新生児のおしゃぶりはいつから?おすすめグッズ・正しい使い方まとめ

多くの新生児に使われているおしゃぶり。いつからいつまで使えて、どんなことに役立っているの?と新米ママには疑問が多いですよね。そんなおしゃぶりの新生児へのメリットデメリット、使い方についてまとめて説明します。おすすめ商品もご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

目次

  1. 新生児におしゃぶりは必要?
  2. いつからいつまでおしゃぶりを使うか
  3. 新生児のおしゃぶりのメリット
  4. 新生児のおしゃぶりのデメリット
  5. 新生児のおしゃぶり使用、ウソ?ホント?
  6. 新生児のおしゃぶりのおすすめな使い方①寝かしつけ
  7. 新生児のおしゃぶりのおすすめな使い方②外出時のぐずり
  8. おしゃぶりは衛生的に!
  9. 新生児のおしゃぶり選び
  10. 新生児おしゃぶりのおすすめグッズ①チュチュベビーデンティスター
  11. 新生児おしゃぶりのおすすめグッズ②フィリップスSoothieSoothie
  12. 新生児おしゃぶりのおすすめグッズ③コンビおしゃぶり入眠ナビ
  13. 新生児おしゃぶりのおすすめグッズ④パパジーノおしゃぶりぬいぐるみ
  14. 新生児おしゃぶりのおすすめグッズ➄ムスタッシュパシファイアーおしゃぶり
  15. 正しい使い方でおしゃぶりを活用しよう

新生児におしゃぶりは必要?

赤ちゃんの定番アイテムともいえるおしゃぶり。ぐずった赤ちゃんを落ち着かせる効果があるため、多くのママたちに活用されています。しかし、実はおしゃぶりは赤ちゃんのために必ず必要なものではありません。あくまでも育児補助的な、ママたちにとっての便利グッズです。

@michiko.iさんの投稿
18013286 969105799897535 6412453651159187456 n

では、必ずしも必要ではないおしゃぶりは、一体いつから、どのような場面で、どんな理由で使われているのでしょうか?今回はおしゃぶりについて、いつから使えるのかや、新生児にとって良い使い方、良くない使い方、おすすめのおしゃぶりグッズなどをまとめて紹介します。

いつからいつまでおしゃぶりを使うか

新生児から2歳ごろまで

おしゃぶりの使い方としてまず、使う時期はいつからいつまでなのかという疑問が生まれるでしょう。新生児用に作られているおしゃぶりなら、生後2か月頃から使い始めることが出来ます。出産後、「さあいつから?」と思ったら、もう2か月から使えるんですね!

@fotopiaさんの投稿
18011578 747661278726618 7531460539218657280 n

ただ、新生児のうちから長時間おしゃぶりを使っていると、なかなかおしゃぶりを手放せなくなる子もいるので、意識的に少しずつ止めさせることも大切です。6か月を過ぎる頃には、食べ物や他のものへの興味が広がって、ハイハイも出来るようになり、自然とおしゃぶり使う回数が減っていくケースも多いです。

@hoppe0618さんの投稿
18094915 1788723938109256 4586596589010681856 n

歯が生えそろう時期までおしゃぶりを使っていると、噛み合わせに影響を及ぼす可能性があるため、2歳頃を目安におしゃぶりは卒業した方がいいでしょう。よって、いつからいつまで?というのは、生後2か月から2歳頃までということになります。

赤ちゃんの本能を活かしたグッズ

新生児には、唇辺りに触れたものに無意識に吸い付こうとする「吸啜(きゅうてつ)反射」という本能が備わっています。これは、視界が狭く自分から動けない赤ちゃんでも、ちゃんと母乳をもらって栄養を摂り、生きていくために備わっている原始的な人間の反射です。

@kumiko_smzさんの投稿
18094898 134699623737635 170460195346972672 n

おしゃぶりは、その新生児の反射を活かして、赤ちゃんに満足感や安心を与える育児グッズなのです。本能的に満たされた感覚になるんですね。

新生児のおしゃぶりのメリット

泣き止まない赤ちゃんに

@okanasan1205さんの投稿
17126479 1866756453605368 3391566696752873472 n

新生児におしゃぶりを使うメリットは、何といってもぐずっている赤ちゃんを落ち着かせる効果が高いことです。もちろん個人差や赤ちゃんの好みはありますが、口におしゃぶりを加えることによって安心感を得られるので、どうしても泣き止まない赤ちゃんや、寝付かない赤ちゃんにはおしゃぶりが効果的です。

