洗濯槽はどれがおすすめ?人気ランキングと掃除のコツのまとめ!

洗濯槽のお掃除は行っていますか?意外と忘れてしまいがちな洗濯槽には黒カビや汚れがぎっしりと付着しています。そんな洗濯槽で洗濯をすると洋服にもカビがついてしまいます。しっかり汚れを落としてくれる洗濯槽クリーナーやおすすめの洗濯槽クリーナーをご紹介します。

目次

  1. 洗濯槽の掃除はしてる?
  2. どうして洗濯槽が汚れるの?
  3. 洗濯槽の臭いの原因は?
  4. 洗濯槽の汚れの違いを知ろう
  5. 洗濯槽クリーナーの使い方:酸素系クリーナー
  6. 洗濯槽クリーナーの使い方:塩素系クリーナー
  7. 洗濯槽の掃除の頻度は?
  8. おすすめ洗濯槽クリーナーランキング5位:洗濯槽カビキラー
  9. おすすめ洗濯槽クリーナーランキング4位:シャボン玉洗濯槽クリーナー
  10. おすすめ洗濯槽クリーナーランキング3位:日立洗濯槽クリーナー
  11. おすすめ洗濯槽クリーナーランキング2位:アリエール洗濯槽クリーナー
  12. おすすめ洗濯槽クリーナーランキング1位:ウルトラパワーズ洗濯槽クリーナー
  13. 洗濯槽クリーナーは混ぜずに使おう
  14. 洗濯槽にカビを繁殖させないためには
  15. 汚れに合ったクリーナーで洗濯槽を清潔にしよう

洗濯槽の掃除はしてる?

洗剤に気を使って洗濯をしていると、洋服の香りに敏感になってきます。洗濯をして綺麗なはずなのになんだか洋服が臭う、汚れがないはずなのに嫌な臭いが服についている気がする、そんなときには洗濯槽に目を向けてみませんか?

洗濯槽を掃除しておかないと、洗濯槽の汚れが洗っている服に付着してしまいます。汚れが付くだけでなく、洗濯槽についている嫌な臭いも洋服に移ってしまうことがあります。せっかく綺麗に洗濯したのに、臭いが移ってしまっては綺麗になりません。

洗濯槽を清潔に保つための掃除の仕方や、洗濯槽クリーナーのおすすめランキングをご紹介します。洗濯槽クリーナーをお探しであれば、ぜひランキングを参考にしてくださいね。洗濯槽クリーナーの種類はたくさんあります。ご家庭の洗濯槽にあった洗濯槽クリーナーを見つけましょう!

どうして洗濯槽が汚れるの?

洗濯槽はどうして汚れてしまうのでしょうか。洗濯槽の汚れの原因は、溶け残ってしまった石けんや洗剤、服についていた食べ残しなどが原因です。こういったカスは黒カビの餌になってしまうので黒カビが増殖してしまい洗濯槽が汚れてしまいます。

洗濯槽の表面に汚れが見えなくても、洗濯槽の裏側が汚れています。目に見えない汚れではなく、目でとらえることのできない汚れがびっしりついてしまいます。水回りを清潔にしているご家庭でも、洗濯機を毎月洗うご家庭は少ないものです。

カビが繁殖してしまうと、アトピーや喘息が悪化したり洗濯物の汚れが落ちにくくなってしまいます。また、洗い終わった洗濯物をしっかりお日様に当てずに部屋干しなどで乾かしてしまうとさらにカビが増殖してしまいます。臭いも部屋にこもってしまいますね。

部屋干しをすると、洗濯槽から洋服に移ったカビは水分の蒸発と共に部屋の中で繁殖します。壁や床、畳やふすまなどにカビが付着し増殖してしまうと部屋を綺麗にしても根本的な解決になりませんね。カビが繁殖しないような環境づくりが大切です。

洗濯槽の臭いの原因は?

