赤ちゃんとのお風呂は大切なスキンシップ

赤ちゃんと過ごす幸せなひと時

育児をしていると体も心も疲れることってありますよね。そんな時に癒されるのが赤ちゃんの笑顔です。赤ちゃんをお風呂に入れていると温かさが気持ちよくてニコニコしてくれますよね。その時間も赤ちゃんとママには大切なひと時でありスキンシップの時間でもあります。

今回は赤ちゃんとママを幸せな気持ちにしてくれる入浴剤についてご紹介します。育児の悩みは尽きませんよね。そんな方のために、いつから使っていいのかなどの入浴剤に関する疑問点や、入浴の方法・注意点についてもまとめました。これらの入浴剤は赤ちゃんでも安心な商品ですので、是非試してみて下さい。

赤ちゃんの沐浴はいつまで?

新生児を過ぎれば大人と一緒に

「いつから大人と一緒のお風呂に入れるのか」という疑問ですが、産まれて1か月すると赤ちゃんとママの検診があり、その検診で双方とも問題がなければ、ベビーバスを使った沐浴を卒業して一緒の湯船に入っても大丈夫になります。赤ちゃんと一緒に入ってしまえば時間の短縮にもなりますので、1人で育児に励むママも少しは負担が減ってくるのではないでしょうか。

赤ちゃんの月齢が低い時期は、ママはゆっくりお風呂に入れることはほとんどなくなってしまいます。仕事で忙しいパパにも休みの日は育児のお手伝いをしてもらって、ママもリラックスできる時間を作ってもらうと育児が少し楽になってきますね。

入浴剤入りのお風呂って入れても大丈夫?

赤ちゃん用の入浴剤ならOK

赤ちゃんが入るお風呂に入浴剤を入れても大丈夫なの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。結論から言えば赤ちゃん用の入浴剤を使用するのであれば問題ありません。ただ、赤ちゃんの肌の状態にもよりますので、皮膚疾患がある赤ちゃんの場合には注意しなければなりません。

入浴剤を使うメリットって?

入浴剤は香りによるリラックス効果だけではありません。水道水には塩素が含まれており、肌を刺激してしまう原因にもなります。一番風呂でも入浴剤を入れることによってお湯がまろやかになり、皮膚の油分を必要以上に落とさずに済む効果があります。

乾燥しやすい赤ちゃんの肌は、お風呂上がりの保湿だけでなく入浴中にも気を付けてあげると潤いのある肌を保つことが出来ます。自分のケアなど後回しにしがちな育児に忙しいママも一緒に保湿されるので一石二鳥ですね。

入浴剤はいつから使っていいの?

赤ちゃんの肌が安定してくる3~4か月を目安に

大人と一緒に入浴が出来る頃になれば大丈夫と思いがちですが、生後3か月くらいまでは肌の機能があまり安定していません。昨日まで何ともなかったのに、急に湿疹が出るなんてことはよくあります。その肌の機能が安定してくるのが大体生後3~4か月頃です。

安心して入浴剤を使用したいのであれば、生後3~4か月頃を目安に使い始めましょう。それより前でも使えるという商品もありますが、赤ちゃんの肌トラブルが心配ですので控えたほうが無難かと思います。また、生後3か月を過ぎても肌が安定しない赤ちゃんもいますので、肌の状態を見て使用しましょう。

入浴剤を選ぶポイントは?

①塩素を和らげる成分が入っているタイプ

水道水に含まれる塩素が原因で刺激を感じる場合があります。赤ちゃんを入れる場合には「塩素除去成分」が入っているものを選びましょう。塩素除去成分とは、アミノ酸やビタミンCのことを言います。大抵の入浴剤は入っているとは思いますが、成分をチェックしてから購入してみましょう。

②赤ちゃんの肌に刺激の少ないタイプ

赤ちゃんの場合、ちょっとしたことでも肌への刺激となり湿疹などの原因になります。赤ちゃん用の入浴剤の場合には、低刺激なのが当たり前なのですが、弱酸性であったりノンアルコールであることを確かめてから使いましょう。保湿成分が入っているのもポイントになります。

③ママもリラックスできる香り

赤ちゃん用の入浴剤の場合、無香料が多いのですが香りがついている商品もあります。きつい香りがしない商品が多いのですが、中にはその香りが苦手な方もいらっしゃるでしょう。好みの香りを見つけてみるのも良いかもしれませんね。入浴剤の良い香りで育児疲れを吹き飛ばしましょう。

赤ちゃんにおすすめの入浴剤とは?

