赤ちゃんに快適な環境を!暖房器具のあれこれまとめ

冬になると外気をシャットダウンできる家の中であっても部屋の温度がグッと下がりますよね。そんな冬をなんとか赤ちゃんと快適に過ごしたいものです。そんな時に必要になってくるのが暖房器具。大人でも冬はかなり寒く感じますから、冬の間は暖房器具をつけっぱなしというご家庭も多いのではないでしょうか。適切な温度を保て、かつ安全に使うためにはどのような暖房器具を使うのが良いのでしょうか。

赤ちゃんに暖房は必要?

そもそも赤ちゃんに暖房器具がいつ用なのかという疑問も浮かび上がるところですよね。赤ちゃんはとにかく体温が高いというイメージがあります。大人は平熱が36度台ですが、赤ちゃんは37度から37.4度までが平熱と言われています。これくらいの熱を大人が出したらちょっとだるくて熱っぽい感じがしますよね。と考えると、常にポカポカしている赤ちゃんだから暖房が必要ない気もしてきます。

しかし、赤ちゃんはまだまだ体の機能が未熟。大人と同じように自分で自分の体温を調節することもできません。寒い時も暑い時もママがしっかり赤ちゃんの様子を見て判断して服装などに工夫する必要があります。そんな体温調節がうまくできない赤ちゃんにとっては、冬場は暖房は使って適切な温度に保つことが必要です。大人が過ごして快適な温度を基準に考えるのがいいと思います。

赤ちゃんの手足が冷たい!暖房が足りないせい??

生まれたばかりの赤ちゃんの手足を触って冷たくてびっくりした経験はママなら誰でもあるのではないでしょうか。赤ちゃんは温かいというイメージを持っていると、余計びっくりしますよね。筆者も入院中子供の手足のあまりの冷たさにびっくりしました。しかも、部屋の温度が高いにもかかわらず、氷のようにひんやりしているのです。寒いのかな・・と心配になったものです。

しかし実は、赤ちゃんの手足が冷たいのは珍しいことではありません。赤ちゃんは体温が高いですから、手足から体の熱を放出しているというのです。赤ちゃんは体温調節の機能が未熟なだけで、全く体温調節ができないわけではありません。小さいながらに手足で体温を調節しているため、手足が冷たくなってしまっていたのです。そうすることで体の中が温まりすぎないようにしているのだとか。

赤ちゃんに暖房を使わないとどうなる?

とはいえ、冬場でも赤ちゃんに暖房器具を使わないよう状態で過ごさせることは、かなり過酷なことです。今の時代のマンションなら、暖房を入れなくてもかなり温度も高いですから、もしかしたらそこまで心配ではないかもしれません。しかし、夜になるとグッと冷えますし、知らず知らずのうちに赤ちゃんの体が冷えてしまうということも十分に考えられます。

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫を持って生まれてくるので風邪をひかない、などと聞いたことはないでしょうか。しかし、だからと言って安心してはいけません。赤ちゃんもあまりにも生活環境が寒すぎたりすると、体が冷えて風邪をひくこともあるでしょう。また、寒いと睡眠の妨げにもなりますよね。小さい赤ちゃんは泣いて訴えるしかできませんから、ママがしっかり見て判断することが必要です。

暖房を使って室内を適温に!赤ちゃんにとっての最低温度は?

それでは赤ちゃんが快適に過ごせる温度が何度なのかということを知っておく必要がありますよね。ちなみに筆者が子供を出産した病院では、室温は26度に保たれていました。4月頭でまだまだひんやりする時期だったのですが、病院内はとても暑かった記憶があります。退院の時には看護婦さんから、「室内は26度くらいの温度に保つっておいてね」とアドバイスをもらった記憶があります。

しかし、どうやら季節ごとに適温が違うという意見もあるようです。夏場は25度から27度くらいに室温を設定し、冬場は22度~23度くらいがいいという意見がかなり多く見受けられます。確かに、冬場に室温が26度を超えると、かなり暑いですよね。そうなると冬場でもかなり薄着でいなくてはいけなくなります。それぞれの季節に応じた格好をしたうえで最適温度が決められているのでしょうね。

赤ちゃんのための暖房器具の選び方が知りたい!