洗濯槽の臭いの原因は、繁殖した黒カビが原因です。洗濯槽の裏などに付着している黒カビは繁殖しやすく臭いの元になっています。すすぎが不十分な洗濯機や、節水機能があり十分な洗浄力がない洗濯機を使用していると黒カビは増える一方です。

菌が繁殖してしまうと臭いがこもるようになってしまいます。洗濯が終わった洋服は、早めに洗濯槽から取り出して外に干すことを心がけましょう。洗濯物を後回しにしてしまうと、洗濯槽の中で雑菌が繁殖して嫌な臭いを持ってしまいます。

石鹸カスや食べ物カスが溜まってしまうと排水溝の詰まりや汚れにもつながります。排水溝から臭いが上がってくることもあるので、定期的に洗濯槽の掃除を行うことが必要ですね。早めに対処することによって臭いの元から断つことができます。

洗濯槽の汚れの違いを知ろう

洗濯槽の汚れ方は使い方によって異なります。石鹸や洗剤の量が多い使い方をしていると、たまったカスを取り除く必要がありますね。数ヶ月しか使用していない洗濯槽であれば洗浄もすぐ終わりますが、頑固な汚れには相応の洗浄力が必要です。

洗濯槽クリーナーには2種類あり、酸素系・塩素系のクリーナーがあります。汚れ方に応じてクリーナーの使い方を分けることで、洗濯槽の汚れをしっかりと取り除くことができます。まずは洗濯槽を確認して汚れを目で確かめましょう。

酸素系・塩素系と言われても難しくて選ぶことができませんね。洗濯槽クリーナーの酸素系・塩素系の選び方や使い方を見比べてみましょう。違いがわかることで使い方を分けて使用することができ、とても便利ですよ。どちらも1本は持っておきたいですね。

洗濯槽クリーナーの使い方:酸素系クリーナー

酸素系クリーナーは過炭酸ナトリウムという成分が含まれており、この成分は水に溶けると活性酸素を出します。この酸化力は強い発泡力を持っているので頑固な汚れやカビを取り除いてくれる働きがあります。こびりついた汚れにはおすすめです。

過炭酸ナトリウムは、炭酸ナトリウム・過酸化水素が合わさってできたものです。環境や衣服の状態を考えるのであれば酸素系クリーナーを使用したほうがいいでしょう。成分も優しいので使い方も簡単で、扱いも危険ではありません。

汚れをしっかり落としてくれる効果は、目に見えて綺麗になるので掃除も張り合いが出ますね。こびりついた汚れ、しつこい汚れが気になるのであれば一度酸素系クリーナーを使用して洗濯槽を洗ってみましょう。ごっそり汚れが落ちますよ。

洗濯槽クリーナーの使い方:塩素系クリーナー

塩素系クリーナーの最も特徴的な効果は殺菌効果です。カビや汚れを分解してくれるので目に見えて汚れが落ちたという実感はありませんが殺菌効果は酸素系より強く、発生してしまった黒カビの再発生を防いでくれる働きもあるほどです。

さらに、塩素系クリーナーには漂白力もあります。この漂白力によって目で見ることができない汚れや黒カビまで届き、白い状態を保つことができます。カビも防いでくれるので、強い効果のある塩素系クリーナーは洗浄の強い味方です。

塩素系なので、使い方が少し難しいところがあります。説明書をよく読んで、正しい使い方で使用するようにしてくださいね。濃度が高い塩素を使用しているクリーナーであれば、その分洗浄効果はありますが肌に負担をかけることもあるので手袋などを用いた使い方をしましょう。

洗濯槽の掃除の頻度は?