新生児のおしゃぶりのデメリット

使い方によっては癖になることも

簡単に赤ちゃんが泣き止むからといって、しょっちゅうおしゃぶりを使っていると、癖になってしまってなかなかおしゃぶりを手放せなくなることがあります。また、泣いたらとりあえずおしゃぶり、という対応が習慣になると、ママと赤ちゃんのコミュニケーションも乏しくなってしまいます。

@ofam1231さんの投稿
18013934 154352718428549 5893618732764233728 n

赤ちゃんが泣いている時の原因は、空腹やおむつの不快感、ストレスだけではなく、お父さんやお母さんに抱っこしてほしいという気持ちの表れでもあります。そんな時には、すぐにおしゃぶりを与えるのではなく、抱きしめてスキンシップを取ってあげることが赤ちゃんの心の安定につながります。

赤ちゃんは口で物を認識する

赤ちゃんはよく自分の手をなめていますよね。最初は、それが自分の一部であるとは分からないまま、偶然口元に当たった自分の手を、本能的に口にくわえます。

@sakamari44さんの投稿
17333397 1323793721044925 2086540170898702336 n

それがいつからか、自分の手だと認識できるようになると、今度は周りのありとあらゆるものを手に取って口にくわえてみます。そうやって物の認識をし、脳を発達させていくのです。おしゃぶりを使いすぎると、この手と口を使った発育の機会を減らしてしまう可能性があります。

噛み合わせや発語への影響

乳臼歯が生える2歳過ぎまでおしゃぶりを使っていると、噛み合わせに悪影響を及ぼすといわれています。

@y_yh1112さんの投稿
18011759 1430825246939088 5628184535486169088 n

また、言葉を覚えるにあたって、おしゃぶりが発語の機会を減らしてしまうという医師もいます。このような、成長と共に発生するおしゃぶりの弊害を考えると、おしゃぶりに頼りすぎるのは良くないと思われます。

新生児のおしゃぶり使用、ウソ?ホント?

おしゃぶりが新生児の発達を助ける?

@jpkrbabyさんの投稿
17931777 770107529810298 8565211755221876736 n

おしゃぶりの販売メーカーによっては、「おしゃぶりは新生児のあごの発達に効果がある」「おしゃぶりを使うと自然と鼻呼吸ができるようになる」という宣伝をしているところもありますが、その医学的根拠はありません。

乳幼児突然死症候群の予防効果?

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、直前まで元気にしていた赤ちゃんが、寝ている間に突然亡くなるという原因不明の病気です。窒息などの事故とは異なり、いまだにはっきりとした原因と対策が分かっていません。生後1か月から生後6か月の新生児に起こることが多いとされています。

@natsuko8381さんの投稿
18094568 1440390742929155 2830328055870783488 n

統計的には、うつぶせよりあおむけで寝かせるようにし、ミルクよりは母乳で育て、妊娠中や出産後の喫煙をやめることが、発症率を下げるといわれています。しかし、これらの対策も絶対のものではありません。確かな原因と対策が分からないため、多くの新生児のママが乳幼児突然死症候群を不安に思うようです。

@tuupa17さんの投稿
18013148 1654448934862831 1032114958017495040 n

この乳幼児突然死症候群の予防に、おしゃぶりが効果的だという考え方もあります。医学的に証明されているというわけではありませんが、統計的には、おしゃぶりを使っている新生児の方が発症率が低いようです。

新生児のおしゃぶりのおすすめな使い方①寝かしつけ

新生児の寝かしつけにおしゃぶりを使う場合は、まず赤ちゃんの口元におしゃぶりを軽くあてて、自然に吸い付いてくるのを待ちます。赤ちゃんがおしゃぶりを吸ったら、そのまま口に加えさせて、抱っこして揺らしてあげたり、添い寝したりして寝かしつけます。

@erina.suginoさんの投稿
18094883 1661681544139300 3203614890610655232 n

赤ちゃんが寝付いたら、おしゃぶりをそっと口から離してあげましょう。スッとおしゃぶりが抜けない時は、まだ完全に寝付いていないサインです。無理に外さないで完全に寝付くまで待ちましょう。ただ、長時間おしゃぶりをくわえ続けることはおすすめできませんので、完全に眠ったらおしゃぶりは外しましょう。

@mamasandpapasjpさんの投稿
18011504 1954859588078277 6061009778841223168 n

おしゃぶりの一日の使用時間は3時間程度が目安だといわれています。口の中の骨は、歯列矯正をする時のように、弱い力を長時間かけ続けていると変形していきます。そのため、寝かしつけにおしゃぶりを使っても、一晩中くわえたままにすることは避けて、寝付いたらおしゃぶりは外してあげましょう。

