離婚したくない時の回避方法!やるべき事・してはいけない注意点は?

離婚危機や離婚について考えているご夫婦の方必見です。今回は離婚したくない時の回避方法についてお伝えします。また、やるべき事やしてはいけない注意点などもお伝えします。せっかっく結婚をされたのですから離婚をしたくない気持ちは当然あります。どんな回避方法がある?

離婚したくない時の回避方法!やるべき事・してはいけない注意点は?

目次

  1. 離婚したくない時の回避方法、してはいけない注意点ややるべき事チェック
  2. 離婚したくない時の回避方法「別居しない」
  3. 離婚したくない時の回避方法「子供の事」
  4. 離婚したくない時の回避方法「相手を否定しない」
  5. 離婚したくない時、やるべき事「お互いの価値観を受け入れる」
  6. 離婚したくない時、やるべき事「相手を立てる」
  7. 離婚したくない時、やるべき事「相手の生活スタイルを理解する」
  8. 離婚したくない時、やるべき事「お互いに今までのことを話し合う」
  9. 離婚したくない時、やるべき事「離婚したくないと思いすぎない」
  10. 離婚したくない時、やるべき事「信頼できる友人と話す」
  11. 離婚したくない時、やるべき事「2人で今後どうしたいか話す」
  12. 離婚したくない時にしてはいけない注意点「携帯・スマホチェック」
  13. 離婚したくない時にしてはいけない注意点「干渉しすぎない」
  14. 離婚したくない時にしてはいけない注意点「細かすぎないこと」
  15. 離婚したくない時にしてはいけない注意点「相手の部屋に入らない」
  16. 離婚したくない時にしてはいけない注意点「自分勝手なことをしない」
  17. 離婚したくない時の回避方法まとめ

離婚したくない時の回避方法、してはいけない注意点ややるべき事チェック

今回は離婚をしたくないご夫婦の方に回避方法をお伝えしたいと思います。また、してはいけない注意点ややるべき事などもお伝えしたいと思います。ぜひ、離婚したくないご夫婦の方がいらっしゃったら、ご覧になって参考にしてみてください。役に立つ情報がいろいろあります。

離婚したくない時の回避方法「別居しない」

今回は離婚をしたくないと思っている方に回避方法として「別居しない」についてお伝えします。

みなさんが本当に離婚をしたくなく相手とこれからもしたいと思っているのであれば、別居はおすすめしますし、してはいけません。なぜ、別居をしてはいけないのでしょうか?みなさんはわかりますか?実は別居してしまうと、相手の方が時間があるため離婚をするためにいろいろ準備をする可能性がでてくるからです。

離婚危機のご夫婦の中で2人で一緒にいると毎日喧嘩ばかりして、嫌気がさしすぐ感情的になり会話もないので、気持ちを落ちつかせる意味で別居する方は多くいらっしゃいますが、可能であれば避けて頂いたいと思います。それだったら、一つの屋根の下で2人でちゃんと話し合った方が解決策が見つかると思います。逃げてばかりでは前に進みません。

離婚したくない時の回避方法「子供の事」

今回は離婚をしたくないと思っている方に回避方法として「子供の事」についてお伝えします。

離婚したくても子供のことがあってしたくないと思っている方が多くいらっしゃいます。確かに子供がいらっしゃる家庭で離婚をしたいと思ってもなかなか勇気が出ないと思います。子供がいらっしゃるご家庭でしたら、まず、子供のことを最優先に考えるのは当然のことだと思います。幼少期の頃はとても大事な時期です。

そんな時に離婚をしてしまったら、子供がとてもかわいそうです。子供が成人になるまでは離婚をしようと思っていてもしない方が良いでしょう。離婚をしたくない理由として子供を理由にするのはおすすめしません。子供にどういう大人になって欲しいか、子供の意見が聞けるなら聞いて見ましょう。子供が成人になるまで、もしかしたら離婚しなくても良くなるかもしれません。

離婚したくない時の回避方法「相手を否定しない」

今回は離婚をしたくないと思っている方に回避方法として「相手を否定しない」についてお伝えします。

離婚をしたくないと本当に思っているのであれば、相手がどんなに悪いことをしたとわかっていても否定しない方が良いと思います。人間は否定されると、とても嫌な気持ちになります。離婚をしたくないのに、相手を否定してしまうと、うまくいくのもいきません。相手のことを否定したくても、離婚を回避したいのであれば、我慢しましょう。

なので、離婚をしたくないと思っているのであれば、否定をすることではなく、難しいとは思いますが相手を褒めたり、いいことをお伝えしたりしましょう。つまり、相手の気分が良くなることを伝えてあげると、相手もあなたのことを褒めたり、気分が良くなることをしてくれると思います。相手のことを否定しないことを頭の中に入れておいてください。

離婚したくない時、やるべき事「お互いの価値観を受け入れる」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「お互いの価値観を受け入れる」についてお伝えします。