赤ちゃんの肌の状態で選んで

乾燥肌の赤ちゃんもいればアトピーがある赤ちゃんもいます。赤ちゃんの肌に合わせて入浴剤を選んであげれば肌トラブルも落ち着いてくるかもしれません。ママが敏感肌の場合、ママの肌の状態にも合わせなければなりませんので、そういった場合は敏感肌用の入浴剤を選んだ方が良いでしょう。

おすすめ入浴剤①アトピタ薬用入浴剤(丹平製薬)

乾燥しやすい赤ちゃん肌に

アトピタは潤いをプラスして乾燥を防いでくれる入浴剤です。天然のヨモギエキスが肌トラブルを抑えてくれます。無香料、合成色素不使用、防腐剤不使用の商品なので、赤ちゃんでも安心して使えます。大人の乾燥肌にも有効だそうなので、冬場にも大活躍しそうな商品です。

お湯は天然のヨモギ色になり、しっとり滑らかな肌へと仕上げます。入浴後は洗い流さない方が保湿成分が残って効果があります。本体は500g入って、価格は1,200円前後で売られています。入浴剤としては割高な商品ですが、赤ちゃんの肌を思えば使いたくなる入浴剤でしょう。

おすすめ入浴剤②ソフレベビーバスエッセンス(ツムラ)

月齢が低い赤ちゃんでも安心

ソフレベビーバスエッセンスは、沐浴剤としても使える入浴剤です。ベビーバスでも浴槽でも入浴が出来るので、長い期間使うことが出来る商品です。この入浴剤は、おむつかぶれや湿疹などの肌トラブルを抑えてくれたり予防してくれる成分が入っているので、肌荒れが気になる場合に使用してみると良いでしょう。

アミノ酸が含まれているので、水道水に含まれる塩素を除去してお湯をまろやかにしてくれます。低刺激、弱酸性、無香料、ノンアルコールで、もちろんアレルギーテスト済ですので安心して使えます。本体は500ml入って価格は700円前後です。

おすすめ入浴剤③ビオレユーうるおいバスミルク(花王)

赤ちゃんも家族も使える入浴剤

ボディソープでおなじみのビオレユーからは「うるおいバスミルク」という商品が出ています。乳白色のお湯でシアバターやセラミドなどの保湿成分が入っているのでしっとりとしたお肌になります。ベビー用とは表記されていませんが、赤ちゃんのデリケートな肌でも使えると書かれています。

うるおいバスミルクは、ほのかでパウダリーな香り、やさしいミルクローズの香り、やさしいフルーツの香りの3種類の香りがあります。ほのかで優しい香りに包まれながら育児の疲れを癒せそうな商品ですね。本体は600ml入って価格は600円前後です。コスパのいい商品だと思いますよ。

おすすめ入浴剤④キュレル入浴剤(花王)

敏感肌の方でもしっとり

キュレルシリーズは乾燥性敏感肌の方のための商品です。肌が弱い人や荒れやすい人のためのものなので、もちろん赤ちゃんでも使えます。ユーカリエキスやセラミドが肌に潤いを与え、コメ胚芽油も配合しているので湿疹などの肌にも効果があるようです。お湯は乳白色で、弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーです。

肌荒れでお悩みの大人の方にもおすすめの入浴剤です。キュレルにはボディソープやスキンケア用品、日焼け止めやファンデーションなどもラインナップにありますよ。入浴剤の本体は420ml入って価格は900円前後です。これなら肌の弱いママでも安心して一緒にお風呂に入れますね。

