赤ちゃんのベビーベッドはいつまで?布団との違いやメリットまとめ!

赤ちゃんを寝かせるベビーベッド。お布団との違いやベビーベッドを使うメリット、いつからいつまで使うものなのか?など、ベビーベッドについての疑問をまとめて解説いたします!赤ちゃんの快適な生活のために、ママさんはぜひチェックしてみて下さいね。

目次

  1. 赤ちゃんが生まれたらベビーベッドが必須?
  2. ベビーベッドの赤ちゃんへのメリット①ママの体に優しい
  3. ベビーベッドの赤ちゃんへのメリット②赤ちゃんを安全に
  4. ベビーベッドの赤ちゃんへのメリット③赤ちゃんを衛生的に
  5. ベビーベッドの赤ちゃんへのデメリット①就寝時の移動
  6. ベビーベッドの赤ちゃんへのデメリット②落下の危険性
  7. ベビーベッドの赤ちゃんへのデメリット③赤ちゃんが嫌がる場合も
  8. 布団とは違い、メリットもデメリットもある
  9. 赤ちゃんはいつまでベビーベッドを使う?
  10. ベビーベッドが自立を促すって本当?
  11. 赤ちゃんのためのベビーベッドの選び方【サイズと高さの違い】
  12. 赤ちゃんのためのベビーベッドの選び方【機能】
  13. おさがりのベビーベッドやレンタルも
  14. 使わなくなったベビーベッドは?
  15. ベビーベッド卒業後のおやすみタイム
  16. 赤ちゃんに合わせてベビーベッドを活用しよう!

赤ちゃんが生まれたらベビーベッドが必須?

生まれてくる赤ちゃんのための準備は、幸せにあふれた嬉しいものですが、新米ママにとっては分からないことも多くて大変ですよね。買い揃えるものも多く、中でもベビーベッドは大きな買い物です。生まれたばかりの赤ちゃんが快適に眠れる環境を作るために、どんなベビーベッドがいいのかな?と迷うでしょう。

@larelier.sapporoさんの投稿
18382034 1250801361685691 5551463946994581504 n

また、買ったはいいけど意外と使う期間が短かった…なんて先輩ママの体験談を聞いた人もいるかもしれません。実は、ベビーベッドをどれくらい使うか、いつまで使うかというのは、赤ちゃんとママによって個人差が大きいものなんです。

@sasa.tagさんの投稿
18380074 310674269365258 8061490663532789760 n

そんなベビーベッドについて、なぜ必要なのか?どんな風に使って、どんなタイミングで卒業するのか?と様々な疑問を解決できるよう、ここでまとめて解説いたします!まずは、ベビーベッドのメリットとデメリットを見て、普通の布団との違いもチェックしましょう。

ベビーベッドの赤ちゃんへのメリット①ママの体に優しい

赤ちゃんのお世話は重労働!

産後の体でいきなり始まる子育ては、ママにとってかなりの重労働です。赤ちゃんのお布団を床に敷いていると、寝かせたり抱き上げたりするたびに、ママの腰に負担がかかってしまいます。その点、ベビーベッドなら高さがあって、前かがみにならずに済むので腰への負担が減ってママの体が楽になります。

@atsuko396さんの投稿
18300083 232380970578443 3161254736271769600 n

毎日繰り返す動きですから、少しでも体への負担が軽い方が助かりますね。

ベビーベッドの下に赤ちゃんグッズを収納

赤ちゃんのお世話に必要なものをどのように収納するかということは、子育ての面倒をかなり左右します。必要なものがすぐに取れる場所にあれば、赤ちゃんに手が離せない場面でも、物の出し入れに困らず、お世話がスムーズです。

@tomoa.jpさんの投稿
17332484 269721420134711 4063891342441316352 n

おむつやおしり拭き、タオルや着替え、ガーゼなど、すぐに取り出せた方がいいものは、ベビーベッドの下のスペースに収納するとママの負担も減るでしょう。取り出しやすいカゴなどにまとめて収納することをおすすめします。ベビーベッドを使うことのメリットは、赤ちゃんだけでなくママにもあるのですね。

ベビーベッドの赤ちゃんへのメリット②赤ちゃんを安全に

上の子から赤ちゃんを守る

赤ちゃんをベビーベッドに寝かせると、部屋の中を走り回って遊ぶ上の子と、赤ちゃんがぶつかったりする危険を防げるというメリットがあります。小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんに「赤ちゃんがいるから気を付けて」と言い聞かせて、本人たちが聞いてくれたとしても、やはり危険な場面はあるものです。

