赤ちゃんはストロー飲みについてまとめてみた!

ストローで飲むのは子供になってから、というイメージが強いかもしれませんが、赤ちゃんでもストローで飲み物を飲んだりするものです。しかし、そもそもストロー飲みが必要なのか、始めるとしたらいつ頃から練習したらいいのかは悩みどころですよね。そこで、赤ちゃんがいつからストローを使うべきか、さらにはストローが使えるようになったら大活躍するおすすめストローマグもご紹介したいと思います。

赤ちゃんがストロー飲みをするようになるまで

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間の水分補給は、ミルクや母乳だけ。ですから、飲み物を飲むときに使うグッズとしては哺乳瓶くらいしかありません。母乳にしても哺乳瓶にしても、飲むときはかなりの力が必要で、下をつかって絞り出すように吸って飲んでいるのです。生まれてから数か月の間は、ストローのように軽く吸えばヒュっと出てくるようなものではなく、かなり大変な飲み方をしています。

赤ちゃんがストローで飲む前の訓練期間は?

上でも書いたように、哺乳瓶を使っているときは舌で絞るようにして飲んでいる赤ちゃん。ストロー飲みと比べると全く飲み方は異なります。ですから、何ヵ月物間哺乳瓶や母乳に慣れていた赤ちゃんが、いきなりストローで飲めるようになるわけがありません。ストロー飲みは簡単!と大人は思うでしょうが、赤ちゃんにとってはとても難しいことなのです。ですから慎重に練習することが必要です。

まずは、母乳や哺乳瓶以外のものに慣れる必要があります。それに便利なのがスパウトというもの。哺乳瓶のような形をしているのですが、飲み方はストローに近いです。ですから、哺乳瓶とストローのちょうど中間のような作りと言ってもいいでしょう。ですから、ストローデビューの前に使うにはとてもいいグッズなのです。そろそろストローデビューをさせようかなと考えているママは、スパウトを試してみましょう。

赤ちゃんがストローで飲むのはいつごろから?

赤ちゃんのストロー飲みがいつからが最適かというと、目安としては離乳食を食べ始めたころからがいいかもしれませんね。離乳食を始めたら、飲み物を飲むときの飲み口を上で紹介したスパウトに切り替えてみましょう。スパウトに慣れる様子をしっかり観察し、今度はストローに切り替えるのがいつからがベストかどうかも見極めましょう。

ちなみに、一般的なストローマグの使用開始月齢がいつからかというと、だいたい生後8か月頃からとなっています。正確にきっちりやったとすれば、離乳食を始めた生後6か月ごろにスパウトでビューし、2ヶ月くらい慣れさせ、慣れてきたなと思われる生後8か月頃からストローデビューという流れかもしれません。しかし、いつからストローを使い始めるかはきっちり決めなくてもいいと思います。

赤ちゃんのストロー飲みはいつまで?

赤ちゃんのストロー飲みがいつからいつまでなのかも気になるところです。大人を見てみましょう。飲み物を飲むときは、ほとんどがコップやカップなどを使って飲みますよね。ですから、赤ちゃんもいずれストロー飲みからコップ飲みに移行する時がきます。ただ、必ずしもストローを卒業しなくてはいけないということもないと思います。現に、大人もストローを使って飲み物を飲むときもありますしね!

外出先などでは、ある程度大きくなってもストロー型の水筒などがとても便利!こぼす心配もありませんし、子供が楽に飲み物を飲めるからです。揺れる電車の中であってもこぼす心配なく水分補給をさせることができます。ですから、ストロー飲みはいつからいつまで、という明確な期間はないのでは、と思います。ストロー飲みに終わりはなく、ストローと並行して別の飲み方を練習すればいいのではないでしょうか。

赤ちゃんのストロー飲みの練習方法や教え方は?

ママたちが気になるのが、赤ちゃんにストローでの飲み方を教えたり練習させたりする方法です。先ほども書いたように、赤ちゃんにとってはストローは初めて見るもの。吸えば簡単に出てくる!と思っても、その簡単なことが赤ちゃんにとってはとても難しいことなのです。

何事もそうですが、一番身近にいるママが一緒にストローで飲み、ストロー飲みの行為そのものを赤ちゃんにじっくり見せてあげるのが、まず試してほしい教え方・練習方法です。赤ちゃんはママのやることなどは何でも真似したがりますから、ストローでママが飲んでいたら、必ず真似しようとしてくるはずです。まずは見様見真似でストローを使わせてみるのもいいかもしれません。

真似する時は、赤ちゃんのコップのストローを指して飲んでみましょう。こうやって飲んでみるんだよ~と優しく言ってあげるのが教え方や練習で大事です。してはいけないのが、どうしてできないの?と厳しくしてしまうこと。そんな練習方法や教え方をしてしまうと、赤ちゃんは一気にやる気をなくしてしまいます。ストローを使っているとママに怒られる、と思ってしまうのです。

