イヤホンガンガン伝言ゲームが面白い!やり方や面白ネタを紹介

伝言ゲームというものは昔からある遊びでもありますが、最近ではイヤホンガンガン伝言ゲームというものが話題で中高生の間で大流行となっています。イヤホンガンガン伝言ゲームって一体何?という方のために、ゲームのやり方や面白いお題のネタなどをまとめたのでご紹介します!

イヤホンガンガン伝言ゲームが面白い!やり方や面白ネタを紹介

目次

  1. イヤホンガンガン伝言ゲームってなに?
  2. まずはお題を決める
  3. お題のネタ:サザエ・しじみ・しめじ
  4. お題のネタ:幼稚園の頃の友達と10年ぶりに再会した
  5. お題のネタ:よっちはなげでてる
  6. お題のネタ:おすしおかわり
  7. お題のネタ:三ヶ月ぶりのメンバー全員集合、楽しいね!!
  8. 元ネタはダウンタウンのガキ使
  9. イヤホンガンガン伝言ゲームをやる時の音量は?
  10. 学生たちの遊びは日々進化している!

イヤホンガンガン伝言ゲームってなに?

イヤホンガンガン伝言ゲームは学生の間で大流行

「イヤホンガンガン伝言ゲーム」という遊びを知っていますか?最近中高生の間で大流行しており、ネットやSNSなどでも話題となっている新しい遊びなんです。昔からよくあるのは伝言ゲームですが、今の若者たちはその伝言ゲームをアレンジし、イヤホンで大音量の音楽を流しながら伝言をしていくというゲームが大流行しているのです。

イヤホンで音楽を聴いていると周りの音が聞こえなかったり、誰かに話しかけられても声が聞きとれないということがありますよね。そんな状況を遊びとして取り入れたのがイヤホンガンガン伝言ゲームです。

イヤホンガンガン伝言ゲームのやり方

やり方としては、2人でもできますが大人数であればあるほど楽しいのが特徴で、話す人以外はイヤホンをつけて大音量で音楽を聴き続けます。そして、最初のやり方は題を決めてそのお題を隣の人に何度か伝え、相手に伝わったと思ったら最初に伝えた人はイヤホンをつけ、2番目の人はイヤホンを外し、3番目の人に伝わったお題を話します。

このように最後の人まで伝え終わって、お題の答え合わせをします。お題と最後の人の答えがまったく違うものになるというのがこのイヤホンガンガン伝言ゲームの醍醐味でもあるのです。

まずはお題を決める

やり方として最初にお題を決める

イヤホンガンガン伝言ゲームのやり方がわかったら、まずはお題を決めるところから始めます。お題は最初はシンプルに簡単なものから始めると良いでしょう。SNSなどでも人気となったお題の中には「おいババァ、後頭部がハゲてるぞ」「今日のザビエルの髪の毛はさらさらの手抜きだ」などのお題のネタが挙がっています。

お題が長くなるほど難易度も高くなりますが、それだけまったく違う言葉へと変化していくので、その変化していく過程がおもしろいというのも大流行の一つなのです。お題を最初の人が伝えたとしても、2番目の人からすでに違う言葉へと変化しているので、それを見ているだけでも思わず大爆笑してしまうこと間違いなしです!

お題のネタ:サザエ・しじみ・しめじ

イヤホンガンガン伝言ゲームのお題①

どんなお題があるのかを動画を交えていくつかご紹介します。最初にご紹介するのは、若い世代に人気のあるユーチューバー「フィッシャーズ」の2人がやっているイヤホンガンガン伝言ゲームです。大人数でやるのが楽しいですが、この動画は2人でも十分に楽しさが伝わってきます。

お題は「サザエ・しじみ・しめじ」なのですが、いきなり「刺身・醤油・みりん」と全く違うものへと変わってしまっています。さらには、本来であれば伝言する人はイヤホンを外すのですが、2人ともイヤホンをつけたままなので答えを言われてもなんて言っているかわからないのでお互いに全く伝わっていません。

次の人が答えたものが聞こえずに「すだち・ソース・びびり」だと思っているところも面白いです。2人から見ればお互いの声が聞こえず何を言っているのかチンプンカンプンですが、視聴者側は2人のやりとりに思わず笑ってしまいますよね。

二つ目のお題は「テキーラショットでお願いします。」ですが、それを聞いて「みぎはやみこはくぬし」とわけのわからない回答で返しているのもすごく面白いですよ。ちゃんとした日本語で返すならまだしも、まったく日本語になっていない回答は爆笑ものです!

さらに最後のお題では、全然違う回答をしているのにお互いに当たったと勘違いして喜んでいる姿も見ていて笑えるので、ぜひ動画を覗いてみてくださいね。

お題のネタ:幼稚園の頃の友達と10年ぶりに再会した

イヤホンガンガン伝言ゲームのお題②

こちらは、主にメイクやヘアスタイルの動画をアップしているMelTVさんがやっているイヤホンガンガン伝言ゲームの動画です。お題は「幼稚園の頃の友達と10年ぶりに再会した」という、よくある文章ではあるのですが、長いためになかなか伝わるのが大変そうなのが見ていて面白いです。

2番目の人は「保育園の頃の友達と15年ぶりに再会した」と伝えているので、ところどころ惜しいですがほとんど合っているのがすごいです。そこからなぜか「ウソをつくのはダメですよ」とまったく違う言葉へと変化しています。最終的な答えが「ゴリラが食べるのはバナナですよ」という、文章としては正しいですが、お題とは全く別の言葉へと変化しているのがすごく笑えますよ。

