発泡酒とビールって何が違うの?味や作り方の違いを徹底調査!

四季の移り変わりとともに、ビールと発泡酒の新製品を各社こぞって出してきますよね。ビールと発泡酒の違いって好きな方には当然の知識でも、なんだかよくわからないものです。「ビールか発泡酒買ってきて」と頼まれたりしたときに迷うことのないよう違いを調べました。

目次

  1. なぜビールと発泡酒があるのか?酒税法の違い!
  2. ビールと発泡酒の違い(原料)
  3. ビールと発泡酒の違い(糖質)
  4. ビールと発泡酒の違い(プリン体)
  5. ビールと発泡酒の違い(味)
  6. 第三のビールとの違いは?
  7. 缶の見分け方
  8. 第二のビールは?第四のビールの違い?
  9. 自家製ビールの作り方
  10. アルコールは健康を考え適度に楽しもう

なぜビールと発泡酒があるのか?酒税法の違い!

そもそも以前はビールしか売られていなかったのに、どうして発泡酒が売られるようになったのでしょうか。それには「酒税法」が関係しています。「酒税法」とはざっくりした説明ですが「アルコール分が1度以上のお酒には税金がかかりますよ」という法律です。

酒税法

「酒税法」はアルコール度数によるのですが、清酒や焼酎といったアルコール度数の高いものとは違い、高価な麦芽が使われているアルコール度数の低いビールは、麦芽使用量が多いので高税率です。なので各社、麦芽使用率を下げたものを「発泡酒」として出し、税率が下がった分、価格を安くして消費者に提供することになりました。

ビールの税率が高いために「発泡酒」や「第三のビール」が販売されたのですが、酒税法を変えてビールの税額も一本化する話しも出てきています。いつかそうなるとビールは安くなりますが、発泡酒や第三のビールは高くなるかもしれません。

ビールと発泡酒の違い(原料)

ビールの原料

ビールと発泡酒の一番の違いは原料です。ビールは大麦・ホップ・酵母・水でできています。酒税に関係している「麦芽」は大麦が発芽したものです。麦芽は高価ですので「麦100%ビール」は少し高いですよね。それ以外のビールには、副原料に米やスターチ等「ビールとして販売していい」と許可されているものが使われています。

@yspn911さんの投稿
18161975 292399867870715 1852063191652106240 n

発泡酒の麦芽量

発泡酒とビールの次の違いは麦芽の使用量です。ビールは67%以上と決められていますので、それ以下の麦芽比率のものは「発泡酒」になります。後は各社が出している発泡酒の銘柄によって、副原料が違います。カラメル色素や糖類、食物繊維等が入っています。発泡酒の値段の違いは麦芽比率の違いです。高価である麦芽が多く入っているほど、発泡酒の値段は高くなります。

@yamiiyさんの投稿
18512770 436427756744280 5054150186301915136 n

ビールと発泡酒の違い(糖質)

ビールの糖質量

ビールに入っている糖質も各社で少し違いがありますが、糖質の量は発泡酒より幅が狭く350ml缶で9gから13gくらいです。健康を考え糖質をとるのを控えている人もいますよね。糖質は炭水化物から食物繊維をとったものですが、ビールには食物繊維はほとんど含まれていませんので、ビールの場合は炭水化物=糖質と考えてもいいでしょう。

@oniyanmakunさんの投稿
18444365 224388551386937 2018781925023416320 n

発泡酒の糖質量

発泡酒には麦芽以外にさまざまなものが入っているので、糖質も3gから12gと幅がひろいです。健康のためにと糖質ゼロの発泡酒も発売されていますよね。口当たりのいい発泡酒を多く飲まれる人は、健康のためにもなるべく糖質の少ない発泡酒を選ぶのをおすすめします。

@rexonfayetteさんの投稿
18514164 1494909320561605 7506013171522469888 n

気になるカロリーは?

糖質が少なくてもカロリーが高いでしょ?と思う人もいますよね。ビールも発泡酒もカロリーが記載されていますが、ビールや発泡酒のカロリーの3分の2は体に吸収されにくく、すぐに熱エネルギーになるカロリーです。ただ3分の1は脂肪に変わるので、ダイエット中や健康を考えると飲みすぎには、ご注意くださいね。

@hello_dollzさんの投稿
18513745 197769124077822 2709108354902392832 n

ビールと発泡酒の違い(プリン体)

ビールのプリン体

プリン体は痛風の原因と言われていますよね。銘柄によって違いはありますが、350mlのビールに18mgから34mg含まれています。ビールは喉ごしがよいため多めに飲めますので、痛風に注意している人は健康のためビールは控えたほうがいいと思います。

@chankeynyanさんの投稿
18380902 1029507663846591 363666464479117312 n

発泡酒のプリン体

麦芽にはプリン体が多く含まれていますので、発泡酒の場合は麦芽の使用量によってプリン体の含有量にも違いがでます。350ml缶で0.03mgから12mgと幅が広いのですが、プリン体摂取量を気にしている人は麦芽量の少ない発泡酒を選ぶといいでしょう。

@386ne11さんの投稿
18444727 256529764753026 5897543181821542400 n

痛風にビールがよくないと言われるのはプリン体が多いせいですが、アルコール飲料の中ではプリン体がとても多いので、アルコールを飲む人はビールではなく焼酎やウィスキーに変えたほうがいいそうです

ビールと発泡酒の違い(味)

ビールの味は?

