赤ちゃんの水分補給ってどうしたらいいの!?

赤ちゃんの栄養源と言えば、母乳やミルクを思い浮かべますよね。しかし、暑い季節を迎える頃になると、本当に母乳とミルクだけで大丈夫なのかな?と心配になってくるママもいるでしょう。

大人も喉が渇くのに、赤ちゃんは大丈夫なのかな?とも思いますよね。そこで、今回は赤ちゃんの水分補給についてまとめてみました。水分補給をするタイミングとしてベストな時期や目安、飲ませる飲み物などを紹介します。

赤ちゃんの水分補給は必要?

さて、上でも書いたようにそもそも赤ちゃんにとって水分補給が必要かどうかについてですが、必要であることは間違いありません。人間の体はほとんど水分で出来ているわけで、それは大人でも赤ちゃんんでも同じです。ただ、月齢など成長具合を見て、水分補給をさせてあげればいいでしょう。具体的に水分補給をさせるタイミングなどは下で見ていくことにしましょう!

生後まもない赤ちゃんの水分補給はどうしたらいい?

生後6か月ごろまでの小さな赤ちゃんの水分補給についてです。まず、この頃の赤ちゃんの栄養源は母乳やミルクですよね。母乳とミルクが食事なわけですが、実は水分補給も母乳やミルクでしているのです。ただ、母乳やミルクは時間を見てあげたり、赤ちゃんが欲しがったと気にあげたり、ということをしていますから、あまり水分補給という感覚はないかもしれませんよね。

しかし、この頃は母乳とミルクで十分な水分補給ができているそうですから、あまり神経質になることはないでしょう。昔は果汁や湯冷ましをあげたり・・ということがあったようですが、育児法も昔と今では変わってきていますから、無理にミルクや母乳以外のものを与える必要はないと思います。特に、果汁に関しては、果物アレルギーの心配もありますから、むしろ飲まないほうが安全でしょう。

赤ちゃんはいつから水分補給が必要なの?

それでは実際ママが意識的に赤ちゃんに水分補給をさせてあげたほうがいい時期がいつなのかについてですが、生後6か月以降からが目安です。

この頃は離乳食も始まる時期ですから、ミルクや母乳以外の物を口にするようになります。ほとんどの赤ちゃんはまず重湯から口にするでしょう。それがスムーズにスタートすれば、もう母乳やミルク以外の飲み物を少しずつあげ始めても大丈夫なタイミングです。

まだまだこの頃は母乳やミルクの味に赤ちゃんは慣れていますから、それ以外の物を口にすると違和感を感じます。離乳食をあげるときもそうではないでしょうか。ですから、お水などは違和感を感じて飲まないこともあります。ですから、上にも書きましたが、飲まないようならあまり無理に飲ませず、少しずつ様子を見ながら飲ませるのがいいと思います。

赤ちゃんの水分補給にぴったりの飲み物とは?

赤ちゃんの水分補給にピッタリの飲み物についてですが、一番おすすめなのは湯冷ましです。沸騰したお湯を常温か一肌くらいの温かさまでに覚ましたものを赤ちゃんに飲ませます。

ただ、味のないお湯は赤ちゃんにとっては美味しいとは感じないかもしれませんね。筆者のこどもも初めて湯冷ましを飲ませた時は、ちょっと変な顔をしていて、生後6か月くらいを過ぎてもあまりがぶがぶ飲まない子供でした。

あと水分補給にぴったりの飲み物は赤ちゃん用に薄めた麦茶です。赤ちゃんの飲み物にカフェインは禁物!ですから、ノンカフェインの飲み物を与えなければいけません。そこでいいのが麦茶です。麦茶ならミネラルも入っていますし、夏には最適な飲み物ですよね。しかも、大人用に沸かしたものを薄めて赤ちゃんにあげればいいのに、ママの手間としても少ないのではないでしょうか。

筆者はこの頃は麦茶は全く与えておらず、お湯のみで、2歳になる最近までずっとそうでした。しかし、周りのママたちを見ていると7~8割のママは赤ちゃんに麦茶を与えていましたね。おそらく水だと味気ないことや、手間の問題でそうしているのかもしれません。どちらの方がいい、ということはないと思いますから、赤ちゃんがよりしっかり水分補給をしてくれる方の飲み物をあげたらいいのではないでしょうか。

赤ちゃんの水分補給はどれくらいの量をあげたらいい?

