美味しいお米品種ランキング!選び方やおすすめの炊き方などご紹介

普段、私たちが口にするお米ですが、美味しいお米の品種やお米の選び方って知っていますか?また、お米を美味しく炊くための研ぎ方や炊き方なども知っていますか?今回は美味しいお米品種のランキングやおすすめの炊き方などを紹介しますので、是非参考にしてみて下さい!

美味しいお米品種ランキング!選び方やおすすめの炊き方などご紹介

目次

  1. 美味しいお米を見つけよう!
  2. 美味しいお米の選び方
  3. 美味しいお米の炊くために
  4. おすすめの美味しい炊き方
  5. 美味しいお米ランキング第6位~10位
  6. 美味しいお米ランキング第5位・北海道産「ゆめぴりか」
  7. 美味しいお米ランキング第4位・山形県産「つや姫」
  8. 美味しいお米ランキング第3位・岩手県産「ひとめぼれ」
  9. 美味しいお米ランキング第2位・秋田県産「あきたこまち」
  10. 美味しいお米ランキング第1位・新潟県魚沼産「コシヒカリ」
  11. 日本の美味しいお米を食べないなんてもったいない!

美味しいお米を見つけよう!

お米といえば、どんな品種を思い出しますか?また、どんな選び方をしますか?お米は同じ品種でもその産地によって味は違ってきます。そして最近は炊飯器が本当に美味しくお米を炊いてくれます。

今回はおすすめの美味しいお米の品種ランキングやおすすめの炊き方を紹介しますので、お米の選び方や炊き方の参考にしてみて下さい。まずは美味しいお米の選び方から紹介します。

美味しいお米の選び方

美味しいお米の選び方で大切なのは、高い品質と味が優れていることです。この2つの要素もったお米の選び方には、お米の品質を調査する「米の等級」と、味や粘りなどをランク付けする「米の食味」が高く評価された「1等米の特Aランク」を見つけることです。これが美味しいお米を選ぶ目安になります。

お米の等級について

お米の等級は、米穀検査というお米の登録検査機関が品位や成分などを行います。その検査基準は、収穫された玄米の状態で、整った米粒の形状、虫食いの有無、透明感などが重視されます。こうして検査されたお米はそれぞれ等級が付されます。つまり等級が高ければ高いほど、味の食味ランキングも高くなるということです。

お米の等級は上から、特A、A’、B、B’の4ランクで、上位ほど基準米よりも良好な食味であるといえます。基準米とは、複数産地のコシヒカリをブレンドしたお米のことです。

お米の食味ランキング

お米の食味ランキングは、上で示した基準米と収穫されたお米を比較してランキングされます。食味の基準は、基準米と香り、外観、味、粘り、硬さなどを比較し、さらに総合評価を加えて優劣を評価します。

美味しいお米の炊くために

今や高性能炊飯器が市場に出回っているくらいですから、炊飯器で充分に美味しくお米を炊くことはできます。ですから、お米を美味しく炊くには下準備が大切となります。まずは美味しいお米をたくためにも、おすすめのお米の研ぎ方をみてみましょう。

まず第1に、計量カップできちんとお米を計ることです。これは、水加減を間違えないようにするためです。第2に、お米を研ぐ前に1度サッと洗うことです。米粒に糠や油が付いているので、それを洗い流すためです。そして手早く行うことが重要です。

第3に、水をはった容器にお米を一気に入れます。ここでポイントが、水を先に入れておくことです。あとから水を入れると水を溜めている間に米粒が糠の臭みを吸ってしまうからです。ですから先に水をはっておき、なおかつ手早く軽く2~3度研いだら水を捨てます。

下準備で重要なのが研ぎです。お米を研ぐ目的は残留物を取り除くことです。それには米粒と米粒をすり合わせ、握っては離す、これをまんべんなく約40秒繰り返します。この研ぎを4~5回ほど行います。水は完全に澄むまで洗う必要ありません。

最後に研がずに、はった水で軽くかき混ぜて、終わったらざるに上げ水を切って10分くらい寝かせます。以上が、美味しいお米を炊くためのおすすめの研ぎ方です。

Thumbバターライスを炊飯器で作る!スイッチ押すだけ人気の簡単レシピ!

おすすめの美味しい炊き方

おすすめの炊き方1・土鍋を使ってお米を炊く

土鍋の場合、お米1合に対して水は180ccで、お米を研いだ後30分くらい水に浸しておきます。火加減は中強火、湯気が立ってきたら弱火にして10くらい火にかけ、最後の30秒くらいは中火にします。炊き上がったら蓋を開けずに10分蒸らして出来上がり!

たまには、炊飯器以外でお米を炊くもいいですよ。BBQなどでお米を飯ごうで炊くと美味しいじゃないですか!土鍋ならおウチでも簡単に美味しくできますよ。

おすすめの炊き方2・裏技を使ってお米を炊く

普通は炊き込みご飯以外は、お米を炊くときはお水のみですよね。でも、ちょっとした裏技を使うと美味しいお米が炊けるんです。1つ目はもち米をひとつまみ加える、2つ目は酒を少量加える、3つ目は備長炭を入れて炊く、そしておすすめなのがみりんを少量加えるです(お米1合に対して1/2程度)。試してみて下さいね!

