ウェディングブーケの作り方・保存方法!造花と生花ではどちらがいいの?

ウェディングブーケの代表的な疑問を解決します。ウェディングブーケは生花?造花?形は?、手作りはできるの?など。詳しい作り方から保存方法までまとめました。特別な結婚式。ウェディングブーケを決める時の参考にしてみてください。

目次

  1. ウェディングブーケはどうしたらいいの?
  2. ウェディングブーケは造花と生花、どちらがいいの?
  3. ウェディングブーケの作り方①材料を揃える
  4. ウェディングブーケの作り方②形を決める
  5. ウェディングブーケの作り方③花を決める
  6. ウェディングブーケの作り方④形作る
  7. 人気のウェディングブーケ保存方法①ガラスケースに入れる
  8. 人気のウェディングブーケ保存方法②押し花にする
  9. 人気のウェディングブーケ保存方法③両親とシェア
  10. ウェディングブーケに関するまとめ

ウェディングブーケはどうしたらいいの?

ご結婚おめでとうございます!花嫁さんは衣装や髪型に合わせて、ウェディングブーケも種類が多く、色々と悩みますよね。ここでは、ウェディングブーケについて作り方や保存方法など、ご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

ウェディングブーケは造花と生花、どちらがいいの?

ウェディングブーケと一言で言っても、生花で作るのか、造花で作るのか、形は?色は?などなど、決めることがいっぱい。まずは、生花にするのか、造花にするのかを決めましょう。それぞれにメリット・デメリットがあるので、判断の参考にしてみてください。

生花で作るウェディングブーケ

通常、生花のウェディングブーケは約2万円~3万円。使う花の種類、ウェディングブーケの大きさによって変わる花の本数・・・調整して予算内で、ということも相談してみる価値がありそうですね。

@mishina.koheiさんの投稿
18722860 430482380642137 1863422529746501632 n

デメリットは長持ちしにくいということ。生き物なので仕方ありません。結婚式当日、別日に行う前撮り、とウェディングブーケが必要なシーンを考えると、1個では足りませんよね。また、結婚式の時期によっては使える花が限られてしまいます。旬の花は単価も安く手に入りやすいですが、花の種類にこだわると1本1本の単価が上がってしまい、ウェディングブーケ全体の金額をはね上げてしまいます。

生花のウェディングブーケを手作りするのは、扱いに慣れている上級者向きかもしれません。作っている最中に折れてしまったり、しおれてきてしまったり…。生花にこだわるのであれば、ブーケ作りはプロにお願いしましょう。通常、生花のウェディングブーケは約2万円~3万円。使う花の種類、ウェディングブーケの大きさによって変わる花の本数・・・調整して予算内で、ということも相談してみる価値がありそうですね。

造花(シルクフラワー)で作るウェディングブーケ

造花の一番のメリットは長持ちすることです。そしてコストがかからないのもポイントですね。また、季節を問わず、使いたい花を使ってウェディングブーケを作れます。見た目も生花と変わらないものも増えてきたので、自分の目で確かめて選びましょう。

@lalachance_m.noguchiさんの投稿
18879137 1302126979824272 7874654140138258432 n

そして軽い!ブーケを持つ手でドレスの裾も持たなければならない花嫁さんには朗報です。形も変幻自在なのも嬉しいですね。個性的な形にして注目を集めることも可能です。造花のブーケを手作りする花嫁さんも増えてます。オリジナルブーケを自分で作れば、思い入れも人一倍ですね。

デメリットは安っぽく仕上がってしまう可能性があることです。本物と見分けがつかないくらい品質が向上してきてますが、まだまだ品質があまり良くない物もあるようです。しっかりと見て確かめてから決めましょう。

プリザーブドで作るブーケ

@flor_de_celezo_mayuさんの投稿
17438410 1882770718666295 3256770715830976512 n

生花に加工を施したものがプリザーブドです。なので、見た目は生花のよう。なのに、保存ができるという点が魅力です。デメリットは、着色などをしてあるため、色移りや、加工液などの影響でヒビ、カケなどもあります。造花に比べて少し高い点も挙げられるでしょう。

