緑茶ダイエットの効果・方法とは?結果が出やすい正しい飲み方まとめ

緑茶ダイエットの効果や飲み方、効率的な方法についてまとめました。緑茶ダイエットの効果を出しやすい方法さえチェックすれば、気軽にダイエットにチャレンジできるのが嬉しいポイント。緑茶ダイエットの効果や方法を知って、ダイエット効果を引き出しましょう!

緑茶ダイエットの効果・方法とは?結果が出やすい正しい飲み方まとめ

目次

  1. 緑茶ダイエットは本当に効果的?
  2. 緑茶がダイエットに効果がある理由
  3. 緑茶はダイエット以外にも嬉しい効果がある!
  4. 緑茶をダイエットに活用できる効果的な飲み方
  5. 緑茶ダイエット中におすすめの運動方法
  6. バランスのとれた食事も緑茶ダイエットでは大切
  7. 緑茶の茶葉もダイエットに効果がある
  8. 緑茶ダイエットを行った人の結果や口コミは?
  9. 緑茶以外でダイエットに効果的なお茶
  10. ダイエットにも最適!緑茶を使ったつくねのレシピ
  11. 緑茶入りのレタス包みのレシピ
  12. 風味豊かに仕上がる緑茶の茶飯レシピ
  13. 緑茶入りのソーセージもおすすめのレシピ
  14. グルテンフリーダイエットに最適な緑茶の米粉パン
  15. 緑茶をダイエットに取り入れて結果を出そう!

緑茶ダイエットは本当に効果的?

ダイエット方法として注目されている緑茶

近年、ダイエット飲料として注目されているのが緑茶です。緑茶にはダイエットに最適な栄養が豊富に含まれ、結果を出しやすい飲み方を取り入れることによって効率的にダイエットができるようになるのが嬉しいポイント。緑茶は飲みやすく、気軽にダイエットに使えるのも魅力です。緑茶を使ったダイエットで結果を出してみませんか?

緑茶はスーパーやコンビニなどで身近で手に入れることができるので、簡単なダイエット方法を探している方にもおすすめ。緑茶を使ったダイエット方法であれば、結果を気軽に出しやすくなります。ダイエットをしたいけれども効果な食品は取り入れにくい、という方にも緑茶を使った方法がおすすめ。

ダイエットに効果的な緑茶の飲み方をチェックしよう!

「緑茶ダイエットはどうやったら結果を出すことができる?」「ダイエットの結果を出しやすい緑茶の飲み方を知りたい!」というときに最適な緑茶ダイエットの方法をまとめました。正しい飲み方を取り入れていけば、緑茶ダイエットの結果を引き出すことができるようになります。ぜひ緑茶を活用してダイエットにチャレンジしてみましょう!

緑茶がダイエットに効果がある理由

カテキンで脂肪を分解

それでは、どうして緑茶がダイエットに良い結果を引き出してくれるのでしょうか?緑茶のダイエット成分として知られているのがカテキン。緑茶に豊富に含まれているカテキンはポリフェノールの一種です。カテキンには脂肪を分解する作用があるとされており、ダイエットに効果的。摂取した脂肪をカテキンの力によって分解し、排出する働きを期待できます。

カテキンは血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるのも嬉しいポイント。血糖値が急激に上昇すると脂肪を溜め込みやすい体の状態になってしまいますが、緑茶を飲んで血糖値の上昇をゆるやかにすることによって脂肪を溜め込みにくい状態にすることができるようになります。

カフェインで脂肪の燃焼を促進

緑茶にはカフェインも含まれているのが特徴。カフェインには脂肪の燃焼を促進する働きがあるとされているので、体についた脂肪をエネルギーに変えやすくすることができます。

このように緑茶にはダイエットに良い結果を引き出してくれる成分がたくさん含まれているのが魅力。コレステロール値を下げるなど健康にも良い働きもあるとされているので、健康的な生活を楽しみたいときにも緑茶が最適です。

緑茶はダイエット以外にも嬉しい効果がある!

