育児が始まる前に赤ちゃんグッズを手作りしよう

赤ちゃんが生まれる前は、たくさんの準備が必要です。おむつやベビー服など必要な用品を購入していると、びっくりするほど出費がかさんでしまうもの。短い期間しか使わないベビー用品なので、なるべくコストを抑えて節約したいママさんが多いのではないでしょうか。

仕事をしているママさんでも、出産前になると産休がとれるので、ゆったりした時間を過ごすことができます。育児が始まると眠れないほど忙しくなるので、そんな貴重な時間を利用して赤ちゃんグッズを手作りしてみませんか?自分の好きなデザインが取り入れられるのはもちろん、節約にもつながります。

簡単に作れる赤ちゃんの手作りグッズを総まとめ!

そこで今回は、簡単に作れる赤ちゃん用品たちを総まとめでご紹介。ハンドメイドが苦手な方や、家にミシンがなくても作れる簡単なものもあるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

赤ちゃんグッズを作る前に!手作りで注意するポイント

市販で売られている赤ちゃんグッズは、いろいろな実験を重ね安全性の高いものが作られています。自分で赤ちゃんを手作りするときに気をつけるべきポイントをまとめました。

赤ちゃんに優しい素材を使う

ベビー用品を手作りするなら、安心・安全な素材を使うようにしましょう。肌に触れるものはオーガニックコットンのように、負担の少ないナチュラルな素材がおすすめです。

安全性に注意する

市販のベビー用品はメーカーが商品を作るときに何回も実験を重ね、安全性の高いものが販売されています。手作りの場合は自分のオリジナルで作るのではなく、先輩ママが実際に使ったアイテムを参考に、安全性に注意して作ることが必要です。

赤ちゃんの手作りグッズ・ガラガラ

赤ちゃんのおもちゃは、ハンドメイドで作るとしたら安全性を一番に考えなければいけません。手作りなら、素材や色合いなど好みのものにカスタマイズできるのが魅力的。いろいろなおもちゃ用品をまとめました。

ペットボトルで簡単に

丸みのあるペットボトルの中にビーズを入れただけの簡単なガラガラ。ペットボトルの形がちょうど赤ちゃんがつかみやすいシルエットになっているので、とっても手軽ですがきちんとおもちゃとして使うことができます。ビーズだけでなく、鈴など音が鳴るものを入れるのもおすすめです。

作り方

作り方はとっても簡単で、ペットボトルのふたを開けた後中に好きなものを入れるだけ。万が一ペットボトルの蓋が空いてしまうと中に入れたものを誤飲してしまう危険性があるので、ママの目があるところでおもちゃを使用するか、蓋が空かないようにテープで固定するようにしましょう。

こちらは100円ショップのセリアで購入できる、プラスチックの電球を使って作ったガラガラです。中に入れているボタンを入れても、総額200円で作れるのでとってもリーズナブル。見た目もまるでインテリアのようにおしゃれです。

ハンドメイドが好きな方は、人形型のガラガラを作るアイデアも。同じ形にカットした生地を縫い合わせ、中に綿と鈴を入れればできあがり。好きな形でOKですが、赤ちゃんが握りやすいシルエットを意識して作るのがポイントです。

赤ちゃんの手作りグッズ・カシャカシャ(タグ付きハンカチ)

初心者でも簡単に作れるおもちゃ

ハンカチのような「カシャカシャ」というおもちゃは、その名の通り握るとカシャカシャと音がするのが特徴。周りにタグのようなわっかをつけることで、ひっぱったりつかんだりして遊ぶことができます。

手作りに必要な材料

好きなデザインの生地を選びます。作る大きさにもよりますが、大人の手のひらサイズほどの大きさが2枚あればOK。ガーゼやコットン素材のものがおすすめです。

カシャカシャのタグの部分に使います。リボンや紐など好きな素材を集めましょう。なるべく肌触りや大きさの違うものを選ぶと、赤ちゃんがより楽しめます。

カシャカシャのポイント、音がなるようにするために必要なのがビニールです。レジ袋など、薄めのビニール素材であれば何でも大丈夫です。

作り方

中表にして2枚の布を合わせたら、真ん中にビニール生地、周りにつけるリボンをはさんで、返し口を除いて一周縫い合わせます。表向きに返したら、返し口の部分も縫い合わせてできあがり。とっても簡単なので、ミシンがあれば30分ほどでできあがります。もちろん手縫いでも作れますよ。

