赤ちゃんのヘアーバンドの作り方!手作りで簡単可愛くおしゃれに

女の子の赤ちゃんが産まれたら、とびきり可愛く見せたいですよね。洋服だけでなく、一緒にヘアバンドを付けてあげると、髪が少ない女の子でも可愛く見えます。そんな赤ちゃん用のヘアバンドを手作りしてみませんか。可愛いヘアバンドで他の子と差をつけましょう!

目次

  1. いつも男の子の赤ちゃんに間違えられる…
  2. ヘアバンドを手作りしてみよう!
  3. 赤ちゃん用のヘアバンドの材料は?
  4. ヘアバンドを作る際の注意点は?
  5. 簡単で可愛いヘアバンドの作り方
  6. 100均のモチーフを付けても可愛い!
  7. 型抜きフェルトを使ったヘアバンドの作り方
  8. リボンテープを使ったヘアバンドの作り方
  9. ソフトチュールを使ったヘアバンドの作り方
  10. 好きな布地で作ったリボンのヘアバンドの作り方
  11. 編み物が得意なら編んでみても
  12. 特別な日用のヘアバンドも手作りで!
  13. 手作りヘアバンドの作品集
  14. 【番外編】ヘアクリップでも可愛くおしゃれに
  15. まとめ

いつも男の子の赤ちゃんに間違えられる…

赤ちゃん特有の髪の少なさのせい

ベビーカーを覗かれて「可愛いわね。男の子?」なんて聞かれることありませんか?育児中の母親ならよく聞く体験談でしょう。大抵の赤ちゃんは髪の毛が少ないものです。そんな赤ちゃんをとびきり可愛く見せられるのが、頭につけるヘアバンドです。

@niaemon_shuさんの投稿
18513060 1471422772878622 6178432131719495680 n

お店やネットショップでも可愛いヘアバンドが売られていますが、簡単に手作りすることが出来ます。今回は、とても可愛い手作りヘアバンドの作り方をご紹介していきます。手芸が苦手な育児中のママでも作れる作品もありますよ!

@mikasogabeさんの投稿
18512686 1434004826622775 7365954352424419328 n

ヘアバンドを手作りしてみよう!

ママの手作りヘアバンドで赤ちゃんを可愛く

ヘアバンドを手作りする、と聞くと難しく感じるかもしれませんが、材料さえ揃えてしまえば手順が少ないので簡単に作ることが出来ます。布地を使わずにリボンやレースなどを使えば、端の処理が少ないのであっという間に作れます。赤ちゃんがねんねしている時などの育児の合間に作ってみてはいかがでしょうか。

@yukari_mizu6さんの投稿
18299724 216731902160721 7012731474587680768 n

また、ヘアバンドの長さを長くすれば大きい子でも使うことが出来るため、バザーにも最適です。保育園や幼稚園に入る頃になると毎年バザーがあります。各家庭で2~3点要求されることもあるでしょう。手作りがOKなのであれば、簡単で安く作れるヘアバンドなどがおすすめですよ。

@ayumiiii017さんの投稿
16123608 434132140252181 6628207935954616320 n

赤ちゃん用のヘアバンドの材料は?

材料①リボンやレース

ヘアバンドの基本になる部分はリボンやレースを使って作ります。髪の毛が少ない赤ちゃんの場合は滑りやすいのでコットンレースがおすすめです。伸縮性がないレースを使う場合には、端にゴムを縫い付けて伸びるようにします。

@antiques_fulariさんの投稿
18252829 176829982841270 8220097045495545856 n

ヘアバンドを作る際にとても便利なのが、伸縮性のあるレース「ストレッチレース」です。伸び縮みするのでゴムを入れなくてもそのまま使えるのでとても簡単です。手芸店に売られていますので、育児中で忙しいママやより簡単に作りたい方にはおすすめです。

@kitunerveさんの投稿
17333989 1926016857613620 7327274508316835840 n

材料②花などのモチーフ

ヘアバンドを可愛くデコレーションするのに、花やリボンなどのモチーフを用意しましょう。手芸用のものを使うのがベストですが、使わなくなったコサージュや造花などを使って作ることも出来ます。ワンポイントにビーズを使っても良いでしょう。ただし誤飲には気を付けて!

