赤ちゃんはいつから温泉に入れるの?

赤ちゃんが産まれてお母さんは育児に大忙しです。たまには温泉に入ってルフレッシュしたいですね。しかし、一番気を付けなければいけないのは赤ちゃんの事です。温泉に入りたい旅行に行きたいと思っていても赤ちゃんににとっては大きな負担になってしまいます。そこで赤ちゃんと温泉に行く場合いつから行けるのでしょうか?

産まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力がない為一般的には1ヶ月は外出できないと言われています。お母さんも赤ちゃんを生んだばかりだと身体がまだ正常に戻っていません。産後1ヶ月は安静にしなくてはいけないと言われています。では1ヶ月を過ぎれば良いのでしょうか?赤ちゃんのおへそにはまだへその緒が付いていることもあるでしょう。

赤ちゃんがいつから温泉に行けるのか?という質問にいつからが良いという答えはありませんが、へその緒が取れて乾いてきて綺麗になるまでは温泉はいかない方が良いかと思います。へその緒が取れてしばらくはまだ乾いていない状態で温泉に行くと菌が入り込んだりトラブルになったりする可能性があります。

赤ちゃんの温泉はいつからが良い?

前にも説明しましたが、生まれて間もない赤ちゃんは温泉に入れない方が良いです。ではいつから赤ちゃんは温泉に入れるのでしょうか?一般的にはいつからとは決まってはいませんが、首が座ったら良いという話を聞きます。確かに、まだ座れないのは赤ちゃんにとってもママにとっても負担になってしまいます。

赤ちゃんの様子をみていつからが赤ちゃんにとって良いのか判断します。ママやパパにとってはいつから温泉に入れるのかとても気になるところですが一番大事なのは、いつから良いか?と言うよりは、いつからが安全かで決めた方が良いかと思います。赤ちゃんの事を第一に考えて温泉に入る時期を見極めましょう。

赤ちゃんの温泉デビューはお座りできてからがお勧め!

赤ちゃんと温泉を楽しみたいのなら一人でお座りが出来るようになった頃がお勧めです。育児が大変でリフレッシュのための温泉で余計に疲れてしまいます。温泉の大浴場に赤ちゃんと2人で入る場合はお座りできないととても大変です。寝かせたままの状態で自分の髪や身体を洗う事になってしまいます。

それでもまだお座りが出来ない赤ちゃんと温泉や温泉旅行に行く場合は、家族風呂がある旅館などをあらかじめ探して宿泊する様にすると良いかと思います。ママとパパが協力しあえるので赤ちゃんがお座りできなくても安心です。他人の事を気にしなくても良いので家族風呂がある旅館はお勧めです。

小さな赤ちゃんを歓迎してくれる旅館もあります。旅行などで旅館やホテルなどを予約する場合あらかじめ小さな赤ちゃんがいる事を伝えます。最近ではベビーベットも用意されているホテルや旅館もあるので探してみると良いですよ。第一に赤ちゃんの事を考えて宿泊場所を探しましょう。

赤ちゃんを温泉に入れる場合注意しなければいけない事は?

赤ちゃんを温泉に入れる場合注意しなければいけない事があります。まだ抵抗力がない赤ちゃんを温泉に入れる前にキチンと知っておきましょう。大人と肌や身体も違う赤ちゃんを温泉に入れる場合の注意点をご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

赤ちゃんが温泉に入るなら刺激の弱い温泉にしましょう。

大人にとっては温泉の泉質で強めだったり、弱めだったりしても余り問題はないかと思いますが、赤ちゃんにとっては、泉質の強い温泉は肌にも身体にも負担になってしまいます。泉質の弱い温泉を選ぶようにしましょう。温度も大事になってきます。大人にとってはちょうど良いお湯加減でも赤ちゃんにとっては熱かったりします。

いきなり温泉のお湯に入ってしまっては熱い場合があります。必ず入る前に温度の確認をしましょう。旅館などで予約する時小さな赤ちゃんがいる事を伝え、温泉の温度を聞いておくのもお勧めです。小さな赤ちゃんを歓迎してくれる旅館なら対応してくれることもあります。貸切風呂か家族風呂の場合は調節できるのもお勧めです。

大浴場での赤ちゃんの温泉入浴にはさらに注意が必要!