長方形の形だけでなく、ハートや星、動物など、いろいろな形で手作りすることができます。カラフルな素材を使うとポップでかわいらしく仕上がりますよ。

赤ちゃんの手作りグッズ・ベビー服

赤ちゃんにおしゃれをさせるのはママの楽しみのひとつ。ハンドメイドなら、子供の成長に合わせてぴったりの洋服を手作りすることができます。ハンドメイドで作れるおすすめのベビー服をまとめました。

ベビー服の作り方

ベビー服を手作りするには型紙が必要になります。赤ちゃんのサイズに合わせて「サイズ80、ベビー服、型紙」のようにインターネットで検索すれば、いろいろなサイトで無料で手に入れることができます。

肌着

小さな赤ちゃんは汗をたくさんかくので、夏であれば1日に3回ほど着替えが必要になります。ガーゼ素材で手作りすれば、着心地が良いだけでなく通気性も抜群!冬に着させるのであれば温かい素材を選ぶようにしましょう。たくさん着替えさせることを考えると、トータルで12枚ほど揃えておくと便利です。

かぼちゃパンツ

女の子ならワンピースの下にはいたり、男の子なら短パン風に着たり、いろいろなコーディネートに使えるかぼちゃパンツ。使いまわしが効くので、何枚持っていても便利なアイテムです。

ベビードレス

ベビードレスは病院を退院する日に記念として着させたり、お食い始め、お参りなど、特別なときに着用させるアイテムです。愛情をこめて特別な一着を手作りしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの手作りグッズ・ベビーミトン

ベビーミトンは、赤ちゃんの手袋兼ひっかき防止として使える用品です。夏に出産予定の赤ちゃんの場合は、蒸れてしまうこともあるので様子を見ながら使用しましょう。おすすめのミトンたちをまとめました。

ベビーミトンの魅力は、手縫いでもとっても簡単に作れるということ。久しぶりに手芸やハンドメイドに挑戦する方は、手慣らしとして手作りしてみても良いかもしれません。ただあまり使わなかったというママの意見もあるので、手作りベビー用品の中で優先順位は低めです。

作り方

好きな生地を半円型に4枚カットしたら、2枚ずつペアにして中表で縫い合わせます。手が入る部分にゴムを入れて、セットにしたパーツを縫い合わせればできあがり。

編み物が好きな方は、こんなベビーミトンもおすすめです。毛糸で作る場合は温かさもあるので、冬場に使うのにぴったりですね。

赤ちゃんの手作りグッズ・スタイ

何枚合っても便利で、しかも簡単に作れるのが魅力のスタイ。カラフルで可愛い生地を選べば、ファッションアイテムとしても使うことができます。スタイにもいろいろな形があるので、ハンドメイドの参考にしたいおすすめの形をまとめました。

スタイは生後3~4ヶ月ほどたつと、よだれかけとして使うようになります。1日ずっと同じものを使うのではなく汚れたら取り替えるので、何枚合っても便利。シンプルな形なので、ミシン初心者でも手軽に作れるベビー用品のひとつです。

作り方

作りたい形のスタイの型紙を準備します。すでに既製品のスタイを持っている場合は、それを土台に自分で型紙を作ってもOK。型紙に沿って好きな生地を2枚同じ形にカットしてください。

生地を中表にし、返し口を残して囲うように縫います。表に返したら返し口を縫ってできあがり。首の部分は、ボタンをつけるか、マジックテープをつけましょう。

赤ちゃんのおしゃれなアクセサリー代わりにもなるドーナツ型のスタイ。形を変えるだけで作り方は同じなので、こちらも簡単に作ることができます。

先ほどのドーナツ型のスタイをさらにアレンジして、ひらひらの形にしたアイデア。男の子はドーナツ型、女の子はひらひら型と性別によってアレンジしても良いですね。首につけるとフリルのようになってとってもキュートです。

