カフェオレは高カロリーで痩せる?ダイエットで痩せるコツや注意点とは

カフェオレのカロリーや効果、痩せることができるコツについてまとめました。カフェオレは作り方を間違えると高カロリーになって太る原因になってしまうことがあります。痩せる効果を引き出せるカフェオレの飲み方やカロリーについてチェックしていきましょう!

カフェオレは高カロリーで痩せる?ダイエットで痩せるコツや注意点とは

目次

  1. カフェオレのカロリーをおさえるには何が効果的?
  2. 痩せるために大切!痩せる効果を期待できるコーヒーの成分
  3. カフェオレの基本的な作り方
  4. カフェオレのカロリーはどのくらい?
  5. カフェオレを高カロリーにしないためには甘味料に注意!
  6. カフェオレに使う牛乳にも工夫を加えてカロリーをおさえよう
  7. ヘルシーで濃厚なカフェオレゼリーのレシピ
  8. やわらかな食感が美味しい!カフェオレわらび餅のレシピ
  9. 夏にぴったり!カフェオレ風アイスのレシピ
  10. カフェオレのカロリーをおさえて、美味しくいただこう!

カフェオレのカロリーをおさえるには何が効果的?

間違えると高カロリーになりがちなカフェオレ

カフェなどで気軽に飲むことができるカフェオレ。まろやかな味わいが美味しいカフェオレですが、ちょっと作り方を間違えると高カロリーになって太る原因になってしまう場合があります。ダイエット中でも太る心配をすることなくカフェオレを楽しみたい時は高カロリーにならないようにすることが大切。カロリー控えめの美味しいカフェオレを楽しみませんか?

カフェオレのカロリーをおさえて、太ることなく楽しもう!

「ダイエット中だからなるべく高カロリーにならなようにしてカフェオレを楽しみたい」「太る心配をすることなくカフェオレを飲みたい!」というときに役立つ太ることのないカフェオレの作り方やアレンジレシピについてまとめました。カフェオレはポイントさえチェックしておけば高カロリーにならず美味しく飲めるので、ぜひ試してみてくださいね。

痩せるために大切!痩せる効果を期待できるコーヒーの成分

カフェオレに欠かせないコーヒー

カフェオレとは、そもそもコーヒーと牛乳を混ぜ合わせたもの。牛乳を混ぜることによってまろやかな風味が加わり、コーヒーの苦味が苦手な人でも飲みやすいのがカフェオレの魅力です。ちなみにカフェラテはエスプレッソと牛乳を混ぜ合わせた飲み物のことをさすのが特徴。カフェオレ作りにはコーヒーが欠かせません。

カフェオレのコーヒーには脂肪燃焼効果を期待できる

コーヒーにはさまざまな効果を期待することができます。ダイエット中に嬉しいのが脂肪燃焼効果。コーヒーにはクロロゲン酸と呼ばれる成分が含まれており、これが脂肪燃焼を促進する効果があるとされています。また、コーヒーのカフェインにも脂肪燃焼効果を期待できるので、クロロゲン酸と合わせて高いダイエット効果があると言われているのが魅力。

コーヒーは運動前や活動をはじめる前の朝食などに飲むのがおすすめ。脂肪を燃焼しやすい状態になった上で活動をすることでダイエット効果を期待することができます。コーヒーの苦い風味が苦手、という方はカフェオレにすると飲みやすくなるので取り入れてみてはいかがですか。カロリー控えめに作れば、カフェオレはダイエットのサポートになります。

Thumbカフェオレとカフェラテの違いとは?カプチーノなどのコーヒーの種類も調査!

カフェオレの基本的な作り方

カフェオレに必要な材料

お店飲むことも多いカフェオレですが、カロリーを調整したい時は自宅で手作りするのがおすすめ。カフェオレは身近な食材を使って簡単に作ることができるので、リラックスタイムなどにカフェオレを飲みたい時は気軽に作ってみてはいかがですか。カフェお出に必要な材料は、牛乳150ml、水50ml、インスタントコーヒー小さじ3になります。

気軽に作れるレシピ

カップに水と牛乳を入れて混ぜ合わせます。インスタントコーヒーを加えたら、600Wの電子レンジで2分ほど加熱。スプーンなどでしっかり混ぜたらカフェオレの完成です。アイスを作りたい時は、水とインスタントコーヒーのみを耐熱容器に入れて加熱しましょう。加熱が終わったらスプーンで混ぜ合わせ、氷と牛乳を入れたカップに注いで完成です。

Thumbカフェオレのおいしい作り方!インスタントがスタバと同じカフェオレに?

カフェオレのカロリーはどのくらい?

カフェオレは1杯90kcalほど

カフェオレのカロリーは1杯あたり90kcalほど。飲み過ぎはカロリー過多になって太る原因になるので、1日あたり1〜2杯くらいに抑えておくのがオススメです。

市販のカロリーは太るので避けるのがおすすめ

自分で作るカフェオレは甘さの調整ができますが、市販のカフェオレはもともと甘味料が入っているものがほとんどなのでダイエット中はおすすめできません。成分表示やカロリーをチェックして、ダイエット中でも飲んで良いか確認しましょう。

カフェオレを高カロリーにしないためには甘味料に注意!