さていよいよ本題ですが、赤ちゃんが生まれたので暖房器具を買いたい!と考えているママさんたちは、どのような基準で暖房器具を選ぶのがいいのでしょうか。暖房器具と一口に言ってもかなりたくさんの種類があるので迷ってしまいますよね。そこで、暖房器具の選び方のポイントやおすすめの暖房器具などをご紹介したいと思います。さらには、あまりおすすめできない暖房器具も参考にしてみてください。

赤ちゃんがいる家庭の暖房器具の選び方のポイント

赤ちゃんと過ごす部屋の暖房器具の選び方でまず一番に考えたいのは安全性ですよね。特に、暖房は熱を発する機械ですから、より安全性を気にしたいところです。ケガをしないか、暑すぎたりしないかということは気になりますよね。赤ちゃんに危険が及ぶことなく、赤ちゃんにとっての快適温度にできる暖房器具が一番理想の形のものだと思います。

赤ちゃんの安全性がクリアしたら、後は暖房器具そのものの性能や値段なども考慮しなくてはいけない点ですよね。特に、暖房器具はその機能やメーカーなどによっても値段がかなりまちまちです。安い物がいいけれど、安すぎてちょっと問題が出てくるようなものだと、結局はもったいないことをしていることになりますよね。費用や機能なども十分に考えたうえで暖房器具を買いたいですね。

赤ちゃんにとって暖房器具は危険もいっぱい!

先ほども書いたように、すべての暖房器具が安全とは限りません。そもそも暖房器具は熱を放出しますから、危険なものでもあります。特に石油系のストーブなどは、かなりの熱風が出てきますから、赤ちゃんのために使う時にはかなり注意をしなくてはいけません。ただ、昔からの暖房器具ですし、すぐに温まるという利点もありますから、石油ストーブでお手軽に!と考える人もいるかもしれません。

昔は石油ストーブの上で煮物を作ったりやかんでお湯を沸かしたりなんてことをしていましたよね。それほど石油‐ストーブの上はとにかく熱いです。普通に触ることなんてとてもできません。そんなものが赤ちゃんのそばにあると思うと本当にこわいですよね。筆者も祖母のうちが石油ストーブだけしかないという理由で、冬場に行くのは控えていたくらいです。暖房器具も安全なものばかりではないのです。

慎重な選び方を!赤ちゃんにおすすめの暖房器具まとめ

では、実際赤ちゃんにはどのような暖房器具がいいのか具体的に商品を見てみましょう。

かなり高い暖房器具ですが、赤ちゃんに安全で温かいのがこのダイソンのヒーター。見るからに安全なつくりになっていますよね。ただ値段が6万円を超えてくるので、かなり高価です。しかも魅力的なのが、空気清浄機もついて冷風と音符の両方が出るというもの。そう考えると、6万円という値段はお手ごろなのかもしれません。ただ、電気代は1時間当たり32円くらいと、安くはないようです。

オイルヒーターも赤ちゃんがいる家庭にはおすすめの暖房器です。オイルヒーター自体もちょっとあたたくなりますが、決して熱いということではありません。じんわりと部屋全体を温めてくれます。ただ、急いで部屋を暖めたいという時には不向きかもしれません。一番の魅力は、部屋の空気を汚すことなく温めてくれるということです。空気がきれいなことは赤ちゃんにとっても安心ですよね。

そしてなんだかんだエアコンも便利です。どこの家庭にも1台はあるでしょうし、夏は冷房、冬は暖房として使えるので1台で2役という点が魅力的です。ただ、問題は電気代。筆者の家も冬の電気代は一気に跳ね上がります。夏も冷房として使ってはいますが、冬場の暖房としての費用の方が高くついている印象があります。お手軽ではありますが、部屋もすぐには温まりにくい印象もありますよね。