貸切りの温泉や家族風呂なら問題がなかった事が大浴場では沢山の方が利用するためもっと注意が必要になります。しかも女湯と男湯はわかれていますので、赤ちゃんと二人で入る場合ママはとても大変です。家族風呂や貸切風呂と違う大浴場での注意する事をご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

赤ちゃんの温泉に入るタイミングは意外に大切です!

旅行に来て温泉にすぐに入りたい大人の気持ちも分かりますが、赤ちゃんはお昼寝や夜寝る時間など生活のリズムがあります。温泉に入ると大人でも疲れてしまう事もあります。赤ちゃんならなおさら温泉に入ると疲れてしまいます。寝る時間ではないのに疲れて寝てしまい、寝てほしい時間にぐずったりします。タイミングに注意しましょう。

毎日の育児で大変な特にママがのんびりしたいと思っていても温泉に入るタイミングを間違ってしまうと育児疲れが増してしまいます。赤ちゃんの寝るタイミングや遊ぶタイミングをキチンと見極めて温泉に入りましょう。少しでも育児疲れから解放されてリフレッシュできるようにタイミングは大切です。

赤ちゃんを抱っこしての移動、入れ方には注意が必要です!

温泉の床は滑りやすくなっています。赤ちゃんを抱っこして移動する時は滑らないように注意してください。また、赤ちゃんが自分で動き出したり、ハイハイしたり、よちよち歩きで目を離したすきに怪我をしてしまうトラブルが起きたりしてしまいます。必ず目を離さず常に傍にいましょう。

オムツ時期の赤ちゃんは入れ方に注意が必要です!

オムツが必要な赤ちゃんはまだ自分でおしっこやうんちをママに知らせる事ができないので、温泉に入っていて、知らない間におしっこしていたり、うんちをしたりする場合があります。温泉によっては「オムツの取れていない赤ちゃんの大浴場での入浴はしないでください」と注意書きが書かれている温泉もあるので注意が必要です。

旅館やホテルの予約の際にオムツの事を聞いておくと安心です。大浴場では大勢の方が利用します。赤ちゃんとはいえ快く思わない方もいらっしゃいますので、注意が必要です。又もしおしっこやうんちをしてしまった場合は隠さずに素直に謝る事が大切です。実際に浴槽の中でうんちをしてしまいすべてのお湯を抜いて入れ直したという事も報告されています。

赤ちゃんを温泉に入れる時かけ湯をしてから入りましょう!

赤ちゃんを浴槽に入れる場合は、まず温度を確かめてからかけ湯をします。これはいきなり浴槽の中に入れて赤ちゃんをビックリさせない為です。特に温度は大切です。熱すぎないかまずママやパパが手で確かめて良いならかけ湯で赤ちゃんにお湯を慣らしてあげましょう。そうすると浴槽の中でもビックリせずに済みますよ。

赤ちゃんの大浴場の温泉入浴にはバスタオルを1枚多く待っていきます!

大浴場の場合手伝ってくれる人がいなければ一人で赤ちゃんを入れなければいけません。1人で座る事の出来る赤ちゃんなら良いのですがまだ座る事が出来ない赤ちゃんだとバスタオルが活躍します。まだ座る事の出来ない赤ちゃんと温泉に入る場合のコツがあります。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツは?

まだ一人で座る事の出来ない赤ちゃんやオムツの取れていない赤ちゃんと温泉に入る場合のコツがあります。赤ちゃんと温泉に入る時のコツを覚えておくといざ温泉に入る時に便利です。そこで、赤ちゃんと一緒に温泉に入る時の入れ方のコツをご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ1.おしっこは済んでるか?