おすすめ入浴剤⑤華密恋薬用入浴剤(カミツレ研究所)

アトピーのある方にもおすすめ

華密恋(かみつれん)の入浴剤は、カミツレ(カモミール)エキスのみを使った化学成分を一切使っていない商品です。カモミールはハーブの女王と言われるほど優秀なハーブです。肌荒れなどの炎症を抑えてくれたり、イライラを解消してくれたりと様々な効果があります。

華密恋入浴剤は、アトピーのある方にもおすすめです。カモミールの成分が肌に働きかけて、肌トラブルを防いでくれます。また、冷え症や腰痛などにも効果があります。保温力の高い入浴剤なので、体の冷えを取ってくれて産後の冷えも解消出来ます。400ml入って2,400円前後と高級入浴剤ですが、効果は確かなようですよ。

おすすめ入浴剤⑥カレンドラベビーバスミルク(ヴェレダ)

オーガニックの入浴剤で赤ちゃんもほっこり

ヴェレダはヨーロッパ生まれのオーガニックコスメブランドです。赤ちゃん用の商品や妊娠期から産後の敏感肌でも使える商品などがあるので、オーガニックを好んで使っている方におすすめのメーカーです。ヴェレダの入浴剤は天然成分100%で作られており、デリケートな赤ちゃんでも使えます。沐浴剤としても使えるので、しっとりとした肌を保つことが出来ます。

気を付けたいのはアレルギーです。植物を使っているのでキク科アレルギーがある方は使用を避けましょう。オーガニックなので合成香料は使っておらず、香りは使われている天然ハーブの香りなのでリラックス出来ます。本体は200ml入って価格は2,400円程度です。オーガニック系は高価なものが多いですが、安心して使えるのでおすすめです。

大人用の入浴剤を使うなら?

1歳を過ぎてから使った方が良い

ある程度大きくなってくると大人用の入浴剤を使ってもいいかな、と思われるかもしれませんが、大人用の入浴剤は赤ちゃんの肌には刺激が強すぎる成分が多く含まれています。柔軟剤でもボディソープでもそうですが、大人と同じものを使うのは1歳を過ぎてからの方が無難でしょう。

肌トラブルを防ぐ為にも、初めから適量を使うのではなく、少量から試していって問題なければ使っていくというような方法で使用してみましょう。肌は体調の変化でも変わりやすくなります。何か異常があったら、使い始めてみたものを一旦中止してから様子を見てみましょう。あまりひどいようであれば皮膚科の先生に相談してみて下さいね。

赤ちゃんをお風呂に入れる際の注意点

入浴剤で滑らないように気を付ける

入浴剤を使う際には、浴槽内で滑ってしまわないように気を付けましょう。入浴剤を入れたお風呂は滑りやすくなってしまうので、滑り止めのシートを敷いたりして対策を取った方が赤ちゃんのためにもなります。パパやママもうっかり滑ることもなくなるので、広い浴槽で溺れる危険性がある場合には使用してみるのも良いでしょう。

ほっとするお風呂タイムで気が緩み、育児疲れでぼぉっとしてしまうこともあるかもしれませんが、お風呂に入っている際には赤ちゃんから目を離さないことが重要です。心配な場合にはバスチェアなどに座らせておくと安心してお風呂に入れますよ。その際には赤ちゃんが風邪をひかないように浴室を温めておきましょう。

アトピーや湿疹がある場合には相談してから

産まれた時から皮膚に疾患がある赤ちゃんは少なくありません。産科病院や小児科でも指導を受けることになると思いますが、入浴剤を使い始める際には相談に乗ってもらった方が良いでしょう。肌にいいからと使ってかえって悪化させてしまうことも無きにしも非ずです。肌に合わない可能性もあるので十分に注意しましょう。

お湯の温度や入浴時間にも注意!