赤ちゃんの手作りグッズ・おくるみ

赤ちゃんをくるんだり、お昼寝のときの敷布団にしたり、ベビーカーで掛け布団にしたり、いろいろな育児の中で大活躍のおくるみ。大きいので難しそうに見えますが、とってもシンプルなので実は簡単に作ることができます。

作り方

フード付きおくるみの作り方 | nunocoto - YouTube

出典:YouTube

おくるみはシンプルな形なので、型紙などは特に必要ありません。90㎝×90㎝の表用と内側用の生地、25cm×25cmのフード部分の生地を準備したら、あとは動画の通り縫い合わせていけばできあがり。

基本のおくるみの作り方をマスターしたら、ちょっとしたアレンジにチャレンジしてみませんか?こちらは小さな耳をつけて、くまさん風にしたアイデア。赤ちゃんがフードをかぶったときに、まるできぐるみを着ているかのようにかわいらしく作れますよ。

耳の形を大きくすればウサギさん風のおくるみができあがり。男の子にはくまさん、女の子にはウサギさんとアレンジしてみても良いですね。

赤ちゃんの手作りグッズ・スリーパー

スリーパーという育児グッズは、聞いたことがないママさんも多いはず。どういったものかというと、赤ちゃんが蹴飛ばしたりしても布団が動かないように、固定できる掛け布団のようなアイテムです。赤ちゃんが寒いか心配で目が話せないママも、スリーパーがあれば安心につながります。

スリーパーにはちゃんちゃんこ型、ベスト型、ポンチョ型のようにいろいろな形があります。まずはどんな形を作りたいかを決め、インターネットで型紙を手に入れましょう。あとはミシンを使って生地を縫い合わせていけば完成です。

赤ちゃんの手作りグッズ・日用品

ガーゼハンカチ

ハンドメイドの超基本編ともいえるガーゼハンカチ。よだれを拭いたり、大きいサイズで作れば沐浴のときバスタオルにも使うことができます。肌に触れるものなので、ガーゼやオーガニックコットンなど柔らかい素材を選ぶようにしましょう。作り方は2枚の生地を縫い合わせるだけで作れます。

おしゃぶりホルダー

おしゃぶりやおもちゃが落ちないように、ベビーカーに固定することができるホルダーです。作り方はとっても簡単で、片側にクリップのパーツをつけたあと、好きなビーズを通してストラップ型にするだけ。インスタグラムで「#おしゃぶりホルダー」と検索すると、いろいろなデザインが見れるので参考にしてみてくださいね。

育児に使える赤ちゃんの手作りグッズ・授乳ケープ

生まれたばかりの赤ちゃんは一回に飲める母乳の量が少ないので、一日に何度も授乳が必要になります。家の中では良いですが、外では授乳室が近くにない場合もありますよね。そんなときに使えるのが授乳ケープです。

忙しい育児に大活躍

授乳ケープは、ママの好みによっていろいろな形で手作りさせます。たとえばおくるみとして使えるようにストール型にしたり、すっぽりと隠すことができるポンチョ型にしたりなどなど。自分はどんな形を作りたいか、想像しながらチェックしてみてください。

エプロン型

見てもわかるとおり、エプロンの形をした授乳ケープ。ひもになっている部分を首にかけて使います。作り方はエプロンの作り方を応用しても良いですし、型紙を利用して授乳ケープにあった形で作る方法も。裏側の生地を厚手にしておけば、オムツ替えマットとしても使用できます。

ポンチョ型

ポンチョ型の授乳ケープは、しっかりとガードできるのが魅力的です。「授乳ケープ、ポンチョ型、型紙」と検索すると作り方がでてくるので、型紙を参考に手作りしてみましょう。薄手の生地で作れば持ち運びも楽にできますね。