@artist_manaさんの投稿
18513234 1670847383210721 6345095249559289856 n

材料③手芸用ボンドなどの道具

縫い付けるのが基本ですが、ボンドやグルーガンを使って留めていくことも可能です。その他、針や素材にあった色の糸、平ゴム、手芸用のハサミ、アイロン、ミシンなどを使います。ミシンについては、なくても手縫いで作ることも出来るので大丈夫です。

@bean.rieさんの投稿
18444168 1909375899308951 7427593128896364544 n

ヘアバンドを作る際の注意点は?

赤ちゃんの頭のサイズに合わせて

赤ちゃんの頭はまだ柔らかく、頭蓋骨が閉まり切っていない状態になっています。頭の中心がペコペコ動くところは大泉門と呼ばれ、この部分が合わさってくるのは1歳半過ぎる頃です。そんな赤ちゃんの頭を締め付けるのは良くないので、赤ちゃんの頭のサイズを測ってからレースなどをカットしていきましょう。

@naochan0612さんの投稿
18513665 423062541389968 7790668799149080576 n

赤ちゃんから目を離さないで!

ヘアバンドが下に下がってしまった場合、鼻や口をふさいでしまったり、首の方まで下がると引っかかってしまった時に首が締まってしまう可能性があります。赤ちゃんから目を離すことはあまりないとは思いますが、ヘアバンドをしている時には十分に注意をしてあげましょう。

@yamafami0711さんの投稿
18444127 124984508069490 3223664871690207232 n

簡単で可愛いヘアバンドの作り方

まずは基本になる簡単なヘアバンドの作り方からご紹介していきます。10分程度で作れてしまうアイテムなので、育児で手一杯の方でもささっと作れますよ。

@mai.0509さんの投稿
18512346 702412459964830 6429632695709466624 n

<材料>

まず材料ですが、レースやリボンを用意します。長さは赤ちゃんの頭のサイズより短めにします。次に、9mm幅の平ゴムを用意します。この平ゴムは、レースなどの両端につけて輪にしますので、5~8cm程度で十分です。その他、造花やリボンなどの飾り、フェルトを用意します。

@himawaringo0さんの投稿
18012153 160726127788202 2233415408038182912 n

作り方①レース部分を作る

レースにゴムを縫い付ける作業から始めます。リボンの端1cmの部分を折りあげた中心部分にゴムを乗せて縫い合わせます。ゴムの両端を内側に折ってゴムを包んだら四角形に縫っていきます。力が加わる場所なので、手縫いの場合は細かく縫った方が外れないでしょう。これを両端やって輪にします。

@n9m2t1_myさんの投稿
18095764 842189512600824 1376441781763178496 n

作り方②モチーフをつける

モチーフですが、造花を使う場合にはワイヤーを切って使います。ギリギリまで切ってしまうのではなく、折り曲げられる程度残して切り、折り曲げたところに保護のためにフェルトを丸く切ってボンドやグルーガンで止めます。

@kin2157さんの投稿
18444377 214173085766362 6207727863127343104 n

リボンの中央より左右どちらかに少しずらした場所に同じ円形に切ったフェルトを縫い付けます。そしたらそこに先ほど作ったモチーフを縫い付けるまたはボンドやグルーガンなどでつけていけば完成です。モチーフの位置は中央につけるより横の方についている方が可愛く出来ますよ。

@room_no.310さんの投稿
18444268 1374629359291532 800283352207720448 n

100均のモチーフを付けても可愛い!

赤ちゃんヘアバンドに使えるアイテムがいっぱい

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円ショップには、ヘアバンドだけでなく色々なハンドメイドに使えるアイテムがたくさん売られています。造花もそうですが、手芸コーナーにはたくさんの手芸用品が取り揃えてあります。お好みのものが見つかったらそれらを使ってハンドメイドしましょう。

@ichikaichigoさんの投稿
18011784 274874766298068 4084622732967280640 n

型抜きフェルトを使ったヘアバンドの作り方

柔らかいフェルトなら赤ちゃんでも安心

フェルトをモチーフに使っても可愛いヘアバンドが作れます。自分で切り抜いて作っても良いのですが、すでに型抜きされているフェルトも売られています。花の形に抜かれているものもあるので、それらを組み合わせてモチーフを作ってみるのも良いでしょう。セリアの手芸コーナーもなかなかおすすめです。

