スマホからガラケーに戻す理由とは?ガラケー型スマホや料金も比較

私たちの生活にすっかり浸透したスマホ。様々な用途に使える便利なスマホですが、現在スマホを手放しガラケーへ戻したり、ガラケー型スマホに変える人が増えています。一体それは何故なのでしょうか。今回はスマホとの料金比較も交えながらその背景や理由についてまとめました。

目次

  1. 日常生活に欠かせないスマホについて
  2. 原点回帰?スマホからガラケーへ戻す人が急増中!
  3. 過剰な性能は余計なお世話?スマホからガラケーへ戻す理由
  4. 便利だけど割に合わない?コスパ削減のためスマホからガラケーへ戻す人
  5. タフさが違う!ガラケーの隠れた実力に気づき戻す人も。
  6. 時は金なり。スマホと共に浪費していた時間を取り戻すという理由も
  7. 実はセキュリティも?ガラケーが持つスマホにはない安全性
  8. 要注意!スマホからガラケーへ戻す際のデメリットについて
  9. 料金比較だけで戻すのは危険。ガラケーとスマホは似て非なる物也
  10. スマホに残った数々のデータ。ガラケーへの引き継ぎはあくまでも自己責任
  11. いざ卒業!スマホからガラケーへ戻す手順と料金について
  12. スマホからガラケーへ戻した場合、料金はどれだけ違う?
  13. 携帯電話市場に満を喫して参戦!ガラケー型スマホとは?
  14. 気になるガラケー型スマホの性能と月々の使用料を料金比較
  15. スマホからガラケーへ戻す理由とガラケー型スマホについて【まとめ】

日常生活に欠かせないスマホについて

@syo.moto.kさんの投稿
18094872 180289089158764 3535714281767043072 n

日本人の二人に一人はスマホを持つ時代。音楽や動画、地図やゲームなどのアプリで色々なことが出来る非常に便利なスマホ。中には防水加工をしたスマホをお風呂に持ちこんでゲームをしたり、寝る時もベッドの中でスマホを手放せない等、人生のパートナー以上にスマホから離れられない人もいるようです。

そもそもスマホはいつから普及され始めたの?

気が付いたら日常生活に浸透しているスマホですが、その登場は2008年の夏に遡ります。人気の火付け役はiPhoneで、タッチパネルで操作できるスマートさや天井知らずの数のアプリによって齎された幅の広い使い方と汎用性から話題を呼び、2011年に一気にブレイク。デジタル製品に詳しくない層からも圧倒的な支持を得ました。

@abreusnett.appleさんの投稿
18095856 1381546761914594 220684679617970176 n

爆発的な人気が出たスマホは現在に至るまで、ネットに繋がる通信速度の改善や料金の見直し、新たなアプリを開発する等、安定した売れ行きを見せています。CMでもスマホデビューをする人にお得なキャンペーンがあったり等、スマホの門戸は常に開いた状態と言っていいでしょう。

原点回帰?スマホからガラケーへ戻す人が急増中!

しかしいつでも初心者ウェルカムで日進月歩なスマホ業界ですが、ここにきてスマホからガラケーへ戻す人が急増しています。ガラケーとはガラパゴスケータイの略で、ワンセグやお財布ケータイなどの機能が搭載された、スマホが流行る前に一般的に普及されていたテンキー操作の携帯電話(フューチャーフォン)の事です。

ちなみに何故フューチャーフォンではなくガラケーという呼ばれ方が定着したのか、それはもともと日本の携帯電話は世界のニーズに合わせた性能ではなく、日本国内の日本人向けに合わせるために独特の進化を遂げた端末でした。その背景からガラパゴス諸島に生息する独特の進化を遂げた生き物となぞらえて、フューチャーフォン=ガラパゴスケータイ=ガラケーと呼ばれるようになったのです。

@tunephotoさんの投稿
12797804 1585172808439379 860378276 n

世界に通用するスマホと日本国内の範囲のみにとどまるガラケー。使用範囲だけではなく性能を比較しても前者に軍配が上がるはずですが、それを踏まえてスマホからガラケーへ戻す人は後を絶ちません。その理由は一体何なのでしょうか。

