一緒に楽しめる赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃんが生まれると、大変な事ももちろん多いですが、家族全員が笑顔になりますよね。そんな幸せを運んできてくれた赤ちゃんと早く遊びたい!あやしてあげたい!と思いますよね。しかし、生まれたばかりではまだ首も据わっていませんし、激しく動かす事もよくありません。成長に合わせた遊び方をしていく必要があります。

今回は月齢ごとの成長に合わせた、赤ちゃんとの遊び方をご紹介していきたいと思います。月齢にあった遊び方をする事で、無理なく発達や成長を促す事が出来るので、初めての子育てなどに役立ててくださいね。

○ヶ月の遊び方というようにご紹介していますが、赤ちゃんの成長には個人差があります。一番してはいけないのが他の赤ちゃんと比較する事です。赤ちゃんのストレスにもなりますし、育児をしているママのストレスにもなりかねません。

覚えておきたい、赤ちゃんとの遊びの注意点

かわいいかわいい赤ちゃん。抱っこすると喜ぶからといって、首が据わっていないうちから縦抱きばかりしていたりすると赤ちゃんへの負担が大きくなってしまいます。2、3ヶ月の頃まではしっかり首を支えた状態で抱っこなどをしてあげるようにしましょう。

抱っこしてゆらゆらするのも大好きな赤ちゃんですが、赤ちゃんの頭部をあまり揺らすのはよくありません。揺さぶられ症候群といって、脳にダメージを受ける場合があるのです。楽しく遊んでいるつもりでも、赤ちゃんの体をいたわりながら遊ぶ事を心がけてくださいね。

新生児との遊び方

まず、新生児とはいつからいつまでの時期の事をいうのでしょうか。新生児とは生後28日未満の赤ちゃんの事をいいます。この時期はママのお腹の中から出てきたばかりで、外の世界に慣れる事から始まります。視力も弱く、視野も狭いので、顔の正面30cm以内の物をぼんやり認識出来るという感じです。

そんな状態でどうやって遊べば良いんだと思うかもしれませんが、赤ちゃんにとってはスキンシップがとても重要な時期なので、声をかけながら触れ合うだけでも構いません。具体的には「おむつ替えますよー」とか、お世話をそのまま説明してあげるだけでも、赤ちゃんの安心感は強くなります。

その他に、一緒に楽しむとい点では、見つめ合ってみるのもおすすめです。大人が自分から赤ちゃんの視界に入るように移動して、赤ちゃんの顔の前で笑ってあげたり、「べー」と舌を出してあげたりしてみましょう。ほとんど動けない新生児の時期ですが、顔マネしてくれる事もあるそうですよ。

1ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

1ヶ月の発達に合った遊び方というと、まだ首がすわっていないので赤ちゃんを寝かせたままのスキンシップがメインになります。赤ちゃんのお腹に口を当てて、軽く「ぷぅぅぅぅ」と空気を出すようにしてあげると、満面の笑みで喜ぶ赤ちゃんもいます。おむつ替えを嫌がるような赤ちゃんの場合にも効果がありますよ。スキンシップする事で赤ちゃんが安心すると考えられています。

そして、そろそろ喃語と呼ばれる「あー」とか「うー」とか何か喋っているようにも聞こえますよね。赤ちゃんも必死で声を出そうとしている時期です。そんな時は一緒になって、「あー」「うー」とかお話をしてあげる事でおしゃべりが楽しいなど、成長を促してあげる事が出来ます。

2ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

新生児の頃と比べるとだいぶ身体がしっかりしてくる時期です。この時期は抱っこしながら歌ったりしてあげるととても喜びます。優しい声で話しかけたりするのも良いですね。

2ヶ月の成長に合わせた遊びというと、まだまだスキンシップが欠かせません。肌を密着させるように抱っこしてあげたりする事を喜びます。ベビーマッサージなどを始めるにも良い時期かもしれません。赤ちゃんのお肌にたくさん触ってあげましょう。