夫婦はお互いに違う価値観を持っています。もともとは他人同士ですし、男性と女性なので価値観が全く違います。それに、同じ人間でも育った環境や遊んだこと、読んだ本なども違いますので、価値観が違うのは当然です。離婚する原因を性格の不一致という理由で別れる夫婦が多くいらしゃいます。

自分と価値観が違うからと行って相手を責める方が多くいらっしゃることも事実です。自分以外の人はみんな自分とは価値観が違うと思った方が良いでしょう。そして、離婚をしたくない方はぜひ、相手の価値観を否定するのではなく、受け入れる努力をしてください。最初は難しいことかもしれませんが努力すればできますので、ぜひ、やってみてください。

離婚したくない時、やるべき事「相手を立てる」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「相手を立てる」についてお伝えします。

夫婦というのは2人が協力し合い、助け合って結婚生活を送っています。そして、どちらから偉いという概念はありません。ですが、勘違いしている旦那さんや奥さんがいるのも悔しいですが事実です。今の時代、相手を立てるということをご存知ない方が多くいらっしゃるような感じがします。昭和の時代は相手を立てるということを大事にしていました。

なので、現在のように離婚率は低かったです。相手を立てるというのはとても難しいことなのですが、とても大事なことです。まず、相手の欠点ばかりを見ないで、良い部分をみてあげて、相手を立てるようにしていってください。このことは相手にも伝わります。離婚をしたくないという方は、ぜひ、実践してみてください。

離婚したくない時、やるべき事「相手の生活スタイルを理解する」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「相手の生活スタイルを理解する」についてお伝えします。

みなさんは相手の生活スタイルを把握していますか?人それぞれ生活スタイルは違います。相手の生活スタイルが自分と違いすぎて離婚される夫婦がいらっしゃいます。そして、相手の生活スタイルのことで、言い争いになって、険悪なムードになったりとすることもあるのです。まず、生活スタイルには正解がないということを頭の中に入れておきましょう。

それができたら、相手の生活スタイルが自分とかけ離れているからといって、喧嘩したり、否定したりすることをやめましょう。時間はかかるかと思いますが、時間を少しずつかけて相手の生活スタイルを受けれる努力をして見ましょう。そうすると離婚という2文字がでてこなくなり、離婚を回避できると思います。

離婚したくない時、やるべき事「お互いに今までのことを話し合う」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「お互いに今までのことを話し合う」についてお伝えします。

離婚したくないとこちらが思っていても、相手がどう思っているのかわかりません。一人で悩み続けていても、解決はできません。結婚してから今まで2人でどんな生活を送ってきたのでしょうか?ラブラブな時期もあったかと思います。離婚したくない方は、一度、相手と今までのことを話すのも良い機会かと思います。

今まで、2人はどんな恋愛をして結婚されたのか、どんなデートをし、どんな生活を送られたのでしょうか?ぜひ、この機会に2人が今までどんな話をし、どんなデートや生活を送ってきたかなど、いろいろ時間をかけて話してみると良いと思います。コミュニケーションはとても大事なことです。特に離婚をしたくないと思っている方にはおすすめしたいと思います。

離婚したくない時、やるべき事「離婚したくないと思いすぎない」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「離婚したくないと思いすぎない」についてお伝えします。

離婚をしたくないと思っている方々に気持ちをあまり強く持ち過ぎることをおすすめしません。人間は不思議なことに強い意思を持ち過ぎると相手に伝わってしまいます。今回の件で言えば、離婚をしたくないと強い感情や声を表に出さなくても、不思議なことに相手に伝わってしまいます。そうなってしまうととても危険です。

相手はそれを逆手にとって離婚へ動くかもしれないからです。離婚したくないという思いはなぜ、そういう思いになったか必ず原因があります。念が強過ぎる方は、何もいっていないのに相手に自分が考えていることが伝わってしまいますのえ、注意が必要になってきますので、気をつけてください。離婚したくないと普段から思わないようにしましょう。

離婚したくない時、やるべき事「信頼できる友人と話す」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「信頼できる友人と話す」についてお伝えします。

離婚をしたくない方はみなさんどういう方法をとって回避していらっしゃるでしょうか?離婚をしたくないといってても、解決はしません。やるべき事がちゃんとあります。離婚をしたくない方はぜひ、信用できる友人に話を打ち明けてみてはいかがでしょうか?自分で部屋にこもって考えるより、視野が広がり解決策が見つかります。

ここで大事なのは話しする相手は信用できる友人というのがポイントです。誰でもいいから知人や恋人、友達などに相談するのは控えましょう。今はネット時代なので、信用されない人に話したら掲示板などに書かれてしまいますので、とても危険ですので、話す時は信用できる友人一人に絞って話しましょう。

離婚したくない時、やるべき事「2人で今後どうしたいか話す」

今回は、離婚を回避するためにやるべき事の「2人で今後どうしたいか話す」についてお伝えします。

一人で結婚したくないと考えていても意味はないです。信用できる友人に話したとしても良いアドバイスがもらえるかはわかりせん。人間は一番自分がかわいい生き物ですので、相手のことをどのくらい思いやりを持って接してくれるのかわかりません。信用できる友人に話しをしたが、噂が出てしまったら、意味がないのです。

