赤ちゃんを抱っこの仕方やコツは?嫌がる・落ち着く抱き方も調査!

「赤ちゃんを抱っこする時ってすごく緊張する…」という方はいませんか?すごく華奢で壊れちゃいそうな小さな新生児ですから抱っこをするのも慣れていないうちは不安になってしまいますよね。しかし、赤ちゃんを抱っこするという行為は、まだ言葉をしゃべることができない赤ちゃんとの大事なスキンシップです。不安になって抱っこすることを恐れていては赤ちゃんとのスキンシップをとれませんので、勇気を出してみましょう!

また、赤ちゃんを抱っこする際にはしっかりと赤ちゃんの抱き方を学んでおく必要があります。特に首がすわっていない状態の新生児であればしっかりと支えながら抱っこをしてあげなくてはいけません。では、いったいどのような抱き方をすれば赤ちゃんも不安がらずに抱っこしてあげることができるのでしょうか?今回は、赤ちゃんを抱っこするコツや正しい抱き方を学んでみましょう!また、赤ちゃんが嫌がる抱き方や落ち着く抱き方についても併せて学んでみましょう。

赤ちゃんを抱っこしたい!

自分の赤ちゃんはもちろんですが、友人や家族の赤ちゃんと対面した時、あまりの可愛さから「抱っこしてみたい!」と思うのではないでしょうか?

しかし、正しい抱っこの仕方を学んでおかなくては赤ちゃんが嫌がる!

抱っこはまだ言葉が喋れない赤ちゃんとの大事なスキンシップです。赤ちゃんも抱っこをしてもらえるととても喜んでくれます。しかし、正しい抱っこの仕方を学んでおかなくては赤ちゃんが嫌がることもあるんですよ。

赤ちゃんが嫌がらない抱っこの仕方とは…?

せっかく抱っこしたのに赤ちゃんが嫌がって大泣きしてしまったら抱っこをしたこちら側も罪悪感が生まれてしまいますし、ちょっとショックですよね…。では、赤ちゃんが嫌がらない抱っこの仕方とは一体どの様な抱っこなのでしょうか?

赤ちゃんの正しい抱っこの仕方やコツを学んでみよう!

そこで今回は、赤ちゃんの正しい抱っこの仕方やコツをしっかりと学んでみましょう!

赤ちゃんの抱っこの仕方やコツまとめ

まずは基本の赤ちゃんの抱っこの仕方やコツをチェックしてみましょう!

赤ちゃん抱っこの基本・横抱きの仕方とコツ

新生児やまだ首がすわる前の赤ちゃんには横抱きをしましょう。横抱きは赤ちゃんの頭をしっかりと支えられる抱き方ですので基本の抱っこ方法となります。まずは横抱きの仕方やコツを学んでみましょう!

横抱きの仕方は、赤ちゃんの首の下に片手を入れ、赤ちゃんの頭と首を支えます。そしてもう片方の手を、股の間から差し入れて手の平でお尻を支える様に抱き上げ、赤ちゃんの体を胸の方へ引き寄せましょう。赤ちゃんのお尻を支えていた手は背中あたりまでずらし、腕でおしりを支える様にします。首を支えていた手の平をは赤ちゃんの背中へとずらし、自分の肘を曲げた所に赤ちゃんの頭と首を乗せる様にしましょう。赤ちゃんの首を腕でしっかりと支える様に抱っこしてあげることを意識してくださいね。

赤ちゃんを横抱きする時に気を付けてほしいのが、赤ちゃんの足を揃えた状態で抱っこしない様にとのことです。赤ちゃんの股関節はまだ発達途中なので、足を揃えた状態で抱っこをすると股関節脱臼の原因になってしまいます。必ず赤ちゃんの股の間に手を入れてお尻を支える様にしましょう。

