赤ちゃんの歯固めの必要性や使う時期は?

赤ちゃんが成長するにつれいろいろ必要になってくるものも増えてきますよね。妊娠中や出産直後にあれこれチェックしてそろえたつもりでも、育児をしていくうちに、「あれ?これもいる、あれもいる!」なんてことになってしまいます。そんなグッズの1つとしてあげられるのが歯固め。歯固めについてや、いつから歯固めを使うべきなのかなど、歯固めに関するあれこれをまとめてみました!

いつから歯固めの時期!?赤ちゃんの歯について知ろう!

歯固めに関連して見逃せない赤ちゃんの成長というのが、歯の生え方についてです。生まれたばかりの赤ちゃんは歯がまだ生えていません。しかし、月齢が進むにつれ、かわいらしい乳歯がきれいな歯ぐきからピョコっと顔を出してくるのです。その姿は本当に可愛くて愛おしいもの。画像のようにまずは下の歯2本から生えてくるのが通常です。この下の歯が2本だけ生えている姿のかわいいこと!赤ちゃんならではです。

赤ちゃんの歯が生え始めるのは、大体、生後6か月ごろからです。遅くても生後9か月ごろには生え始めてくるのではないでしょうか。赤ちゃんの成長に関しては、個人差があるので多少のずれは気にしないこと。あくまで「み目安」として考えるようにした方が良いでしょう。下の歯2本から生え、次は上の歯、そして横の歯、奥歯・・と順番に生えそろってきます。すべての乳歯が生えそろうのは3歳頃だそうです。

赤ちゃんが使う歯固めっていったい何?その役割りとは?

さて、そんな赤ちゃんの歯の生え始める頃に使われるのが歯固めです。歯固めときくとなんだかピンと来ませんよね。一言でいうと、赤ちゃんがカミカミするおもちゃのようなものです。歯の生え始めるころ、赤ちゃんは歯茎がムズムズするそうなのです。そのむずがゆい感じのせいで、期限が悪くなったり、物を噛むようになったりという変化が赤ちゃんには見られるようになります。

そんな赤ちゃんのためにあるのが歯固め。歯固めはいろんな素材ものがありますが、赤ちゃんによって好みも違うでしょう。歯固めは、口に入れることでむずがゆさを紛らわしたり、噛むことによって歯茎を刺激したりする役割りがあります。また、歯が生えてくることで、赤ちゃんは「物を噛む」ことを始めるのですが、その練習の役割りを果たしているのが歯固めなのです。

赤ちゃんに歯固めは必要なの?

さて、この歯固めが赤ちゃんに必要かどうかについてですが、必ずしも必要なもの、というわけではないと思います。というのも、代用できるものもあるからです。しかし、必要ではないけれど合ったほうが便利ですし、出先などでもそれを持っていればとても赤ちゃんがご機嫌になるのであれば、そのためのグッズとしても歯固めを持っておくのもいいでしょう。

また、歯固めを使うことで自然に「噛む」という行為をし始めるようになるので、赤ちゃんのこれからの成長のことを考えると、やはりあったほうがいいかもしれませんね。これまでミルクや母乳を「吸う」ことしかできていなかった赤ちゃんが、今度は食べるために「噛む」ことが必要になってきます。その「噛む」練習のために歯固めはあったほうがいいかもしれませんね。

赤ちゃんが歯固めを使い始めるのはいつから?

歯固めいつから必要になるのかということですが、上でも書きましたが、歯が生え始める生後6か月頃から、歯茎がかゆくてタオルなどを噛む仕草などを始めたりする赤ちゃんがいます。ですから、それまでに歯固めグッズを用意しておくといいかもしれませんね。もちろん、赤ちゃん用品専門店などですぐに手に入りますし、ネットでも多くの種類が売られていますから、赤ちゃんの様子を見て購入するのもいいでしょう。

ずっと赤ちゃんと一緒にいるママなら赤ちゃんのちょっとした変化にもすぐ気づくはず。赤ちゃんの歯が生え始める頃、歯茎がちょっと白っぽくなってきます。そろそろ歯が生えてきますよ~~というサインです。このサインを見逃さないようにしておけば、歯が生えてくるタイミングもばっちり把握できるでしょう。それまでに、自分の赤ちゃんにぴったりの歯固めを吟味しておくといいですね。

赤ちゃんの歯固めはいつまで必要なの?

歯固めをいつから使い始めるかも気になりましたが、いつまで必要なのかも気になりますよね。いつから使い始めるかはだいたい同じくらいの時期ですが、いつまで使うかはかなり個人差があるようです。1本でも歯が生えてしまったら使わなくなる赤ちゃんもいれば、ずっと使っている赤ちゃんもいるようです。手持無沙汰で加えてしまう赤ちゃんもいるようですが、1歳ころが終了目安と覚えておくといいかもしれません。

赤ちゃんの歯固めを選ぶポイントとは?

