赤ちゃんのつかまり立ちとは?

おすわりが出来るようになった赤ちゃんは、次につかまり立ちを始めます。つかまり立ちとは、何かにつかまって自分の足で立つことです。今まで低い視野で見ていた赤ちゃんが、自分の背の丈にあった視界を手にいれる新しい挑戦です。

赤ちゃんのつかまり立ちは、練習をしなくても自然と立てるようになる子もいればママやパパが練習をしてつかまり立ちが出来るようになる子がいます。どちらも赤ちゃんの足の力が必要になる非常に大きな成長です。

今まで、はいはいやずり這いで移動していた赤ちゃんが二本の足で不安定に歩くのは見ていてハラハラもしますが、それ以上に嬉しい成長ですね。すぐにつかまり立ちが出来る子も、苦手で避けてしまう子も居ますので個性を尊重しながらつかまり立ちを行いましょう。

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから出来るようになるものでしょうか。実は、いつからという決まりはありません。つかまり立ちのような成長過程には個人差がありますので正確にいつから、と言い切れませんが一般的に平均は生後8ヶ月から11ヶ月頃と言われています。

生後6ヶ月から7ヶ月でつかまり立ちが出来始める赤ちゃんは、かなり早い方と言えます。早すぎる時期につかまり立ちができてしまうと足や腰に負担がかかり心配になるママやパパもいることでしょう。重心を崩しやすく転倒しやすいので支えが必要です。

生後7ヶ月頃までに赤ちゃんが自発的につかまり立ちを行ったのであれば、赤ちゃんの手や腕の力が付いている証拠です。また、立ち上がってみたいという好奇心や興味が湧いてきたことにもなりますので成長を喜んでくださいね。

生後8ヶ月頃の赤ちゃんはつかまり立ちが出来る?

いつからつかまり立ちをするんだろうとワクワクしているママやパパの気持ちに応えるように、生後8ヶ月から10ヶ月頃でつかまり立ちを始める赤ちゃんが多くいます。まだ頭も重く重心が定まらないこともありますので転倒しないように見守ってください。

つかまり立ちはいつからするんだろうと少し心配になったママやパパも安心してください。11ヶ月頃つかまり立ちを始める赤ちゃんも居ます。成長がゆっくりだと感じてしまうかもしれませんが長くはいはいを行ってきた分、手や腕の力が付いています。

一般的に、つかまって立っていられるのは生後8ヶ月から10ヶ月頃といわれており、つかまって立っていられるのは生後9ヶ月を過ぎて10ヶ月を過ぎた頃と言われています。赤ちゃんの成長をゆっくり優しく見守ってあげたいものですね。

1歳になっても赤ちゃんがつかまり立ちをしない?

1歳を過ぎると、いつからつかまり立ちを始めるんだろうと不安になっているママやパパもいる頃ですね。平均で見ると遅い方といわれますが、いつから始まるという決まりはありません。赤ちゃんは一人一人成長の速度が違いますのではいはいの期間が長い赤ちゃんもいれば、お尻歩きが長い赤ちゃんもいます。

つかまり立ちをして新しい視界に興味を惹かれる赤ちゃんがいるように、その視界の新しさを怖がる赤ちゃんもいます。今までの見慣れた視界ではない刺激を与えてしまうと、恐怖に感じてしまうこともあります。慎重な赤ちゃんならなおさら怖く感じてしまいますね。

筋力が発達していない場合もあります。体を支えるだけの十分な力が備わっておらず立ち上がることができない場合もあります。関節や骨の異常がないのであれば一つの個性としてゆっくり筋力を発達させてあげましょう。筋力が備わると自然とつかまり立ちを始めますよ。

つかまり立ちで赤ちゃんの出来ることが広がる

赤ちゃんのつかまり立ちは、歩くための過程だけではありません。成長する上で非常に重要な役割があることをご存知ですか。つかまり立ちによって赤ちゃんは多くの動作を覚えて身につけることが出来るようになります。

立ち上がったままで体を前後左右に揺らすことが出来て、片手・両手を放して物をつかんだり投げたりできるようになります。育児をする上でママやパパは大変になりますが、これは非常に大きな成長といえますね。

更に立ち上がったままでバランスを保つことにより平衡感覚が身につきます。立ち上がったまま足を上下させたり、指先で体重を支えたり、膝の曲げ伸ばしも覚えます。動作を繰り返すことで伝い歩きや一人歩きを始めるきっかけにもなります。

つかまり立ちを行うとき赤ちゃんは何を考えてるの?