美容に良いビタミンやミネラル

緑茶にはダイエットに良い結果を出すだけでなく、美容にも効果的な作用があるとされています。緑茶にはビタミンやミネラルといった肌に欠かすことのできない成分がたくさん含まれているのが嬉しいポイント。ビタミンやミネラルが不足すると肌荒れなどの原因になってしまいますが、緑茶で補うことで若々しい肌をキープしやすくなります。

口臭の予防

緑茶には口臭を予防する働きもあるとされています。強い殺菌効果を持った緑茶は口内の環境を整え、気になるニオイを消してくれる作用を期待することが可能。食事の後に口臭が気になるときなどに緑茶を飲んで対処することができます。このようにダイエット以外にも良い作用を期待できる緑茶、ぜひ日常的に活用していきたいですね。

Thumb緑茶の効果や効能・栄養について調査!美容や便秘を改善する摂取量は?

緑茶をダイエットに活用できる効果的な飲み方

食前に緑茶を飲む方法

それでは、ダイエットに最適な緑茶の飲み方をチェックしていきましょう。まずおすすめしたいのが食前に緑茶をいただく飲み方。食前に緑茶を飲むことによって血糖値の上昇をゆるやかにし、脂肪を溜め込みにくい状態にすることができるようになります。

食前に緑茶をいただく飲み方であれば、食事で摂取した脂肪を分解してエネルギーに変えやすくすることができます。食前に緑茶を飲むことによって満腹中枢を刺激できるのも嬉しいポイント。温かい緑茶をゆっくり飲むことで満腹感を得ることができ、少量の食事でも満足できます。

運動前に緑茶を飲む方法

運動前に緑茶をいただく飲み方もおすすめ。緑茶には脂肪をエネルギーに変える作用があるとされているので、運動前に飲むことによって大幅な代謝アップを期待することができます。運動をする30分前くらいに緑茶を飲み、代謝を上げていきましょう。このように飲み方によって期待できる作用が変わってくるので、ぜひこういった飲み方を活用してみてくださいね。

Thumb緑茶に含まれるカフェインの量と効能を調査!妊娠中に飲んでも大丈夫?

緑茶ダイエット中におすすめの運動方法

有酸素運動

緑茶ダイエット中には適度な運動も欠かせません。緑茶を飲んで運動をすることで効率的なダイエットが可能に。緑茶を飲んだ後の運動におすすめなのが有酸素運動です。水泳やランニング、ウォーキングといった有酸素運動を行うことで代謝が上がり、体脂肪の燃焼につなげることができるようになるので取り入れてみてはいかがですか。

簡単なストレッチでもOK

有酸素運動をする時間がない!というときは、簡単なストレッチでもOK。自宅で気軽に行うことができるストレッチを日常的に行うことで緑茶ダイエットの効果を高めることができるようになります。

バランスのとれた食事も緑茶ダイエットでは大切

栄養の偏りは肌荒れや体調不良の原因に

緑茶を飲んでいるからといって暴飲暴食をしてしまっては意味がありません。緑茶ダイエットは緑茶を飲むだけで痩せられるダイエット方法ではないので、しっかりと栄養を整えることが大切になります。栄養バランスが偏った食事は体調不良や肌荒れの原因になるので気をつけていきたいですね。

緑茶を飲む共に栄養バランスも考えよう

タンパク質・ビタミン・ミネラル・糖質・脂質といった健康的な生活に必要な栄養をバランスよく整えながら緑茶も飲んでいくことが大切になります。上質な脂質を取り入れ、糖質を控えめにすればバランスの良い食事を楽しめるので、ぜひバランスを意識した食事にしてみてはいかがですか。

緑茶の茶葉もダイエットに効果がある

お茶の成分を全て取り入れるには茶葉も食べよう

緑茶の成分をしっかりと摂取したいときには、茶葉も食べるのがおすすめ。緑茶を飲んだ後の茶葉には、カテキンやカフェインといった成分が残っているので食べてみましょう。

茶葉は色々なレシピに活用できる

茶葉を食べるというと意外な印象がありますが、実はいろいろな料理にアレンジできる便利な食材。炊き込み御飯に入れたり、手作りパンに混ぜ込んだりと、いろいいろな活用方法があるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

緑茶ダイエットを行った人の結果や口コミは?