温泉に入る前におしっこがキチンと済んでいるか確認します。ある程度オムツにおしっこがしている様なら大丈夫だと思います。おしっこを浴槽内でしない為にも確認はきちんとしましょう。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ2.水分補給はしっかりと!

毎日の育児でも水分補給はとても大切ですが、温泉に入る時は体力も水分も沢山使ってしまいます。温泉に入る前と温泉に入っている途中でも小まめに水分補給を心掛けて下さい。赤ちゃんにとっては水分はとても大切です。脱水症状などにならないように水分補給は小まめにするようにしましょう。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ3.しっかり抱っこ!

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツで一番気を付けたいことが抱っこだと思います。落とさないようにしっかりと抱っこします。床がヌルヌルしている温泉もありますので注意しながら赤ちゃんを抱っこして歩きます。小さな段差がある所もありますので赤ちゃんを落とさないように注意してください。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ4.ベビー用で洗う!

温泉にもボディシャンプーなシャンプーなどは自由に使えるように置いてありますが、やはり赤ちゃんにはベビー用が良いかと思います。赤ちゃんの物の荷物が増えてしまいますが、温泉に置いてあるものは大人向けですのでやはり赤ちゃん用の普段使用している物を使った方は肌にも馴染トラブルも回避されると思います。是非赤ちゃん用を使いましょう。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ5.優しく洗う!

赤ちゃんと温泉に入る場合、家族風呂なら手伝ってくれる方がいるので、ママやパパが先に洗って、赤ちゃんを連れてきてもらえば良いのですが、大浴場の場合一人で赤ちゃんを入れる場合は手伝ってくれる方がいません。そんな時、先にママやパパが身体や髪を洗います。赤ちゃんは側で待たせなくてはいけません。

そんな時小さなおもちゃが便利です。洗面器に入れて赤ちゃんが夢中になっている間にサッサッと身体を洗います。その後赤ちゃんを抱っこして綺麗に優しく洗いましょう。温泉のお湯は赤ちゃんにとって刺激が強いお湯の場合がある為優しく洗ってあげましょう。ゴシゴシ洗うと肌のトラブルになってしまいます。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ6.長湯はしない!

育児の疲れを温泉でとりたいパパやママも気持ちも大切ですが、赤ちゃんにとっては温泉はとても疲れてしまいます。長湯をして日ごろの育児の疲れを癒したいパパやママも赤ちゃんの体力を優先させましょう。長湯は脱水症状を起こしていまやす為、赤ちゃんと温泉に入る場合は短めに入りましょう。

赤ちゃんを温泉に入れる入れ方のコツ7.湯冷めしない様に気を付ける!

赤ちゃんが温泉から上がる時湯冷めしないように、まず、温泉から出るときに水滴をふきっとて置きます。最近の温泉にはベビーベットが置いてある温泉が多いのですが、ない場合もあるので旅館やホテルに脱衣所にベビーベットが置いてあるか聞いておいた方が良いですよ。素早く濡れた身体拭いてすぐに着替えをさせましょう。

ベビーベットの中にいる赤ちゃんを気にしながら自分も着替えます。つかまり立ちが出来る赤ちゃんは目を離すとベビーベットから落ちてしまう可能性がある為必ず目を離さないように注意しましょう。赤ちゃんはママやパパが側にいないと不安になってしまいます。決してそばを離れないように心がけてください。

赤ちゃんと温泉に行くならこんな温泉がお勧めです!

赤ちゃんと温泉に行くならやはり、赤ちゃんを歓迎してくれる温泉が一番良いかと思います。ママの育児の疲れもキット取れると思います。赤ちゃんの事を考えた温泉だと、赤ちゃんにとっても安心で、パパやママも毎日の育児で疲れた体を癒すことが出来ます。では、赤ちゃんにとっても良い温泉とはどんな温泉なのでしょう。

赤ちゃんの事を考えた温泉がおすすめ!

