面接での志望動機の答え方!面接官に対する言い方や例文を紹介!

就活生のみなさん、そしてこれから転職を考えているみなさん、面接の志望動機ってどのように答えたら良いのか結構悩みますよね。今回は、例文も交えて面接の志望動機の答え方と面接官に対する言い方をご紹介したいと思います。これから就活を考えている方は参考にしてみて下さい。

目次

  1. 面接の志望動機の答え方に自信がありますか?
  2. 面接官は志望動機のどこをみて評価するのか?
  3. 面接時の志望動機の的確な言い方「ビジョンを一致させる」
  4. 面接時の志望動機の的確な言い方「なぜ御社なの?」
  5. 面接時の志望動機の的確な言い方「具体的な根拠」
  6. 面接時の志望動機の的確な言い方「未来の自分を伝える」
  7. 面接時の志望動機の的確な言い方「ありきたりな志望の動機はさける」
  8. 面接官に対して志望動機を伝える際の例文
  9. 面接時の自己PRと自己紹介の違い
  10. 面接での志望動機の答え方!面接官に対する言い方や例文のまとめ

面接の志望動機の答え方に自信がありますか?

みなさんは、面接の志望動機の答え方に自信はありますか?志望の動機は一番重要な自己PRなだけに多くの方が、どう志望の動機を構成するか迷うと思います。今回は、どう志望の動機の自己アピールをしたら、面接官に良い印象をもってもらえるのか、そして、面接官にどのように志望の動機を伝えれば良いのか、その言い方や例文をご説明いたします。

企業の面接官は、数多くの面接者の志望動機や理由を聞いてきています。ですので、どうしてもありきたりな志望の動機はあまり面接官には響きません。ですので、志望の動機をアピールする際は、その人らしい個性のでるような内容にしましょうね。ここからは、より具体的に志望の動機で面接官はなにをみているのか見てみましょう。

@hilladelph_halflife_さんの投稿
18381976 1011715605628054 2214233852166012928 n

面接官は志望動機のどこをみて評価するのか?

まず面接の際の志望動機のどこを面接官がみているのか考えてみたいと思います。必ず、面接官が志望動機をみるポイントがあるんですね。志望動機のどこを見ているのかわかると、どのような志望動機の言い方をすれば良いかもわかるようになります。

面接官からみる志望動機のポイント「会社への志望度合いを確認したい」

まず、面接の際に面接官が見る志望動機のポイントですが、会社への志望度合いの高さです。会社としては、新卒者であってもなるべく早い段階で即戦力になってもらいたいものです。なるべく早く即戦力になってもらえるかどうかを見るには、仕事に対する「熱意」、「能力があるか」、「モチベーションが高いか」を見ています。

@lemonpanna_cottaさんの投稿
16229020 1300789216676118 8135932213528100864 n

面接官からみる志望動機のポイント「志望者のやりたい事が一致している」

次に面接の際に面接官が見る志望動機のポイントは、志望者が熱意をもってやりたいと思っていることと、会社の方向性が一致しているかどうかです。志望者に熱意がいくらあっても、会社の方針と真逆の方向を向いていては、うちには必要ない。と判断されてしまいます。まずは、志望する会社の理念をチェックして、どのような人物を望んでいるか、分析してみましょう。

面接官からみる志望動機のポイント「志望動機を通して人柄をみる」

面接の際に面接官がみる志望動機のポイントには「人柄を見る」という理由もあります。というのも、志望動機でも必ず人柄は現れます。この人は、責任感がある人なのか、なんだか話しの言い方がおおざっぱだな、とても明るい表情をしているな、目が輝いているな、などなど。必ず面接官は志望動機を通じて人柄を見ているという事を忘れないで下さい。

@mitarashimochiさんの投稿
18299820 201482190362090 9167108317464494080 n

ここまでが、面接官が見る面接時の志望動機のポイントです。志望する人はよく会社の特徴や自分がどの分野で会社に貢献できるのかを冷静に分析をしてみましょう。それを志望動機に落とし込むんです。