赤ちゃんの水分補給の量もちょっと悩んでしまうところですよね。ミルクの量は、赤ちゃんの体重に合わせて量が決まっているようですが、水分量もそうなのでしょうか。まだ小さい赤ちゃんであれば、あまりたくさん飲ませず、1回20~30mlくらいが目安です。水分補給でお水やお茶を飲ませすぎて肝心の母乳やミルクを飲まない!というのも困りますからほどほどがいいでしょう。

ただ上で書いた量はあくまで目安。飲みたいだけ飲ませていいという意見もあるようです。確かに、体に悪い物を飲ませているわけではありませんし、カロリーがあるものでもないのでそこまで制限しなくても良さそうな気もしますよね。しかし、その一方で、大量にお水を飲ませると赤ちゃんの体調がおかしくなるということもあるとの話も聞きますから、やはり飲ませすぎは禁物!適量がいいでしょう。

赤ちゃんへの水分補給のタイミングはいつ?

自分で水分補給をしたい!と訴えてくるようになればいいのですが、まだまだそれができない赤ちゃんのころはママが水分補給のタイミングを見極めなければいけません。水分補給のタイミングを判断するのに一番いいのはおむつの変化です。「あまりおしっこをしていないな」という状況であれば、水分が足りていないという目安ですから、そのタイミングでこまめに水分補給をしてあげましょう。

ある程度大きくなった赤ちゃんであれば、ママがタイミングを見てこまめに水分補給をさえるのもありです。一度にたくさんあげるのではなく、少量ずつこまめにあげるのがいいあげ方ではないでしょうか。また、大きくなれば、自分で飲みたい!と自らタイミングを把握し、マグに手を伸ばすようになることもあります。その時はそれを止めずに、赤ちゃんが飲みたいと思った量を飲ませてあげるといいでしょう。

特に夏は赤ちゃんも水分補給が大事!

水分補給といえば、やはりこれからの暑くなる季節が特に心配ですよね。ニュースでも熱中症で病院に搬送された人のニュースをよく見ます。大人でも夏はこまめに水分補給をしないと、体調を崩してしまいます。赤ちゃんは自分で体温調節ができず、小さいうちは自ら水分補給をしませんよね。そうなると夏場はとくに心配ですから、ママがタイミングを見てしっかりと水分補給してあげなければいけません。

赤ちゃんはもともと体温が高く、汗をかきやすいですから夏になるとより汗をかきます。そうなると汗で体の水分が出ていくために、水分補給が重要となってくるのです。夏は他の季節よりも意識的に水分補給をさせるのがいいでしょう。

水分補給をしていないと赤ちゃんはどうなる?

まず水分補給をしなかった場合の大人の体の変化を思い出してみてください。脱水症状を起こし、ひどい場合は病院行き、なんてこともあります。実は筆者も何度か脱水症状を起こしてしまったことがあるのですが、とにかくつらいです。体に熱がこもってとにかく暑いのです。でも汗は出ない・・。体を保冷材で冷やした記憶があります。

そして赤ちゃんも脱水症状を起こしてしまいます。脱水症状は大人でもつらいですから、あの小さい体の赤ちゃんがなってしまうと本当につらいです。親としては考えたくもないですよね。ですから、脱水症状から赤ちゃんを守るためにも、夏場は特にしっかりと水分補給をさせてあげることを心がけてください。ママのちょっとした気配りで赤ちゃんの脱水症状を防げるのです。

赤ちゃんの脱水症状の見分け方

赤ちゃんの脱水症状について、具体帝にどのような症状がでるかについて見ていきましょう。上でも何度か書きましたが、判断の目安はやはりオムツです。オムツをしてあまりにもおしっこをしていないようなら、脱水症状になりかけている可能性もあるでしょう。普段よりも明らかにおしっこの量が少ないようであれば、その状況を目安にそれ以上の脱水を防ぐために水分補給をしてあげるのがいいと思います。

さらに症状が進むと、おしっこの色も変わってくるそうです。おしっこの色は薄い黄色の色ですよね。これは大人も赤ちゃんも同じ。しかし、脱水症状の時のおしっこはかなり濃い色なのだそうです。多少濃い分には心配いらないかもしれませんが、おしっこなのに紅茶のような茶色に近いおしっこが出てきたら、これは脱水症状のサインです!こうなったら、一度病院で診てもらったほうがいいかもしれません!

水分補給不足よる赤ちゃんのうんちの変化

脱水症状とまではいきませんが、おしっこだけでなく赤ちゃんのうんちも水分不足の判断の目安となります。。ですから、水分補給をするタイミングを見る目安にもなるでしょう。おしっこと同じく、うんちもあまりしなくなった場合も水分が足りていない目安と考えていいでしょう。ただ、うんちについては個人差があり、ちょっと出ないからと言って便秘・水分不足ともいえないところがちょっと難点です。

ただ、明らかにうんちがコロコロで硬い場合は水分補給が足りていないということです。コロコロうんちが出たら、水分不足と判断する目安としましょう。ちなみに、コロコロうんちが出てからだともう遅いですから、それ以降はこまめに水分補給をさせてあげるのがいいですね。

赤ちゃんがうまく水分補給をしてくれない!飲まない!