過剰な性能は余計なお世話?スマホからガラケーへ戻す理由

先ほど述べたようにスマホ業界は日進月歩ですが、それに携わるアプリもまた日々新しいものが生み出されています。クオリティの高い画質を保つアプリや暇つぶしに最適なゲームアプリ、お気に入りの映像や音楽などを保存するアプリなど、正に”スマホはアプリの巣”と呼ばれるの納得してしまう程のアプリがあります。

@naoko_yamakiさんの投稿
17494520 213078059176163 3369526775720706048 n

しかしそれらのアプリを全て更新して使いこなしている人はいるのでしょうか?答えは否だと思います。それに加えて頻繁に更新の知らせが入ってくると鬱陶しく感じます。ましてやほとんど使われないアプリの更新情報だったり電池が少ない状況で入ってこられると非常に腹立だしい気分にさせられます。

@shinkichi56さんの投稿
12394066 1651109048510698 1212369911 n

これらのことからスマホに搭載されている機能やアプリを使わない、使いこなせない人にとってはスマホそのものが無用の長物であり、持つ意味が無いと考えて手放す人が多いようです。

便利だけど割に合わない?コスパ削減のためスマホからガラケーへ戻す人

月々にかかるスマホとガラケーを料金比較すると、通話料込みでスマホの基本料金が2700円、ガラケーの基本料金が2200円と500円の差があり、ネット接続にかかる料金も300円と共通しています。500円程度ならまだ許容範囲だという人もいますが、スマホは更にデータ通信量の料金がかかってきますす。

@knk_kirokugotoさんの投稿
13774271 1647744758876959 790499057 n

たとえば一ヶ月のデータ通信量を2Gで選んだ場合は大体3500円程ですが、Wi-Fi環境があるところではそちらに切り替えてスマホを繋いでいる人にとっては、常にデータ通信を接続して動画やゲームをやりっぱなしでない限り、2Gを一ヶ月で使い切ることはほぼありません。

@masamitsusaitouさんの投稿
18094495 790516311107635 7622249709700120576 n

更に移動の手段に車を使っている人にとって、スマホを弄りやすい電車やバスを使う頻度は非常に低く、最後まで使い切らない2Gのデータ通信料金を律儀に払い続けるのはもったいないと思うのも無理はないでしょう。ならばいっそのことスマホを手放しネット環境は月々の料金がかからないパソコンのみと割り切って、通話料金のみで済むガラケーへ戻す人も多いのです。

タフさが違う!ガラケーの隠れた実力に気づき戻す人も。

ガラケーのバッテリーはスマホよりも長持ち

スマホは常時アプリの更新や通知などを受け付けていてフル稼働しています。その為バッテリーの減りは非常に早く、使っていない状態でも1日半持てば上等と言った感じです。

@mikawashopさんの投稿
17076486 1684473521845646 6311016466476957696 n

ガラケーの場合はアプリなどの更新は当然受け付けませんので、バッテリーの持ちはスマホよりも当然上で、3~4日は余裕で持ちます。その為、常にバッテリーの節約を心がけてスマホを持つよりも、バッテリーの減りを特に気にしなくても良いということからガラケーへ戻す人もいます。

スマホは繊細、ガラケーは頑丈

@sumaho.raboさんの投稿
18160279 449378178739438 6590942420282638336 n

スマホは非常に便利な物ですが、それと引き換えに液晶は非常にデリケートなため、落としてしまえばアウトです。筆者も交通機関を利用している際、液晶にひびの入ったままのスマホを弄っている人を良く見かけます。それに引き替えガラケーの液晶はスマホに比べれば比較的頑丈であり、筆者も何度か誤って落としたことはありますが液晶が壊れて修理に出したことはありません。

また、普通にスマホを弄っているだけで突然フリーズして強制終了してしまう憂い目に合った人も少なくはありません。スマホはいわば手のひらサイズのパソコンと同じで非常に繊細な媒体で、取り扱い方にも十分注意しなければいけないのです。スマホからガラケーへ戻すのはそうした背景もあるようです。

スマホの画面が割れたらどうすればいい?修理の手順と割れ防止対策! | Pinky[ピンキ-]

時は金なり。スマホと共に浪費していた時間を取り戻すという理由も

先述しましたがスマホはアプリの巣と呼ばれるだけあって、ユーザーを飽きさせないアプリがたくさんあり、日々誕生しています。それ故にスマホばかりにかまけてしまい、文字通り寝食を忘れてスマホにのめり込んでしまう人も少なくはありません。