赤ちゃん抱っこの基本・縦抱きの仕方とコツ

横抱きをマスターしたらお次は赤ちゃんを抱っこする時の基本の抱き方・縦抱きの仕方やコツを学んでみましょう!縦抱きは首がすわっていない状態の赤ちゃんでもげっぷをさせてあげる時などにする抱っこの仕方ですのでしっかりと抱き方を学んでおきましょうね。

縦抱きの仕方は、赤ちゃんの頭とお尻を支えるように手を差し出し、そっと抱き上げます。そして赤ちゃんの頭を上にして自分の胸と肩に優しくもたれかけさせる様に引き寄せ赤ちゃんと密着します。お尻を支えていた手の平をスライドし、腕全体で赤ちゃんのお尻を支えつつ、もう片方の手で頭と首を支える様に抱っこしましょう。縦抱きは横抱きよりも少しアンバランスな抱っこになるので赤ちゃんの首と頭をしっかりと支えることを意識しましょうね。

赤ちゃんを抱っこする際に注意すること

1・赤ちゃんを不安にさせない様にまずはリラックスする

赤ちゃんを抱っこする際に注意することは抱っこの仕方だけではありません。安全な抱き方をマスターするのはもちろんなのですが、「抱っこするのが怖い」という気持ちが強いと赤ちゃんにそんな気持ちが伝わってしまって不安にさせてしまいます。なのでまずは抱っこする人がリラックスすることが重要です。抱っこをする人がリラックスした状態で赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃん自身もリラックスして身を任せてくれる様になります。

また、いきなり赤ちゃんを抱っこすると赤ちゃんもびっくりして怖がってしまいますので、赤ちゃんを抱っこする前に声をかけてあげると良いですよ!赤ちゃんを抱っこする際にはピタッと体を密着させる様にして抱っこする人の心臓音を伝えることができると赤ちゃんに安心感や心地よさを与えることができます。また、赤ちゃんと体を密着させる際には赤ちゃんが呼吸をしづらくなってないかもしっかりチェックしてくださいね。

2・赤ちゃんをしっかりと支える

生後間もない赤ちゃんは非常にデリケートです。赤ちゃんを抱っこするときは、後頭部・背中・お尻の3点を腕を使ってしっかり包み込んであげる様にしましょう。腕を使わずに手首だけで赤ちゃんを支えようとすると腱鞘炎になってしまう可能性あるので注意してくださいね!

3・赤ちゃんに無理な体勢をさせない

正しい抱き方を意識しすぎるあまり赤ちゃんに無理な姿勢をさせてしまわないように気をつけてくださいね。赤ちゃんの足や手を無理に伸ばさない様にしましょう。また、首がすわった後も赤ちゃんは急に後ろに反ってしまったりすることもあるので、しっかりと背中を支えて両手で抱っこしてあげることを覚えておきましょう。

4・爪は短く切っておく

また、赤ちゃんを抱っこする際に女性に気をつけて欲しいのが爪の長さです。赤ちゃんを抱っこする時には必ず赤ちゃんの首回りを支えないといけません。しかし爪が伸びていると赤ちゃんの肌を傷つけてしまう可能性があります。赤ちゃんの肌は柔らかくて非常にデリケートなので傷つけない様にしっかりと爪を切っておきましょう!

赤ちゃんが嫌がる抱き方や落ち着く抱き方もある様で…?

赤ちゃんを抱っこする際に基本の抱き方となる縦抱き・横抱きはしっかりと学べましたね。縦抱きと横抱きもどちらがいいのかは赤ちゃんの好みによる様ですが、赤ちゃんたちには嫌がる抱き方や落ち着く抱き方などもある様です。

赤ちゃんを抱っこする前に、嫌がる抱き方や落ち着く抱き方を学ぼう!

一体どの様な抱っこであれば赤ちゃんが嫌がったり落ち着くのでしょうか?赤ちゃんを抱っこする前に、嫌がる抱き方や落ち着く抱き方を学んでおきましょう!

