鶏ささみのタンパク質は一本でどのくらい?胸肉と比較してみた!

鶏ささみ一本あたりのタンパク質についてまとめました。鶏胸肉と鶏ささみの一本あたりのタンパク質量の違いや、筋肉への影響もご紹介。タンパク質豊富な鶏ささみを活用した料理レシピもまとめたので、健康的な食生活に役立ててみてはいかがですか?

鶏ささみのタンパク質は一本でどのくらい?胸肉と比較してみた!

目次

  1. 鶏ささみ一本あたりのタンパク質量を知りたい!
  2. 鶏ささみのタンパク質とカロリーはどのくらい?
  3. 鶏ささみと鶏胸肉のタンパク質量を比較してみよう
  4. 鶏ささみのタンパク質は筋肉を鍛えるのに欠かせない
  5. 他にもある!タンパク質以外の鶏ささみの栄養素
  6. タンパク質豊富な鶏ささみをソテー料理にアレンジ
  7. 鶏ささみのバンバンジーサラダもおすすめの料理レシピ
  8. お弁当にも使える鶏ささみとチーズの春巻きレシピ
  9. さっぱりと食べられる鶏ささみのスープご飯料理レシピ
  10. 鶏ささみのタンパク質を活用して健康的な生活を楽しもう!

鶏ささみ一本あたりのタンパク質量を知りたい!

鶏ささみはタンパク質豊富?

いろいろな料理にアレンジすることができる鶏ささみ。リーズナブルな価格で手に入れられることから食事に取り入れる方も多いのではないでしょうか。そんな鶏ささみにはさまざまな栄養が豊富。中でも多く含まれていると言われているのがタンパク質です。

鶏ささみには一本あたりにタンパク質が豊富に含まれているとされていますが、実際はどのくらいのタンパク質を含有しているのでしょうか?タンパク質は健康的な体を作るのに欠かすことのできない栄養素。鶏ささみ一本あたりのタンパク質量を把握していれば、効率的に取り入れることができます。

鶏ささみを活用してみよう

今回は、鶏ささみの一本あたりのタンパク質量やカロリー、鶏胸肉との比較をご紹介します。毎日の食卓で使える鶏ささみ料理のレシピもまとめました。筋肉を鍛えるのにも欠かすことができないタンパク質を豊富に含んだ鶏ささみを活用して、料理作りを楽しんでみませんか?

鶏ささみのタンパク質とカロリーはどのくらい?

鶏ささみ一本あたりのタンパク質

それでは、鶏ささみ一本あたりのタンパク質量はどうなっているのでしょうか?鶏ささみ1本あたりのタンパク質量は10gほどになります。鶏ささみ一本あたりが40〜50gほどなので、それを考えると高タンパクと言えますね。

鶏ささみ一本あたりのカロリー

鶏ささみのカロリーは1本あたり50kcalほど。他の肉と比べてもカロリーが低く、ヘルシーな食材として知られています。健康的にヘルシーな食事を楽しみたい時に鶏ささみがぴったり。

Thumb鶏ささみのカロリーは一本どれくらい?!食べ方次第では太るかも?

鶏ささみと鶏胸肉のタンパク質量を比較してみよう

鶏胸肉のタンパク質は?

鶏ささみとよく比較されるのが鶏胸肉。鶏胸肉は、鶏ささみと同様にヘルシーな部位として知られていますよね。鶏胸肉のタンパク質の含有量は50gあたり10gほどです。鶏ささみと比べると同じくらいの分量なのが特徴。どちらも高タンパクな食材を言えるでしょう。

鶏胸肉のカロリーは?

鶏胸肉は皮ありと皮なしでは大きくカロリーが変わります。皮ありの場合のカロリーは50gあたり100kcal、皮なしの場合は50kcalほど。ダイエット中でカロリーを控えたい時は鶏胸肉の皮を取り除くのがおすすめです。皮を取り除けば、鶏ささみと鶏胸肉は同じくらいのカロリーとタンパク質になりますね。

鶏ささみのタンパク質は筋肉を鍛えるのに欠かせない

筋肉生成のサポートになるタンパク質

鶏ささみに含まれているタンパク質は、筋肉を育てるのに必要不可欠。タンパク質の成分が筋肉の成長のサポートを行ってくれます。筋肉を育てたい時はタンパク質を摂取することが大切。

筋肉を育てることはダイエットにつながる

筋肉は体の中で一番エネルギーを消費する器官なので、筋肉を鍛えることはダイエットにもつながります。タンパク質を取り入れながら適度に筋肉を育てて、ダイエットに役立ててみてはいかがですか?

Thumbささみのダイエットレシピ!ヘルシーで人気!さらに糖質制限もOK!

他にもある!タンパク質以外の鶏ささみの栄養素

必須アミノ酸

鶏ささみにはタンパク質以外にもさまざまな栄養を含んでいます。健康的な体に欠かすことができない必須アミノ酸が含まれているのが嬉しいポイント。食事で栄養バランスを整えたいときに最適です。

ビタミンAやビタミンB群

ビタミンAやビタミンB群といったビタミン類も豊富に含まれています。ビタミンB群は疲労回復や代謝の促進、ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に維持するのに役立つのが特徴。このように鶏ささみには、いろいろな栄養が含まれているのでぜひ活用してみてはいかがですか。

タンパク質豊富な鶏ささみをソテー料理にアレンジ

鶏ささみのソテーに必要な材料

鶏ささみはバラエティ豊かな料理にアレンジすることができるので、さまざまな味を楽しんでみてはいかがですか?鶏ささみの味をシンプルに楽しむためにおすすめなのがソテー。天ぷら粉をまぶしてソテーにすることで外側はサクサク&内側はしっとりジューシーな味わいに仕上げることができます。