赤ちゃんはのぼせやすいので入浴の時間やお風呂の温度に気を付けなければなりません。大人にとっては少しぬるいかなと思うくらいの40℃未満で入れてあげましょう。冬場でも40℃を超えることがないようにし、浴室を温めておくことも必要になります。お湯が熱いと赤ちゃんのお風呂嫌いの原因にもなるので注意しましょう。

入浴時間ですが、2~3分程度で問題ありません。少し短いように思えますが、長く入っているとのぼせる原因にもなりますし、お湯の誤飲なども起こりうるので長風呂には注意しましょう。

赤ちゃんの正しい洗い方って?

ベビー用の泡ボディソープで優しく

初めての育児だと色々不安に思うことも多いですよね。赤ちゃんの体を洗う際には、泡で出てくる赤ちゃん用のボディソープを使って、たっぷりの泡で手のひらで優しく洗ってあげましょう。ボディ用のスポンジなどを使うと肌荒れを起こすので、手のひらで洗うだけでも十分に汚れを落とすことが出来ます。

まだ体がムチムチの赤ちゃんの場合には、くびれている部分に汚れが溜まりがちです。その部分は丁寧に洗ってあげます。汗が溜まる場所には汗疹(あせも)が出来やすくなるので、しっかりと洗って綺麗にしてあげましょうね。

頭はしっかりと丁寧に

頭は汗をかきやすい場所でもあり皮脂の分泌が多い場所でもあります。子供の頭だからそんなに汚れていないだろうとささっと洗ってしまうと、脂漏性湿疹(フケのように皮が剥ける皮膚炎)になる可能性にも繋がります。指の腹で優しく丁寧に洗ってあげると綺麗に汚れを落とせます。

流す時にはしっかりと

泡が残ってしまったり、洗い残しなどがあると肌トラブルの原因にもなります。濡れることが苦手な赤ちゃんもいると思いますが、嫌がっても綺麗に流してあげることが大切です。どうしても顔はダメという子はガーゼで優しくふき取ってあげましょう。それだけでも綺麗になるので、流し残しがないように気を付けましょう。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入ろう!

赤ちゃんにも安心して使える入浴剤についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。新生児から使えるものや、生後3か月以降から使えるものなど色々ありましたが、お好みのものは見つけられたでしょうか。入浴剤の場合は使ってみないと分からないところもあるので、色々試してから使う商品を選んでいくのもいいですね。

初めての育児で、いつから何を使っていいのか疑問ばかりだと思います。赤ちゃんは大人が守っていかなければならない存在です。親がしっかりと勉強していかなければ子供を守ることは出来ません。育児は大変なことばかりですが、おじいちゃんおばあちゃんやパパと協力して楽しく子育てをしていきましょう。

<赤ちゃんの事についてもっと知りたい方は>

関連するまとめ

男の子の名前で自然を感じる漢字は?優しい・爽やかな名前にするコツ!のサムネイル画像

男の子の名前で自然を感じる漢字は?優しい・爽やかな名前にするコツ!

自然を感じる、爽やかな男の子の名前をつけるコツやおすすめの漢字を紹介…

ayamaron

きゅうりを使った離乳食レシピを紹介!初期・中期・後期別!保存方法は?のサムネイル画像

きゅうりを使った離乳食レシピを紹介!初期・中期・後期別!保存方法は?

きゅうりを使った離乳食を紹介したいと思います!きゅうりはあまり栄養が…

tomo0923

赤ちゃん用の洗濯洗剤は必要?選び方やおすすめ人気商品を紹介!のサムネイル画像

赤ちゃん用の洗濯洗剤は必要?選び方やおすすめ人気商品を紹介!

生まれたての赤ちゃんは非常に敏感。赤ちゃん専用商品は沢山あって、おす…

シロツメクサ

離乳食の進め方まとめ!初期の量やスケジュール・おすすめレシピはなに?のサムネイル画像

離乳食の進め方まとめ!初期の量やスケジュール・おすすめレシピはなに?

育児において離乳食の進め方はとても大切。離乳食の進め方やスケジュール…

kon_w

生理周期の平均を計算する方法は?正常な生理周期の範囲は?のサムネイル画像

生理周期の平均を計算する方法は?正常な生理周期の範囲は?