緑茶を飲料水として飲んで痩せた!

緑茶を日常的に飲んで痩せることができた!という口コミが多く見られました。バランスのとれた食事と運動も取り入れながら緑茶ダイエットを楽しんでいきたいですね。

緑茶以外でダイエットに効果的なお茶

プーアール茶

緑茶以外にもおすすめしたいお茶は、プーアール茶。脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果を期待できます。

黒烏龍茶

黒烏龍茶もおすすめ。脂肪の吸収をおさえる効果があるとされているので、ダイエットに最適です。

ダイエットにも最適!緑茶を使ったつくねのレシピ

つくねに必要な材料

緑茶は茶葉も余すことなく使うことで、カテキンをはじめとしたダイエットに有効な成分を取り入れることができるようになります。茶葉を活用して、いろいろな料理を作ってみるのがおすすめ。まずおすすめしたいのが緑茶入りのつくね。鳥ひき肉を使っているので低カロリーでヘルシーに仕上げることができます。

茶葉入りつくねに必要な材料は、茶葉5g、鳥ひき肉200g、長ネギ20g、ニンジン30g、大葉4枚、卵1/3個、砂糖小さじ2、醤油小さじ2になります。タレに必要なのは、醤油大さじ1、みりん大さじ2。タレを作らず、ポン酢をかけても美味しくいただけます。好みに合わせてタレを選んでくださいね。

簡単な作り方

ニンジンとネギはみじん切りにしておきましょう。ボウルに鳥ひき肉・刻んだ大葉・茶葉・卵・醤油・砂糖・ニンジン・ネギを入れたら、ねばりが出るまでしっかりと混ぜます。混ぜ方が足りないと焼いた時にひび割れの原因になってしまうので注意。混ぜ終わったら8等分にしてつくね上に丸めていきます。

油をしいたフライパンでつくねの両面をこんがり焼いたら、少量の水を加えた蓋をします。蒸し焼きにしてしっかりと中まで火が通ったら、混ぜ合わせておいたタレの調味料をまわしかけましょう。全体に味をからませながら水分をとばし、煮詰め終わったら完成です。

緑茶入りのレタス包みのレシピ

レタス包みに必要な材料

茶葉入りレタス包みもおすすめしたいレシピ。レタスをたっぷり食べられてヘルシーです。甘辛の味付けはレタスとの相性がピッタリ。食べ応えがあるので、ダイエット中でも食事が足りないというストレスを軽減することができます。ひき肉は低カロリーは鶏胸肉を使うのがおすすめ。味がしっかりついているので、鶏胸肉でもボリューム感があります。

茶葉入りレタス包みに必要な材料は、ゆでたけのこ50g、干し椎茸1枚、パプリカ1個、長ネギ15g、ニンニクと生姜各ひとかけら、茶葉5g、ごま油大さじ1、鳥ひき肉150g、醤油大さじ1、片栗粉小さじ1、酒小さじ1、オイスターソース小さじ1、砂糖小さじ1、レタス、香菜になります。ピリッとした風味をプラスしたい時は、鷹の爪を刻んで入れてもおすすめ。

ダイエットにも最適なレシピ

干し椎茸は水で戻して刻み、ゆでたけのことパプリカは1cm角にカットします。生姜・長ネギ・ニンニクはみじん切りにしましょう。ひき肉・醤油・片栗粉・酒を混ぜ合わせます。ごま油をしいたフライパンで生姜・ニンニク・長ネギを炒め、香りが出てきたら干し椎茸とゆでたけのこ、パプリカをプラス。

全体に油が回ったら味付けをしたひき肉を加えます。ひき肉の色が変わったらオイスターソースと砂糖を入れて味を絡めましょう。仕上げに茶葉を入れたら火を止め、混ぜ合わせます。レタスを適当な大きさにちぎり、香菜とひき肉と共に食卓に出したら完成。

風味豊かに仕上がる緑茶の茶飯レシピ

茶飯に必要な材料

茶飯も緑茶の茶葉を使って作っておきたいレシピ。緑茶の豊かな風味を感じられ、いつものご飯とは違った美味しさを楽しむことができます。ダイエット中はもちろんご飯の量は控えめに。緑茶が入っている分、普通のご飯よりもダイエット効果を期待することができるのが嬉しいポイントです。