ママがいくら赤ちゃんに水分補給をさせようと思ってもなかなか飲まないこともあります。大人だって飲みたいときと飲まないときとありますよね。しかし、体が水分を足りていない場合は「飲まない」などと言っている場合ではありません。その時はちょっとした工夫をして、赤ちゃんに水分をとってもらうようにしましょう。実施筆者が試して成功した対策をご紹介します。

飲まないときは乾杯をしてみましょう!赤ちゃんには「乾杯」ブームがきます。子供向けの番組でも乾杯の仕草をする歌があったりするくらいです。赤ちゃんがなかなか水分を飲まないときは、赤ちゃんに「ママと乾杯しよう!」と言ってみましょう。そうすると、その「乾杯」の仕草がしたいためにマグなどを持ってくれるはずです。そしてママがごくっと飲み物を飲めば、赤ちゃんも真似して飲んでくれかもしれません。

あとは、水運補給の道具を定期的に変えてあげるのもいいかもしれません。これは赤ちゃんによっては逆効果の場合もありますからご注意ください。筆者の子供はとにかく新しいもの好きだったので、新しいマグが出てくると、大丈夫?と思うほどに水を飲んでいました。その様子を見た時に、マグを変えて飲ませる方法を思いつきました。複数のマグをローテションさせてみると、うまい具合に飲んでくれるかもしれません。

赤ちゃんの水分補給に便利なグッズは?

赤ちゃんの水分補給にあったら便利なもの、というよりは必要なものと言えばストローマグですね。中には保温保冷機能のものもあり、暑い季節や寒い季節にも対応できる便利なものもあるようです。ストローマグは少なくとも1個はあるといいです。コップで飲めるようになるまではストローマグを受かって水分補給をしてみましょう。

中には、飲み口がいろいろ変えられるストローマグもあるので、長い間使えるものがあります。長期間マグを使うという人は、そのように取り替えられるセットのマグを買うのがいいかもしれません。

あとは、ペットボトルストローもおすすめです。こちらは赤ちゃん期を卒業した子供用ではありますが、外出時に外で買ったペットボトルの飲み物に直接つけられるので、家からマグを持っていく必要もなく、ママとしては荷物が減るのでべんりかもしれませんね。男の子なら、画像のような新幹線のキャップだと喜んで水分をとってくれるかもしれません。

市販の飲み物を赤ちゃんに水分補給としてとらせて大丈夫?

市販の飲み物は抵抗があるというママも多いかもしれませんね。実際筆者もそうで、家から湯冷ましを持っていっていました。しかし、今では赤ちゃん用の飲み物もたくさん出ていますから、それらを活用するのがいいでしょう。市販の麦茶などは大人用なのでちょっと濃いですから、赤ちゃんにあげる場合は薬局などで赤ちゃん用の麦茶を購入しましょう。

あとはお水であれば、こちらのいろはすがおすすめ。日本の天然水ですから、赤ちゃんにも安心してあげられます。実際、いろはすを出しているコカ・コーラの商品ページにも、いろはすが赤ちゃんにも飲ませられる水であることが書かれています。

うまく水分補給をさせて赤ちゃんを脱水症状から守ろう!

これからの季節は大人も赤ちゃんも脱水症状に気を付けなくてはいけない季節です。赤ちゃんの水分補給に関しては、離乳食が始まった生後6か月頃から本格的に考えればいいようですね。それくらいの月齢の赤ちゃんを持つママさんは、量やタイミングに気を付けながらうまく水分補給をして、脱水症状にならないように気を付けましょう!そして暑い夏を乗り切りましょう!

関連するまとめ

離乳食開始の時期は?どんなサイン?スタートの遅い・早いの違いを解説のサムネイル画像

離乳食開始の時期は?どんなサイン?スタートの遅い・早いの違いを解説

これから赤ちゃんに離乳食を与えようとしている方に多い、「いつから離乳…

saori

妊娠中の妊婦さんにおすすめアプリ!無料で使えるのに便利で人気なのは?のサムネイル画像

妊娠中の妊婦さんにおすすめアプリ!無料で使えるのに便利で人気なのは?

初めての妊娠中の生活は分からない事が多くて、どうして良いか分からない…

みんみん

妊婦の入院準備はいつからする?出産に必要な持ち物リストはコレ!のサムネイル画像

妊婦の入院準備はいつからする?出産に必要な持ち物リストはコレ!