赤ちゃんにあまりおすすめできない暖房器具

赤ちゃんの安全面でおすすめできない暖房器具もご紹介しておきましょう。

先ほども上で書きましたが、石油ストーブは一番おすすめできません。部屋の空気が悪くなるのはもちろんですが、触ると赤ちゃんがおおやけどをしてしまう可能性が十分にあります。遠くに石油ストーブがある分にはいいのですが、ちょっと近づいただけでかなり暑いです。火が燃えているわけですから当たり前なのですし、すぐに部屋が温まっていいのですが、赤ちゃんにはおすすめできません。

石油ファンヒーターならいいのでは?と思いますよね。石油ストーブよりはいいかもしれませんが、こちらも火を燃やして熱を発するものですから、危険であることには変わり在りません。ヒーターのそばにいるとすごい熱風が吹いてきます。小さい赤ちゃんは低い位置を移動したりしますから、直接熱風を浴びることにもなってしまいます。やはりこちらもあまりおすすめできません。

冬場はホットカーペットと併用する人も多いのではないでしょうか。足元が温かいとかなり温かく感じるものですよね。しかし、こちらも赤ちゃんにとってはあまりおすすめできません。心配な点としては低温やけどなどです。また、カーペットだと、直接赤ちゃんをそこに置くわけですから、ダニなどの心配もありますよね。温かいですが、あまりおすすめはできませんね。

冬といえばこたつ!という人もいるのではないでしょうか。大きくなった子供にはいいかもしれませんが、小さい赤ちゃんには不向きですね。特に、ずりばいなどで動くようになった赤ちゃんがいる家庭には特に不向きです。赤ちゃんは何でも興味津々。こたつの中に入ってしまうこともあるでしょう。布団に覆われたこたつの中は想像以上に暑いです。そんな中に赤ちゃんが入ってしまうととても危険なのです。

赤ちゃんのために暖房をうまく使うコツはある?

上では赤ちゃんがいる家庭適切な暖房の選び方をご紹介しました。安全面や機能面をしっかり配慮した選び方をする必要がありますよね。そうした選び方で購入した暖房器具を実際使う場合、効率よく使いたいものですよね。電気代との兼ね合いもありますから、そこもとても大事なポイントです。冬場は寒いだけでなく、部屋がとても乾燥するもの。そこをクリアにもしなくてはいけません。

そこでおすすめなのが、加湿器と暖房器具の併用です。部屋を加湿するだけで体感も随分違うようです。そして、加湿をすることで、風邪をひきにくい環境づくりもできるので、まさに一石二鳥!そして、冬場は乾燥がひどいと風邪をひくだけでなく、肌も乾燥してしまいます。赤ちゃんの敏感な肌のためにも加湿をしてお肌を潤わせてあげましょう。加湿器は水を出すものですから、お手入れはこまめに!!

赤ちゃんのために欠かさずに暖房器具のお手入れも

加湿器だけでなく、暖房器具そのもののお手入れも大事です。特に、温風を出すエアコンは特に掃除に気を付けなければいけません。赤ちゃんが生まれる前に、エアコンのクリーニングなどをするのもおすすめです。そして、1ヶ月に1度は、エアコンのフィルターも掃除しましょう。意外とすぐに埃がたまります。そしてそれが原因で暖房の効きも悪くなってしまいます。

暖房器具以外にも赤ちゃんの服装に工夫を!

冬の寒さは暖房だけに気を付けているのでは不十分です。暖房をつけているから・・と赤ちゃんの服装についていい加減になったりはしていないでしょうか。まずは暖房の前に、赤ちゃんに着せる服をしっかり考えましょう。小さい赤ちゃんの場合は、肌着の上に長袖長ズボンのロンパースなどをしっかり着せてあげたうえで、暖房でさらに体温を調節してあげましょう。ただ、厚着させすぎないようにしましょうね!

寒い冬も安心!赤ちゃんが寝るときの安眠グッズは?