鶏ささみのソテーに必要な材料は、鶏ささみ8本、天ぷら粉1/2カップ、醤油大さじ2、ニンニクと生姜各ひとかけら、塩胡椒、水になります。風味をアップしたい時はカレー粉を加えるのもおすすめ。スパイシーな香りが引き立ち、さらに食欲をそそる仕上がりになります。

簡単に作れるレシピ

鶏ささみの筋をとったら塩胡椒をまぶして下味をつけます。すりおろしたニンニクと生姜、醤油、天ぷら粉、水を混ぜ合わせてどろどろの状態にしましょう。分量外の天ぷら粉をまぶした鶏ささみを天ぷら粉の液にくぐらせます。多めの油をしいたフライパンに鶏ささみをのせ、中火〜弱火でじっくり焼いてください。両面がこんがり焼けたら完成です。

鶏ささみのバンバンジーサラダもおすすめの料理レシピ

鶏ささみのバンバンジーサラダに必要な材料

鶏ささみをさっぱりと食べたい時におすすめしたいのがバンバンジーサラダのレシピ。たっぷりの野菜を使うことで栄養バランスも整ったサラダを楽しむことができます。濃厚なゴマだれは鶏ささみとの相性ぴったり。食欲のない夏場でも食欲を刺激されて美味しくいただくことができるので作ってみてはいかがですか。

鶏ささみのバンバンジーに必要な材料は、ささみ4本、塩小さじ1/2、酒大さじ2、トマト1個、きゅうり1本、生姜ひとかけら、砂糖大さじ2、酢大さじ2、醤油大さじ2、練りゴマ大さじ2になります。野菜類はもやしやレタスなどをお好みでプラスしてもOK。ゴマだれにラー油を加えるとピリッとした風味に仕上げることができます。

気軽に作れるレシピ

鍋の中でお湯を沸騰させたら酒と塩を加え、ささみで弱火で3分ほど茹でて火を止めます。その後しばらく放置してささみに火を通しましょう。鶏ささみに火が通ったらお湯からあげて熱をさまし、適当な大きさにほぐします。トマトは薄切りにし、きゅうりは千切りにしてください。

砂糖・酢・醤油・練りゴマをしっかりと混ぜ合わせてください。お皿にトマトときゅうりをのせたら鶏ささみをトッピングし、混ぜ合わせたゴマだれをかけたら完成。ゴマだれは食卓に出す直前にかけたほうが美味しくいただくことができます。

お弁当にも使える鶏ささみとチーズの春巻きレシピ

春巻きに必要な材料

お弁当にもぴったりな鳥ささみ料理を作りたい時におすすめなのが春巻き。揚げたてはもちろんのこと、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずとして使うことができます。鶏ささみにチーズと大葉を組み合わせ、ボリューム感がありながらもさっぱりとした後味に仕上げるのがポイント。ぜひ春巻き作りを楽しんでみてはいかがですか。

鶏ささみの春巻きに必要な材料は、鶏ささみ4本、春巻きの皮10枚、大葉5枚、スライスチーズ5枚になります。具材が少ないのですぐに作れるのが嬉しいポイント。時間がない時でも気軽に美味しい春巻きを作ることができます。

初心者でも簡単な料理レシピ

鶏ささみは筋を取り、耐熱容器にのせます。酒をふりかけたらふんわりとラップをして600Wの電子レンジで2分ほど加熱。粗熱をさまして、ほぐしておきます。大葉とスライスチーズは半分にカットしましょう。春巻きの皮に大葉、スライスチーズ・鶏ささみをのせて巻きます。揚油でこんがりとするまで揚げたら完成。

さっぱりと食べられる鶏ささみのスープご飯料理レシピ

必要な材料

食欲がない時でもさっぱりと食べられるのが鶏ささみのスープご飯。1皿でいろいろな栄養を取り入れることができるので、健康的な食事を気軽に楽しみたい時におすすめです。鶏ささみを茹でたスープを活用するのがポイント。鶏ささみの旨みがしっかり引き出された味わいを楽しむことができるようになります。

鶏ささみのスープご飯に必要な材料は、鶏がらスープの素大さじ1、水600ml、酒小さじ1、生姜ひとかけら、ネギ30g、レタス40g、水菜20g、トマト40g、鶏ささみ1本、卵1個、ご飯250g、ごま油小さじ1/2、塩胡椒になります。具材は好みによってプラスしても大丈夫。もやしやオクラなど、いろいろ入れて具沢山にしてみてはいかがですか。

鶏ささみのスープご飯のレシピ

生姜は千切り、ネギは斜め切り、レタスは細切り、トマトは角切り、水菜は食べやすい大きさにざく切りにします。水・鶏がらスープの素・生姜・ネギを入れたら火にかけて沸騰させましょう。鶏ささみを入れたら火を止めて、中まで熱が通るまで放置。

鶏ささみに熱が通ったら取り出して、食べやすい大きさにほぐします。ほぐした鶏ささみを鍋に戻し、水菜・トマト・レタスを加えてひと煮立ちさせましょう。塩胡椒で味を整えたら卵を回し入れます。仕上げにごま油をプラスしてください。器にご飯を盛り、スープをかけたら完成です。

Thumb鶏ささみ人気レシピまとめ!お弁当・サラダなどのアレンジ料理を紹介!

鶏ささみのタンパク質を活用して健康的な生活を楽しもう!

鶏ささみは高タンパク&低カロリーなので、ダイエットをしたい時や筋肉を鍛えたい時に最適。タンパク質以外にもさまざまな栄養を含んでいるので、日々の食卓に活用してみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-17 時点

新着一覧