洗濯槽の掃除はどのペースで行うべきでしょうか?洗濯機の使用頻度によって、洗濯槽の掃除の頻度はご家庭によってバラバラです。頻繁に洗濯機を使用しているのであれば3ヶ月に1回、洗濯槽が気になるのであれば1ヶ月に1回がおすすめです。

半年以内:クリーナーおすすめの使い方

半年に1度であれば塩素系クリーナーを使用して洗濯槽を洗浄しましょう。気になるようであれば酸素系クリーナーでも洗浄してください。1ヶ月に1回の洗浄であれば汚れもそう多くはないので、酸素系クリーナーの使用のみで汚れは落ちるでしょう。

年1回:クリーナーおすすめの使い方

まず、酸素系クリーナーを使用して汚れをしっかり落としましょう。次に、塩素系クリーナーを使用して残った汚れや黒カビを分解しましょう。洗濯槽を2回に分けて洗浄することで、溜まった汚れをごっそりと取り除くことができるのでおすすめです。

おすすめ洗濯槽クリーナーランキング5位:洗濯槽カビキラー

ランキング5位は安定のカビキラー

CMでもお馴染みの洗濯槽カビキラーは耳馴染みもあって手に取る方も多い商品です。ドラックストアやスーパーで販売されているので、洗濯槽が気になったときにすぐ買いに行けるのも購入しやすい点になり購入者の多い理由の一つですね。

使い方も簡単です。洗濯槽を洗浄すると海藻のようなホコリとカビの玉が出てくるのでネットで丁寧に救ってあげることで綺麗になってくれます。浮いてきた汚れがあるのであれば、しっかりと取り除いてくださいね。綺麗になっている証拠です。

酸素系クリーナーであれば毎月の洗濯槽の洗浄に使用することができます。酸素系であれば肌に負担もかからないので使いやすいですね。全自動の洗濯機などは洗剤や石けんかすがつきやすく洗濯槽が汚れやすいのでとてもおすすめです。

おすすめ洗濯槽クリーナーランキング4位:シャボン玉洗濯槽クリーナー

ランキング4位は地球に優しいシャボン玉石けん

シャボン玉石けんは洗濯洗剤以外にもシャンプーや歯磨き粉など様々な用途の商品が販売されています。その中でも注目したのが洗濯槽クリーナーです。シャボン玉石けんは地球環境にも優しいのでエコを心がけている方には嬉しいですね。

パッケージにも書いてあるように、汚れがごっそりと落ちてくれるのがポイントです。また、洗濯槽の汚れ特有の臭いもなくなります。洗濯槽が綺麗になるだけで、洗濯物は段違いに綺麗になって鼻にささる嫌な臭いもなくなってくれますよ。

無添加なので洗浄力が不安に感じるかもしれませんが、酵素系の漂白剤と配合しています。また、重曹も加わっているので高い洗浄力があります。酵素系や重曹などによって洗濯槽が痛められることもないのでステンレスの洗濯槽でも使えますよ。

おすすめ洗濯槽クリーナーランキング3位:日立洗濯槽クリーナー

ランキング3位はコスパもばっちり

塩素系の洗濯槽クリーナーです。がっしりとした大容量タイプなのでコスパはバッチリですね。長く使用できる洗濯槽クリーナーなので1年に1回しか洗濯槽の掃除をしないのであれば長期間保持することができ、長く使用することができます。

塩素系クリーナーなので使い方には注意が必要です。手についてしまうと、肌の弱い方は肌を傷つけることがあるので洗濯槽の洗浄を行うときには手袋などをはめて使用するようにしましょう。また、塩素が他に付着しないように気をつけてください。

ネット通販で購入することができるので買いに行く手間を省くことができます。大きいサイズなのでスーパーやドラッグストアから持って帰るのは大変ですね。ネット通販を利用することですぐ届き、到着してすぐに使用することができますよ。

おすすめ洗濯槽クリーナーランキング2位:アリエール洗濯槽クリーナー

ランキング2位はばい菌も一緒に除去

洗濯洗剤も販売しているアリエールの洗濯槽クリーナーは、洗濯槽の汚れを根本から取り除いてくれます。長い期間洗濯槽を掃除していないのであれば、こちらの商品がおすすめです。溜まっていた汚れを一度にごっそりと取り除いてくれます。

汚れをしっかりと浮き上がらせてくれるので定期的な洗浄をすると清潔な状態を保つことができますね。カビ、ばい菌によって発生したぬめりなども綺麗にすることができます。アリエールはドラッグストアなどで購入でき、また定期購入もできるようになっています。