筆者個人的におすすめの教え方・練習方法は、紙パックを使った方法です。紙パックの飲み物を思い出してみてください。ストローを指してすぐは、紙パックの側面を軽く押しただけで、ストローから飲み物が飛び出してきてしまいますよね。その原理を利用して、赤ちゃんにストロー飲みの練習をさせるのです。赤ちゃんにストローをくわえさせ、ママがパックを押します。そうすれば飲み物が口に入っていくのです。

この原理を使った、ストロー飲みの練習用のグッズがリッチェルから出ています。それがこちら。蓋の部分にボタンが付いており、そこを押すと中身がピュッとストローから出てくるようになっています。ストローから飲み物が出てくることで、ここから飲み物を飲めばいいんだ、ということを赤ちゃんが覚えてくれるはず。この動作を何度も繰り返して練習していれば、いつからかストローで飲めるようになるはず!

赤ちゃんとのストロー練習で気を付けたいことは?

ストロー飲みの練習で気を付けたいことについても触れておきましょう。ストローは哺乳瓶やスパウトと違って、ちょっとの力で水分が出てきてしまいます。まだストローに慣れていない赤ちゃんは、強めに吸ってしまい、それによってむせてしまったりします。気管に入ると大人でも涙が出るくらい辛いですから、赤ちゃんも同じ。むせないようにストローでの飲み方に十分慣れてからストローマグデビューをしましょう。

画像のようにコップに直接ストローを指して飲む教え方をしているときですが、この教え方だとストローがむき出しになっている部分が多く、ストローそのものを赤ちゃんが持ち上げられます。そうなるとちょっと危ないですよね。目に刺さったり、口に入れすぎて喉に刺さりそうになったり・・ということが起こらないように、目を離さず赤ちゃんのそばから離れないようにしましょう。

赤ちゃんは絶対ストローで飲めるようになる必要はある?

しかし、そもそもストロー飲みは必要なの?という疑問も挙がってきそうですね。確かに、いずれコップで飲むようになるわけですから、ストローを使えなくても確かに不便はしなさそうです。しかし、外出先での水分補給や、紙パックでの水分補給の時にはストロー飲みができたら便利!また、学校に通うようになれば、給食に紙パックの牛乳が出てきたりするかもしれません。ですからできて損はないと思います。

ストロー飲みをマスターしたら赤ちゃん用のストローマグを!

ママがちゃんとした教え方や練習方法をしていれば、赤ちゃんはすぐにストロー飲みをマスターしてくれます。紙パックの飲み物だと量に限界はありますし、かといって外出先でも水筒のカップにストローをさして飲ませる、なんて面倒なことはしていられません。

そうなると必要になるのが、ストローマグです。ストローマグは本当にたくさんの種類が売られており、実際買おうとするとなると、どれがいいのか悩んでしまいます。筆者もかなり悩んだ記憶があります。ちなみに2種類持っています。赤ちゃんの水分を飲む量や使いやすい物などを考慮してストローマグを選びたいですよね。

赤ちゃん用のストローマグおすすめ商品まとめ

おすすめのストローマグをいくつかご紹介しましょう。

まず1つ目はリッチェルのストローマグ。画像左側のカップは、先ほどストローの練習方法・教え方のところで紹介したものです。こちらのカップとストローマグがセットになったものが販売されているようです。こちらは筆者の周りのママたちで結構多くの人が使っていますから、かなり多くのママに人気の商品なのだと思います。セットで3000円弱とちょっとお高めですが、それだけの価値はあるでしょう。

こちらのストローマグも人気の商品。ピジョンからでているストローマグです。こちらの魅力はコンパクト設計。なんとハンドルが折りたためるというものです。ハンドル部分は赤ちゃんにとっては必要なものではありますが、いざ荷物に入れるときにはハンドル部分が邪魔になりますよね。しかし、こちらのマグであれば、カバンの中でかさばることもほとんどないようです。

こちらはデザインがなんともかわいらしいSKIP HOPのストローマグ。筆者もこちらを今でも使っています。魅力はそのかわいいデザイン、そして他のマグにはない大容量タイプであるということです。ただ、持ち手などがないため、1歳を過ぎたあたりから使い始めるのがおすすめです。落下防止のストラップも付属品でついています。

あのサーモスからも赤ちゃんようのマグが販売されています。赤ちゃん用らしくとてもかわいらしいデザインですね。サーモスですから、保冷・保温が可能です。暑い時期には、普通のプラスチックのマグだと中身の劣化が心配になりますよね。しかし、サーモスのこのマグに入れていけば、そんな心配も必要ありません!また、冬も温かい飲み物をそのまま入れておくことができるのもいいです。

こちらのサーモマグもおすすめ。380ml入る大きさで3000円弱とかなりお高めですが、何よりも可愛いデザインと、保温・保冷できるのが魅力的です。一見普通の水筒に見えますが、ちゃんとしたストローマグです。この動物の口の部分をパカッと開けると、短めのストローが出てきます。親子お揃いで持つのもおしゃれでいいかもしれませんね!