@runaotukiさんの投稿
18444884 242117402935762 8326545576543911936 n

<材料>

バンドの部分は基本のヘアバンドと同じ材料です。モチーフの部分は、型抜き又は自分で型抜きしたフェルト、手芸用ボンドです。モチーフを取り外ししたい場合には、6mmくらいの平ゴムを使います。

@toa_aikoさんの投稿
18444915 1824709334485746 6308426442283679744 n

<作り方>

基本のヘアバンドと同様にバンドの部分を作ります。次にモチーフを作ります。モチーフを組み合わせてボンドで貼り合わせていきます。乾かしたら直接ボンドで貼るか縫い合わせても良いのですが、取り外しを可能にしたい場合には、モチーフの後ろに縛れるくらいの長さのゴムをボンドでつけます。

@m.i.c.h.a.n0123さんの投稿
18299280 1927494990830926 604441527933992960 n

ボンドが乾いたら完成です。いくつも作って洋服に合わせて花のモチーフを変えられるようにしておくのも良いですね。乾燥させる時間が必要ですが、これなら短時間で出来るので育児中のママでも気軽に作れる作品です。上の子がいる場合には一緒に作っても良いですね。

@ace_my_babyさんの投稿
16464784 250473922030539 6823614903379558400 n

リボンテープを使ったヘアバンドの作り方

サテンリボンやオーガンジーリボンがおすすめ

モチーフの部分にリボンテープを使って作るヘアバンドの作り方をご紹介します。ツルツルしているのが特徴のサテンリボンは、安価で様々なカラーがあるので手芸で使いやすいリボンです。幅も細いものから太いものまであるので、色々な大きさのリボンモチーフを作ることが出来ます。

@maho_o59さんの投稿
17075902 1929729307257239 3444265159495778304 n

ふんわりとしているのが特徴のオーガンジーリボンは、可愛さの中にもゴージャスさが出るリボンテープです。こちらもカラーがたくさんあるので、様々な色を重ねてリボンモチーフを作るのも素敵ですよ。これらを使ってリボンモチーフのヘアバンドを作ってみましょう。

@akaoni.aooni.27さんの投稿
18444104 439098793090402 753986336356040704 n

<材料>

バンドの部分は基本のヘアバンドと同じ材料です。今回は基本のリボンの作り方でのご紹介です。25mm幅のリボン(サテン、オーガンジー、ピコットリボンなどお好みで)を14cm程度、5mm又は10mm幅のリボン(メインのリボンテープと同系色)を3~4cm用意します。その他、両面テープ、糸、ハサミ、グルーガン(又はボンド)、ライターを用意しましょう。

@yumebako.fukuokaさんの投稿
18444704 633157760222854 5493639655532265472 n

<作り方>

まず、端の処理をします。リボンの端をささっとライターであぶるとほつれ止めになります。ゆっくりやると焦げてしまうので注意しましょう。そしたら両面テープをリボンの端に貼って、リボンを輪にします。剥離紙を外してリボンの中央を貼り合わます。横から見ると8の字のような状態です。

@miiiiiiichan0424さんの投稿
16110905 1219680154746925 2866081996457639936 n

リボンの中央をジャバラに折って、中央が凹んだリボンの形を作っていきます。中央を糸で縛り、外れないようにグルグルと巻いてしっかりと固結びをして残った糸を切ります。中央部分にグルーガンを乗せて細いリボンを巻いていきます。1cm以上重なるようにして巻いて最後もグルーガンで止めれば完成です。

@holyco_ribbonさんの投稿
18512767 1925954144354590 565843490068496384 n

サイズ違いや色違い、素材の違うリボンを重ねて作っても可愛いリボンが作れます。基本のリボンを上下に合わせて中央を止めると大きめのリボンを作ることが出来ます。色々な組み合わせで楽しんでみて下さい。