茶飯に必要な材料は、茶葉大さじ3、米3合、塩昆布大さじ1、塩小さじ1、酒大さじ2になります。好みに合わせて具材を増やしてもOK。ニンジンやこんにゃく、油揚げ、レンコンなど冷蔵庫にある具材を入れて具沢山の茶飯を作ってみてはいかがですか。

気軽に作れるレシピ

米をといだら炊飯釜に入れ、塩昆布・塩・酒・茶葉を入れます。メモリ通りに水を入れたら全体を混ぜ合わせて炊飯をスタートさせましょう。炊き上がったらしゃもじで全体を混ぜ合わせて完成です。冷めても美味しいので、おにぎりにしてお弁当に入れるのもおすすめ。

緑茶入りのソーセージもおすすめのレシピ

緑茶入りソーセージに必要な材料

緑茶の茶葉は手作りソーセージに入れるのにもぴったり。緑茶の消臭効果により肉のニオイが消え、美味しいソーセージを作ることができます。緑茶はハーブ感覚で使えるので、こうした肉料理にもぜひ活用していきたいですね。ラップを使った手作りソーセージなので、家庭でも気軽に作れるのが嬉しいポイント。気軽に作ってみましょう!

茶葉入り手作りソーセージに必要な材料は、タマネギのみじん切り大さじ3、小麦粉大さじ3、パン粉大さじ3、豚ひき肉300g、緑茶の茶葉大さじ3、ベーコン3枚、塩胡椒になります。お好みで粒マスタードを添えると、ピリッとした風味を楽しめるのでおすすめ。そのまま食べるのはもちろん、サンドイッチにはさむなどいろいろ活用できます。

気軽に作る方法

豚ひき肉・茶葉・タマネギのみじん切り・パン粉・小麦粉・塩胡椒を入れたら、粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせます。ねばりが出るまで混ぜたらソーセージの形に整え、ベーコンを周りに巻いていきましょう。

ラップで包んだらキャンディ上に絞り、耐熱容器にのせます。水を大さじ1加えたら電子レンジで2分加熱。方向を変えてさらに1分加熱し、様子をみて1分加熱したら完成です。

グルテンフリーダイエットに最適な緑茶の米粉パン

緑茶の米粉パンに必要な材料

グルテンフリーダイエットにおすすめなのが緑茶を使った米粉パンです。グルテンフリーとは、小麦粉を使わないダイエット方法のこと。米粉を使うともっちりとした食感のパンに仕上げられるのも魅力です。緑茶の豊かな香りを感じられ、いつもとは違ったパンの美味しさを楽しめるのが特徴。ぜひ手作り緑茶米粉パンを楽しんではいかがですか。

緑茶の米粉パンに必要な材料は、パン用米粉200g、ドライイースト4g、塩3g、砂糖12g、水130ml、茶葉5g、無塩バター20gになります。無塩バターは常温に戻しておきましょう。桜の塩漬けをアクセントとしてトッピングすると、風味豊かな緑茶の米粉パンに仕上げられます。

初心者でも簡単なレシピ

米粉・ドライイースト・塩・砂糖をボウルに入れたらざっくり混ぜ合わせます。水を少しずつ加えて混ぜ合わせ、粉っけがなくなるまでこねましょう。粉っけがなくなったらバターと茶葉を加えて、なじませながらこねていきます。表面が滑らかになるまでこねたら丸めて一次発酵させてください。

生地が2倍になるまで膨らんだらガス抜きをし、6等分にします。丸めたら15分ほどベンチタイムをとりましょう。生地を丸めなおし、クッキングシートをしいた鉄板の上に並べます。2倍の大きさになるまで二次発酵させたら、170℃に予熱したオーブンで12分焼いて完成。

緑茶をダイエットに取り入れて結果を出そう!

緑茶にはダイエットに良い成分がたくさん。緑茶を飲んで、ダイエットに取り組んでみてはいかがですか?

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2021-01-21 時点

新着一覧