冬は寝るときの格好も悩みますよね。赤ちゃんがいるおうちは、24時間暖房をつけっぱなしというところもあるかもしれません。それでも、赤ちゃんが寝るときの格好は気を付けなくてはいけません。

赤ちゃんは寝返りできるようになると、とにかく寝るときもゴロゴロと動きます。そうすると、いくら布団をかけてもすぐに剥いでしまうのです。そんな時に便利なのがスリーパー。着る布団のようなものです。これなら寝るときに布団を蹴飛ばしてしまったりしても、体が冷える心配もありません。スリーパーはすっぽり赤ちゃんを包んでくれますから、安心して気持ちよく寝ることができるでしょう。

あと冬寝るときにおすすめなのが腹巻。冬場は特にお腹の冷えが気になります。大人も腹巻でおなかを温めると、体全体が温まりますよね。寝るときに腹巻をしてあげると、赤ちゃんも心地いいことでしょう。腹巻+スリーパーだと最強の組み合わせに思いますね。その時は薄手の掛布団にしてあげるといいかもしれません。普通の物だと寝るとき暑くて寝苦しくなってしまうかもしれません。

暖房器具で暑い!?寝るときの赤ちゃんの環境について

赤ちゃんはとにかく体温調節がうまくできないということは、先ほどから繰り返し書いていますよね。特に寝るときは体も温まり安くなっているそうです。布団を剥ぐのもそういう理由なのでしょう。あまりにも頻繁に剥ぐようであれば、もしかしたら暖房器具の効きすぎや布団のかけすぎで赤ちゃんが暑いとかんじているのかもしれません。冬場でも暑くなることは考慮しておいた方がよさそうです。

あと、寝るときは赤ちゃんの足を布団から出しておくのがいいでしょう。これで、暑さを足から逃げさせることができるのです。よく洋服などで足まですっぽり覆ったカバーオールなどがありますが、あれは足から熱を放出することができないそうなので、あまりおすすめできないようです。布団をかけるときはお腹のあたりをしっかり覆うようにかけて、足は少し出してみましょう。

赤ちゃんに快適に過ごせるように暖房をうまく使おう

冬場を快適に過ごすためには暖房器具は不可欠ですね。正しい選び方をして、赤ちゃんにとっても大人にとっても安全で安心な暖房器具を購入しましょう!そして、暖房器具に頼りすぎず、普段の赤ちゃんの格好や生活環境にも気を配ることもとても大事です。

暖房についてもっと知りたいあなたへ

関連するまとめ

甘酒は妊婦さんが飲んでも大丈夫?米麹の甘酒は良い効果があった!のサムネイル画像

甘酒は妊婦さんが飲んでも大丈夫?米麹の甘酒は良い効果があった!

甘酒は好きですか?甘酒は食べる点滴とも呼ばれるほど栄養価が高く健康に…

ha1103.823

妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?のサムネイル画像

妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?

生理日を予測したりするときや、妊娠してるかなどを判断するときに用いる…

ayamaron

妊娠初期の貧血や吐き気を改善したい!原因と対策をチェック!のサムネイル画像

妊娠初期の貧血や吐き気を改善したい!原因と対策をチェック!

妊娠をしたことは、うれしい事です。ですが、妊娠初期には貧血や吐き気な…

chi018.hi58

赤ちゃんにおすすめのおもちゃは何?人気の商品・知育玩具まとめのサムネイル画像

赤ちゃんにおすすめのおもちゃは何?人気の商品・知育玩具まとめ

赤ちゃんが生まれると、まわりからいろんなおもちゃをもらったりしますよ…

みちゅまる

離乳食の食器セットでおすすめの人気商品は?木製と陶器はどちらがいい?のサムネイル画像

離乳食の食器セットでおすすめの人気商品は?木製と陶器はどちらがいい?