つかまり立ちを行う赤ちゃんは何を考えながら立ち上がっているのでしょうか。生後8ヶ月から12ヶ月までの赤ちゃんは「目標を持って行動する力」が生まれています。赤ちゃんが感覚を知って行動するようになるのです。

物を舐めたり、口に入れたり、手で触れたり叩いたり振ったりとすることによってどういった物なのか知ろうとしています。そして、自分はどのように対応するべきか考えているのです。この知的機能が発達することが歩くことにも繋がります。

つかまり立ちには、体力面・筋力面などの身体機能だけではなく知的機能も重要になっています。つかまり立ちに興味を持ってもらうために、赤ちゃんの興味がわくような練習法やおもちゃを取り入れることによって楽しくつかまり立ちを行うことができますね。

赤ちゃんのつかまり立ちの練習はするべき?

赤ちゃんがつかまり立ちに興味を示さないのであれば、無理に練習することはありません。赤ちゃんの成長の速度はまちまちなので慌てずゆっくり見守ってあげましょう。赤ちゃんによっては座っている方が楽しいと感じているのかもしれません。

1歳を過ぎてもつかまり立ちに興味を示さない、なかなか立ち上がらないのであれば無理をせずにゆっくり練習法を取り入れてみましょう。無理やりしてしまいますと赤ちゃんのストレスになり、自発的に行ってくれなくなります。

赤ちゃんが自発的に立ち上がろうとしたときや転びそうになったときなどはしっかり支えてあげましょう。不安定な立ち方や危険な立ち方なのであれば、ママやパパが練習法を取り入れてサポートしてあげたいですね。

つかまり立ちの練習法はどうするの?

人見知りや好き嫌いが出始める頃なので、つかまり立ちの練習も嫌がることもあるでしょう。そんなときは無理強をせずに赤ちゃんのペースに合わせてあげてください。機嫌が良いときや頑張って取り組もうとしているときに行ってくださいね。

つかまり立ち練習方法、その前に

赤ちゃんが、両手でしっかりと物を握ることができるかどうか確認してください。ママやパパの指や、タオルなどを握らせて力加減を確認してください。握る力がないのであれば、つかまり立ちが出来ませんので気をつけましょう。

つかまり立ち練習法「立ち上がる」

赤ちゃんを支えながら立たせてあげましょう。このときに、赤ちゃんがテーブルなどの支えに両手を出して手をつくということと両足がしっかりと地面に着いていることを体験させて、認識させてください。テーブルなどの支えに寄りかかり体を安定させて体勢をキープしましょう。

赤ちゃんが安定して立っていられるようであれば、テーブルなどの支えに手をついて立つことを覚えさせてあげましょう。赤ちゃんの腰あたりを支えてあげながら、いつ転倒しても守れるように見守ってあげてくださいね。

つかまり立ち練習法「移動しよう」

テーブルなどの支えにおもちゃを置き横移動させましょう。赤ちゃんを支えながらおもちゃと同じ方向に進み、触る・取るという動作を加えてみましょう。カニ歩きが必要になりますので、ここで習得させてあげましょう。

赤ちゃんの足がなかなか動かないようであれば、声をかけてあげながら足を持ち上げて動かしてあげましょう。足の裏で移動が出来るのであればスムーズにつかまり立ちや一人歩きが出来るようになるので安心してくださいね。

赤ちゃんのつかまり立ちを手助けするアイテム

赤ちゃんのつかまり立ちを手助けするおもちゃもあります。テーブルの形状になっているおもちゃは、テーブルにおもちゃなどの付属がありますので散らかったりせずにテーブル一つでつかまり立ちの練習になり便利なアイテムです。

ベビージムもつかまり立ちの手助けアイテムになります。新生児のときに使っていたベビージムは上部におもちゃなどの仕掛けがたくさんついてある機能もありますので、赤ちゃんの興味を惹いて触ろうと立ち上がってくれやすくなります。

赤ちゃんのつかまり立ちに手押し車は必要ない!?

つかまり立ちの手助けアイテムの一つとして手押し車も挙げられることがあります。押してカタカタ音が鳴るようなものやおもちゃがたくさん付いているので赤ちゃんの興味を惹きやすいので第一歩を踏み出すのに役立ちます。

しかし、手押し車の特徴は押すと動き出してしまいますので赤ちゃんの足腰の負担に繋がりやすくバランスを崩して転倒しやすいことがあります。赤ちゃんが恐怖心を抱いてしまうことにも繋がりやすくなってしまいます。

ママやパパが近くで見守ってあげて、しっかり押さえてあげるようにしましょう。見守る大人がいないときに赤ちゃんだけで手押し車を押してしまうと事故に繋がりかねません。危険を感じるのであれば、手押し車は赤ちゃんが一人歩きを始めた頃に使いましょう。