@yukka_12さんの投稿
17881274 453121565025877 8026138323862945792 n

「一体いつから私は眠れるの!?」と寝かしつけに苦しむママにとっては、この使い方はとても画期的でしょう。ただ、毎晩この方法で寝かしつけていると、おしゃぶりが無いと寝付けないという習慣が出来てしまいます。

@maiooshimaさんの投稿
17881161 1001224353341950 5501593363733807104 n

余裕があるときは、おしゃぶりに頼らず抱っこや添い寝で寝かしつけて、それでも寝ない時の補助として、おしゃぶりを使うのが良いでしょう。

新生児のおしゃぶりのおすすめな使い方②外出時のぐずり

外出先で、突然赤ちゃんが泣きだして困ったり、落ち着いてあやすことが出来ない状況に焦ったりすることはよくあります。そんな時に、おしゃぶりを口にくわえさせると、比較的簡単に赤ちゃんを落ち着かせることが出来ます。

@0307an517さんの投稿
18013354 1837790049805913 5821157729628061696 n

これは、おしゃぶりによる口元への刺激によってリラックスを促すホルモンが出るためだともいわれています。外出中の外の環境は、赤ちゃんにとっては慣れないものですしストレスになります。そのストレスがリラックス効果によって軽減されるので、赤ちゃんが安心するのです。

@eko_rinさんの投稿
18011241 1769022826742062 3461726911678382080 n

ただ、赤ちゃんが泣きだした時の対処法として、常におしゃぶりに頼るというのは、親子のコミュニケーションが乏しくなる原因です。赤ちゃんが何を求めて泣いているのかを察せなくなると良くないので、泣いたら常におしゃぶり!という習慣を付けるのはやめましょう。

@_____.mstさんの投稿
18011682 836910719793770 1178481610899587072 n

すぐに落ち着かせたいという時には効果的で便利なグッズなので、バランス良く、いざという時に活用出来たらいいのではないでしょうか。

おしゃぶりは衛生的に!

おしゃぶりは新生児の赤ちゃんが直接口に入れるものです。衛生管理には気を付けて、哺乳瓶の乳首と同じように必ず消毒しましょう。免疫力の低い赤ちゃんのためにとても大切なことです。

@t.j.m.hさんの投稿
14722960 212600922556637 2695009076781252608 n

おしゃぶりによって、煮沸消毒ができるものできないもの、電子レンジで簡単に消毒できるものもあります。商品の注意書きをよく読んで、正しい方法で衛生管理しましょう。

新生児のおしゃぶり選び

赤ちゃんのお好み

おしゃぶりには色々な種類があります。一見似たような形をしていても、口にくわえる赤ちゃんにとっては使い心地が全く違うようで、気に入って吸うものもあれば、嫌がって使わないものもあります。お好みに合うおしゃぶりの方が、もちろんご機嫌に使ってくれます。

@aya_rin_laさんの投稿
17882877 302935610138094 2890742109533372416 n

もし、普段から気に入っていて良く飲む哺乳瓶があるなら、同じメーカーや同じブランドのおしゃぶりにすると、形状が共通しているため気に入ってくれる可能性が高いです。

新生児の月齢に合ったおしゃぶり

いつからいつまで使えるのか、おしゃぶりの対象月齢はものによって違います。月齢によって変わる、赤ちゃんの口の状態にあったものを使うことが大切です。発達状態に合っていないおしゃぶりは、赤ちゃんの健やかな成長を妨げる恐れがありますので気を付けましょう。

@shop.moumouさんの投稿
18013399 1311661352252623 6790648469582249984 n

おしゃぶりの先端の形状が丸いものと平たいものがあり、丸いものの方が比較的強い力で吸わなければいけません。新生児のうちは特に、赤ちゃんの吸う力に合ったものを選ぶことも大切です。

洗いやすいものを

@t.j.m.hさんの投稿
16908403 230654454063081 1987342270495457280 n

免疫力の低い新生児から使う物ですから、衛生面には気を付けたいですよね。洗いやすい形だったり、煮沸消毒OKのおしゃぶりの方が、いつでも衛生的な状態で使うことが出来ておすすめです。

天然ゴム製とシリコン製

@w_koh_0127さんの投稿
17932469 1929432733939056 8348885011415433216 n

おしゃぶりには天然ゴム製のものとシリコン製のものがあります。天然ゴム製のものは柔らかく、赤ちゃんの口になじみやすいのですが、その分劣化が早く、頻繁に交換する必要があります。シリコン製のものは、硬めで弾力があり、扱いやすいという特徴があります。