@akikogamoさんの投稿
14547568 198671273898691 7322301490238849024 n

その結果、歩きスマホでの痛ましい事故やスマホ依存症という新たな社会問題を生み出しています。そういった背景を垣間見てスマホを断ち切り無駄に消費していた時間を有益に使いたいためにガラケーへ戻したという意見もありました。

@kawakami.tさんの投稿
18094579 432077257145249 7428410358093578240 n

実際、スマホからガラケーへ戻した人からは「人と会うときにスマホをいじらないから自然と会話が増えた」「スマホでダラダラと潰していた時間を、読書や新聞を読むなど有意義に使えるようになった」という声も聞かれます。スマホで浪費していた時間を、人付き合いの時間や探究に費やせることによって新たな趣味や楽しみが広がったという人が多いようですね。

スマホ依存症が招く症状や実態は?原因と対策、チェックリストまとめ | Pinky[ピンキ-]

実はセキュリティも?ガラケーが持つスマホにはない安全性

スマホは上記でも述べましたが利便性も性能もパソコンを縮小した媒体ですが、その分パソコンと同様に日々進化するウイルスの脅威にも気を配らなければいけません。しかしそうは言っても先述したようにウイルスのセキュリティアプリを入れれば、常時更新情報が流れてきてバッテリーの減りが早く、かといってウイルス対策をしなければ、個人情報や金銭面でのトラブルなどのリスクが高まります。

@pc18smnskさんの投稿
13686968 141747686270013 843966463 n

そうしたセキュリティ対策はガラケーにはほとんど必要ありません。気を付けることと言えば紛失や盗難による個人情報の漏えいと言ったところでしょうか。例え紛失や盗難にあったとしても、端末にパスワードを打ち込むなどのロック機能を使っていれば、直ちにどうこうされるという可能性はスマホに比べれば低いです。

要注意!スマホからガラケーへ戻す際のデメリットについて

スマホからガラケーへ戻すといいことづくめのように思えますが、人によっては「こんなはずじゃなかった!」と後悔することも当然あります。次に紹介する事項に当てはまる人は、スマホからガラケーへ戻すのを少々見直した方がいいかもしれません。

料金比較だけで戻すのは危険。ガラケーとスマホは似て非なる物也

当然のことながらガラケーはスマホやタブレットに比べてネット向きではありません。それどころか3~4年前に比べてガラケー向けのモバイルサイトは軒並み終了している有様です。その為ガラケーで交通機関の時刻を調べたり目的地を探したりするのは難しいと言えるでしょう。

また、LINEなどのSNSを頻繁に使っているという人や、交通機関で移動している最中にデータ通信で何かを読んでいるという人もあまりガラケーには向いていません。ガラケーもネットは使えることは使えますが、パケット定額プランに入らない限りはスマホより高くついてしまいます。

@26heartbeatさんの投稿
17818289 667362930138073 410354154851008512 n

かといってパケット定額に入ってもモバイル向けのサイトはあまりないため、スマホと料金比較をしてもあまり変わらず、それどころか使い勝手が悪く不便になってしまう場合もあります。単にスマホにかかる料金を抑えたいだけで、スマホと同じようにガラケーを使って色々読み物や調べ物をしたいという人は安易にスマホを手放さない方がいいかもしれません。

スマホに残った数々のデータ。ガラケーへの引き継ぎはあくまでも自己責任

ガラケーからスマホへのデータ以降は、スマホを購入したショップでやってもらったという人も多いと思います。しかしその逆に、スマホからガラケーへのデータ移行のサービスは、現時点でどこも対応していないというのが現状です。

@sbujinaさんの投稿
18095205 1156800204465287 237497883148943360 n

その為、スマホに残ったアドレスやスケジュールと言ったデータの移行は自分自身で行わなければなりません。そしてガラケーへデータを移動させる際はmicroSDカードやパソコンは必要不可欠で、キャリアによってはアプリをダウンロードして拡張子を変えて保存したりと一筋縄ではいかないややこしい作業が必須になります。

@emi.t.107さんの投稿
14677366 116928222110434 8101462244824449024 n

これらのことから、スマホからガラケーへのデータの移行は一つずつコツコツと打ち込んでいくという地道で先の長い作業が一番確実です。パソコンを所持していてある程度知識がある人以外でスマホからガラケーへ戻す場合、データの移行は自分自身で行わなければならないということは覚えておいてください。