ストローマグ以外の赤ちゃん用ストロー便利グッズ

ストローマグ以外にもペットボトルストローもあると便利かもしれません。いくらマグにいっぱい水分を入れて持っていっても、出先で飲み切ってしまった!ということもあるでしょう。また、マグを持っていくのが面倒!荷物になる、という人もこのペットボトルストローがあれば便利!外で買ったペットボトルに装着するだけなのでとても簡単です。キャラクター物のストローだと赤ちゃんも喜んでくれそうですね。

赤ちゃん用ストローマグのお手入れについて

気を付けたいのが、ストローマグのストローのお手入れについて。目には見えませんが、ストローの中は意外と汚れているものです。ですから画像のようなストロー専用のブラシでしっかり汚れを落としてあげましょう。定期的に煮沸消毒をするのも効果的だと思います。ストローの汚れが原因で、赤ちゃんのうんちがゆるくなっていた!なんて話も聞いたことがありますから、これは気を付けたいですね。

ストローの中の汚れを取るのも限界があります。また、煮沸消毒などを繰り返すことで、ストロー自体が劣化してしまうということも考えられます。そんな時は、ストローごと交換するのも大事です。ほとんどのマグは、取り換え用のストローが販売されているはずですから、定期的にストローは交換し、清潔なストローを保つように心がけましょう。

赤ちゃんがストロー慣れたら徐々にコップ飲みの練習も!

ストロー飲みにすっかり慣れたら、徐々にコップで飲む練習をするといいでしょう。コップ飲みこそしっかり練習をしたほうがいいです。ストロー飲みの教え方と同様、丁寧に且つ失敗しても怒らないという点に注意して練習を進めましょう。こちらも焦りは禁物です!

コップ飲みはいつから?赤ちゃん用コップおすすめ商品も予習!

コップ飲みを考え始めるのがいつからか、ということですが、実はコップ飲みを考えるのは早い方がいいです。しっかり離乳食を食べるようになったら、コップ飲みのことも考えるようにしましょう。

コップ飲みの練習でおすすめなのが、またまたリッチェルのこちらのカップ。なんと、蓋を取ってしまえばコップに早変わり!ということは、リッチェルのカップとマグのセットを買ってしまえば、かなり長い間使えることになりますから、コスパはかなりいいのではないでしょうか。ママたちに支持されている理由がよくわかりますね!

こちらのドイディー・カップもコップ飲みにおすすめです。見ての通り独特な形をしているコップで、あまり傾けなくても飲み物が口に入ってくる構造になっています。自然と飲み物が口に入ってくるのであれば、コップ初心者の赤ちゃんにとっても使うのはそう難しくなさそうですね。これだけ簡単そうだと、いつからでもコップの練習を始められそうです。

こちらのトレーニングカップもとても優秀です。こちらは一口ずつコップで飲む練習ができるという商品。傾ける角度によって出てくる量が調節できるというものだそうです。蓋をはずすと普通のコップとした利用できるので、トレーニング期間からそれが終わった後まで長く使える便利グッズです。

ストローの練習方法は意外と簡単!赤ちゃんに試させてみて!

赤ちゃんに新しいことを覚えさせたりするのはとても大変なことです。ストローの練習や教え方も難しそう!と思っていたママも、ちょっとは気持ちが楽になったのでは?意外とストローの練習は簡単です。これからストローデビューを迎える赤ちゃんには、上で紹介した練習方法や教え方をおすすめします!試してみてください!

お勧め関連記事

関連するまとめ

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめ

赤ちゃんは、うつ伏せ寝が大好き!うつ伏せ寝がお腹の中にいた時の状況に…

nebyo13

貧血の対処法まとめ!誰かが倒れたとき・緊急時にすぐ行いたい処置のサムネイル画像

貧血の対処法まとめ!誰かが倒れたとき・緊急時にすぐ行いたい処置

もしあなたの傍で人が貧血で倒れてしまった場合、あなたは的確な対処がで…

watanebe

溶連菌は妊婦さんも要注意!溶連菌感染症の初期症状から原因まとめのサムネイル画像

溶連菌は妊婦さんも要注意!溶連菌感染症の初期症状から原因まとめ

妊娠前と比べて妊婦さんは様々な心配が付き物。今回は妊婦さんに特に気を…

はたはた

赤ちゃんの腕とちぎりパンを比較?SNSで話題のかわいい画像まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの腕とちぎりパンを比較?SNSで話題のかわいい画像まとめ

