまう子は大きくなってもお風呂嫌いなのでしょうか。沐浴好きだった子はお風呂も好きなのでしょうか。

いつまでもお風呂が嫌い、という人もまれにいますが、赤ちゃんの時にお風呂が嫌いでもプールや水遊びをきっかけにお風呂好きになる場合も多いようです。

お風呂が楽しいところである、とわかれば子供もお風呂が好きになるので、沐浴の時期に泣いてばかりだからといって心配することはなさそうです。お風呂で遊ぶようになると、子供はいつまででも入っていられます。

沐浴で新生児とスキンシップ!

おとうさんは特に、授乳というスキンシップができませんので、積極的に沐浴でスキンシップをはかりましょう。沐浴の時間が新生児との貴重な2人だけの時間となりますよ。

洗ってあげながら、話しかけてあげるのもいいですね。赤ちゃんはよーく話を聞いていますから、沐浴時間にたくさん話かけてあげればおとうさんさんとの関係も良好になるのではないでしょうか。

新生児との時間を楽しむ沐浴

授乳以外でじっくり赤ちゃんと向き合える時間が沐浴です。初めての育児で余裕のないおかあさん、おとうさんも、裸で自分に身をゆだねてくれている新生児の姿は嬉しいものです。

初めの1か月は体重の増加も大きいですから、日々成長していくわが子の様子を見守るいい機会なのです。いつまでも沐浴できるわけではないので、新生児のこの時期を楽しんでください。

もちろん一緒にお風呂に入れるようになっても、スキンシップはできます。ですが、徐々にバタバタした入浴タイムになっていきますので、また沐浴の頃とは違った感じになるでしょう。

あっという間の新生児期

ドキドキな沐浴。慣れるまでは、手間取ることもあるでしょう。ですが、わずか1か月か2か月の期間の沐浴です。貴重な時間だと思って、楽しめるとよいですね。

新生児の期間って振り返ればほんと一瞬なんです。いつまでも覚えていられるよう、ビデオや写真に沐浴のことも残しておいてくださいね。後から振り返ってみると、それがかけがいのない新生児と過ごした時間だと思えるはずです。

新生児についてもっと知りたいあなたへ

関連するまとめ

赤ちゃんにおすすめの暖房器具の選び方!最適温度や注意点まとめのサムネイル画像

赤ちゃんにおすすめの暖房器具の選び方!最適温度や注意点まとめ

冬場はとにかく寒く、家の中でも凍えることもありますよね。となると必要…

aeca

子育てが辛いと感じている人へ!悩みを解消して育児を楽しむ解決法とは?のサムネイル画像

子育てが辛いと感じている人へ!悩みを解消して育児を楽しむ解決法とは?

子育てが辛い、もうイヤだと思うことは、子供を育てたことがある女性なら…

りっか

赤ちゃんの寝返りはいつから?しない理由や練習方法・時期について調査のサムネイル画像

赤ちゃんの寝返りはいつから?しない理由や練習方法・時期について調査

赤ちゃんの寝返りする姿を初めて見ると成長したんだと感動します。赤ちゃ…

yu-mo

赤ちゃんのロンパースはいつからいつまで?肌着におすすめの着せ方を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのロンパースはいつからいつまで?肌着におすすめの着せ方を紹介

赤ちゃんの着るロンパースはいつから着用できるのでしょうか?ロンパース…

234

赤ちゃん用お風呂椅子は必要?ベビーバスチェアの使い方・おすすめ紹介のサムネイル画像

赤ちゃん用お風呂椅子は必要?ベビーバスチェアの使い方・おすすめ紹介

赤ちゃんのお風呂タイム、大変ではありませんか?赤ちゃんと二人きりでお…

234

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?量の目安と飲まない時の対処法のサムネイル画像

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?量の目安と飲まない時の対処法

赤ちゃんは母乳やミルクを飲むというイメージがありますが、徐々にそれ以…

aeca

新生児のチャイルドシートの乗せ方は?おすすめの商品・種類・特徴を紹介のサムネイル画像

新生児のチャイルドシートの乗せ方は?おすすめの商品・種類・特徴を紹介

出産間もない新生児を初めてチャイルドシートに乗せる瞬間は緊張するもの…

持田リカ

赤ちゃんの長い前髪の切り方!ぱっつんなど上手なカットのコツは?のサムネイル画像

赤ちゃんの長い前髪の切り方!ぱっつんなど上手なカットのコツは?

赤ちゃんもある程度大きくなると髪の毛が伸びてきます。伸びた髪の毛をマ…

aeca

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説のサムネイル画像

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説

赤ちゃんのデリケートな服は大人と一緒に洗濯するより別で洗うと生地を傷…

234

赤ちゃんが泣き止む動画や音楽を厳選して紹介!効果的な音はなに?のサムネイル画像

赤ちゃんが泣き止む動画や音楽を厳選して紹介!効果的な音はなに?

自分の思い通りに言葉を話せない赤ちゃん。泣いたり身をよじったりして気…

岡田あやの

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策のサムネイル画像

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策

歯ぎしりと聞くと、ストレスのたまった大人がやってしまうことと思いがち…

aeca

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?のサムネイル画像

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?

満月と生理の神秘的な関係は迷信などではなく実際にあるともいわれていま…

高橋 真奈美

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?確認・判断方法や練習方法を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?確認・判断方法や練習方法を紹介

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?子育てが初めてのママも段々と赤ちゃん…

みんみん

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!のサムネイル画像

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!

初めて赤ちゃんを迎える人が悩むのが赤ちゃんのベビー肌着選びです。赤ち…

nebyo13

液体ミルクはなぜ日本で買えないの?解禁されない理由や通販での買い方まとめのサムネイル画像

液体ミルクはなぜ日本で買えないの?解禁されない理由や通販での買い方まとめ

災害時に話題となった「液体ミルク」。いまだに日本での入手方法は、海外…

paul0816

フォローアップミルクはいつから?いつまで必要?飲ませ方や量まとめのサムネイル画像

フォローアップミルクはいつから?いつまで必要?飲ませ方や量まとめ

生後9か月頃から使い始める「フォローアップミルク」ですが、必ずしも必…

はるまママ

男の子の名前は古風・和風な名前がかっこいい!意味もまとめてみた!のサムネイル画像

男の子の名前は古風・和風な名前がかっこいい!意味もまとめてみた!

男の子の場合は、強くたくましく育って欲しいと願って名前を付けたいとい…

はるまママ

生理周期がバラバラになる原因は?生理不順と病気の関係を調査!のサムネイル画像

生理周期がバラバラになる原因は?生理不順と病気の関係を調査!

女性にとって月経とは健康のバロメーターであると同時に、毎月規則正しく…

ひとみ

赤ちゃんにおすすめのベビーバウンサー!新生児から使える人気商品まとめのサムネイル画像

赤ちゃんにおすすめのベビーバウンサー!新生児から使える人気商品まとめ

赤ちゃんのお世話に便利なバウンサー。ゆらゆらと揺れるので抱っこが出来…

岡田あやの

赤ちゃんの手作り用品まとめ!簡単なベビーグッズの作り方を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの手作り用品まとめ!簡単なベビーグッズの作り方を紹介

赤ちゃんが生まれると、育児にはたくさんのお金がかかります。そこで生ま…

guri

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