ビールは発泡酒とは違い原料が限られていますので、やはり発泡酒との一番の違いは「濃く」と「コク」でしょうか。もう一つの違いは麦芽の使用量が多いための苦味です。味が苦く感じるときはしっかり冷やしましょう。発泡酒とは違い喉ごしのよさは抜群です。「キレ」と「コク」がビールの醍醐味でしょう。発泡酒との違いを確かめてくださいね。

発泡酒の味は?

発泡酒はビールとは違い麦芽使用量が少ない分、各社さまざまなものを副原料として、ビールとの違いをなくすよう、ビールの風味に近づけるよう工夫されています。ビールとの違いは「コク」や「濃さ」の部分です。発泡酒は比較的「軽く」「あっさり」しています。麦芽使用量の少ないものを選べば糖質やカロリーも少なくなるのでおすすめです。

@ayuchan629さんの投稿
18444351 244897362655799 614063762210553856 n

第三のビールとの違いは?

原料の違い

「第三のビール」のビールや発泡酒との違いは、原料に麦芽は一切使われていないことです。ちょっと大きな違いですよね。各社も「ビール」との違いが歴然ですので「第三のビール」とは呼ばずに「新ジャンル」と呼んでいます。麦芽が使われていませんのでビールや発泡酒と違い酒税が安いのが特徴です。

@harasixxさんの投稿
10787927 1504859323095983 1276519696 n

ビールの特徴である琥珀色は「麦芽」から出る色です。「第三のビール」」ではそれがないため色素で着色し、色をつけているそうです。また、ビールと違い苦味がないため、発泡酒と同様飲みやすいアルコール飲料ですが、麦焼酎などを混ぜて苦味を足した、ビール好きの人向けの商品も出ています。

缶の見分け方

ビールのラベル

詳しい人は銘柄で「ビール」「発泡酒」「第三のビール」とわかるそうですが、詳しくないと、どれもこれも似たような缶と名前で違いがわかりにくいですよね。ビール以外のものはビールとは書けないのでラベルに「ビール」「生ビール」とあるのは間違いなくビールです。

@bambisyndromeさんの投稿
18444097 116173888958487 5079926935040032768 n

発泡酒のラベル

発泡酒とビールのラベルの違いですが、発泡酒にもビールのように「生」や「麦」と大きく書かれています。しかし発泡酒にはラベルの下に小さく「発泡酒」と書いてあります。大きな文字だけみると、ビールとの違いが分かりにくいので注意してください。

@ym.mo_taさんの投稿
18444255 274414166354266 3038733587198246912 n

第三のビールのラベル

第三のビールもラベルに発泡酒と似たような文字が躍っています。違いはやはりラベルの下に小さく「リキュール(発泡性)」と書かれています。「麦100%」や「生」「コク」といった文字でビールや発泡酒と間違えないよう気をつけてください。

@kyanapioka0913さんの投稿
18011726 1849293648671677 5182938697682649088 n

第二のビールは?第四のビールの違い?

「ビール」は「第一のビール」です。麦芽を使わない「第三のビール」は新ジャンルですが、「第二のビール」って?とおもいますよね。新ジャンルを「第三のビール」と呼ぶことにしたので「第二のビール」は発泡酒のことを指すようです。ほとんど使われていませんよね。

@prismcoffeebeanさんの投稿
18513276 1950257731862422 3494796609374388224 n

麦芽だけで作ると酒税が高くなりますが、蒸留酒(リキュールなど)を混ぜると酒税が安くなるため「第四のビール」が発売されました。麦芽使用量が50%までの発泡酒に、麦のスピリッツを加えていますので、発泡酒より、よりビールに近い味がすると評判です。酒税法では第三のビールと同じ扱いですので、ラベルには「リキュール(発泡性)」と書かれています。

@o.masataka.oさんの投稿
18512485 1541380102593097 8458345280905936896 n

どちらもビールや発泡酒とアルコール度数は変わりませし、とても飲みやすいアルコール飲料ですので、健康のためには飲みすぎには注意が必要です。

自家製ビールの作り方

ビールが好きなら、自分でビールを作ってみたくなりませんか。自宅でビールを作ることができる「キット」が販売されています。好みのビールの味も選べますし、モルトやイーストがすべて入っていますので、おススメです。

@ricoppepanさんの投稿
17126097 230616814071626 7310781236899741696 n

発酵容器を用意すれば、あとはビールのモルト缶を買えば作れます。モルト缶やキット缶にはイーストも入っていますので、ビンやペットボトルに出来上がったビールを詰めるだけです。作ったビールにご自身でデザインしたラベルをプリントして貼るのもステキですね。

アルコール度数が1%以上だと酒税法では「酒」になります。1%以上になると免許が必要ですが個人で取得するのは少し無理ですので、作り方を守って発酵に気をつけ、アルコール度数が1%以上にならないよう十分ご注意ください

自分でビールを作るとかなりの量が出来上がります。ビールを購入するより安くつきますし、寝かせると遜色ない味になるそうです。自家製ビールを作る人は、美味しいからといって、飲みすぎてしまうと健康に悪いのでご注意くださいね。

アルコールは健康を考え適度に楽しもう

「ビール」と「発泡酒」は麦芽を使うという点で似てはいますが、やはり違うものだとおわかり頂けたことでしょう。とてもたくさんの種類が販売されていますので、「ビール」と「発泡酒」自分好みの味がするお気に入りが見つかるといいですね。くれぐれも飲みすぎは身体によくないので、アルコールは適度に楽しむようにしてくださいね。

@sada_halさんの投稿
14334707 336749523343300 6579646596164616192 n

もっとビールについて知りたいアナタへ

太らないお酒ランキング!種類や飲み方を知って楽しいダイエット | Pinky[ピンキ-]
ビール腹の原因とは?女性はならない?治し方・解消法に最適な筋トレ | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