妊婦の入院準備に必要なものは何?妊婦生活も終盤を迎える頃には、助産師…

みんみん

新生児との添い寝方法!いつから大丈夫?正しいやり方や注意点のサムネイル画像

新生児との添い寝方法!いつから大丈夫?正しいやり方や注意点

退院後に家では布団、ベッドなどどのように新生児の子を寝かせれば良いの…

ayamaron

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?体重・身長など成長発達について調査のサムネイル画像

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?体重・身長など成長発達について調査

生後2ヶ月の赤ちゃんは、様々な成長や発達をしているんです。そういえば…

h.neco0727

赤ちゃんの自転車のせはいつから?注意点やおすすめ商品について紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの自転車のせはいつから?注意点やおすすめ商品について紹介

赤ちゃんとのおでかけは、色々な発見があって楽しいですよね。いつもより…

さかもと

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?のサムネイル画像

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?

出産した後は、子供の成長を願ったお祝いのイベントが続きます。記念に色…

nobii

赤ちゃんの1歳のバースデーケーキ!通販・レシピおすすめまとめのサムネイル画像

赤ちゃんの1歳のバースデーケーキ!通販・レシピおすすめまとめ

赤ちゃんの1歳のバースデーに赤ちゃん用のケーキでお祝いしよう!赤ちゃ…

みんみん

ベッドメリーの人気おすすめ!いつからいつまで使える?【赤ちゃん】のサムネイル画像

ベッドメリーの人気おすすめ!いつからいつまで使える?【赤ちゃん】

生まれたての赤ちゃんは眠っている時間が多く、おもちゃで遊べるようにな…

guchi_yama

血液型は子供のときに調べたほうがいいの?検査の時期や方法を紹介!のサムネイル画像

血液型は子供のときに調べたほうがいいの?検査の時期や方法を紹介!

お子様の血液型ってご存知ですか?実は、今は昔と違って生まれた病院では…

tomozo

新生児のおもちゃはいつから必要?おすすめのファーストトイまとめのサムネイル画像

新生児のおもちゃはいつから必要?おすすめのファーストトイまとめ

新生児を胸に新しい生活を始めるとき、何が必要になってくるのでしょうか…

持田リカ

女の子の名前で珍しい漢字・キラキラネームまで集めてみました!のサムネイル画像

女の子の名前で珍しい漢字・キラキラネームまで集めてみました!

どんな名前にも、親がもつ子どもへの願いが込められていると思います。女…

h.neco0727

2歳児におすすめの絵本ランキング!読んで欲しい人気作品はなに?のサムネイル画像

2歳児におすすめの絵本ランキング!読んで欲しい人気作品はなに?

2歳児にどんな絵本を読んであげたらよいのかと悩んでいるならこちらのラ…

うえぴー

新生児のかわいい行動・あるあるまとめ!赤ちゃんっておもしろい?のサムネイル画像

新生児のかわいい行動・あるあるまとめ!赤ちゃんっておもしろい?

ママのお腹から出てきて間もない新生児の赤ちゃん。そのたどたどしい動き…

macaroniiii

女の子赤ちゃんの育児で知っておくことは?男の子との育て方の違いや特徴のサムネイル画像

女の子赤ちゃんの育児で知っておくことは?男の子との育て方の違いや特徴

待望の赤ちゃん。男の子でも女の子でもどちらでも嬉しいですが、男の子か…

みちゅまる

赤ちゃんのマスクはいつからできる?風邪予防におすすめの商品を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのマスクはいつからできる?風邪予防におすすめの商品を紹介

冬場などの風邪がはやる時期は、赤ちゃんを風邪から守りたい!と思うママ…

aeca

新生児の沐浴はいつまで?やり方や準備の仕方、温度・洗い方まとめのサムネイル画像

新生児の沐浴はいつまで?やり方や準備の仕方、温度・洗い方まとめ

赤ちゃんの誕生おめでとうございます!授乳以外で最初に行う新生児との大…

みどりっこ

赤ちゃんモデルになる方法は?募集してる事務所やママが知っておくべき事のサムネイル画像

赤ちゃんモデルになる方法は?募集してる事務所やママが知っておくべき事

我が子を赤ちゃんモデルにしたい!かわいいかわいい我が子!世の中の皆さ…

りぴりぴ

キャンプでコーヒーを楽しむ!おすすめの道具セットや美味く淹れるコツとはのサムネイル画像

キャンプでコーヒーを楽しむ!おすすめの道具セットや美味く淹れるコツとは

開放的な雰囲気の中、キャンプで飲むコーヒーはいつもよりも美味しく感じ…

you

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策のサムネイル画像

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策

歯ぎしりと聞くと、ストレスのたまった大人がやってしまうことと思いがち…

aeca

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