結婚は人生の墓場の意味とは?男性が後悔・失望する妻への本音まとめ

『結婚は人生の墓場』って言葉、よく耳にしますよね。結婚する事がマイナスの要素として上げられる『結婚は人生の墓場』という言葉ですが、本来の意味とはどんな意味なのでしょうか?また、結婚を後悔する瞬間を男女別の本音でまとめてみました!

結婚は人生の墓場の意味とは?男性が後悔・失望する妻への本音まとめ

目次

  1. よく耳にする、『結婚は人生の墓場』。
  2. そもそも、『結婚は人生の墓場』という意味は何?誰が言ったの?
  3. 『結婚は人生の墓場』という言葉の本当の意味
  4. 『結婚は人生の墓場』と男性が感じる、妻との結婚を後悔する瞬間は?
  5. 『結婚は人生の墓場』と男性が感じる、妻との結婚を後悔する瞬間
  6. 女性だって『結婚は人生の墓場!』と、旦那との結婚を後悔する!
  7. 『結婚は人生の墓場』と女性が感じる、旦那との結婚を後悔する瞬間
  8. 男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴とは?
  9. 男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴①家事ができない
  10. 男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴②わがまま
  11. 男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴③束縛魔
  12. 《まとめ》『結婚は人生の墓場』の意味・妻との結婚を後悔する瞬間

よく耳にする、『結婚は人生の墓場』。

結婚が決まった人に対し、「結婚は人生の墓場だからな〜」とか「結婚は人生の墓場なのによく結婚決めたよな…」などと、よく耳にする言葉、『結婚は人生の墓場』。この言葉はマイナスなイメージとして使用され、主に男性に対し使われる事が多い様です。

結婚する事で配偶者以外の異性と深い関わりを持てなくなる事や、男性側は人生かけて重い責任を背負わなくてはいけないというプレッシャー・自由にお金を使えなくなる・時間がなくなるなどといった結婚に対するマイナス要素を『死』に例え、結婚は人生を終わらせ墓場に入るも同然の行為だと主張する言葉として使われています。

Thumb結婚を前提に付き合うとはどういうこと?男性の心理や期間・注意点まとめ

そもそも、『結婚は人生の墓場』という意味は何?誰が言ったの?

よく耳にする言葉ではありますが、なんとなくのニュアンスで使っているだけで正しい言葉の意味を知らない人も多いのではないでしょうか?そもそも、『結婚は人生の墓場』という本当の意味は何なのでしょうか?また、『結婚は人生の墓場』という言葉を最初に言った人物は一体誰なのでしょうか?まずは、『結婚は人生の墓場』という言葉の本当の意味を学んでみましょう。

Thumb結婚で退職する時に気を付けることとは?タイミングと報告がポイント

『結婚は人生の墓場』という言葉の本当の意味

『結婚は人生の墓場』という言葉を最初に言った人物は、フランスの詩人、シャルル・ボードレールという人物だったそうです。ボードレールが言った『結婚は人生の墓場』という言葉は、多くの日本人が使っている意味の言葉ではなかったそうです。では、ボードレールが言った『結婚は人生の墓場』という言葉の本当の意味は何だったのか、調べてみると意外な意味が判明しました!

『結婚は人生の墓場』という言葉は良い意味で残された言葉だった!

ボードレールが生きていた当時のフランスでは梅毒という性病が流行していたそう。現在では治療法もありますが、梅毒は四大性感染症の一つに数えられており、かつては不治の病として知られていました。性感染症ということもあり、梅毒にかかってしまう男女というのは不特定多数の異性との性行為があった事が予想されますよね…。

ボードレールが生きていた当時のフランスでも梅毒でとてつもない数の犠牲者を出していました。そんなフランスの環境を見て、ボードレールは「誰彼かまわず性交する自由恋愛はやめなさい。生をまっとうするなら身体を清め、墓のある教会で貴方が愛した唯一の人と結婚しなさい」と言ったそうです。

つまり、ボードレールが言いたかった意味としては、『自由恋愛は性病にかかってしまう恐れがあるので身を清めて愛する一人の人と結婚しましょう』という意味で『結婚は人生の墓場』という言葉を生み出したのです。

現代の日本で知られている『結婚は人生の墓場』という意味は、結婚する事で配偶者以外の異性と深い関わりを持てなくなる事や、自由にお金を使えなくなる・時間がなくなるなどを死にたとえて、結婚は人生を終わらせ墓場に入るも同然の行為だと主張する言葉として知られていますが、意味は全く異なるものだったのですね。

Thumb結婚には少しの妥協も必要?独身女性が後悔しないためのポイントとは

『結婚は人生の墓場』と男性が感じる、妻との結婚を後悔する瞬間は?

現代の日本では間違った意味で解釈し、『結婚は人生の墓場』と使う人が多い事がわかりましたね。では、既婚者男性が『結婚は人生の墓場だ…』と感じる、妻との結婚を後悔する瞬間は一体どの様な瞬間なのでしょうか?お次は、既婚者男性が『結婚は人生の墓場だ…』と感じる、妻との結婚を後悔する瞬間を調査してみましょう!