赤ちゃんのつかまり立ちを助けるおすすめ商品

つかまり立ちだけではなく、新生児から使えるおもちゃがおすすめです。赤ちゃんが楽しくつかまり立ちが出来るようにサポートしてあげたいものですね。新生児のときから一人歩きが出来るようになるまで、長く使えるおもちゃでつかまり立ちを支えてあげましょう。

ピープル「あんよつよい子ウォーカー」

使わないときは畳んで仕舞えるコンパクトな商品です。フローリングでも使えるクッションタイヤなので屋内でも使うことが出来て、転倒防止ストッパーも付いています。つかまり立ちを始めた頃に使える便利な商品です。

タカラトミー「ディズニーキャラクターへんしんおすわりデスクジム」

新生児の頃に使えるベビージムからおすわりを始める時期に使えるイス、そしてつかまり立ちを始める頃に使えるテーブルへと変化を遂げる便利な商品です。しっかりと安定しているので赤ちゃんも安心して支えに使うことが出来ます。

ママやパパと行う、つかまり立ち練習法

ママやパパと一緒に歩く練習法

ママやパパの足の上に赤ちゃんの足を乗せて、赤ちゃんの手をつかんでゆっくり歩いてあげましょう。バランスを崩しやすい赤ちゃんは、こうして支えてあげることによって安心して歩く方法を覚えることが出来ます。

興味を惹いて褒めてあげよう

赤ちゃんの立ち上がったときの目線に合わせて絵本を読んだりおもちゃをみせてあげたりしましょう。立ち上がらないと見えない、と思うと赤ちゃんも頑張ってつかまり立ちを行います。つかまり立ちができたら、たくさん褒めてあげましょう。

遊んで視界を広げてあげよう

ボールやおもちゃを転がして追いかけたり、体を動かしてママやパパと遊んでいると赤ちゃんももっと遊びたいと思ってつかまり立ちをすることがあります。視界を広げようと好奇心を持ってくれるように新しい遊びを提供してみましょう。

つかまり立ちをしない赤ちゃんへのアプローチ

いつからつかまり立ちをするの?と心配になっているママやパパもいることでしょう。いつから始まるという決まりはありませんので安心してください。赤ちゃんの興味を惹いたり、好奇心を刺激してあげることで自然と行ってくれます。

個人差が大きいつかまり立ちなどの成長は、生後9ヶ月頃に誘導しながら行ってあげましょう。早い時期に始めてしまうと赤ちゃんの体に負担をかけてしまう恐れがありますので焦らずにゆっくり慎重に行ってくださいね。

赤ちゃん達が集まるところで、同じ月齢の赤ちゃんと遊ばせてあげてもいいですね。大きなお友だちがつかまり立ちをしているところを見れば、赤ちゃんにとっても刺激になり自分も見てみたいとつかまり立ちをするきっかけになります。

赤ちゃんのつかまり立ちを注意して見守ろう

赤ちゃんがつかまり立ちを始めたら、部屋の環境を変えてください。赤ちゃんは自分で危険物の判断はできません。体重をかけたら倒れてしまうもの、口に入ったら危ないものなど、ママやパパが協力して部屋を整えましょう。

怪我や転倒を防ぐために、ベビーガードをつけることや角を保護することをおすすめします。赤ちゃんの行動は予測不能なので様々なことに備えておきたいものですね。危ないものは部屋に置かないようにしましょう。

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになると、テーブルの上に置いてあるものをつかんだり投げたりすることもあります。赤ちゃんが怪我をしないためにも部屋の整理整頓、保護カバーなどの設置はしっかり行ってあげたいですね。

赤ちゃんの個性を尊重してつかまり立ちを練習しよう

いつからつかまり立ちができるんだろうと不安になりますが、安心してください。赤ちゃんの成長は一人ひとり違っています。元気に健やかに成長してくれれば、それだけでママもパパも家族のみんなも安心できるものです。

赤ちゃんの個性を尊重して無理な練習は行わずに、赤ちゃんが楽しく練習できるような環境作りを整えてあげましょう。興味を惹いてあげられるようなおもちゃなども是非取り入れてみてくださいね。ママやパパが成長を不安がるのではなく、元気に長い目で見守ってあげることが大切です。

合わせて読みたい赤ちゃんの歩く練習法についての記事はこちら

関連するまとめ

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?のサムネイル画像

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?