ベビーマッサージは発育を促すとともに、お腹を時計回りにくるくるマッサージしてあげることで便秘解消の効果もあります。便秘状態だと機嫌も悪くなってしまうので、身体状態をチェックするのにも役立ちます。

3ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

3ヶ月頃の発育状態を踏まえた遊び方は、すでに音のする方に頭を動かせたりする場合には、いろんな方向から音を聞かせて、赤ちゃんの興味をひ出す遊びがおすすめです。一つの音だけではなく、違う音を聞かせてあげて、赤ちゃんの発育を促しましょう。上手に興味を示した時は思いっきり褒めてあげると赤ちゃんのやる気を引き出せます。

赤ちゃんは、大人の言っている事を理解していると考えて話しかけるようにして遊びましょう。スマホの画面に集中して適当に遊んでいると、赤ちゃんの心の発育にはよくありません。もし、急ぎで返さなくてはいけない内容であれば、ちゃんと赤ちゃんの顔を見て、「ちゃんと見てるからね」と伝えてから、素早く返信をするなど、赤ちゃんを放置しないように気をつけましょう。

4ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

4ヶ月の赤ちゃんの発育にあった遊び方は、そろそろ首がすわった頃なので、うつ伏せにしても自分で頭を持ち上げたり出来る時期になってきます。首がすわると少しダイナミックな遊びも出来るようになってきますが、成長には個人差があるので、赤ちゃんの機嫌や体の発育に合わせた遊び方をするのが大切です。

うつ伏せにしても大丈夫というのは、きちんと大人が近くに居る状態に限っての事です。まだ自分で寝返りできない赤ちゃんにとってはずっとうつ伏せの状態になってしまうので、遊んでいるときも目を離さないようにしましょう。

これぐらい成長してくると、大人が赤ちゃんをお腹の上に乗せて、寝転ぶというラッコのような体勢を好む赤ちゃんも居ます。今までほとんど天井を見て過ごしていた赤ちゃんにとっては、180度違う景色で楽しくてしょうがないようです。

5ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

5ヶ月の発育に合った遊びは、成長を促すという事にもつながります。まず赤ちゃんにとって、まず一番大きな変化といえば、自分の思い通りに寝返りが出来る事。これは大きな成長ですよね。足やお尻を支えてあげて寝返りを促すようにねじってあげると、寝返りを覚えやすいようです。

寝返りが出来るようになると、赤ちゃんの見えている世界が変わるのはもちろん、目に見えて興味のある物には手を伸ばそうとしたりする時期でもあります。この頃から、おもちゃなど手先を使ったり、赤ちゃんの成長を促す知育おもちゃなどを準備していくと良いでしょう。

6ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

6ヶ月の発育に合った遊びは、おもちゃを使って「いないないないばぁ」をするなどが適しています。赤ちゃんがなぜ「いないいないばぁ」を喜ぶのかというと、想像していた物と同じ物が出てきた事によって喜んでいると考えられています。なので、最初のうちはぬいぐるみにタオルをかけて、「ばぁ」とお繰り返すだけでも赤ちゃんの脳は刺激されます。

6ヶ月といえばハーフバースデーですよね。最近では記念に写真撮影をしたりする人も多いのですが、新生児の頃から考えるとあっという間ではないでしょうか。毎日慣れない育児に追われながらなんとか毎日を過ごしていて、いつの間にか6ヶ月。ふにゃふにゃで触るのも怖いぐらいの新生児から、しっかりとした体つきになってきたと思います。

このように0歳の時期はこのようにあっという間に終わってしまいます。今のうちに赤ちゃんとのスキンシップをたくさんして、心が豊かになるように愛情をたくさん伝えましょう。おもちゃを「どうぞ」と言って渡したりして遊ぶのも、心の発育につながります。

7ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

7ヶ月の発育に合った遊び方は、体を使った遊びです。手足をさすったりする遊びは新生児の頃から出来ますが、この時期くらいから赤ちゃんの脇に手を入れて高い高い遊びなどもしやすくなります。しかし、まだ赤ちゃんという事を忘れてはいけません。激しい高い高いをすると、揺さぶられ症候群で脳にダメージを受ける可能性があるからです。

この頃は赤ちゃんのおもちゃへの興味も強くなってくる時期です。興味のあるおもちゃには自分から近づこうとハイハイなどで寄っていきます。赤ちゃんの集中力はそれほど長くありませんので、一つのおもちゃというよりは、タイプの違うおもちゃを何個か用意して、一緒に遊んでみましょう。どれが得意なのかみるのにも役立ちます。

赤ちゃんは音の出るおもちゃが大好きです。マラカスのようなおもちゃだったり、ボタンを押すと音楽がなったり、夢中で何回も繰り返して遊ぶことがあります。ひとり遊びを楽しんでいる時もありますが、なんでも口に入れてしまう時期でもあるので、部屋にひとりきりにする事は避けましょう。

8ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

8ヶ月の発育に合った遊びは、より身体がしっかりしてきてずりばい、ハイハイ、一部の早い子は歩いたなんて話も聞くくらい、個人差が出てくる時期でもあるので、赤ちゃんの成長に合わせた、赤ちゃんが楽しめる遊びを見つけてあげる事が一番です。

膝の上に乗せて、音楽に合わせてトントン揺らしてあげたり、まだ赤ちゃん本人は出来ないですが、手遊びを見せてあげたり、男の子赤ちゃん、女の子赤ちゃんで興味が変わってくる時期でもあります。

赤ちゃんが何気なくした動作に言葉をつけてあげると、これはこういう事なんだと覚えていきやすいので、パチパチと手を叩いていたら「パチパチ~上手~」などと言葉をかけてあげると、赤ちゃんの中で動作と意味がつながりやすくなります。

9ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

9ヶ月頃になると、つかまり立ちをするようになる赤ちゃんも多いのではないでしょうか。赤ちゃん的には新生児の頃の仰向けの体勢からの大革命です。自分で立てて周りを見渡す事が出来るのです。たまに、赤ちゃんが危なくないようにと、部屋の荷物をすっきりさせすぎて、つかまるところが無いなんて事もあるそうです。

しかし、あまりにもつかまるところが無いと、赤ちゃんはつかまり立ちが出来る時期になっても出来ません。目の届く範囲で、低い机などつかまえりやすい物でつかまり立ちの練習をさせてあげる事が成長につながるでしょう。

この時期の知育におすすめなのが、積み重ねて遊べるカラフルなカップです。最初は大人が積み上げたものを倒して遊ぶしかできませんが、大きいカップの中に小さいカップを入れたりいろいろ考えながら長期間遊べるおもちゃです。

10ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

10ヶ月頃の赤ちゃんはつかまり立ちからの伝い歩きが出来るようになる子もいます。今までは机の上に置いていた物も、いつの間にか手が届くようになってしまうので、見えるところに危険な物を置かないという事が大前提になります。

遊び方としては、一緒にハイハイして遊んだり、捕まえてゴロンと転がったりしても喜びます。この後どうなるかと想像して遊ぶのが好きになってくるので、ティッシュなども手の届くところに置いておいくと、いつのまにか散らかされていたなんて事もあります。

そんな遊び方が好きな赤ちゃんには、空になったティッシュボックスにスカーフやハンカチを繋げたものを入れて、どんどん出てくるおもちゃを手作りしてあげても良いでしょう。赤ちゃんの好奇心は旺盛です。危なくなければ無理に止める必要はありませんが、危険が無いように必ず近くで見守って遊ばせましょう。

11ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃんも11ヶ月くらいになると、早い子ではひとりで立ったり出来るようになります。そして、男の子赤ちゃんの場合は特にダイナミックな遊びを求めてくるようになるかもしれません。大人が寝転んで赤ちゃんをスネの上に乗せて、飛行機遊びは男の子赤ちゃんでも女の子赤ちゃんでも大喜びです。歌に合わせて軽く上下に動かしてあげるとさらに楽しいようです。