『結婚は人生の墓場』と男性が感じる、妻との結婚を後悔する瞬間

1・自由にお金が使えない

独身時代は自由にお金が使えたのに結婚した事によって妻を養っていかなければいけない立場の男性にとって自由にお金が使えないという状況は結婚を後悔する瞬間になるようです。特に子供がいる家庭やデキ婚をしてしまって人生プランにおけるお金の管理がしっかりできておらず家計が苦しい家庭であれば尚更そう感じてしまう様です。

結婚すると旦那は小遣い制になる家庭が多いです。そのため、独身友人たちが趣味や飲みにお金を使っている姿を見ると「俺も結婚してなければ…」とどうしても感じてしまい結婚を後悔してしまうようですね。

2・自由に恋愛できないから

結婚して妻をもらうという事は独身で彼女がいるという状況とは異なります。独身時代に彼女よりも素敵な女性がいれば別れて恋愛する事も可能ですが、結婚している身となれば離婚という大きなリスクを背負わなくてはいけなくなります。その為、どれだけ魅力的な女性と出会っても自由に恋愛できない事に対し「独身だったらなぁ…」と、結婚を後悔してしまうんです。

3・妻の性格が変わってしまった

年を重ねていけば容姿が劣ってしまうという変化は仕方ないと男性も理解しているようですが、妻の性格が変わってしまったという変化にはがっかりしてしまうようです。独身時代は優しかったのに結婚してからは妻の性格がキツくなったなどという性格の変化には「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔してしまうんだとか。

女性だって『結婚は人生の墓場!』と、旦那との結婚を後悔する!

『結婚は人生の墓場』と男性が感じる、妻との結婚を後悔する瞬間を見てみると、男性が様々な思いを抱えながら結婚を後悔しているという事がわかりましたが男性だけが結婚を後悔しているわけではありません。女性だって『結婚は人生の墓場!』と、旦那との結婚を後悔する瞬間があるんです。女性側の意見もしっかりチェックしてみましょう。

『結婚は人生の墓場』と女性が感じる、旦那との結婚を後悔する瞬間

1・家政婦扱い?

旦那が家事を一切しない…と言う家庭は昔に比べると減っているそうですがそれでもまだまだ『家事は女の仕事』という固定概念を抱いている男性が多いのが現状です。また、妻が家事をする事を当たり前だと思い、感謝の言葉もないと「私って家政婦なの?」と結婚した事すら後悔してしまうそうです。

2・飲み会に自由に行けない…

結婚した事で独身時代の様に夜出歩く事ができなくなるのは女性側もわかっています。しかし、女性だってたまには気心知れた友人たちと飲みに行って日頃のストレスを発散したいと思うものですよね。特に旦那が飲み会に行く事に対して、不満も愚痴もこぼしていない妻は自分が自由に飲み会にすら行けないと「何でこんな束縛する旦那と結婚したんだろう…」と後悔してしまう様ですね。

3・義理の両親との付き合い

結婚は二人だけの問題ではないのでお互いの両親が絡んでくるのは当たり前なのですが、義理の両親との付き合いがうまくいっていない女性は旦那との結婚も後悔してしまいそうになるようです。例え「義母にこんな事言われたんだけど…」と、トラブルの相談をしても男性って「俺の親がそんな事言うわけないだろ」と信じなかったり、「今度言っとくな」と先延ばしにしがちなんですよね。

そのため、どれだけ義理の両親との付き合いで辛い事があっても「どうせ旦那に言っても意味ないし…」と諦めるようになり「なんで結婚しちゃったんだろう」と後悔するのです。また、妻の両親は大切にしてくれないのに自分の両親ばかりを贔屓する旦那にもイライラが募ってしまうようですよ。

男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴とは?

男女問わず、『結婚は人生の墓場』と感じる瞬間はお互いにあるようでしたね。そんな中でも『結婚は人生の墓場』だと感じてしまう男性の妻に多い特徴とは一体どんな特徴が挙げられるのでしょうか?お次は男性が結婚を後悔してしまうような妻の特徴を学んでみましょう。

男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴①家事ができない

男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴として最も多かったのが『家事ができない』という女性です。もちろん最初から全部を完璧にできる人なんてい間線があまりに家事ができないというのも問題です。仕事で疲れて帰ってきても部屋が散らかりっぱなしで安らげない…。ご飯はコンビニ弁当や出前…などとという妻を持つ旦那であれば『結婚は人生の墓場』と感じても仕方ないですね…。

男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴②わがまま

結婚するまでは男の一歩下がって歩くタイプだったのに結婚した途端に性格がガラッと変わってわがままになってしまったという女性も少なくない様です。このタイプの女性は結婚をゴールに考えている傾向が高く、結婚という目的を達成するまでは自分を演じ続けるのです。信じていた性格と大きく異なるのですから「こんなはずじゃなかった…」と男性が後悔してしまうのも納得ですよね。

男性が『結婚は人生の墓場』と感じる、妻の特徴③束縛魔

女性はどうしても束縛してしまいがち。交際中も「今なにしてるの?」「本当に一人なの?女といるんじゃないの?」などと言っていた様な束縛をしがちなタイプの女性は結婚しても変わりません。残業で連絡ができなかった時に「こんな時間までどこ行ってたの?」と疑いをかけたり、「今日は何時に帰ってくるの?」と毎日聞かずに入れない束縛の強い妻に滅入ってしまう男性は多いのです。

《まとめ》『結婚は人生の墓場』の意味・妻との結婚を後悔する瞬間

『結婚は人生の墓場』の意味・妻との結婚を後悔する瞬間まとめはどうでしたか?男女問わずに結婚は人生の墓場だと結婚した事を後悔する瞬間はある様です。しかしこの気持ちもお互いの思いやりや話し合いで解決できる可能性は大いにあるはずです。好き同士で結婚した二人ですから『結婚は人生の墓場』という本来の意味に沿った素敵な結婚生活を送れる様にしたいものですね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-03 時点

新着一覧