2回目には場所をチェンジして行い、お題は「小学2年で一輪車に乗れるようになったよ」なのですが、二番目では「小学1年で」と言っています。ちょっとだけ違いますがほとんど伝わっているのが素晴らしいですね!そこから「大人になったらプリキュアが嫌いになる」、「あなたがイカになってくれたら嬉しい」というように全く違う文章に変化していきます。

イヤホンガンガン伝言ゲームは、普段自分では絶対に言わないようなわけのわからない言葉を発するのも面白いですよね。

最後のお題では「中学で初めて炭酸ジュースを飲んだら喉がピリピリした」から、「水族館で初めてエイやクジラを見ました」、「youtuberは元気で明るくて面白くて最高」と変わり、4番目の人はこの言葉をまったく同じ言葉での回答をしたので、3番目から4番目はバッチリ伝わっているということになりますね。

お題のネタ:よっちはなげでてる

イヤホンガンガン伝言ゲームのお題③

こちらの動画は、二つの大手会社が共同で手掛けたボンボンTVの中でイヤホンガンガン伝言ゲームを行っています。大流行とだけあって、人気のユーチューバー達もイヤホンガンガン伝言ゲームの動画をたくさん投稿しているのが特徴的ですね。

お題は「よっちはなげでてる」ですが、「あっちの扉とこっちの扉はどっちでしょう」と変化し、3番目の人にも扉の文章はバッチリ伝わっていました。「よっち」という名前が「あっち」に変わってまったく違う文章になってしまうのが面白いですよね。

順番を変えて2番目のお題は「よっち超イケメン」と、またよっちさんのことをお題にしていますね。そこからしっかりと伝わったはずなのに、「よっち超ブサイク」と変えて3番目の人に伝えているのがすごく面白いです。最終的には「よっち今日ナイス」と良い言葉に変わったのが奇跡です。

お題のネタ:おすしおかわり

イヤホンガンガン伝言ゲームのお題④

こちらは、先ほどのボンボンTVのゲストとして、若者から支持を得ているトミックさんも交えて4人でイヤホンガンガン伝言ゲームを行っている動画です。お題は「おすしおかわり」という短い文章なのですが、一つ言葉が間違うだけで違うものへと変化していくのが見ていて面白いです。

さらに、待っている間にノリノリな音楽を聴きながらノリノリになっている人を見ているのも楽しいですし、ノリノリになっている本人も楽しいのが伝わってきます。お題を伝える時には口を大きくあけて一言一言しっかりと伝えることで伝わりやすいのですが、それでも違う言葉へと変化していくのがイヤホンガンガン伝言ゲームの楽しいところでもあるのです。

お題のネタ:三ヶ月ぶりのメンバー全員集合、楽しいね!!

イヤホンガンガン伝言ゲームのお題⑤

こちらの動画では7人でイヤホンガンガン伝言ゲームを行っているのを紹介している動画です。これだけ人数が多いと最初のお題とは全く関係のない文章になってしまうのは目に見えていますよね。

「三ヶ月ぶりのメンバー全員集合、楽しいね!!」というお題なのですが、そこから「由伸のソバットは絶対に痛い!」「世界の相撲部は、絶対に俺といたい」「世界の脂肪分は、絶対に俺といたい」「世界の脂肪分は、俺と一体」「額の脂肪分は、僕でいっぱい」「世界の裏が一番臭い」と少しずつ意味が変わっていきます。

このように、動画だとなんと言っているのか字幕があるのでわかりますが、字幕がなければわけのわからない言葉になってしまうなんてこともありますよね。

元ネタはダウンタウンのガキ使

イヤホンガンガン伝言ゲームは昔からある

イヤホンガンガン伝言ゲームは誰が考えたの?と疑問に思っている人もいるかもしれません。実は、ダウンタウンのガキの使いから始まったものだと言われています。下の動画を見る限り、かなり前からこのイヤホンガンガン伝言ゲームはあったのですね。

そして、2016年にはガキ使で人気の「絶対に笑ってはいけない」シリーズでこのイヤホンガンガン伝言ゲームを行っていたことで若い世代を中心に話題となり、今では大流行したのです。ガキ使は今も昔も若い世代から親御さん世代まで人気が衰えることがありません。

Thumb「ガキ使」笑ってはいけないの替え歌の歌詞は?お料理即興が面白い!

イヤホンガンガン伝言ゲームをやる時の音量は?

イヤホンガンガン伝言ゲームをやる時は音量に注意

イヤホンガンガン伝言ゲームという名の通り、音量はすごく大きめにして行っているという人もいると思います。声が聞こえてしまっては意味がないので、声が聞こえないほどの大音量にする必要があるのですが、あまり音量が大きすぎると人体に悪影響を及ぼすおそれがあると言われています。

話題で大流行となっている遊びであったとしても、長い時間やったり、音量を必要以上に大きくするのを控えて、イヤホンガンガン伝言ゲームを楽しんでくださいね!

学生たちの遊びは日々進化している!

話題のイヤホンガンガン伝言ゲームのやり方やお題などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。きっと今すぐにでも誰かとやってみたい!と思った人もいるはず。いつどこでどんな遊びが話題となり流行するのかはわかりませんが、学生時代のゲームというのはどんどん広まっていくものですよね。

最近ではネットやSNSなどの情報を元に、そこからいろいろなものが話題となり流行っている時代でもあります。イヤホンガンガン伝言ゲームのように、昔からある伝言ゲームをアレンジして新しい遊びを生み出しているように、学生たちの遊びは日々進化しているのです。

もっと面白いゲームの情報が知りたいアナタへ!

Thumb斉藤さんゲームのやり方やルールは?ドコモのCMで話題に!
Thumb面白い罰ゲームまとめ!飲み会や学校で簡単で盛り上がれるのはコレ
Thumb盛り上がる心理ゲーム・テスト集!2人でできるものから大人数のものまで

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-06 時点

新着一覧