育児に使える赤ちゃんの手作りグッズ・母子手帳ケース

育児の中にママお気に入りのデザインを

母子手帳は、小学校入学前まで長く使えるアイテムです。健康診断や通院のときなどバッグの中に入れて持ち歩くことが多いので、ママのテンションが上がるお気に入りの生地で手作りするのがおすすめです。

手帳ケースはハンドメイドや手芸に慣れている方でないと少し作るのが難しいかもしれません。型紙が必要になるので、こちらもインターネットで入手して手作りしましょう。基本の作り方をマスターしたら、レースなどをつけてアレンジするのもおすすめです。

簡単に母子手帳ケースを手作りしたいなら、シンプルなポーチ型を取り入れてみましょう。母子手帳ケースの型紙でなくても、「ポーチ、簡単、型紙」と検索して、作れそうなものから選んでみてください。ポーチによっては小さすぎるものや大きすぎるものもあるので、母子手帳に合うサイズで応用して作ってくださいね。

育児に使える赤ちゃんの手作りグッズ・おしりふきポーチ

赤ちゃんがおでかけするときに、オムツとおしり拭きはなくてはならないアイテムです。外に持ち歩くなら、かわいいポーチに入れておしゃれにしたいですよね。そこでおすすめのおしり拭きポーチについてご紹介します。

おしり拭きポーチを作るには、ビタットというカバーが必要になります。このケースを土台に生地を縫い合わせていくことで、おしり拭きが乾燥しないカバー付きのケースを作ることができます。

サイズを大きめに作っておけば、おしり拭きとおむつを一緒にしまえる便利なポーチも作れますよ。

お尻拭きポーチの作り方 - YouTube

出典:YouTube

詳しい作り方は動画を参考にしてみましょう。こちらではビタットではなく、100円ショップに売っているウェットシート蓋を使用して作る方法が紹介されています。

手作りグッズで赤ちゃんを迎えてみてくださいね

たくさんのアイテムたちをご紹介しましたが、すべて手作りするのはとっても大変です。どんなアイテムを手作りしてみたいか、育児の中で取り入れてみたいか、まずは興味のあるものからハンドメイドをはじめてみましょう。これから育児が始まるママさんはもちろん、赤ちゃんが生まれる友人へのプレゼントにも取り入れてみてくださいね。

赤ちゃんの手作りグッズに関する記事を見たい方はこちら

関連するまとめ

赤ちゃんの鼻水の吸い方は?上手にスッキリする吸引法・コツまとめのサムネイル画像

赤ちゃんの鼻水の吸い方は?上手にスッキリする吸引法・コツまとめ

赤ちゃんの鼻水が出ていると息苦しそうで可愛そうですよね。自宅で吸い出…

watanebe

赤ちゃん用の洗濯洗剤は必要?選び方やおすすめ人気商品を紹介!のサムネイル画像

赤ちゃん用の洗濯洗剤は必要?選び方やおすすめ人気商品を紹介!

生まれたての赤ちゃんは非常に敏感。赤ちゃん専用商品は沢山あって、おす…

シロツメクサ

ペットボトル用ストローで飲む!100均おすすめキャラクターまで♪のサムネイル画像

ペットボトル用ストローで飲む!100均おすすめキャラクターまで♪

最強グッズ、ペットボトル用ストロー。これさえあれば、外でも中でも楽チ…

すばたりあん

赤ちゃんの水はいつからいいの?水道水やミネラルウオーターは飲める?のサムネイル画像

赤ちゃんの水はいつからいいの?水道水やミネラルウオーターは飲める?