赤ちゃんの腕がちぎりパンに見えてくると話題になってからインスタグラム…

comocomo

赤ちゃんの寝相が悪い理由は?寝ながら元気に動く時の寝冷え対策のサムネイル画像

赤ちゃんの寝相が悪い理由は?寝ながら元気に動く時の寝冷え対策

赤ちゃんってほんとに寝相が悪いですよね。それだけに寝冷えをしてしまう…

tomozo

童話って怖いの!?日本では知られていない童話原作の真実まとめのサムネイル画像

童話って怖いの!?日本では知られていない童話原作の真実まとめ

子供の頃に読み聞かされ、プリンセスやヒーローに憧れ、夢中になった童話…

天瀬雛菊

赤ちゃんの名前人気ランキングまとめ!女の子と男の子の名前集めました!のサムネイル画像

赤ちゃんの名前人気ランキングまとめ!女の子と男の子の名前集めました!

出産を控え赤ちゃんの名前を考えている方にランキングをご紹介。女の子・…

yomomjoke55

2歳児の言葉・発達の目安はどれくらい?遅い場合の理由はある?のサムネイル画像

2歳児の言葉・発達の目安はどれくらい?遅い場合の理由はある?

色んな遊びを覚えますます活発になっていく2歳児。言葉の数もどんどん増…

macaroniiii

妊娠初期の便秘・腹痛解消法!排便時にいきむと流産の危険がある?のサムネイル画像

妊娠初期の便秘・腹痛解消法!排便時にいきむと流産の危険がある?

妊娠初期には様々な身体の変化が起こります。便秘もその一つです。今まで…

yamachi

赤ちゃんの便秘対策には綿棒かんちょう?正しいやり方・コツを解説のサムネイル画像

赤ちゃんの便秘対策には綿棒かんちょう?正しいやり方・コツを解説

赤ちゃんでも便秘になるの?赤ちゃんの便秘の原因は何?綿棒かんちょうっ…

りぴりぴ

妊娠初期症状と生理前との違いはなに?兆候や見分け方について解説のサムネイル画像

妊娠初期症状と生理前との違いはなに?兆候や見分け方について解説

妊娠初期症状と生理前の違いは何?妊妊娠初期だと症状が現れることも多く…

みんみん

赤ちゃんが犬と一緒にいるメリットは?注意点・守る習性の対処法などのサムネイル画像

赤ちゃんが犬と一緒にいるメリットは?注意点・守る習性の対処法など

「赤ちゃんが欲しいけど犬も飼いたい」なんて人も多いのではないでしょう…

h.neco0727

新生児の体温・平熱はどれくらい?測り方・おすすめの体温計まとめのサムネイル画像

新生児の体温・平熱はどれくらい?測り方・おすすめの体温計まとめ

生まれたばかりの新生児。手足が冷たかったり、体がいつもより熱く感じる…

ayamaron

子育てにかかる費用は?ママが感じるお金の不安を徹底調査!のサムネイル画像

子育てにかかる費用は?ママが感じるお金の不安を徹底調査!

少子化と叫ばれてもう随分と経ちます。今なぜ女性は子供を産まないのでし…

sakura

3歳の習い事ランキング!男の子・女の子におすすめのものを紹介!のサムネイル画像

3歳の習い事ランキング!男の子・女の子におすすめのものを紹介!

子供の習い事って、何歳から始めようか、何を習わせようか、他の人はどん…

みちゅまる

二人目の出産祝いのプレゼント!ママがもらうと嬉しい人気商品紹介のサムネイル画像

二人目の出産祝いのプレゼント!ママがもらうと嬉しい人気商品紹介

知り合いが出産した時の出産祝いに悩んではいませんか?特に、二人目の出…

aeca

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策のサムネイル画像

赤ちゃんが歯ぎしりをする理由や原因は?知っておきたい注意点・対策

歯ぎしりと聞くと、ストレスのたまった大人がやってしまうことと思いがち…

aeca

赤ちゃんモデルになる方法は?募集してる事務所やママが知っておくべき事のサムネイル画像

赤ちゃんモデルになる方法は?募集してる事務所やママが知っておくべき事

我が子を赤ちゃんモデルにしたい!かわいいかわいい我が子!世の中の皆さ…

りぴりぴ

心理療法の種類や効果まとめ!カウンセリングとの違いとは?のサムネイル画像

心理療法の種類や効果まとめ!カウンセリングとの違いとは?

最近「眠れない」「気分の落ち込みが激しい」など精神的に疲れていたり「…

ひとみ

赤ちゃん筆(胎毛筆)とは?値段・長さ・髪の毛からの作り方まとめのサムネイル画像

赤ちゃん筆(胎毛筆)とは?値段・長さ・髪の毛からの作り方まとめ

「胎毛筆」「誕生筆」とも呼ばれる「赤ちゃん筆」をご存じでしょうか?生…

komako

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