@yumimin_6さんの投稿
18512793 1177478032362162 2895555268928602112 n

ソフトチュールを使ったヘアバンドの作り方

ふわふわ感がおしゃれ

ドレスやバレエの衣装などに使われるふわっとしたタイプのチュールを使っても素敵なヘアバンドを作ることが出来ます。色違いや模様が入っているタイプを重ねてポンポンを作ると、印象が変わっておしゃれなヘアバンドを作ることが出来ます。ヘアクリップやヘアゴムに付けても素敵なアイテムになりますよ。

@haruka_ribbonさんの投稿
18513067 730557083772566 3209823502060224512 n

<材料>

直径5cm程度のシュールポンポンの材料は、ソフトチュール(幅188cm)を10cm、針、糸、ハサミの道具だけです。この材料で4つのポンポンを作れます。色を重ねる場合にはチュールを数種類揃えておきましょう。

@chocotto_shopさんの投稿
18444946 772005582974790 5213485931020943360 n

<作り方>

まずは生地を切り出します。チュールを半分に折って切り、94cm幅のチュール2枚にします。次に、10cmあったチュールを半分に切って5cmにします。94×5cmのチュールが4枚になっていると思うので、それをまた半分に切って(長辺側)47×5cmが8枚になっている状態にします。これで生地の裁断はおしまいです。

@mother_yuuさんの投稿
18444701 1325226697593269 4641764773912903680 n

次に、生地を2枚重ねて中央を針と糸を使って波縫いします。糸は2本どりをして、玉止めはチュールの目から抜けない程度に大きくしておきます。ざっくりと波縫いをしたら、ぎゅっと引っ張ってギャザーを寄せ、広がらないように何回か縫ってしっかりと止めます。最後の玉止めも大きくするのを忘れずに。

@michiya_0822_さんの投稿
18380390 101577753750263 1564585873591238656 n

チュールを広げればポンポンの完成です。チュールの両端を丸く波になるようにカットしていくと柔らかい感じのポンポンになりますし、ギザギザにするとツンツンとした感じのポンポンになります。大きさを変えれば大きなポンポンを作ることも出来るので色々アレンジしてみて下さい。

@h.and_aさんの投稿
17268006 1407985559262505 1512347397550768128 n

好きな布地で作ったリボンのヘアバンドの作り方

大きめリボンでもっと赤ちゃんを可愛く見せる

布で作るリボンはお好みの生地とサイズで作れるので、オリジナルのものを作りたい方にはおすすめのモチーフです。中に綿を入れてふっくらとさせると、とても可愛い印象のリボンにもなりますよ。

@noriiipppさんの投稿
18512550 108930816353386 7136356271342485504 n

<材料>

出来上がりが8cm程度のリボンのご紹介です。お好みの布を9×9cmと、中央に巻く用の布3×5cm程度切り出して準備します。大きい方の布には、縫いしろ1cmを残した8×8cmの四角い線を引いて、上下に2cm程度返し口にするために線を引いておきます。後は、布にあったミシン糸、針、ミシンを用意します。

@plum1129さんの投稿
18095682 650668438461249 7092371614343364608 n

<作り方>

中表にして待ち針で止めたら、返し口を除いた上の部分をミシンで縫っていきます。返し口がある部分を中央にして縫い代をアイロンで割ります。そしたら両端をミシンで縫い、返し口から表に返します。返し口はまつり縫いかコの字綴じで縫って袋状にします。中央をジャバラにしてリボンの形を整えたら糸で軽く縛って形をキープさせておきます。

@babyandkids_kankanさんの投稿
18512682 1732326140116247 48237782723723264 n

中央に巻く布は1cm幅になるように三つ折りにして、先ほど止めておいた中央部分にぐるっと巻いて縫い合わせていきます。端がほつれるので、端の部分も5mm程度折ってから縫うと綺麗に仕上がるでしょう。比重を変えれば大きなリボンを作ることも出来ます。色々試してみて下さい。

@toyokano.momさんの投稿
18512545 747474278758095 3862851911954726912 n

編み物が得意なら編んでみても

赤ちゃん用のコットン糸を使えば柔らかく

育児中だとなかなか難しいかもしれませんが、編み物が出来る方は編んで作っても柔らかみのあるヘアバンドを作ることが出来ます。ベビー用の柔らかいコットンで出来た糸がセリアやキャンドゥでも売られています。細いので扱いが難しいかもしれませんが、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

@ra_ii_8さんの投稿
18445064 216422748863785 8994982254627258368 n

特別な日用のヘアバンドも手作りで!