どんな世代からも愛されるココア。今回は、そんなココアのカフェイン含有…

美海

新生児にベビー布団セットは必要?選び方や赤ちゃんにおすすめ品を紹介のサムネイル画像

新生児にベビー布団セットは必要?選び方や赤ちゃんにおすすめ品を紹介

ベビーグッズを買い揃え始めたとき、ベビー布団セットは買いましたか?な…

岡田あやの

赤ちゃんのベビーサークルでおすすめは?人気商品や選び方まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのベビーサークルでおすすめは?人気商品や選び方まとめ

赤ちゃんが自分で動けるようになってくると必要になってくるのがベビーサ…

はるまママ

赤ちゃんの体温計でおすすめは?おでこ式・耳式・脇で人気なのはどれ?のサムネイル画像

赤ちゃんの体温計でおすすめは?おでこ式・耳式・脇で人気なのはどれ?

赤ちゃんの健康を守るためには、平熱を知って体温の変化に気を付けること…

tommy

里帰り出産のお礼の相場は?渡すタイミングやマナーについてまとめのサムネイル画像

里帰り出産のお礼の相場は?渡すタイミングやマナーについてまとめ

里帰り出産では出産前はもちろん、出産後の赤ちゃんのお世話まで実母、ま…

kta

赤ちゃんの後追いとは?時期はいつからいつまで?しない原因や対処法まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの後追いとは?時期はいつからいつまで?しない原因や対処法まとめ

赤ちゃんの後追いはいつから始まりいつまで続くのでしょうか?お母さんを…

watanebe

赤ちゃんのミルクはいつからいつまで?卒業・寝かしつけのコツまとめのサムネイル画像

赤ちゃんのミルクはいつからいつまで?卒業・寝かしつけのコツまとめ

赤ちゃんの大事な栄養素であるミルク。母乳育児の方も1度は与えたことが…

岡田あやの

【女の子】古風な名前まとめ!春夏秋冬・和をイメージした名前が人気!のサムネイル画像

【女の子】古風な名前まとめ!春夏秋冬・和をイメージした名前が人気!

最近、古風な女の子の名前がブームで、若い女優さんにも古風な名前が多い…

entaenteko

貧血はまぶたの裏ですぐわかる!貧血の人は色が白い?【写真あり】のサムネイル画像

貧血はまぶたの裏ですぐわかる!貧血の人は色が白い?【写真あり】

貧血は、実はあまり知られていない症状も多く、自分が貧血だと気付いてい…

h.neco0727

赤ちゃんの血液型はいつわかる?検査方法・費用や時期などを調査のサムネイル画像

赤ちゃんの血液型はいつわかる?検査方法・費用や時期などを調査

長い妊娠生活を経て可愛い我が子との対面に喜びを感じ、少し経つと気にな…

みんみん

子供の名前の姓名判断・診断してくれる人気無料サイトまとめ!のサムネイル画像

子供の名前の姓名判断・診断してくれる人気無料サイトまとめ!

赤ちゃんが生まれた~。名前どうしよう。いい名前が思いつかない。迷っち…

yoshiyuki

新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!のサムネイル画像

新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!

新生児用の抱っこ紐、どんなものを使っていますか?様々な種類のものがあ…

岡田あやの

性格は遺伝する?それとも環境による?親と子供が似る不思議をご紹介のサムネイル画像

性格は遺伝する?それとも環境による?親と子供が似る不思議をご紹介

うちの子は私にそっくりの性格。なんて思った事はありませんか。性格は遺…

nebyo13

リビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介のサムネイル画像

リビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介

子供の勉強って何処でしていますか?最近子供の学習法でリビング学習が良…

だいごろう

3歳の習い事ランキング!男の子・女の子におすすめのものを紹介!のサムネイル画像

3歳の習い事ランキング!男の子・女の子におすすめのものを紹介!

子供の習い事って、何歳から始めようか、何を習わせようか、他の人はどん…

みちゅまる

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!のサムネイル画像

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!

初めて赤ちゃんを迎える人が悩むのが赤ちゃんのベビー肌着選びです。赤ち…

nebyo13

赤ちゃんの麦茶はいつからいい?作り方・飲ませ方やおすすめ商品を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの麦茶はいつからいい?作り方・飲ませ方やおすすめ商品を紹介

ノンカフェインのお茶として知られる麦茶は、赤ちゃんの育児に活用するこ…

kon_w

コストコおしりふきの口コミ特集!値段やリニューアル情報まとめ!のサムネイル画像

コストコおしりふきの口コミ特集!値段やリニューアル情報まとめ!

今メディアでも多く取り上げられているコストコ!そんなコストコでおスス…

loooveai

妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?のサムネイル画像

妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?

生理日を予測したりするときや、妊娠してるかなどを判断するときに用いる…

ayamaron

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説のサムネイル画像

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説

赤ちゃんのデリケートな服は大人と一緒に洗濯するより別で洗うと生地を傷…

234

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