@muratasakiさんの投稿
18444734 1549297565094427 8053560255528828928 n

パパやママの目の届く範囲なら、お兄ちゃん、お姉ちゃんと遊ばせるのはお互いの成長のためにとても良いことですが、きちんと見ておけない時は、やはり赤ちゃんはベビーベッドに寝かせる方が安全でしょう。

室内のペットから赤ちゃんを守る

ペットに関しても、気を付けなければいけません。動物が人間の赤ちゃんを見守ったり、優しく仲良くしている画像や動画はよくありますが、しつけのされた大人しいペットでも、赤ちゃんに近づけることは絶対安全とは言えません。

@kinu__さんの投稿
18380887 728953380609230 2523210062818705408 n

また、免疫力の低い赤ちゃんには、ペットとの接触が衛生的に良くないこともあります。室内でペットを飼っていて、動物と赤ちゃんが近づいてしまうような環境なら、赤ちゃんはベビーベッドに寝かせた方が良いでしょう。

ベビーベッドの赤ちゃんへのメリット③赤ちゃんを衛生的に

床はほこりが舞いやすい

こまめにお部屋のお掃除をしていたとしても、床にはやはり細かいほこりがあるものです。家族が床を歩くたびに、目には見えないほこりが舞っていると考えて良いでしょう。床にお布団を敷いて赤ちゃんを寝かせていた場合、赤ちゃんはいつもそのほこりの近くにいることになります。

@lalala_ashさんの投稿
18380893 1898061753741137 4281059783873658880 n

ベビーベッドなら、高さのある所に赤ちゃんが寝るため、床のほこりを吸い込むこともなく、衛生的です。目に見えないもので、私たち大人が気にしていないようなことが、赤ちゃんには負担になることもあるのです。

ベビーベッドの赤ちゃんへのデメリット①就寝時の移動

いちいち立ち上がってお世話

色々なメリットがあるベビーベッドですが、夜寝ている時に赤ちゃんが泣きだしたり、こまめに授乳が必要な時には、少し面倒なこともあります。別のお布団で寝ているママは、赤ちゃんのお世話をするためにお布団を出て立ち上がり、赤ちゃんの元へ行かなくてはいけません。

@chiwawa.archan_0412さんの投稿
18443976 293583984398123 8230041458153881600 n

冬の寒い時などは、特にこの動作が辛いと感じることもあるようです。お布団ですぐ横に添い寝していれば、お布団をわざわざ出なくてもそのまま授乳が出来るため、この面倒のためにベビーベッドの使用をやめるママもいるようです。

ベビーベッドの赤ちゃんへのデメリット②落下の危険性

柵に注意が必要

赤ちゃんが寝返りをうったり、ハイハイや動きが活発になってくると、ベビーベッドから落ちてしまうのではないかとハラハラするママも多いでしょう。柵から赤ちゃんが乗り出したりしたら…と思うと怖いですよね。

@koyukkuma_ismartさんの投稿
18299341 260310397773715 4483801142395928576 n

対象年齢内の赤ちゃんが正しい使用方法で使っていれば安全ではありますが、ベッドの柵や扉の固定をしっかり管理しておかないと、思わぬ落下事故につながる危険性はあります。その場を離れる時は、必ず柵や扉が開かない状態になっていることを確認しましょう。

ベビーベッドの赤ちゃんへのデメリット③赤ちゃんが嫌がる場合も

せっかく買ったのに…

ベビーベッドに寝かされることを嫌がる赤ちゃんは意外と多いようで、せっかく買ったのにあまり使うことなく、結局お布団で添い寝しているというパターンもあるようです。こればっかりは赤ちゃんの好みなので、その時にならないと分からないものですね。

値段も安くはないですし、買ったベビーベッドはお部屋の中で割と場所を取るものなので、少ししか使わなかったとなるとガックリするママもいるようです。

布団とは違い、メリットもデメリットもある

@m.hamumaruさんの投稿
18382394 445510325841167 880021086505271296 n

ここまで、ベビーベッドのメリットとデメリットをまとめて見てきました。お布団と違い、赤ちゃんのお世話に特化したメリットがある反面、やはりお布団との違いによるデメリットもあるようですね。この違いを理解して、ママと赤ちゃんにとって快適な使い方が出来るといいですね。

赤ちゃんはいつまでベビーベッドを使う?