赤ちゃんが嫌がる抱き方まとめ

抱っこをしている時に赤ちゃんが暴れてしまうのは、赤ちゃんが抱かれている姿勢が気に入らなかったり暑い・怖いと感じて暴れたり泣いてしまう事が原因となる時があります。赤ちゃんの体をしっかりと包み込む様に抱っこしてあげなくては「落とされちゃうかも」と思って赤ちゃんも不安がってしまいます。しっかりと赤ちゃんの体を支えてあげましょうね。また、赤ちゃんによっては縦抱きと横抱きの好みがあるので抱っこの仕方を変えてどちらが好きか反応を見てみましょう。

赤ちゃんが落ち着く抱き方まとめ

赤ちゃんは背中が丸くなっている時ほどリラックスする様です。抱っこをする時は包み込むように抱いてあげましょう。また、抱っこをしている時に歩いてあげると赤ちゃんは落ち付きます。ちょっぴり早足くらいのリズムで歩きながら抱っこしてあげると赤ちゃんが落ち着くので、ぐずってしまった時などは早歩きをしながら抱っこしてあげましょう!

また、寝かしつけの時に赤ちゃんが泣いて暴れてしまった時は軽くスクワットをする様に体を動かしながら抱っこをしてあげると寝付きやすいとの先輩ママたちの体験談もある様です。抱っこをしてあげる際には赤ちゃんの体を揺らしてあげましょうね!

《まとめ》赤ちゃんを抱っこの仕方やコツ、嫌がる抱き方・落ち着く抱き方

赤ちゃんを抱っこの仕方やコツ、嫌がる抱き方・落ち着く抱き方まとめはどうでしたか?まだ首がすわらない状態の新生児などを抱っこする時はビクビクしてしまいがちですが、不安になっていると赤ちゃんにも不安な気持ちが伝わってしまい怖がらせてしまうとのことですので、赤ちゃんを抱っこする際にはリラックスしておきましょうね。また、赤ちゃんを抱っこする時は縦抱きも横抱きもしっかりと赤ちゃんの体を支える様に抱っこして包み込むようにしましょう。

抱っこをする側も慣れるまでは緊張するものですがリラックスしてたくさん赤ちゃんを抱っこしてあげましょう。赤ちゃんは抱っこされることで安心し、ママやパパから愛されていると感じることができるのでたくさん抱っこしてあげて愛情をうーんと伝えてあげてくださいね!

もっと赤ちゃんの抱っこに関する情報を知りたいアナタへ!

関連するまとめ

トイレトレーニングパンツでおすすめは?洗い方や必要な枚数を調査のサムネイル画像

トイレトレーニングパンツでおすすめは?洗い方や必要な枚数を調査

育児の最難関課題といえばオムツはずしですね。どうやってトイレを覚えて…

持田リカ

妊娠初期の便秘・腹痛解消法!排便時にいきむと流産の危険がある?のサムネイル画像

妊娠初期の便秘・腹痛解消法!排便時にいきむと流産の危険がある?

妊娠初期には様々な身体の変化が起こります。便秘もその一つです。今まで…

yamachi

年子とはなに?育児の大変な点やメリット・デメリットについて調査のサムネイル画像

年子とはなに?育児の大変な点やメリット・デメリットについて調査

「年子」という言葉をご存知ですか?一人目が産まれてその次の年に続けて…

h.neco0727

新生児の抱き方・抱っこの注意点・コツは?基本姿勢や授乳姿勢まとめのサムネイル画像

新生児の抱き方・抱っこの注意点・コツは?基本姿勢や授乳姿勢まとめ

この世に生を受けて誕生した生まれたての赤ちゃんを「新生児」といいます…

kokoro

妊娠初期の出血が鮮血なら少量でも注意が必要!原因や対処法は?のサムネイル画像

妊娠初期の出血が鮮血なら少量でも注意が必要!原因や対処法は?