面接時の志望動機の的確な言い方「ビジョンを一致させる」

それでは、面接時の志望動機の言い方のコツをお話しします。まずは、企業が求めている人材ですよと実際に言葉で伝える必要があります。そのためには、自分が御社と同じビジョンを持っていますよという、言い方をしなければいけません。具体的には、「御社の展開している○○を取り組みたいので、御社を志望しました。ぜひ御社で○○をやってみたいです」など企業からみてもわかりやすい言い方に工夫をしましょう。

ただ「御社の○○がしたいです」という志望理由では印象は弱いです。大切なのは、私も御社と同じビジョンを持っていて、そのために今こんな努力もしていて、将来は御社でなければという強い思いが理由である必要があります。まずは、同じビジョンを思い浮かべましょう。

@tokyo_iyakuさんの投稿
18380977 174733306386543 2092996361443082240 n

面接時の志望動機の的確な言い方「なぜ御社なの?」

例えば、企業側から見てあなたが非常に熱意のある人間と評価したとします。しかし、企業側からするとこれだけではもう一歩弱いんですね。というのも同じビジョンをかかげている会社は他にもあるかもしれませんし、面接者自体も、同じビジョンを掲げている他社の面接を受けているかもしれません。企業側も他にどんな会社を受けたのか?と聞いてくることもあるくらいです。

このことから、企業側は他社とは異なるうちだけを志望する理由をどうしても欲しいんです。やはりうちだけしかない特徴を見て志望してくれていると判断するのと他でも同じようなことを言って志望しているなと判断されるのとでは前者の方が優位に働くのは当然です。ですので他社にはなく御社にしかない特徴を事前にリサーチしておきましょう。

@yuuuri1007さんの投稿
18444184 1519739044760333 4249940048574676992 n

面接時の志望動機の的確な言い方「具体的な根拠」

次に御社の志望動機として具体的な根拠も必要です。具体的な根拠とは「御社なら海外勤務ができるから」ではなく、海外勤務をして何をやりたいか、また海外勤務をしてそれをすることで、どんな自分になりたいから、とより根拠をブラッシュアップした理由を話せるかが志望動機には大切です。

「海外勤務をしたいから」という理由は誰でも言えますし、根拠には乏しいです。しかし例えば「海外勤務をして、自分の語学力をあげながら、新規プロジェクトを立ち上げたい」と言われたらどうでしょう。こちらの方が断然、現実味があって企業としても、なかなか意欲があるなと思われる可能性があるのではないでしょうか。このように、志望動機には強い理由と根拠があった方が良いと思われます。

面接時の志望動機の的確な言い方「未来の自分を伝える」

面接時の志望動機の的確な言い方、答え方の次は未来の自分を伝えるということです。具体的にはどのようなことを言うのかといいますと、あなたが会社に入ったあとに、どのように活躍したいかを述べるのです。しかもそれをより具体的に志望動機として伝えます。

@yrtf_25さんの投稿
18381818 444441665908255 3615915863942627328 n

その例文として「私は、〇〇の部署に入りましたら、まずAという目標を達成したいと思います。そしてゆくゆくはBという目標も達成できるように頑張りたいです。」とこのような言い方です。このような志望動機を話すことで、面接官もよりあなたの意欲を見ることができます。

@globalcampusさんの投稿
18380344 1207370579390303 2967703074459615232 n

面接時の志望動機の的確な言い方「ありきたりな志望の動機はさける」

@nagoyavisualartsさんの投稿
18299199 1281884975262275 2288551762937774080 n

ここまでのお話しで、面接時の志望動機は、より根拠をもってそして、よりあなたの将来像をわかりやすく話しをしましょうという話しをしました。面接官はあなたの強い思いと、会社に適合する人物かどうか、そして将来、会社に貢献する人物になってくれるかを見ています。ですので、ここで言えるのはありきたりな、志望動機はやめましょうという事です。

@globalcampusさんの投稿
18381001 1556797347664453 1263326250290642944 n

ありきたりな志望動機を作ると、せっかくあなたが素晴らしい熱意をもっていても、面接官にあなたの思いが伝わりません。そして、あなた自身もせっかくの面接の自己アピールを後悔してしまうでしょう。ですので、志望動機は、必ず自分の長所と企業のもとめる人物像をきちんとリサーチしてのぞみましょう。