そもそもの対象年齢は

お布団との違いがある赤ちゃん用のベビーベッドですが、そもそも何歳までの赤ちゃんを対象にしたものなのでしょうか?答えは、多くのベビーベッドが2歳までの赤ちゃんを対象として作られています。

@saori_hattori_reflexologyさんの投稿
18381794 1532131413504531 5681173565651550208 n

ベビーベッドでは中々寝付かない赤ちゃんや、すぐに泣きだす赤ちゃんなら、もっと早く使用をやめる場合もあるでしょうし、つかまり立ちを始めた赤ちゃんは落下の心配があるので、ベビーベッドを卒業させるという場合もあるでしょう。

@aya.symmさんの投稿
18443434 298480390576477 145167257494880256 n

2歳までという対象年齢はあるものの、赤ちゃんそれぞれの違いに合わせて、卒業のタイミングを判断してあげた方が良さそうです。

@fuuuu_skさんの投稿
18300077 836715616476935 8463519595511152640 n

また、子ども本人が気に入っていたとしても、対象年齢を過ぎたらベビーベッドの使用はやめましょう。成長と共に寝返りの衝撃も強くなりますから、万が一寝ている間にベッドの柵を壊したりしたら危険です。

ベビーベッドが自立を促すって本当?

ベビーベッドで寝かせることが、子供の自立心を育てるという考え方もあり、実際欧米では、赤ちゃんが泣いても別の部屋で寝かせて、自立させるという子育ての習慣があるようです。

@maip.mamaさんの投稿
18252445 1065498623593909 8609594469789990912 n

しかし、子供の安定した精神状態や、しっかりした自立心は、親からの愛情や信頼関係を十分に感じてこそ育まれるものです。母親とのスキンシップやハグによって、子供は安心感を得て、積極的に外の世界へ踏み出していけるようになります。

@gigalo_maniaxさんの投稿
18253019 1311242732263091 8174403854801043456 n

赤ちゃんのうちから無理に親と離して、泣いてママを呼んでいるのに構ってあげないというのは、やはり健やかな心を育てるためには望ましくないようにも考えられます。

赤ちゃんのためのベビーベッドの選び方【サイズと高さの違い】

サイズの違い

ベビーベッドを選ぶ際には、まず安全基準を満たしているというマークがついていることを必ず確認しましょう。赤ちゃんの身を預けるものですから、安全性は何より大切です。その上で、まず選び方の基準になるのが、ベッドの大きさです。

@a9y3a0さんの投稿
18300036 449663715369395 858052182757343232 n

ベビーベッドの標準的なサイズは、内側が120cm×70cmで、市販のベビー布団をぴったり敷ける大きさです。また、お部屋を広く使いたい場合には、90cm×60cmの小型サイズのベビーベッドがおすすめです。

@takah1totanakaさんの投稿
18252916 1306367112811742 7619725802233397248 n

もちろん標準サイズの方がベッドの中は広々していますが、小型サイズでも新生児を寝かせるには十分な大きさがあります。お部屋の大きさに合わせて考えると良いでしょう。

高さの違い

@boorijapanさんの投稿
18300129 1414103791969715 3168713247628984320 n

ベビーベッドには、高さのあるタイプと低いタイプがあります。高さのあるベビーベッドなら、おむつ替えやだっこの際の大人の負担が軽くなりますし、ベッド下の収納も便利です。一方、高さの低いベビーベッドは、コンパクトな印象でお部屋を広々と見せてくれます。

赤ちゃんのためのベビーベッドの選び方【機能】

添い寝に便利

@mimymimさんの投稿
12071031 1156081677739371 22518318 n

片方の柵を外して、大人のベッドの横にぴったりと固定することで、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせながら添い寝が出来るタイプのベッドもあります。夜中の授乳にも便利でおすすめですし、寝た状態のまますぐに赤ちゃんの様子が見えるので安心です。

二面以上開きで便利

@mikkun0520さんの投稿
18298870 299937797112164 7170884204924764160 n

ベビーベッドの四方の柵は、開けることが出来る部分と、固定されていて動かない部分があります。一か所しか開かないベビーベッドだと、お部屋の中での配置の仕方が限られますが、二面以上開くベビーベッドは、お部屋のレイアウトに合わせて自由にベッドを置けるので便利です。

サークルにも使える

ベビーベッドで寝なくなってからも、ベビーサークルとして使えるタイプのベッドがあります。赤ちゃんがハイハイやたっちが出来るようになって、自分で動き回るようになってくると、家中を移動できてしまうので目が離せません。

@___yk___etさんの投稿
10005212 759975817442209 950606248 n

そんな赤ちゃんの安全を守るためのベビーサークルは、きっとどのママにも必要なもの。どうせ別で購入するなら、ベビーベッドと兼ねていた方が便利だという考え方もありますね。

おさがりのベビーベッドやレンタルも

助かる!おさがりベッド

子育ての中でも短い期間しか使わないベビーベッドは、おさがりで親戚や友人からもらうという人も多いようです。確かに、使わなくなったベビーベッドはお部屋の中で場所を取るし、あげる方ももらう方も、両方が助かりますよね。

子育ての始まりは何かと出費がかさむものですから、ベビーベッドを買わなくて済むのはラッキーです。

ベビーベッドはレンタルもある!