定期購入をしておくとなくなった頃に通知が届くので買いに行く手間がなくなります。継続して洗濯槽の掃除ができるので嬉しいですね。綺麗だと思っている洗濯槽もメンテナンスをしなければ汚れがたまり、すぐに傷んでしまいます。

おすすめ洗濯槽クリーナーランキング1位:ウルトラパワーズ洗濯槽クリーナー

ランキング1位はエステーの強力パワー

洗濯槽が汚れているかどうか分からなくても、臭いはどうしても気づいてしまうものです。洗濯槽が臭っているということはその分汚れも付着しています。そんなときには、カビや臭いに効果のある洗濯槽クリーナーが一番おすすめです。

エステーの洗濯槽クリーナーはカビを根本的に取り除いて、再発生しにくい環境を作ってくれます。日頃、酸素系クリーナーを使用しても汚れが気になるのであれば塩素系クリーナーのエステー洗濯槽クリーナーを使用してみましょう。

塩素系クリーナーなので使用には十分注意しながら使うようにしましょう。安価で購入することができ、どこにでも売っている商品なので使いたいときに使うことができる商品です。久々に洗濯槽を洗浄しよう、そう思ったときにはおすすめの1本です。

洗濯槽クリーナーは混ぜずに使おう

酸素系クリーナーと塩素系クリーナーは混ぜて使用しないようにしましょう。酸素系は弱アルカリ性なので塩素系と混ぜても有毒ガスは発生しませんが、塩素系クリーナー本体に危険表示があるのであればきちんと守るようにしましょう。

酸素系、塩素系に限らずにクリーナーは2つの商品を混ぜると効果が高まることなく意味をなさなくなってしまいます。酸素系の効果、塩素系の効果はそれぞれは独立して使用することで効果・作用を発揮するので必ず1本で使用しましょう。

どうしても2本使用したいのであれば、2回に分けて洗浄するようにしましょう。酸素系クリーナーの後に塩素系クリーナーなど、分けて使用することで汚れを2回に分けて落とすことができるので分けて使用する方が効果的になりますよ。

洗濯槽にカビを繁殖させないためには

洗濯槽のふたをあけて換気を行っておきましょう。締め切っておくと湿気がこもってしまいカビの繁殖につながってしまいます。湿気が出ないようにふたを開けておきましょう。また、排水溝が詰まっているのであればあらかじめ排水溝に水が流れやすい環境を作っておきましょう。

洗浄中は何も入れないようにしてください。汚れがどんどん浮いてくるので、服が汚れたり脱色する原因になります。また、洗濯機に脱いだ服を入れておくとカビが繁殖する原因になるので洗濯物は洗濯かごに入れるようにしましょう。

洗濯槽クリーナーによってはドラム式に対応していない場合もあります。ドラム式は節水しながら洗濯槽を回すのでクリーナーによっては水量が足らない場合があります。使用する洗濯槽クリーナーの注意事項をしっかり読んでご家庭の洗濯槽に使用できるかどうかを確認しておきましょう。

汚れに合ったクリーナーで洗濯槽を清潔にしよう

洗濯槽は定期的に洗浄することで、綺麗な状態を保つことができます。洗濯槽によっては1ヶ月に1回洗浄をしても、汚れが出てしまうこともありますね。洗濯槽にカビがたまらないように湿気をこもらせない、洗濯物は事前に軽く汚れを落とすようにしましょう。

定期的な洗濯槽の洗浄は、クリーナー選びも大切です。洗濯槽の汚れを確認しながら、汚れに一番ふさわしい洗濯槽クリーナーを使用するようにしましょう。洗濯槽クリーナーを選ぶことで、今まで落ちながった汚れや黒カビ、ほこりなどを取り除くことができますよ。

合わせて読みたい洗濯槽についての記事はこちら

洗濯槽の掃除はどうやってやったらいいの?重曹を使うと綺麗になる? | Pinky[ピンキ-]
重曹で洗濯機を掃除する方法!洗濯槽の汚れがビックリするほど落ちるやり方 | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