おすすめの炊き方3・お米を冷水で浸し、ゆっくりと吸水させる

お米は水の温度が高ければ高いほど早く吸収します。水の吸水時間は、25℃で60分、15℃で90分、5℃で120分かかります。ところが、同じ水を吸い込んでもお米の状態が違います。冷たい水でゆっくりと吸水されたお米は、お米の組織の隅々まで行き渡り、良質の粘りが強くなり硬さが減少し、より美味しいお米が炊くことができます。

美味しいお米ランキング第6位~10位

さぁいよいよ美味しいお米のランキングを発表します。第6位~第10位までの5品種はどれも甲乙つけがたいお米です。好みによってはさらに上位にランクアップすることもあります。いずれにしても、上位10種はすべて特Aのお米ですので、美味しいお米であることは間違いまりません。

第10位は熊本県産「森のくまさん」です。森の都熊本で生産されたお米であることから名付けられたユーモラスなネーミングの森のくまさんは、舌の上にしっかりと残る甘さと後味は、多くのお米ファンをうならせる注目のお米として人気を得ています。

第9位の福岡県産「元気つくし」は、新潟県産のコシヒカリにも引けをとらない極良食味と評され、日本一美味しいお米であるという人も多いくらいです。第8位は北海道「ななつぼし」で、さっぱりとし、サラリと楽しめる味が特徴です。今や北海道のお米は日本を代表するまでになりました。

第7位は熊本県産「ヒノヒカリ」です。元はコシヒカリを親に持つ品種で、コシヒカリよりも安価で、食味の良さと厚みのある粒が常用米として愛されています。第6位は山形県産「はえぬき」です。このはえぬきは、セブンイレブンのおにぎり全般に使用されています。冷えても品質が落ちず、またお弁当でも非常においしく食べられることで人気です。

美味しいお米ランキング第5位・北海道産「ゆめぴりか」

第5位は北海道産「ゆめぴりか」です。以前は、北海道のお米はまずいなんていわれていましたが、それはもはや昔のことです。現在北海道は、日本を代表するお米の産地です。北海道のお米の品種には、ゆめぴりかのほか、ななつぼし、きらら397、大地の星など10種類にものぼります。

ゆめぴりかは、冷めてもほとんど味が落ちないといわれています。ですから、お弁当屋おにぎりに最適で、またANAの国際線ファーストクラスでもゆめぴりかが使用されています。

美味しいお米ランキング第4位・山形県産「つや姫」

第4位は山形県産つや姫です。つや姫は、九州地方の大分や長崎でも生産されていますが、現在のところもっとも美味しいつや姫を作れる産地は山形県であるとされています。

つや姫の特徴は、お米の持つ甘みが強く、ツヤがあって粒が揃っているところです。つや姫は非常に評価が高く、コシヒカリを上回る評価もあるくらいですから、日本を代表する美味しいお米として日本中から注目さている品種です。人によっては、魚沼産コシヒカリよりもこちら好む方も少なくありません。

美味しいお米ランキング第3位・岩手県産「ひとめぼれ」

第3位は岩手県産「ひとめぼれ」です。圧倒的人気はコシヒカリですが、このひとめぼれとあきたこまちが第2位の座を争っているほどのシェアを持つ美味しいお米で、いわば、名脇役といえるのではないでしょうか。

ひとめぼれは非常にクセのないお米なので、和食全般と相性が抜群との評価を得ています。また毎日食べるお米として、そのやさしい味は高齢者の方からの高い支持を得ています。

美味しいお米ランキング第2位・秋田県産「あきたこまち」

第2位は秋田県産「あきたこまち」です。秋田県といえば米処として有名ですが、日本の三大美女の秋田美人としても有名です。その由来は絶世の美女と知られる小野小町で、あきたこまちという名も小野小町の名前から付けられました。

あきたこまちは、もっちりとした粘り気に、多めの含水率から生まれるやわらかい歯ごたえと炊飯器を開けた瞬間の香りは達は絶品と評されています。

美味しいお米ランキング第1位・新潟県魚沼産「コシヒカリ」

やはり第1位は、新潟県魚沼産のコシヒカリではないでしょうか。いわずもがな、日本を代表するお米で「お米界の永遠のキング」といわれているくらいです。魚沼産のコシヒカリは、日本全国の米収穫高量に対して、わずか2%程度という希少さもあって高い人気を誇っています。

食味は、噛めば噛むほどに豊かな甘みが広がり、そして後味も非常に長く残るのが特徴です。口にされたことがない方は、是非お米の頂点と呼ぶにふさわしい魚沼産コシヒカリを食してみて下さい。

日本の美味しいお米を食べないなんてもったいない!

近年、日本人のお米離れが明らかになっています。50年前に比べると、約半分の消費量にまで減少しています。今では、日本人全体の約6.8%の方が1か月お米を口にしていないというデータもあります。また家にお米を常用していないという家庭もあるそうです。

せっかく日本には美味しいお米がありますから、食べないなんてもったいないですね。今回の美味しいお米の品種ランキングに入っていないお米でも、本当に美味しいお米はたくさんあります。是非お米の選び方や炊き方を参考にして、日本の美味しいお米を食しましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-29 時点

新着一覧