@onestar_co.ltdさんの投稿
18013517 1972467742985155 7284495646206197760 n

面接官に対して志望動機を伝える際の例文

ここからは、面接の際の面接官に志望動機を伝える例文をご紹介したいと思います。繰り返しになりますが、大切なのは企業が求める人物像を的確に把握し、そして自分が企業のもとめる人物であるということを伝えることが志望動機では重要です。では、例文をご紹介したいと思います。

@uki517さんの投稿
18443134 487242711667375 4584820448235094016 n

志望動機を教えて下さいとの質問に答えたのが以下の例になります。コンサルティングの会社の例文です。見ていただきたいのは、この例文の中の学生はより具体的に自分が今後どうしたいのかを伝え、そしてこれまでどのような努力をしてきたかを明確に伝えています。また、この例文の最後の段落で、なぜ御社でなくてはいけなかったのかも強い思いを込めて伝えているのもこの志望動機の特徴です。

日本の中小企業の底力を引き出したいからです。大学のゼミの研究で、中小企業の経営を扱っていました。その中で、倒産する中小企業の半分近い原因が、キャッシュフロー・ファイナンス等の知識面の問題から倒産することを知り、驚愕しました。 力のある企業に育つ前に死ぬのは日本にとって大きな損失です。その時から、適切なコンサルティングをして企業を支えるコンサルタントの仕事を志すようになりました。 コンサルティングの現場を早くから知りたいと考え、コンサルタントのアシスタントのインターンにも1年ほど挑戦しました。顧客と向き合って解決策を生み出す姿を目の前にし、より興味を持つようになりました。 貴社はコンサルティング会社の中でも、中小企業のコンサルティングに最も強い会社です。また、顧問という形で顧客によりそって問題解決をしていくスタイルでも有名です。貴社でなら、長期的な視点で中小企業を支援していけると考え、志望しました。

このように、より具体的にそしてより明確に自分の志望動機を伝えるんです。そして、御社ならではの特徴を述べることも忘れないで下さい。人生の中では、就活というのはほんのわずかな時間でしかありませんだからこそ、今できる最高のあなたの長所をアピールしましょう。そして、なによりも一つ一つの面接で後悔しないようにして下さい。ここまでが面接で面接官に志望動機を伝える為のポイントをお伝えしました。

@daaaichi724さんの投稿
18382215 1683038012005814 1576883129463865344 n

面接時の自己PRと自己紹介の違い

最後に豆知識として、自己PRと自己紹介の違いをお話しします。ちなみに面接時は自己PRです。この2つは以外と混同されやすいので、ここでもう一度その違いを紹介します。まず最初に自己紹介ですが、これは文字通り、自分を紹介するフェーズです。余分な情報は取り除き、シンプルに必要最低限なものを紹介します。

@tama.mtfujiさんの投稿
18443711 1170813189714804 222009569654603776 n

それに比べて、自己PRは、自分の人材能力を企業目線で積極的に、売っていきます。自分の魅力や、貢献度合いなども含めて自分の価値を相手に理解してもらうんですね。日本人は自分をアピールするのが苦手だと言われてますが、まずはこのように自分の武器になる部分を見つけて志望動機にしていきましょう。

@e_seikatsuさんの投稿
18380839 1293023494149987 8996411722822582272 n

面接での志望動機の答え方!面接官に対する言い方や例文のまとめ

みなさんいかがでしたか?面接の志望動機をなんて答えたら良いかわからないという方もいらっしゃるとは思いますが、まずは自分の武器を見つけ、企業がもとめる人物と合致できるよう積極的に自分をアピールした志望動機をみつけましょう。

@kenichitrd86さんの投稿
18095790 302263920208119 6786227363391733760 n

もっと就活に関する情報を知りたいアナタヘ!

面接のマナーまとめ!入室や退室での就活時の挨拶で恥をかかない方法を紹介! | Pinky[ピンキ-]
就活用の時計の選び方!女性におすすめの好印象を与えるブランドは? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