会話の内容もある程度わかるようになってくる頃です。この時期に限らず、赤ちゃんの前では喧嘩をしたりしないようにするのが一番です。意思疎通がしやすくなってくる時期でもあるので、簡単なままごと遊びのような事が出来たりするようにもなります。出来ないからといって焦る事はありません。個人差があり得意不得意はあるものです。

12ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

12ヶ月、つまり1歳を迎えた赤ちゃんは乳児を卒業して幼児という扱いになります。新生児からの1年で驚く程成長しましたよね。1歳を迎える頃にはひとりで立てる子も多いようです。その後も成長は続き歩くようになり、走るようになり、行動範囲はどんどん広がり、遊び方も成長に応じて変わっていきます。

手を持って一緒に歩く練習をしたりするが大好きな子も居ますし、手遊びを少し出来るようになったり、ボールをコロコロさせてキャッチボールのように遊べるようにもなってきます。

赤ちゃんの発育と成長を促すあやし方

おもちゃ屋さんで気に入って遊んでいたおもちゃを買ってみても、しばらくは遊んでも、いつの間にか遊ばなくなってしまう事もあるのではないでしょうか。それは飽きるという事もあるかもしれませんが、少しずつ成長しているという事でもあるのです。

生まれたばかりの時はみんな何も出来ない新生児ですが、12ヶ月間の間にどんどん個人差が出てきます。育児書などは目安程度にして、一番は目の前の赤ちゃんと向き合って、楽しませてあげる事を考えましょう。それがこれからの成長を促すために必要な事です。

赤ちゃんとの遊び方まとめ

今回は赤ちゃんとの遊び方をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。赤ちゃんとの遊び方はこの時期はこうでなくてはいけないという決まりはありません。危険な事だけ避けてあげれば、大人も一緒に楽しんで遊んでコミュニケーションを取るようにしていきましょう。まずはスキンシップから初めてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんについてもっと知りたいアナタへ!

関連するまとめ

帝王切開の時間や費用は?入院前の準備物まとめ!普通分娩と違う?のサムネイル画像

帝王切開の時間や費用は?入院前の準備物まとめ!普通分娩と違う?

帝王切開になると費用がかかるように感じますが、果たして普通分娩の費用…

nobii

赤ちゃんの入浴剤入りお風呂はいつから?おすすめ商品や選び方は?のサムネイル画像

赤ちゃんの入浴剤入りお風呂はいつから?おすすめ商品や選び方は?

赤ちゃんとのバスタイムって幸せですよね。生後2か月頃になると、赤ちゃ…

はるまママ

男性を妊娠させる手術に成功!?世界初の妊娠した男性「トーマス」と妊娠方法まとめのサムネイル画像

男性を妊娠させる手術に成功!?世界初の妊娠した男性「トーマス」と妊娠方法まとめ

世界初の妊娠した男性として世界じゅうで話題になったトーマス・ビーティ…

hiyoko

新生児の抱き方・抱っこの注意点・コツは?基本姿勢や授乳姿勢まとめのサムネイル画像

新生児の抱き方・抱っこの注意点・コツは?基本姿勢や授乳姿勢まとめ

この世に生を受けて誕生した生まれたての赤ちゃんを「新生児」といいます…

kokoro

生理周期で妊娠しにくい・しやすい時期が分かる?可能性の変化を調査!のサムネイル画像

生理周期で妊娠しにくい・しやすい時期が分かる?可能性の変化を調査!

妊娠を今望んでいる人、妊娠はまだもう少し先。中には、生涯妊娠を希望し…

ayumihato

2歳児におすすめの絵本ランキング!読んで欲しい人気作品はなに?のサムネイル画像

2歳児におすすめの絵本ランキング!読んで欲しい人気作品はなに?