カフェオレの甘味料は太る原因になる

甘みが欲しいときはヘルシーな甘味料を使うのがおすすめ。甘味料を入れすぎるとカロリーオーバーになってしまいます。

痩せる効果を出すにはダイエット甘味料を使おう

ダイエット中はカロリー0のダイエット甘味料を使うとヘルシーに仕上げられます。甘みが欲しいときは、ダイエット甘味料を加えてくださいね。

カフェオレに使う牛乳にも工夫を加えてカロリーをおさえよう

低カロリーな低脂肪牛乳を使う

さらにカロリーを控えたい時は、低脂肪牛乳を使いましょう。脂肪分が少ない分、ヘルシーなカフェオレを作れます。

痩せる効果を期待できる豆乳を加える

牛乳を豆乳に変えるのもおすすめ。豆乳に含まれるイソフラボンには脂肪燃焼効果があるとされています。

ヘルシーで濃厚なカフェオレゼリーのレシピ

カフェオレゼリーに必要な材料

カフェオレをもっと楽しみたい!というときは、カフェオレのアレンジレシピを活用してみましょう。カフェオレはいろいろなヘルシースイーツにアレンジすることができるので、ぜひ楽しんでみてはいかがですか。カフェオレゼリーは濃厚なのにカロリー控えめに仕上げられるのが魅力。ちょっと甘いものが欲しい時に作ってみてはいかがですか。

カフェオレゼリーに必要な材料は、インスタントコーヒー大さじ2、水大さじ3、お湯大さじ2、牛乳1と1/2カップ、豆乳1カップ、粉ゼラチン大さじ1、グラニュー糖80g、卵黄3個分、ココアパウダーになります。豆乳を使うことでカロリーをおさえ、ヘルシーに仕上げるのがポイント。インスタントコーヒーは好みの種類を使ってくださいね。

簡単なレシピ

ゼラチンと水を合わせ、ふやかしておきます。インスタントコーヒーはお湯と合わせて溶かしておきましょう。小鍋に豆乳と牛乳、半分の量のグラニュー糖を入れたら火にかけてグラニュー糖を溶かします。ふやかしたゼラチンを湯煎にかけて溶かしたら、小鍋の中にプラス。ゼラチンが全体になじんだら火を止めます。

卵黄と残りのグラニュー糖をすりまぜて白っぽくなったら、粗熱をとったゼリー液を少しずつ加えます。全体が混ざったらコーヒー液も加えて混ぜましょう。こし器でこしたら、ボウルの底を氷水にあててヘラで混ぜます。全体にとろみがついてきたら好みの器に注いでください。冷蔵庫で冷やし固め、ココアパウダーをふりかけたら完成です。

やわらかな食感が美味しい!カフェオレわらび餅のレシピ

カフェオレわらび餅に必要な材料

カフェオレわらび餅もおすすめしたいレシピ。自分で甘さの調節をすれば、ダイエット中でもヘルシーなスイーツをいただくことができます。わらび餅特有のもちっとした食感がやみつきになる美味しさ。きなこの香ばしい風味も加わり、手作りでも本格的な味わいのわらび餅を楽しめます。気軽にヘルシースイーツを作りたい時にいかがですか?

カフェオレわらび餅に必要な材料は、ホットコーヒー90ml、牛乳90ml、わらび餅粉80g、きなこ、黒蜜になります。牛乳の代わりに豆乳を使ってもOK。豆乳を使うことで栄養もたっぷりなスイーツに仕上げることができます。また、黒蜜ではなくメープルシロップをかけても美味。好みに合わせて使用する甘味料を変えてみてくださいね。

気軽に作れるレシピ

温めた牛乳とホットコーヒーを混ぜてカフェオレを作ります。わらび餅粉を加えてよく混ぜ、粉が溶けたら耐熱容器に入れましょう。ラップをしてから600Wの電子レンジで2分加熱します。スプーンで混ぜて粗熱を取ってから冷蔵庫へ入れてください。固まったのを確認したら食べやすい大きさにカットします。きなこをまぶし、黒蜜をかけたら完成。

夏にぴったり!カフェオレ風アイスのレシピ

カフェオレ風アイスに必要な材料

暑い夏の日のヘルシースイーツとしておすすめしたいのがカフェオレ風アイス。カフェオレの風味を楽しむことができ、ひんやりと冷たい美味しさを楽しむことができます。暑くて夏バテ気味の時も美味しく食べられるのが嬉しいポイント。コーヒーゼリーと組み合わせてトッピングしても美味しくいただけるので、ぜひ試してみてくださいね。

カフェオレ風アイスに必要な材料は、グラニュー糖大さじ2、インスタントコーヒー小さじ6と1/2、熱湯小さじ2と150ml、バニラアイスクリーム475mlになります。お好みでミントの葉をトッピングすると、おしゃれなカフェオレ風アイスに。トッピングも楽しみながらカフェオレ風アイスを楽しんでみてくださいね。

美味しいレシピ

熱湯150mlにインスタントコーヒー小さじ2と1/2、グラニュー糖を加えて溶かします。しっかりと溶かしたらバットに注いで粗熱をとり、冷凍庫で冷やしましょう。冷やし固まったら冷凍庫から取り出し、フードプロセッサーで砕きます。熱湯小さじ4と熱湯小さじ2を混ぜ合わせたものとバニラアイスクリームを加え、全体が混ざるまで撹拌。

再びバットに戻して冷凍庫で冷やし固めます。15分ほど冷やしたら取り出し、フードプロセッサーでなめらかになるまで撹拌したら完成。なめらかな口当たりを楽しみたい時は、再び冷やし固めてフードプロセッサーで撹拌してください。

カフェオレのカロリーをおさえて、美味しくいただこう!

ダイエット中にカフェオレを楽しみたい時は、カロリーを気にすることが重要。工夫をプラスして、美味しいカフェオレを楽しんでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-08 時点

新着一覧