妊活中の方は特に意識する生理周期。この生理周期の平均を計算する方法や…

ayumihato

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめ

赤ちゃんは、うつ伏せ寝が大好き!うつ伏せ寝がお腹の中にいた時の状況に…

nebyo13

赤ちゃんの虫除け対策・選び方は?安心安全で人気のおすすめ商品まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの虫除け対策・選び方は?安心安全で人気のおすすめ商品まとめ

春から夏にかけて急増してくる厄介な虫。大事な赤ちゃんを守るために虫除…

岡田あやの

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?のサムネイル画像

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?

満月と生理の神秘的な関係は迷信などではなく実際にあるともいわれていま…

高橋 真奈美

新生児の外出はいつからいい?お出かけ時におすすめの持ち物・服装まとめのサムネイル画像

新生児の外出はいつからいい?お出かけ時におすすめの持ち物・服装まとめ

新生児期を過ぎると、たいていの赤ちゃんは外出をしてもいい時期となりま…

aeca

コストコのベビー用品おすすめまとめ!【ベビーカー・ベビー服】のサムネイル画像

コストコのベビー用品おすすめまとめ!【ベビーカー・ベビー服】

コスパが良くて、クオリティーの高いものが揃っていると人気の「コストコ…

ayamaron

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?のサムネイル画像

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?

どんな世代からも愛されるココア。今回は、そんなココアのカフェイン含有…

美海

赤ちゃんの体温計でおすすめは?おでこ式・耳式・脇で人気なのはどれ?のサムネイル画像

赤ちゃんの体温計でおすすめは?おでこ式・耳式・脇で人気なのはどれ?

赤ちゃんの健康を守るためには、平熱を知って体温の変化に気を付けること…

tommy

赤ちゃん・ベビー服の収納アイデア!100均・無印・IKEAなどで簡単にのサムネイル画像

赤ちゃん・ベビー服の収納アイデア!100均・無印・IKEAなどで簡単に

小さくて可愛い赤ちゃんのベビー服。気が付いたらどんどん増えていて収納…

岡田あやの

イヤイヤ期はいつからいつまで?うまく乗り切る接し方や対応法まとめのサムネイル画像

イヤイヤ期はいつからいつまで?うまく乗り切る接し方や対応法まとめ

魔の2歳児と言われるイヤイヤ期。イヤイヤ期は子供の成長の証ですが、マ…

nebyo13

男の子の名前一文字!かっこいい人気ランキングまとめ!珍しい名前も!のサムネイル画像

男の子の名前一文字!かっこいい人気ランキングまとめ!珍しい名前も!

男の子の漢字一文字の名前人気ランキングと、珍しい名前やイメージ別の名…

karin

海外の名前ランキング!人気の海外由来の名前一覧と名前の意味紹介のサムネイル画像

海外の名前ランキング!人気の海外由来の名前一覧と名前の意味紹介

新しい命の誕生と共にパパとママがする事と言えば、名前を考えてあげる事…

kokoro

赤ちゃんのベビーサークルでおすすめは?人気商品や選び方まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのベビーサークルでおすすめは?人気商品や選び方まとめ

赤ちゃんが自分で動けるようになってくると必要になってくるのがベビーサ…

はるまママ

赤ちゃんと猫が同居するポイント!仲良くなるために気を付けたい事のサムネイル画像

赤ちゃんと猫が同居するポイント!仲良くなるために気を付けたい事

猫を飼いたい、もしくは飼っているけど赤ちゃんができたという人はいます…

h.neco0727

出産準備品リストまとめ!本当に必要なアイテム・おすすめはなに?のサムネイル画像

出産準備品リストまとめ!本当に必要なアイテム・おすすめはなに?

もう間もなく出産!初めての妊娠出産ではわからないことだらけ。いったい…

ha1103.823

簡単セルフ貧血チェック!目やまぶた、舌や爪に貧血のサイン?のサムネイル画像

簡単セルフ貧血チェック!目やまぶた、舌や爪に貧血のサイン?

簡単にできる貧血のチェック方法をご紹介します。私生活の中で体がクラッ…

daisuke_dan

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