いざ卒業!スマホからガラケーへ戻す手順と料金について

@funk24bearさんの投稿
18011642 1898665770413950 6409431733644558336 n

上記に挙げたデメリットも考慮した上でスマホからガラケーへと戻す場合、次に気になるのが手順と変更にかかる金額だと思います。手順についてはそんなに難しく構えることはなく、身分証明書や印鑑、月々の支払いに関連するもの(キャッシュカードやクレジットカード)と現在使っているスマホをキャリアのショップへ持っていき、ガラケーへ変えたい旨を伝えればいいだけです。プランについてもどれが自分に合っているかどうかを店の人と相談しながら決めていくのが一番ベストな方法です。

ガラケーを持っていない人は当然ながら新しい機種を購入しなければなりませんが、現在はネットショップなどで白ロムと呼ばれる安価で購入できる未使用ガラケーが多数あります。このガラケーを持ちこんだ場合、事務手数料が約2000円~3000円程かかりますが、新たにショップでガラケー端末を定額で購入した場合と料金比較しても、持ちこんだ方がはるかに安上がりになります。

@s1704101711811rさんの投稿
18096271 291280874662346 1603370712469340160 n

その他にも契約しているオプションによっては、違約金が発生してしまうこともあります。この事からガラケーへと戻すのにかかる料金は、ガラケーの端末代金(安く見積もって5000円~)+事務手数料(2000円~3000円)+その他諸々の代金(違約金など)と覚えておいた方がいいでしょう。自分が現在契約しているスマホのプランをしっかりと確認して万全の態勢でガラケーへ戻したいところです。

スマホからガラケーへ戻した場合、料金はどれだけ違う?

スマホからガラケーへ戻した際、契約するプランごとによって勿論金額は変わってきますが、スマホ使用の頃と料金比較をした際にガラケー方が格段に安価であるのが最大のメリットです。

@usuishinsukeさんの投稿
18011716 195526477625020 5012728619756158976 n

上でも述べましたがスマホの場合、通信データ量や通話のプランを適用しても大体7000円弱はかかります。ガラケーへ戻した場合、そのほとんどは通話や簡単なメールだけの使用に留まりますので、月々の料金は2500円~3000円、更にキャリアによってのプランやパックを利用すれば2000円以下に抑えられるのです。

@aya_ayataroさんの投稿
14334583 181099808988235 652475888 n

筆者の例を挙げさせてもらうと、docomoのFOMAタイプSの基本料金3000円から、いちねん割引とファミリー割引が適用になっているため、オプションをつけて月々大体1930円程です。完全に通話とショートメールに特化して使用しているため、パケット通信料は一切かかっていません。

@necokun3さんの投稿
10547135 292448887601455 842272899 n

この事から、ネットやLINEと言ったSNSはパソコンやWI-FIにつないだタブレットに一任し、通話のみでガラケーを使用するのならば月々の使用額は半分以下にすることが可能です。1年、3年、5年と先を見据えて今使っているスマホと料金比較をすればその差は非常に大きいものです。

携帯電話市場に満を喫して参戦!ガラケー型スマホとは?

スマホからガラケーへと戻すのは、先述した理由や料金比較の末に戻す人が殆どです。しかし中には、スマホの操作には慣れなくとも性能自体は気に入っているため戻すか戻さないか頭を悩ませている人も多いのだとか。そんな人たちの救世主とも呼べる媒体が、ガラケー型スマホです。

実は国外ではすでにブームになっているガラケー型スマホ

今でこそスマホと言えば現在の形が主流ですが、かつて国内では現在のガラケー型スマホのはしりである折り畳み型スマホが生産されていました。しかし、現在のスマホに比べて売れ行きは芳しくなく、日本国内では徐々に淘汰されていきました。

@kamishizmさんの投稿
17817538 460137450984937 1070052910949203968 n

そんな折り畳み式のスマホに目をつけ、”社長クラス専用向けの超高級ガラケー型スマホ”として息を吹き返らせたのが中国のケータイメーカー。2014年に販売されたモデル・心系天下『W2014』シリーズは1万8888元。日本円にして31万5000円と言う目玉の飛び出る価格ですが、その人気は絶大なものでした。そのブームの波がもう一度日本に逆輸入され、じわじわと話題になり始めています。