育児に必死になっていると、6ヶ月なんてあっという間にやってきます。生…

nebyo13

双子を妊娠すると妊婦のお腹の大きさはどうなる!?(写真有)のサムネイル画像

双子を妊娠すると妊婦のお腹の大きさはどうなる!?(写真有)

今回は双子を妊娠した時の妊娠のお腹がどうなるかを、検証してみました!…

たまあや

赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔になる時期や理由について調査のサムネイル画像

赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔になる時期や理由について調査

赤ちゃんのいろいろな表情を見せてくれるので見てあきませんよね。赤ちゃ…

yu-mo

ジェラートピケは出産祝いにもらうと嬉しいと評判!男の子女の子のベビーギフトにのサムネイル画像

ジェラートピケは出産祝いにもらうと嬉しいと評判!男の子女の子のベビーギフトに

お年頃の女性であれば、出産祝いをプレゼントした経験はありますよね。し…

aeca

赤ちゃんの長い前髪の切り方!ぱっつんなど上手なカットのコツは?のサムネイル画像

赤ちゃんの長い前髪の切り方!ぱっつんなど上手なカットのコツは?

赤ちゃんもある程度大きくなると髪の毛が伸びてきます。伸びた髪の毛をマ…

aeca

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?のサムネイル画像

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?

チョコレートは何歳から食べさせて良いのか悩むママたちが結構いらっしゃ…

高橋 真奈美

出産準備品リストまとめ!本当に必要なアイテム・おすすめはなに?のサムネイル画像

出産準備品リストまとめ!本当に必要なアイテム・おすすめはなに?

もう間もなく出産!初めての妊娠出産ではわからないことだらけ。いったい…

ha1103.823

赤ちゃんのせんべいはいつから?おすすめ商品や手作りレシピを紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのせんべいはいつから?おすすめ商品や手作りレシピを紹介

赤ちゃんのおやつの定番といえば、赤ちゃんせんべいではないでしょうか。…

aeca

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?のサムネイル画像

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?

妊娠中にはつわりなどでストレスも溜まってしまうものですが、便秘も悩み…

秋山ナオ

2歳児におすすめのおもちゃまとめ!男の子・女の子に人気の商品は?のサムネイル画像

2歳児におすすめのおもちゃまとめ!男の子・女の子に人気の商品は?

2歳児はとても活発に遊びまわる年頃ですね!今回はそんな2歳児におすす…

tomo0923

節分の豆まきの由来や意味とは?保育園児や子供向けに簡単に紹介するコツのサムネイル画像

節分の豆まきの由来や意味とは?保育園児や子供向けに簡単に紹介するコツ

節分とは「豆まきをして悪い鬼を追い払う行事」とは分かっていても、子供…

snow_lily

妊娠初期の食べ物は葉酸を含むものがおすすめ!注意すべき点は?のサムネイル画像

妊娠初期の食べ物は葉酸を含むものがおすすめ!注意すべき点は?

妊娠初期は、妊娠したことを目で見て実感する事も少なく不安になる人も多…

照屋 愛梨

新生児のおもちゃはいつから必要?おすすめのファーストトイまとめのサムネイル画像

新生児のおもちゃはいつから必要?おすすめのファーストトイまとめ

新生児を胸に新しい生活を始めるとき、何が必要になってくるのでしょうか…

持田リカ

液体ミルクはなぜ日本で買えないの?解禁されない理由や通販での買い方まとめのサムネイル画像

液体ミルクはなぜ日本で買えないの?解禁されない理由や通販での買い方まとめ

災害時に話題となった「液体ミルク」。いまだに日本での入手方法は、海外…

paul0816

赤ちゃん誕生100日目・百日祝いとは?お食い初めやいつやるかを調査のサムネイル画像

赤ちゃん誕生100日目・百日祝いとは?お食い初めやいつやるかを調査

赤ちゃんの100日目のお祝いの儀式であるお食い初めをご存知ですか?赤…

234

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで?布団との違いやメリットまとめ!のサムネイル画像

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで?布団との違いやメリットまとめ!

赤ちゃんを寝かせるベビーベッド。お布団との違いやベビーベッドを使うメ…

tommy

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