ウェディングブーケの作り方①材料を揃える

@pre_yome20170707さんの投稿
18513549 668663600008245 5155901156999823360 n

ブーケ作りに必要な物は主に4つ。一つはフローラルテープ。グリーン系のテープで、ワイヤーを隠したり束ねたりするのに使います。二つ目は、アレンジメント用ハサミです。ペンチでも代用可能です。三つ目はリーフやチュール、リボンなど。束ねるた後に飾り付けます。四つ目は、ブーケスタンド。出来上がったブーケを立てて保管しておきます。

ウェディングブーケの作り方②形を決める

ブーケには様々な形があります。ドレスが決まった頃、ドレスの色と雰囲気に合わせてブーケの形も決めていきましょう。定番の形、人気の形など、ブーケの形をご紹介します。

ラウンドブーケ

@aya0304wedさんの投稿
18809224 115074865748733 6724483351631101952 n

一番定番の形です。丸くコロンとした形がとても可愛いですね。シンプルな形なだけに、よく選ばれます。小さめの花を使うといいでしょう。オードソックスな、Aラインやプリンセスライン、ベルラインのドレスに良く合います。

キャスケードブーケ

@hii_xx_33さんの投稿
18888646 1528475447216407 426484394157408256 n

キャスケードとは小滝という意味。流れ落ちる滝をイメージして、逆三角形の形をしています。選ぶ花次第で、可愛い印象にも、エレガントな印象にもなります。ラウンドブーケ同様、選ばれることの多いデザインです。上品&華やかなので、フォーマル感も増します。Aラインやプリンセスラインのドレスと合います。

ティアドロップブーケ

@kanakanahayakanaさんの投稿
18160670 1771204886524038 3704861595805941760 n

涙の形を逆にしたような可愛い形でデザインします。キャスケードブーケと似ていますが、こちらの方が小ぶりな仕上がりになります。小柄な方にも最適です。また、ブーケでIラインを強調できるので、ふくよかな方にもオススメです。フィッシュテールラインや、ベルライン、マーメイドラインのドレスとよく合わせています。

オーバルブーケ

@4242sakiさんの投稿
18011388 863019217185267 3589941160161837056 n

ラウンドブーケと似ていますが、こちらは卵形。ラウンドブーケよりも小ぶりです。2種類の花や葉で作り上げると、可愛い上に、より華やかに仕上がります。Aラインやプリンセスラインのドレスと組み合わせることが多いです。

クラッチブーケ

@atelier_tediaさんの投稿
18722045 132846870609785 454402209862385664 n

花の茎を長目に切り、リボンなどでざっくりまとめただけのデザイン。近年、人気上昇中のデザインです。ナチュラルで可憐、可愛い印象を与えられますね。カジュアルなウェディングにも最適です。マーメイドラインやミニ丈のドレスと相性がいいです。

クレッセンドブーケ

@makikosugiharaさんの投稿
18723385 176278852902094 8807991911273988096 n

日月の形でデザインします。Aライン、プリンセスライン、ベルラインのドレスに合います。選ぶ花によって、出来上がりのイメージが変わるので、ゴージャスにも、可愛い雰囲気にも仕上がります。

アームブーケ

@arnekamoeさんの投稿
18299916 245869422557871 8923052869658083328 n

クラッチブーケよりも、長い茎を残して束ねます。花嫁が腕に抱えるように持つから、アームブーケといわれています。スタイリッシュな印象を与え、背の高い人にはとてもよく似合います。スレンダーラインやマーメイドラインのドレスにオススメです。

ボールブーケ

@sdlafleurさんの投稿
16465563 1234332633329076 8541287460238262272 n

名前の通り、ボールのように球状の形が可愛いですね。リボンや紐などで、バッグのように仕上げることが多いです。肩にかけたり、手で持ったり。和装にもよく合う形です。

ボールブーケの簡単な作り方まとめ!和装にも合うボールブーケとは? | Pinky[ピンキ-]