日本国内でガラケー型スマホを最初に販売したのがau。その後Docomoも負けじとブームの波に乗りかかる形でガラケー型スマホを発売しています。見た目だけでなくガラケーの操作性を持ち、スマホの利便性を保つガラケー型スマホは、正にスマホとガラケーのサラブレッドと言えるでしょう。

気になるガラケー型スマホの性能と月々の使用料を料金比較

ガラケー型スマホで一体何ができるのか

現在ガラケー型スマホはdocomoでは富士通の「ARROWSケータイ F-05G」とSHARPの「AQUOSケータイ SH-06G」の他に、2016年の秋に「AQUOS ケータイ SH-01J」「P-smart ケータイ P-01J」が発売され、計4種類のガラケー型スマホが出ています。一方auではSHARPの 「AQUOS K SHF33」と京セラ「かんたんケータイ KYF32」「GRATINA 4G KYF31」「TORQUE X01」の四種類になります。

@yuking_13さんの投稿
17586912 1466400863378356 3882653021154312192 n

ガラケー型スマホは、LINEやスマホ向けサイトの閲覧やアプリのダウンロードなど、ほぼスマホと同等の事が出来る一方で、片手で出来るテンキー操作やおサイフケータイやワンセグなど、ガラケーに搭載されていた機能が盛り込まれています。更に電池持ちはガラケー並みで、アプリの更新情報はほとんど無く、富士通の機種では防水加工もされているため、非常に高いスペックと言えます。

ガラケー型スマホの月々の使用料金比較

月々の使用額もスマホ寄りではなくガラケー寄りで設定されているため、スマホと料金比較をすれば、ガラケー型スマホの方が圧倒的にコストが抑えられます。docomoのガラケー型スマホの場合、カケホーダイライトプラン1200円+ケータイパック300円+SPモードで1800円、auだとガラケー型スマホの機種が「AQUOS K SHF33 」で適用になりますがスーパーカケホ1200円+消費税96円-毎月割660円(実質無料のダブル定額Z加入条件)で月々636円でガラケー型スマホを持つことが可能です。

@come1900さんの投稿
13423679 572847622893227 1338543097 n

ただしこれらの料金を実現させるためにはいくつかの条件が必要です。docomoの場合はカケホーダイプラン(2200円)かカケホーダイライトプラン(1200円)に加入することが絶対条件ですし、ガラケー型スマホでネットを頻繁に使うのであればケータイパック300円では到底足りませんので、月々の料金は5000円を超えてしまいます。また、SPモードはガラケー型スマホでネットやメールを使用する場合、必ず付随させなければなりません。

@kindanno_edenさんの投稿
17126153 397941267251972 7019831923111362560 n

auの場合は、「かんたんケータイ KYF32」で696円、「GRATINA 4G」だと996円と購入する機種によって料金が変わってきます。その上「TORQUE X01」ではスーパーカケホのプランが適用にならないため、三機種と料金比較をすると月々の使用料は割高になってしまいます。

@m_cgramさんの投稿
18013346 1517882241565622 1532841177601015808 n

その他にもガラケー型スマホはスマホと違ってWI-FIが利用できないため、データ通信量を節約することは出来ません。そのため2Gでは足りなくなってしまう状況も出てきてしまうため、ガラケー型スマホの最安値のプランでストレスなくネットをしたい人にとってはこの部分がネックと言えるでしょう。

とは言ってもガラケー型スマホがスマホと料金比較して安価で使用でき、利便性や操作性も申し分ありません。ガラケー型スマホでネットをする人向けにお得なプランもありますし、ガラケー型スマホが普及するにつれて新たにお得な料金プランも出てくる可能性も否めません。

スマホからガラケーへ戻す理由とガラケー型スマホについて【まとめ】

いかがでしたか?スマホからガラケーへ戻す人が増え、ガラケー型スマホの需要も増えてきている現在、どんどん進化してきたケータイ業界はある意味での転換期なのかもしれません。それに伴ってこれから先、ガラケーやガラケー型スマホがどれだけ普及するのか、どのようなサービスが増えるかどうかも非常に気になるところですね。

@1126mihokunさんの投稿
17819222 671975032986262 1262649707042177024 n

そして使う側も便利さだけに溺れず、心の豊かさを養えるように上手に使いこなしたいところです。そう言った意味でも現在は、ユーザーにとってスマホとの距離を見つめ直すいい機会なのかもしれません。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