妊娠初期に誰でも起こりゆる出血。不安になる人も多い事かと思います。妊…

照屋 愛梨

赤ちゃんの麦茶はいつからいい?作り方・飲ませ方やおすすめ商品を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの麦茶はいつからいい?作り方・飲ませ方やおすすめ商品を紹介

ノンカフェインのお茶として知られる麦茶は、赤ちゃんの育児に活用するこ…

kon_w

赤ちゃんのベビーサークルでおすすめは?人気商品や選び方まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのベビーサークルでおすすめは?人気商品や選び方まとめ

赤ちゃんが自分で動けるようになってくると必要になってくるのがベビーサ…

はるまママ

赤ちゃんのつかまり立ちの時期はいつから?練習法・おもちゃなど紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのつかまり立ちの時期はいつから?練習法・おもちゃなど紹介

おすわりが出来るようになった赤ちゃんの次のステップは、つかまり立ちで…

234

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?体重・身長など成長発達について調査のサムネイル画像

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?体重・身長など成長発達について調査

生後2ヶ月の赤ちゃんは、様々な成長や発達をしているんです。そういえば…

h.neco0727

童話って怖いの!?日本では知られていない童話原作の真実まとめのサムネイル画像

童話って怖いの!?日本では知られていない童話原作の真実まとめ

子供の頃に読み聞かされ、プリンセスやヒーローに憧れ、夢中になった童話…

天瀬雛菊

赤ちゃんの飛行機はいつから?乗り方のポイント・コツを徹底まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの飛行機はいつから?乗り方のポイント・コツを徹底まとめ

どうしても赤ちゃんと一緒に飛行機に乗らなくてはいけなくなったなんて事…

秋野 もみじ

産後ダイエットを成功させるには?失敗しない効果のある痩せ方まとめのサムネイル画像

産後ダイエットを成功させるには?失敗しない効果のある痩せ方まとめ

出産した後もきれいな体型をキープできる産後ダイエットについてまとめま…

kon_w

新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!のサムネイル画像

新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!

新生児用の抱っこ紐、どんなものを使っていますか?様々な種類のものがあ…

岡田あやの

赤ちゃん・新生児の爪切りのコツややり方は?おすすめ人気グッズまとめのサムネイル画像

赤ちゃん・新生児の爪切りのコツややり方は?おすすめ人気グッズまとめ

赤ちゃんのお世話で気を付けたいのが「爪切り」です。爪が長いと赤ちゃん…

さかもと

授かり婚は今どき珍しくない?授かり婚のメリット・デメリットは?のサムネイル画像

授かり婚は今どき珍しくない?授かり婚のメリット・デメリットは?

今、”授かり婚”が増えて四人に一人がマタニティウェディングの時代にな…

furiji

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?量の目安と飲まない時の対処法のサムネイル画像

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?量の目安と飲まない時の対処法

赤ちゃんは母乳やミルクを飲むというイメージがありますが、徐々にそれ以…

aeca

里帰り出産のお礼の相場は?渡すタイミングやマナーについてまとめのサムネイル画像

里帰り出産のお礼の相場は?渡すタイミングやマナーについてまとめ

里帰り出産では出産前はもちろん、出産後の赤ちゃんのお世話まで実母、ま…

kta

生理周期の計算方法・数え方まとめ!排卵日を把握して健康チェック!のサムネイル画像

生理周期の計算方法・数え方まとめ!排卵日を把握して健康チェック!

自分の生理周期をご存知ですか?人によって日数が違う生理周期はしっかり…

234

赤ちゃんのほっぺが赤い原因は?カサカサを正しい対処法でツルツルにのサムネイル画像

赤ちゃんのほっぺが赤い原因は?カサカサを正しい対処法でツルツルに

赤ちゃんのほっぺはツルツルでとても気持ちがいいですよね。生まれたてほ…

aeca

英才教育には弊害が?間違った育て方が子どもの将来の大きな失敗につながるのサムネイル画像

英才教育には弊害が?間違った育て方が子どもの将来の大きな失敗につながる

昨今英才教育を取り入れて育児をしている人がとても増えています。しかし…

nebyo13

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