実は、ベビーベッドはレンタルすることも出来るんです。ベビー用品のレンタル業者は、調べてみると沢山あります!レンタルする場合は、必要になる時期をあらかじめ考えて、間に合うように前もって手配しましょう。

@mrtn0913さんの投稿
18300133 266179803846298 2662369056203472896 n

使ってみて、赤ちゃんがベビーベッドを嫌がるようであれば短期間で返却すればいいですし、気に入るようであればそのまま買取可能な業者もあります。また、二人目、三人目の子供を続けて考えているのであれば、購入した方が安上がりな場合もありますので、自分の使い方に合った方法を選ぶと良いでしょう。

使わなくなったベビーベッドは?

誰かにおさがり

@yun.nyaさんの投稿
18299525 1473676919370388 2532181944557371392 n

先ほど、ベビーベッドを買わずにおさがりでもらうというパターンをご紹介しましたが、自分が使わなくなったベビーベッドも、やはり近くに必要な人がいたらあげてしまうのも手です。こちらも片付くし、相手も喜ぶし、お互いにとって助かる方法ですね。

おしゃれにリメイク!

@m.k.c110さんの投稿
17075826 604426156417131 7829624272782884864 n

使わなくなったベビーベッドを、流行りのDIYでリメイクしている人もいます!子ども用の机や遊び場、収納スペースなど、色々なものに変化して便利に使われています。

@yuriminorunさんの投稿
1169247 1512679269061789 250893244 n

ものづくりや日曜大工が得意な方は、リメイクに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。赤ちゃんの頃から使っているものが、姿かたちを変えて、大きくなってからも近くにあるというのは、ぬくもりがあって素敵ですよね。

@narutama.1116さんの投稿
13116605 633289750155310 664244718 n

リメイクする際には、釘が出たり固定が甘かったりすると、子供が使うのに危険な場合がありますから、きちんと安全性が確保された状態に仕上がるように、注意しましょう。

ベビーベッド卒業後のおやすみタイム

ベビーベッドを使わなくなった後のねんねスタイルは、夫婦のベッドで一緒に寝かせたり、旦那さんを別にしてママと二人で寝たりと、家庭によって様々なパターンがあります。

@yukami316さんの投稿
18382627 1445773965479294 4497128894066851840 n

旦那さんの帰りが仕事で遅い場合には、寝かしつけた赤ちゃんを起こしてしまうため一緒の寝室で寝ることが難しい場合もありますし、ベッドが狭いと赤ちゃんの安眠を妨げてしまう可能性もあります。

@aimanotoriさんの投稿
18382391 575048209332606 6115509649652318208 n

お部屋の条件や、ベッドやお布団の広さ、夫婦の生活習慣などに合わせて、赤ちゃんが快適に眠れるような方法を見つけることが大切です。また、夜泣きや夜の授乳など、夜間のお世話はとても大変なものです。夫婦でうまく協力して赤ちゃんのお世話ができるような体制を作れると、とても良いですね。

赤ちゃんに合わせてベビーベッドを活用しよう!

ベビーベッドをいつまで使うのか?メリットやデメリットは?ベビーベッドをどのように選ぶか?など、まとめて解説してきました。ベビーベッドの好き嫌いは、赤ちゃんによってかなり個人差があるようです。ママにとっては、赤ちゃんがすやすや寝てくれるかということは大問題ですよね。

@mamasandpapasjpさんの投稿
18298318 448246325514358 4925679974947487744 n

その問題解決のためには、ベビーベッドを使うのかお布団で添い寝するのか…という、ねんね環境の選び方はとても重要です。ぜひ、赤ちゃんが快適に眠れるような環境を作ることが出来るように、ベビーベッドをうまく活用してみて下さいね!

赤ちゃんの眠りについてもっと知りたいアナタへ!

赤ちゃんを寝かしつける方法やコツまとめ!時間が早くなるポイントは? | Pinky[ピンキ-]
赤ちゃんが寝る動画まとめ!寝かしつけにおすすめな人気音楽を紹介 | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