赤ちゃんの事を考えた温泉ならママもパパも安心です。赤ちゃんの為の食事や、オムツ等あると便利なものがそろっている温泉旅館もあります。赤ちゃんと出かけるだけで荷物が沢山になってしまいます。旅行となるといつもの倍は荷物をもたなくては不安ですね、育児で毎日大変なパパやママの為にそうした荷物を減らしてくれる旅館もありますよ。

ウェルカムベビーの旅館やホテルでネット等で検索すると色々な赤ちゃん歓迎の旅館やホテルがあります。育児で大変なパパやママの為に荷物も最小限でいけるように置いてある物も赤ちゃん中心の物が多いようです。安心して温泉旅行に行けますね。

温泉旅館でキッズや赤ちゃん歓迎のフレーズがある旅館は安心できると思います。キッズや赤ちゃんが安心して遊べる場所も確保されている温泉旅館もあります。最近では家族旅行する場合赤ちゃんにとって良いところなのか質問して温泉旅館を決める方も多いそうです。不安に思う事はキチンと確認する様にすると安心ですよ。

赤ちゃん用の浴衣もきちんと用意してくれているのがとても嬉しいですね。赤ちゃんを歓迎してくれる旅館ならではだと思います。キッズの大きいサイズはありますが、赤ちゃん用の浴衣は普通の旅館ではあまり見ないのではないでしょうか?折角赤ちゃんと温泉旅行に行くのなら素敵な思い出にしたいですね。

赤ちゃん歓迎の温泉旅館やホテルでは、家族風呂があります。小さな赤ちゃん用のバスタブも用意されている所もありますので、予約の時にチェックすると良いですよ。家族風呂なので他の人に迷惑を掛けずに安心して温泉に入れるのでパパもママもリフレッシュできると思います。

赤ちゃんと温泉旅行で良い思い出を作りましょう!

赤ちゃん歓迎の温泉旅館やホテルで毎日の育児疲れを癒しませんか?赤ちゃんと楽しい思い出になると思います。温泉に入る時の注意点に気を付けて是非楽しい思い出を作ってみて下さい。毎日の育児の疲れがリフレッシュされますよ。しかし、赤ちゃんの事を1番に考えて旅行を楽しんで下さいね。

関連するまとめ

赤ちゃんの後追いとは?時期はいつからいつまで?しない原因や対処法まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの後追いとは?時期はいつからいつまで?しない原因や対処法まとめ

赤ちゃんの後追いはいつから始まりいつまで続くのでしょうか?お母さんを…

watanebe

妊娠初期における流産の症状や兆候、原因について。確率はどのくらい?のサムネイル画像

妊娠初期における流産の症状や兆候、原因について。確率はどのくらい?

妊娠初期の流産の原因って何?どんな症状や兆候があるの?など、妊娠初期…

藤本有紗

新生児やママの退院服の選び方!ベビードレス・セレモニードレスとは?のサムネイル画像

新生児やママの退院服の選び方!ベビードレス・セレモニードレスとは?

待ちに待った待望の赤ちゃんと出会い、長いようで短かった産院生活からや…

みんみん

赤ちゃんの水はいつからいいの?水道水やミネラルウオーターは飲める?のサムネイル画像

赤ちゃんの水はいつからいいの?水道水やミネラルウオーターは飲める?

赤ちゃんの水はいつから飲めるの?子育てが初めてのママは赤ちゃんに水を…

みんみん

きゅうりを使った離乳食レシピを紹介!初期・中期・後期別!保存方法は?のサムネイル画像

きゅうりを使った離乳食レシピを紹介!初期・中期・後期別!保存方法は?

きゅうりを使った離乳食を紹介したいと思います!きゅうりはあまり栄養が…

tomo0923

妊娠初期に飛行機で海外旅行は流産の可能性がある?新幹線で国内は?のサムネイル画像

妊娠初期に飛行機で海外旅行は流産の可能性がある?新幹線で国内は?