そこで基本的なことですが、やるべき事として相手と2人で話し合う事です。2人が出会って交際に発展し結婚したのですから、お互いのメリットやデメリットは把握していますので、友人に相談するのも良いですが、相手と今後どうするのか、いろいろ時間をかけてじっくり話し合うことをおすすめしたいと思います。2人で話し合うことは友人に話すことよりも大事なことです。

離婚したくない時にしてはいけない注意点「携帯・スマホチェック」

離婚を回避する時、してはいけない注意点「携帯・スマホチェック」についてお伝えします。

今の時代、携帯やスマートフォンがあり、簡単に相手に連絡することができる便利な世の中になりました。携帯やスマートフォンが登場してから、恋人や夫婦間で黙って相手の携帯やスマートフォンを閲覧してしまう行動が見られるようになりました。そして、見つかれば、当然のごとく言い争いになり別れたり、離婚したりしてしまいます。

特に女性は好きな旦那さんや彼氏の携帯やスマートフォンを閲覧する傾向が高いです。閲覧して良いことなんてありません。人のプライバシーを侵していることに繋がりますので、携帯やスマートフォンを閲覧することをしてはいけないのです。相手の携帯やスマートフォンを閲覧することは別れに繋がることを把握しておきましょう。

離婚したくない時にしてはいけない注意点「干渉しすぎない」

離婚を回避時、してはいけない注意点「干渉しすぎない」についてお伝えします。

男性でも女性でも人間はあまり自分のことを干渉されたくないと思っています。それも干渉されることが嫌なのに、さらに過ぎるくらい干渉してくる方がもしいらっしゃったら、とてもイライラするでしょうし、恋人や夫婦でも別れを切り出してしまうくらい重要なことなのです。干渉するにしても軽いものにしておきましょう。

携帯やスマートフォンチェックや「何時に帰るの?」「何食べる?」「どこにいるの?」などの質問を立て続けにしている方は要注意です。本人は干渉し過ぎていないと思っていても、相手に不愉快な思いをさせていることを知りましょう。もし、干渉しているのにわかってない方は友達に相談してアドバイスをしてもらいましょう。干渉しすぎないよう注意してください。

離婚したくない時にしてはいけない注意点「細かすぎないこと」

離婚を回避時、してはいけない注意点「細かすぎないこと」についてお伝えします。

性格がとても細かい人というのはいつの時代にもいらっしゃいます。細かい人は自分にとっては良いですが、相手に対しては全く違う価値観を持ち、不愉快を抱くことにもなります。離婚をしたくないのであれば相手に細かいことを要求しないようしてください。相手は不愉快に思わなければいいです。

こちらは細かいことを相手に伝えて反応をみてください。そして、少しでも嫌な感じを抱いていたり、イライラしていたら細かすぎることを言っていると思ってください。相手に細かすぎることをいっている方はもう少し大きな心で相手に接してみましょう。

離婚したくない時にしてはいけない注意点「相手の部屋に入らない」

ご夫婦の中で離婚を回避時、してはいけない注意点「相手の部屋に入らない」についてお伝えします。

夫婦でお互いの部屋をお持ちの方へしてはいけないことをお伝えしたいと思いますので、該当する方はしっかりと読んで、把握してください。お互いの部屋に入りたくなる時ってふとある瞬間きます。今までは相手の部屋に入ろうと思わなかったのが、ある日にふと入りたくなってしまう瞬間がありますが、入ってはいけません。

携帯やスマートフォンのチェックをしてもいい結果が得られないのと同じで部屋に入っていろいろ探索しても求めているものはないでしょう。それより、相手に自分の部屋に入ったことを知られることが一番怖いです。信じていた人が部屋に入って探索したとわかった瞬間、信頼が崩れますので、気をつけてください。

離婚したくない時にしてはいけない注意点「自分勝手なことをしない」

離婚を回避時、してはいけない注意点「自分勝手なことをしない」についてお伝えします。

離婚したくないと思っているご自身が相手に対して自分勝手なことをすることはとても危険でし、もしかしたら相手から離婚を突きつけられる恐れがあります。自分勝手なことをする方は相手のことを考えて行動せずに自分のしたいことを相手に押し付けたりします。相手に対する思いやりが全くありません。自分が一番かわいいのです。

なので、自分勝手なことを相手にしないように心がけてください。そして、ご自身が自分勝手なことをしているのかわからない方は仲の良い友人に相談してみると良いと思います。自分勝手なことをしている方の中には、無意識にしている方もいらっしゃいます。自分勝手なことはしないようにしましょう。

離婚したくない時の回避方法まとめ

今回は離婚したくない時の回避方法ややるべき事・してはいけない注意点などをお伝えしました。やるべき事としては、信用できる友人と話すことや2人で今後どうするのか話すことなどお伝えしました。また、してはいけない注意点としては相手の部屋に入らないことや自分勝手なことをしないことを伝えました。ぜひ、参考にしてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