赤ちゃんの水はいつから飲めるの?子育てが初めてのママは赤ちゃんに水を…

みんみん

赤ちゃんのお風呂便利グッズ!楽しくて安全なアイデア商品まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのお風呂便利グッズ!楽しくて安全なアイデア商品まとめ

昔と比べて今は子育てしやすいいろんな便利グッズがありますよね。中でも…

みんみん

新生児や赤ちゃんが白目をむく・寄り目になる原因は?その理由を調査のサムネイル画像

新生児や赤ちゃんが白目をむく・寄り目になる原因は?その理由を調査

出産や育児が初めての方にとって、新生児の成長の過程は驚くことばかりで…

淡雪20172

新生児におすすめのスリングは?正しい使い方や人気のアイテムを紹介のサムネイル画像

新生児におすすめのスリングは?正しい使い方や人気のアイテムを紹介

新生児の赤ちゃんをすっぽり包むように抱っこできるスリングという抱っこ…

macaroniiii

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説のサムネイル画像

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説

赤ちゃんのデリケートな服は大人と一緒に洗濯するより別で洗うと生地を傷…

234

両親学級って知ってる?通う時期・詳しい内容やその目的を知ろうのサムネイル画像

両親学級って知ってる?通う時期・詳しい内容やその目的を知ろう

両親学級が自治体や病院などで開催されています。両親学級って聞きなれな…

木漏れ日

赤ちゃんのコップ飲みはいつから?コツ・練習方法やおすすめ商品紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのコップ飲みはいつから?コツ・練習方法やおすすめ商品紹介

自分の赤ちゃんがなかなかコップ飲みをしてくれない、とお困りのママは多…

aeca

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめ

赤ちゃんは、うつ伏せ寝が大好き!うつ伏せ寝がお腹の中にいた時の状況に…

nebyo13

赤ちゃんを寝かしつける方法やコツまとめ!時間が早くなるポイントは?のサムネイル画像

赤ちゃんを寝かしつける方法やコツまとめ!時間が早くなるポイントは?

毎晩の赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいませんか?赤ちゃんは寝てほしいと…

はこあこ

赤ちゃんのヘアーバンドの作り方!手作りで簡単可愛くおしゃれにのサムネイル画像

赤ちゃんのヘアーバンドの作り方!手作りで簡単可愛くおしゃれに

女の子の赤ちゃんが産まれたら、とびきり可愛く見せたいですよね。洋服だ…

はるまママ

男の子の名前は古風・和風な名前がかっこいい!意味もまとめてみた!のサムネイル画像

男の子の名前は古風・和風な名前がかっこいい!意味もまとめてみた!

男の子の場合は、強くたくましく育って欲しいと願って名前を付けたいとい…

はるまママ

赤ちゃんに贈るぬいぐるみ!選び方やプレゼントにも人気のかわいい商品のサムネイル画像

赤ちゃんに贈るぬいぐるみ!選び方やプレゼントにも人気のかわいい商品

育児に欠かせないぬいぐるみは、赤ちゃんの成長・知育のためにも必要なア…

karin

1歳半赤ちゃんの成長やできることは?イヤイヤ期の対処法なども紹介のサムネイル画像

1歳半赤ちゃんの成長やできることは?イヤイヤ期の対処法なども紹介

1歳半の赤ちゃんはできることもどんどん増えてきます。新生児から比べる…

234

ディズニーシー攻略!子連れの為のコースやファストパス攻略法紹介のサムネイル画像

ディズニーシー攻略!子連れの為のコースやファストパス攻略法紹介

暖かくなってきたこの季節にぴったりの、小さな子連れ家族でも楽しめるデ…

ayadarira

生理周期が早い・短いとどうなる?病気や妊娠、それぞれの可能性は?のサムネイル画像

生理周期が早い・短いとどうなる?病気や妊娠、それぞれの可能性は?

女性には重要な生理的現象の月経ですが、人によって生理周期や期間が短い…

ひとみ

赤ちゃんのプールはいつから?専用おむつや注意点についてまとめのサムネイル画像

赤ちゃんのプールはいつから?専用おむつや注意点についてまとめ

ジリジリ暑い夏が近づいてきました。夏の楽しみと言えばプールですね。小…

さかもと

赤ちゃん・新生児の爪切りのコツややり方は?おすすめ人気グッズまとめのサムネイル画像

赤ちゃん・新生児の爪切りのコツややり方は?おすすめ人気グッズまとめ

赤ちゃんのお世話で気を付けたいのが「爪切り」です。爪が長いと赤ちゃん…

さかもと

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