新生児おしゃぶりのおすすめグッズ①チュチュベビーデンティスター

ドイツの歯科医師が開発したおしゃぶりです。赤ちゃんの口内発達を邪魔しないように、薄いシリコンを使って、前歯や上アゴへの余分な圧力を減らしています。

@nari.sayaさんの投稿
17661927 1711640905517732 2103434527836733440 n

舌が入る空間を確保して、シリコンが歯や歯茎の間にフィットするので、自然な噛み合わせで使うことが出来ます。他のおしゃぶりより柔らかく、子供の歯並びに悪い影響を与えないと評判でおすすめです。

@sk.0170さんの投稿
17125951 1282408348510956 8231436918798155776 n

【いつから?】授乳期用は新生児から6ヶ月頃まで、離乳期用は生後6ヶ月から1歳頃までを対象にしています。

新生児おしゃぶりのおすすめグッズ②フィリップスSoothieSoothie

アメリカの小児学会ガイドラインに準拠していて、病院でも採用されている安心なおしゃぶりです。耐久性の強いシリコンで、赤ちゃんの口の大きさや形によく合う形に作られています。出産した病院で使っていたから自宅でも同じもの使うという人も多いようです。色の展開が黄色、緑、青、ピンクと豊富です。

@jktu203さんの投稿
11246287 1647714395505911 1338092198 n

【いつから?】新生児から生後3ヶ月までが対象です。

新生児おしゃぶりのおすすめグッズ③コンビおしゃぶり入眠ナビ

特に、寝かしつけに着目したおしゃぶりです。薄くコンパクトで口から外れにくく、ほっぺに食い込みにくい設計になっています。柔らかいシリコンゴムで作ることによって、歯の発達を妨げない配慮をされています。

@yu.10.maさんの投稿
17332973 1802986696393297 7717346822573785088 n

ケースがセットになっているので衛生的に管理でき、電子レンジで除菌することも出来て便利なグッズです。色展開が豊富で、サイズもMとLの二種類から選べます。

@miki.k55さんの投稿
14547639 623633111174156 823480659551977472 n

【いつから?】Mサイズは生後2か月から10ヶ月、Lサイズは生後8か月から18ヶ月が対象です。

新生児おしゃぶりのおすすめグッズ④パパジーノおしゃぶりぬいぐるみ

ただのぬいぐるみに見えますが、ぬいぐるみ付きのおしゃぶりなんです!おしゃぶりの部分を別の製品に付け替えることもできるので、使い慣れたおしゃぶりにぬいぐるみだけを付けられます。可愛らしい見た目でママも楽しくなってしまいそうです。

@miku39girlさんの投稿
16228791 584702511723881 2148993608177418240 n

ぬいぐるみのデザインは、きりん・さる・くま・ひつじ・ぶた・らいおんと6種類あるので、赤ちゃんが気に入るものを選んであげたいですね。

@cm_tm_rmさんの投稿
16585011 1126818330777018 202398950844530688 n

【いつから?】新生児から生後18ヶ月までが対象です。

新生児おしゃぶりのおすすめグッズ➄ムスタッシュパシファイアーおしゃぶり

@makoto0925さんの投稿
18013205 684067448443172 1166795893945401344 n

口にくわえるとダンディーなおじさまのような口ひげが付く、可愛らしいおしゃぶりです。赤いリップのデザインと二種類の展開です。フォトジェニックな赤ちゃんグッズなので、プレゼントとしても人気です。キャップがセットになっていて、煮沸消毒も可能なので、衛生的に使えるのも魅力です。

正しい使い方でおしゃぶりを活用しよう

おしゃぶりはいつからいつまで使えるのか?正しい使い方は?良くないこともあるの?と、新生児ママが悩みがちなおしゃぶりの疑問について解説してきました。赤ちゃんにとってもママにとっても嬉しい働きがある反面、気を付けなければならないこともあるようですね。

@fjt723さんの投稿
18094951 1852254115022990 2845970945238106112 n

生まれたばかりの赤ちゃんに使う物には、とにかく心配のないもの、品質のいいものを選びたいというのが親心というもの。おしゃぶりについても、その機能や使い方をきちんと理解した上で、赤ちゃんのためになるように活用できるといいですね!

@nogsachiさんの投稿
17934512 107204146505333 283205951610159104 n

おしゃぶりなどの子育てグッズを活用して、楽しくハッピーなママライフを!

新生児の子育てについてもっと知りたいアナタへ!

新生児が寝ない原因とは?赤ちゃんが寝てくれる技や対策法まとめ | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