ウェディングブーケの作り方③花を決める

形が決まったらどんな花を使って作るのか決めていきます。生花で作る場合は、結婚式の時期も重要になってきます。使いたい花と、開花している花が違った場合は、造花に変えるなどして対応しましょう。また、衣装の色も重要です。衣装を着た写真などと照らし合わせながら、決めていくのもいいですね。

ウェディングブーケの作り方④形作る

ここでは造花(シルクフラワー)を使った作り方をご紹介します。時間の余裕のあるときに、じっくり作れる造花(シルクフラワー)でチャレンジしてみましょう。もし、失敗してしまっても、やり直しができるのも安心ですね。初心者にも作りやすいラウンドブーケに挑戦してみましょう。

1.茎の長さを揃えてテープを巻く

茎の部分を切りそろえます。出来上がりの形を想像して、手で持つ部分の長さがどの程度あるといいのかを考えて切りましょう。余分な葉やつぼみなども切り落としておきます。茎部分に、フラワーテープを巻きます。見た目を揃えて、束ねやすくするためです。この作業を必要な花1本1本すべてに行います。

2.組み立てる

@sung_ayaさんの投稿
14624725 389433038114168 7859604209660854272 n

さあ、いよいよ組み立てです。メインとなる花を1輪選びます。その上下左右にサブメインとなる花を4輪選びます。これがブーケの枠になります。他の花で隙間を埋めるようにして作っていくと、初心者の方でもうまくラウンドに仕上がっていきますよ。

3.隙間を埋める

@labella_fleurさんの投稿
14723203 1797984063824152 9108753958318374912 n

隙間を埋めている際は、大きな花から配置していくといいでしょう。細かい花や飾りパーツなどは最後にするとバランスよく、ラウンドの形もキレイに仕上がります。形、配色、バランスなど、納得のいくものが出来たら次の行程に移りましょう。

4.裏側の処理をする

フローラルテープでとめてある茎の部分が剥き出しになってしまうので、装飾して自然に隠します。生花のように見せたいのであれば、リーフを用いるのがおすすめです。ブーケ自体にボリュームを出したい方はチュールがいいでしょう。

5.持ち手部分の装飾

持ち手部分をフラワーテープでしっかり固定しましょう。あとは、テープの上からリボンを巻くだけ。花の色と合わせると馴染んでいい仕上がりになりますね。今では、持ち手部分にもラインストーンを貼り付けたり、オリジナリティを出す人もいるようです。

6.ブーケスタンドで保管

@tokyohanakomachiさんの投稿
17819197 1848819182040034 6209724438804430848 n

結婚式当日までスタンドに立てて保管しておきましょう。あとは当日を待つのみです。

ブーケの作り方・包み方ご紹介!造花で簡単にウェディングブーケ! | Pinky[ピンキ-]

人気のウェディングブーケ保存方法①ガラスケースに入れる

ドーム型のガラスケースが人気です。見た目も可愛い仕上がりですね。プリザーブド加工やドライ加工を施したブーケを飾ります。花の美しさを損なわないガラスが人気のようです。

人気のウェディングブーケ保存方法②押し花にする

壁にかけたり、棚の上に飾ったり、飾る場所に困らない保存方法ですね。奥行きを感じられる立体のタイプもあり、より元のブーケに近い形で保存できる方法もあります。元は生花なので、太陽の光などは色褪せの原因にもなるので、注意が必要です。

人気のウェディングブーケ保存方法③両親とシェア

@yusfleurさんの投稿
13109128 934500903334148 1980724610 n

一つのブーケから、複数のブーケを作ります。。両親や友人へのギフトとして選ぶ方も多いです。幸せのお裾分けですね。

ウェディングブーケに関するまとめ

@churaa.kanaさんの投稿
18809591 338844143198523 6864900826268172288 n

結婚式は特別なもの。それをふまえて、ブーケにもこだわりたいですね。作り方を参考に手作りして思い出を増やすのも良し、プロにお願いして個性溢れるブーケにするのも良し、記念に残る結婚式にするためのブーケと捉えて、じっくり検討しましょう。

ウェディングブーケの人気デザイン!生花でも記念に保存する方法は? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