花のモチーフでお花の冠

造花をぐるっと1周つけるとお花の冠を作ることが出来ます。誕生日やお祝い事などで活躍するアイテムでしょう。基本のヘアバンドの花がいっぱいついているタイプといった感じです。記念写真を撮る時のアイテムに使うなど、様々な場面で使ってみるのはいかがでしょうか。

@big28babyさんの投稿
17334052 1857083444579398 681231849514598400 n

和柄を使えば和風に仕上がる

今までは洋風のものばかりをご紹介してきましたが、和柄の生地でリボンを作れば和服でも使えるヘアバンドにもなります。和柄のリボンとリボンテープを合わせても素敵な作品に仕上がると思います。色々合わせてみてお気に入りの作品を作ってみて下さい。

@nct_._._ioaさんの投稿
16464180 415054422171999 1945954226169446400 n

手作りヘアバンドの作品集

リボンの縁に模様がついているリボンを「ピコットリボン」と言いますが、これを使うとリボンだけでもとても可愛いデザインになります。リボンの中心にワンポイントで花がついているのもキュートです。これなら育児で忙しいママでも簡単に作れそうですね。

@ushiii2222さんの投稿
18512438 1772861879692488 8412111018821419008 n

こちらは幅広のストレッチレースのみを使ったヘアバンドです。ストレッチレースとリボンをまとめて包むだけでも十分に可愛いヘアバンドになります。造花などのモチーフを付けるよりももっと簡単に作れる方法ですね。色違いでいくつも作っても良さそうな作品です。

@yuamama.handmadeさんの投稿
18443532 987808371354105 5469904463663726592 n

スリングとスタイを手作りした育児中のママの作品です。左側のヘアバンドは、レースがフリフリでリボンモチーフもついていてとてもキュートです。シンプルな配色なので、どんなお洋服にでも合うヘアバンドだと思います。リボンモチーフは100均でも手に入りますよ。

【番外編】ヘアクリップでも可愛くおしゃれに

頭の締め付けが苦手な赤ちゃんなら

帽子が苦手な子はヘアバンドも嫌がるかもしれません。そんな時はヘアクリップを付けてあげてもぐっと可愛さがアップしますよ。100均にあるシンプルなヘアクリップをアレンジして、オリジナルのヘアクリップを作ってみましょう。バザーにもおすすめです!

@kokonoka_worksさんの投稿
18443901 427805994261845 3121718179332620288 n

<材料>

材料は、ヘアクリップ、リボン(チロリアンテープやサテンなどお好みで)、モチーフ、両面テープ、滑り止めシート、ハサミです。滑り止めシートは、マットのずれを防止するシートです。100均に売っていますよ。もしくは、靴下の後ろにつける滑り止め剤(液体タイプ)を使用します。

@micashoppoさんの投稿
18444431 123654978199306 69024110176370688 n

<作り方>

リボンはクリップの長さに合わせてカットします。端が少し重なるように少し長く切った方がきれいに仕上がります。リボンの端はライターであぶってほつれ止めをしておきます。次に、リボンの裏に両面テープを貼り、クリップに貼っていきます。最後に、滑り止めシートをクリップのサイズに合わせて小さく切って両面テープで貼り合わせれば完成です。

@sachan.3103さんの投稿
18381746 1670949786543807 3687868330066051072 n

まとめ

今回は、赤ちゃんのヘアバンドの作り方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。あっという間に作れてしまうものがたくさんありましたね。ママのアイデア次第で色々なデザインのヘアバンドが作れると思います。育児中の息抜きに、世界にたった1つのヘアバンドを作ってみませんか?

@yukinko0731さんの投稿
16790332 250642272013505 6754265775848030208 n

<赤ちゃんグッズに関する記事一覧>

赤ちゃんの手作りおもちゃのアイデア集!簡単に作れる作成例まとめ | Pinky[ピンキ-]
赤ちゃんの手作り用品まとめ!簡単なベビーグッズの作り方を紹介 | Pinky[ピンキ-]
ベビー服ブランドまとめ!安くてかわいい人気ランキングを紹介! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