赤ちゃんの歯固めは本当に色んな種類ががあるようです。たくさんありすぎると、一体どんな歯固めを選べばいいのかママは悩んでしまいますよね。口コミを見たところで、自分の子に合っているかは使ってみないと分からないもの。まず大前提としては、赤ちゃんが口に入れても安全なものであることです。歯固めですからすべて安全性をしっかり考えられて作られてはいますが、それも商品によって差があるようです。

安全性とちょっと似ているのですが、赤ちゃんに合った素材選びも重要です。歯固めと一口に言っても、素材は木やゴム、シリコンなど様々です。赤ちゃんによって、どの素材がいいかは好みも別れると思います。月齢の低い赤ちゃんはおもちゃなども口に入れて感触を確かめたりしていますから、口に入れるお気に入りのおもちゃと似た素材の物にしてみるなど、普段の赤ちゃんの様子を見ておきましょう。

歯固めを使った赤ちゃんのエピソード・ママの体験談

歯固めがいつから必要になってくるかを見極めるサインでもあるのですが、エピソードしてとても多いのが、授乳中に噛まれた!というもの。筆者も経験済みです。あの激痛といったらとんでもないです。しかも、ママが「痛い!」なんて叫ぼうものなら、ママが喜んでいると思ってしまう赤ちゃんは、わざと噛もうとしたりすることもあるとか・・。恐るべし赤ちゃん!そんな赤ちゃんには早く歯固めを!!

赤ちゃんの歯固めはどのような商品がある?人気・おすすめは?

さて、ここからは具体的に赤ちゃんの歯固めにはどのような商品があるかを見ていきましょう。口に入れるものの代表として「おしゃぶり」がありますが、歯固めはおしゃぶりとは役割りが全く違います。歯固めの役割りをしっかり把握し、自分の赤ちゃんにはどのようなものが合うのかしっかり考えて選んでみましょう。他のママたちがおすすめしているものや人気のものなどを参考にしてみるのもいいでしょう。

おすすめ・人気歯固めまとめ!

こちらはバナナのデザインがとてもかわいいバナナの歯固め。画像左上に載っているものがそうですね。これを赤ちゃんがぎゅーっと握って、皮がむけているバナナの部分をカミカミするのです。ゴム製のこの商品は、噛むと「グニグニ」というような音を出します。その感触が赤ちゃんにとっては楽しいようです。また、これを持っている赤ちゃんの姿もかわいいですね。ただ、ゴムの味を嫌がる赤ちゃんもいるようです。

こちらも歯固め。円状になっていて赤ちゃんが持ちやすい形になっていますね。円のフチを噛んでも良し、突起物を噛んでも良し、色んな所を噛んで楽しめる作りになっています。また、突起物はそれぞれ形や大きさが違うの江、1種類の歯固めなのにたくさん楽しめてとてもいいですね。これだと、赤ちゃんも飽きがこなくていいかもしれません。個人的にはこちらはおすすめです。

最初に紹介したバナナの歯固めの違うデザインのもの。これは輪っかの部分を赤ちゃんが持てるようになっており、先ほどのものよりも持ちやすそうですね。また、バナナの部分が短くなっていますから、まだお座りなどができない赤ちゃんにも安全なのがこちらでしょう。インスタグラムにもこちらを加えている赤ちゃんが多いので、人気商品のようですね。

こちらは木の歯固め。木はシリコンやゴムと違って噛む感触を楽しむことはできないかもしれませんが、それでも歯固めとしての役割りは十分に果たしてくれます。木の歯固めのいいところは、おもちゃとしても活躍するところ。これはガラガラにもなりますね。そしてそのガラガラの部分を口に入れてちょっとカミカミすれば、立派な歯固めです。木は自然の物なので、赤ちゃんにも優しいという点でも人気のようです。

こちらも人気のキリンのソフィーという歯固め。デザインもとてもかわいくて、特に出産祝いのプレゼントして人気の歯固めです。キリンがとてもかわいい上に、赤ちゃんが持ちやすいように設計されています。素材も天然ゴムで柔らかく、赤ちゃんに優しいです。また、押すとキューとなるので、赤ちゃんがカミカミして音がなるのも楽しいですよね。こちらもおすすめしたくなるほど魅力的ですね。

赤ちゃんに合った歯固めを選んであげて!

歯固めには本当に色んな種類があるのですね。また、その必要性や役割りもわかっていただけたのではないでしょうか。自分の赤ちゃんにはいつから歯固めを使わせようか悩んでいるママは、ぜひ参考にして赤ちゃんにぴったりの喜びそうな歯固めをプレゼントしてあげてくださいね!

関連するまとめ

子育てが辛いと感じている人へ!悩みを解消して育児を楽しむ解決法とは?のサムネイル画像

子育てが辛いと感じている人へ!悩みを解消して育児を楽しむ解決法とは?