2歳児にどんな絵本を読んであげたらよいのかと悩んでいるならこちらのラ…

うえぴー

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策のサムネイル画像

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策

歯ぎしりと聞くと、ストレスのたまった大人がやってしまうことと思いがち…

aeca

赤ちゃんのせんべいはいつから?おすすめ商品や手作りレシピを紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのせんべいはいつから?おすすめ商品や手作りレシピを紹介

赤ちゃんのおやつの定番といえば、赤ちゃんせんべいではないでしょうか。…

aeca

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?のサムネイル画像

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?

どんな世代からも愛されるココア。今回は、そんなココアのカフェイン含有…

美海

赤ちゃんのお風呂はいつから?入れ方は?温度や洗い方のコツを解説のサムネイル画像

赤ちゃんのお風呂はいつから?入れ方は?温度や洗い方のコツを解説

出産したらすぐに育児が始まります。そこで始まるのがお風呂です。赤ちゃ…

nobii

男の子の名前で良い画数・字画はある?姓名判断も使って良い名前に!のサムネイル画像

男の子の名前で良い画数・字画はある?姓名判断も使って良い名前に!

男の子の名前で良い画数や字画はあるのか?一生使う名前だから姓名判断を…

めぐみ

赤ちゃんが犬と一緒にいるメリットは?注意点・守る習性の対処法などのサムネイル画像

赤ちゃんが犬と一緒にいるメリットは?注意点・守る習性の対処法など

「赤ちゃんが欲しいけど犬も飼いたい」なんて人も多いのではないでしょう…

h.neco0727

【女の子】古風な名前まとめ!春夏秋冬・和をイメージした名前が人気!のサムネイル画像

【女の子】古風な名前まとめ!春夏秋冬・和をイメージした名前が人気!

最近、古風な女の子の名前がブームで、若い女優さんにも古風な名前が多い…

entaenteko

心理療法の種類や効果まとめ!カウンセリングとの違いとは?のサムネイル画像

心理療法の種類や効果まとめ!カウンセリングとの違いとは?

最近「眠れない」「気分の落ち込みが激しい」など精神的に疲れていたり「…

ひとみ

妊娠初期における流産の症状や兆候、原因について。確率はどのくらい?のサムネイル画像

妊娠初期における流産の症状や兆候、原因について。確率はどのくらい?

妊娠初期の流産の原因って何?どんな症状や兆候があるの?など、妊娠初期…

藤本有紗

鼻水吸引器は電動がおすすめ?赤ちゃんに使える人気の商品徹底比較のサムネイル画像

鼻水吸引器は電動がおすすめ?赤ちゃんに使える人気の商品徹底比較

赤ちゃんの鼻水の吸引器は電動がおすすめ?赤ちゃんのうちは自分で鼻水を…

みんみん

おむつメーカー比較人気ランキング!サイズや吸収力・通気性を解説のサムネイル画像

おむつメーカー比較人気ランキング!サイズや吸収力・通気性を解説

赤ちゃんの紙おむつを買うときは何を重視していますか。メーカー?吸収力…

岡田あやの

入学の準備はもう済んでる?定番の名前シールや文房具などのグッズをまとめましたのサムネイル画像

入学の準備はもう済んでる?定番の名前シールや文房具などのグッズをまとめました

春になったら一年生!年長さんの親子は、小学校の入学を心待ちにしている…

snow_lily

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?のサムネイル画像

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?

出産した後は、子供の成長を願ったお祝いのイベントが続きます。記念に色…

nobii

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?体重・身長など成長発達について調査のサムネイル画像

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?体重・身長など成長発達について調査

生後2ヶ月の赤ちゃんは、様々な成長や発達をしているんです。そういえば…

h.neco0727

関連するキーワード

みちゅまる

子育て中の主婦です。ある時はファイナンシャルプランナー、またある時はネイリスト。映像制作の経験を活かし、現在は親子写真サークルの代表もしています。企画大好きです。

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