気付いたら妊娠していて、妊娠初期だった。今後の組んでいたスケジュール…

loooveai

新生児や赤ちゃんが白目をむく・寄り目になる原因は?その理由を調査のサムネイル画像

新生児や赤ちゃんが白目をむく・寄り目になる原因は?その理由を調査

出産や育児が初めての方にとって、新生児の成長の過程は驚くことばかりで…

淡雪20172

赤ちゃんの保湿対策におすすめは?安心のクリーム・ベビーローション紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの保湿対策におすすめは?安心のクリーム・ベビーローション紹介

赤ちゃんの存在は、この世にまるで天使が舞い降りたみたいに心が温かくな…

kokoro

赤ちゃんのつかまり立ちの時期はいつから?練習法・おもちゃなど紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのつかまり立ちの時期はいつから?練習法・おもちゃなど紹介

おすわりが出来るようになった赤ちゃんの次のステップは、つかまり立ちで…

234

新生児の原始反射とは何?赤ちゃんに見られる動き・種類を知ろうのサムネイル画像

新生児の原始反射とは何?赤ちゃんに見られる動き・種類を知ろう

新生児の原始反射ってご存知ですか?赤ちゃんに生きていく上で備わってい…

だいごろう

血液型の組み合わせまとめ!子供の血液型はどれくらいの確立で決まる?のサムネイル画像

血液型の組み合わせまとめ!子供の血液型はどれくらいの確立で決まる?

血液型は大きく4種類存在し、血液型によって性格に特徴があったりします…

秋野 もみじ

妊娠初期の腹痛について。出血・下痢・チクチクはいつまで続くの?のサムネイル画像

妊娠初期の腹痛について。出血・下痢・チクチクはいつまで続くの?

妊娠初期のチクチクとした腹痛や出血や下痢は、いつまで続くのだろう、と…

藤本有紗

簡単セルフ貧血チェック!目やまぶた、舌や爪に貧血のサイン?のサムネイル画像

簡単セルフ貧血チェック!目やまぶた、舌や爪に貧血のサイン?

簡単にできる貧血のチェック方法をご紹介します。私生活の中で体がクラッ…

daisuke_dan

赤ちゃんに贈るぬいぐるみ!選び方やプレゼントにも人気のかわいい商品のサムネイル画像

赤ちゃんに贈るぬいぐるみ!選び方やプレゼントにも人気のかわいい商品

育児に欠かせないぬいぐるみは、赤ちゃんの成長・知育のためにも必要なア…

karin

2歳児の室内遊び・外遊びでおすすめ!特徴や発達に役立つものはなに?のサムネイル画像

2歳児の室内遊び・外遊びでおすすめ!特徴や発達に役立つものはなに?

あなたは2歳児というイヤイヤ期でもある子供とどんな遊びをしていますか…

みちゅまる

哺乳瓶の消毒方法は?電子レンジや洗剤などおすすめのやり方・商品のサムネイル画像

哺乳瓶の消毒方法は?電子レンジや洗剤などおすすめのやり方・商品

哺乳瓶の消毒方法は?赤ちゃんの栄養はミルクから!となると哺乳瓶を何度…

みんみん

妊娠中の貧血、その原因や症状・対策まとめ!食事で改善は可能?のサムネイル画像

妊娠中の貧血、その原因や症状・対策まとめ!食事で改善は可能?

妊娠中は貧血になる妊婦さんが多くいますが、なぜ貧血になるのでしょうか…

りっか

赤ちゃんの歯磨きはいつから?やり方や嫌がる時のコツ・方法まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの歯磨きはいつから?やり方や嫌がる時のコツ・方法まとめ

赤ちゃんの歯の生え始めってなんともかわいいですよね。しかし、歯が生え…

aeca

赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔になる時期や理由について調査のサムネイル画像

赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔になる時期や理由について調査

赤ちゃんのいろいろな表情を見せてくれるので見てあきませんよね。赤ちゃ…

yu-mo

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめ

赤ちゃんは、うつ伏せ寝が大好き!うつ伏せ寝がお腹の中にいた時の状況に…

nebyo13

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