子育てが辛い、もうイヤだと思うことは、子供を育てたことがある女性なら…

りっか

赤ちゃんの手作り用品まとめ!簡単なベビーグッズの作り方を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの手作り用品まとめ!簡単なベビーグッズの作り方を紹介

赤ちゃんが生まれると、育児にはたくさんのお金がかかります。そこで生ま…

guri

赤ちゃんのずりばいはいつ?始まる時期や練習方法のコツとポイントのサムネイル画像

赤ちゃんのずりばいはいつ?始まる時期や練習方法のコツとポイント

赤ちゃんの移動手段といえば、ハイハイを想像する人が多いのではないでし…

aeca

男の子の名前は古風・和風な名前がかっこいい!意味もまとめてみた!のサムネイル画像

男の子の名前は古風・和風な名前がかっこいい!意味もまとめてみた!

男の子の場合は、強くたくましく育って欲しいと願って名前を付けたいとい…

はるまママ

赤ちゃんが歩く時期はいつごろ?前兆のサインや練習法について調査のサムネイル画像

赤ちゃんが歩く時期はいつごろ?前兆のサインや練習法について調査

赤ちゃんが1歳を過ぎると、周囲から「歩くようになった?」などと聞かれ…

aeca

赤ちゃんのベビーリュックで人気は?名前入りなどおすすめまとめのサムネイル画像

赤ちゃんのベビーリュックで人気は?名前入りなどおすすめまとめ

歩き始めた赤ちゃんに赤ちゃん専用の小さなリュックを背負わせるととても…

yu-mo

子供の名前の決め方徹底解説!画数で選ぶ?人気の名前で決める?のサムネイル画像

子供の名前の決め方徹底解説!画数で選ぶ?人気の名前で決める?

妊娠中、産まれてくる子供のために準備しなくてはいけないことがあります…

chi018.hi58

赤ちゃんの靴のサイズと選び方!測り方やおすすめファーストシューズは?のサムネイル画像

赤ちゃんの靴のサイズと選び方!測り方やおすすめファーストシューズは?

赤ちゃんが初めて履く靴はファーストシューズと呼ばれています。赤ちゃん…

234

血液型のRhとは?Rh(マイナス)やRh(プラス)の違いや割合を調査!のサムネイル画像

血液型のRhとは?Rh(マイナス)やRh(プラス)の違いや割合を調査!

よく知られた血液型であるABO式血液型のほかに、Rh式血液型というも…

青木 絵美

産後ダイエットはいつから始める?痩せるおすすめの時期を調査!のサムネイル画像

産後ダイエットはいつから始める?痩せるおすすめの時期を調査!

出産してからの産後ダイエットはいつから始めるのが良いのか、最適なおす…

kon_w

赤ちゃんの言葉はいつから?発達が早い・遅いの違いや原因とは?のサムネイル画像

赤ちゃんの言葉はいつから?発達が早い・遅いの違いや原因とは?

赤ちゃんの言葉の発達は個人によってそのスピードに大きな差が出るもので…

merry_gagen

妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?のサムネイル画像

妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?

生理日を予測したりするときや、妊娠してるかなどを判断するときに用いる…

ayamaron

子供が欲しくない理由とは?女性・妻の子供が欲しくない訳は何故?のサムネイル画像

子供が欲しくない理由とは?女性・妻の子供が欲しくない訳は何故?

みなさんは子供を欲しいと思いますか?今回は子供が欲しくない理由は何で…

ヒロシ

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?のサムネイル画像

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?

満月と生理の神秘的な関係は迷信などではなく実際にあるともいわれていま…

高橋 真奈美

新生児の外出はいつからいい?お出かけ時におすすめの持ち物・服装まとめのサムネイル画像

新生児の外出はいつからいい?お出かけ時におすすめの持ち物・服装まとめ

新生児期を過ぎると、たいていの赤ちゃんは外出をしてもいい時期となりま…

aeca

赤ちゃんのプールはいつから?専用おむつや注意点についてまとめのサムネイル画像

赤ちゃんのプールはいつから?専用おむつや注意点についてまとめ

ジリジリ暑い夏が近づいてきました。夏の楽しみと言えばプールですね。小…

さかもと

赤ちゃんの保湿対策におすすめは?安心のクリーム・ベビーローション紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの保湿対策におすすめは?安心のクリーム・ベビーローション紹介

赤ちゃんの存在は、この世にまるで天使が舞い降りたみたいに心が温かくな…

kokoro

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!のサムネイル画像

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!

初めて赤ちゃんを迎える人が悩むのが赤ちゃんのベビー肌着選びです。赤ち…

nebyo13

新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!のサムネイル画像

新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!

新生児用の抱っこ紐、どんなものを使っていますか?様々な種類のものがあ…

岡田あやの

赤ちゃんや新生児が寝すぎるのはよくない?原因と知っておきたい病気の知識のサムネイル画像

赤ちゃんや新生児が寝すぎるのはよくない?原因と知っておきたい病気の知識

生まれてすぐの赤ちゃん・新生児はお肌もプニプニしていて可愛いですよね…

tomo0923

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