ウェディングドレスのリメイク集!ベビードレスや小物など作品まとめ

色々な想いを込めて作ったウェディングドレス。でも、式が終わった後は奥に仕舞い込んでしまって、日の目を見ることが無いのでは?せっかくのウェディングドレスを、リメイクしてみませんか?ベビードレスや小物などにリメイクされた作品を紹介していきます。

ウェディングドレスのリメイク集!ベビードレスや小物など作品まとめ

目次

  1. 想い出のウェディングドレスはどうしてる?
  2. どうやってウェディングドレスをリメイクするの?
  3. ウェディングドレスをベビードレスにリメイク!作品集まとめ
  4. もっとリメイクしよう。赤ちゃんの身の回り品の小物類まとめ
  5. ウェディングドレスで靴も作れる!
  6. ウェディングドレスからバッグへ変身!リメイク術
  7. まだまだ作れる!ウェディングドレスからリメイクする小物集
  8. ウェディングドレスからワンピースへ。リメイク作品集まとめ
  9. ウェディングドレスだからこそ!パーティドレスへリメイク
  10. ウェディングドレスをミニチュアサイズにリメイクして思い出に
  11. ウェディングドレスからコスプレ衣装へリメイク!
  12. ウェディングドレスからウェディングドレスへリメイク!
  13. 番外編その1:ウェディングシューズもリメイク!
  14. 番外編その2:ウェディングブーケもリメイクして
  15. ウェディングドレスをリメイクするまでの保管はどうする?
  16. まとめ:ウェディングドレスのリメイクで思い出をいつも手元に

想い出のウェディングドレスはどうしてる?

あなたの結婚式を彩ってくれたウェディングドレス。お店で気に入って購入したのでしょうか、それともオーダーメイドした一点物?もしかしたら、お母さんから受け継いだドレスでしょうか。いずれにしても、式が終わった後は大切に仕舞われていて、なかなか表に出すことは少ないと思います。

でも、誰かに譲ったりする予定が無い場合、ずっと仕舞いっぱなしというのもなんだかもったいない話です。それよりも、ベビードレスや小物等にリメイクして、毎日活躍させてみてはいかがでしょうか。今回は、ウェディングドレスをリメイクした作品集をまとめて紹介します。

どうやってウェディングドレスをリメイクするの?

ウエディングドレスをリメイクするには、プロに頼むか自分で作るか、または裁縫の得意な知り合いに頼むかの選択になると思います。プロならそれなりに予算はかかりますが、例えばワンピースやパーティドレスへのリメイクなど、難しい作業も安心してまかせられます。ポーチや赤ちゃん用の帽子、クッション、ハンカチなど、小物類なら自分で頑張ってみるのも良い思い出になるのではないでしょうか。

リメイクのプロにまとめておまかせ!

ウェディングドレスをリメイクと言っても、どうすればいいのかわからない・・・?という方もご安心を。裁縫ができなくたって、専門店がたくさんありますので、まとめてなんでも相談してみましょう。お店によって得意分野や個性があるので、作りたい物によってよく探してみた方が良いでしょう。ドレスに特化したお店や、小物が得意なお店、または個性的なデザインを考えてくれるお店など、目的に応じて相談してみましょう。

自分でリメイクに挑戦してみる?

裁縫が得意な方は別として、ほとんど手作りなんてした事ないし、ウェディングドレスのリメイクなんて難しそう!という方には、部分使いすることをおススメします。ウェディングドレスにふんだんに使われているレースをはずして、カーテンやバッグの飾りに付けてみるというのはいかがでしょう。

ウエディングドレスには、ビーズなどの飾りもたくさんついていると思います。それを一つ一つ丁寧に外して集めておきましょう。ポーチやハンカチ、帽子につけてアクセントにする事ができます。髪留め等のアクセサリーにしても可愛いですね。これなら、あまり裁縫をしない人でも簡単にチャレンジできるのではないでしょうか。

ウェディングドレスをベビードレスにリメイク!作品集まとめ

肌触りもよく美しい光沢の白いウェディングドレスは、ベビードレスにリメイクするのがぴったり!あなたを美しく魅せてくれたウェディングドレスが、次は可愛い赤ちゃんをさらに可愛く彩ってくれます。そんなベビードレスの作品集をまとめました。

ウェディングドレスの美しい刺繍が集まった部分を上手く使った、上品なベビードレス。レースやビーズなどの飾りが無い場合でも、凝ったデザインの刺繍部分を使うだけで、十分豪華なベビードレスになります。

双子ちゃんにもお揃いのベビードレス!2人の赤ちゃんが並んでこのベビードレスを着ている姿は、想像するだけで笑顔になります。生地をふんだんに使ったウェディングドレスだからこそ、ベビードレスも何着も作れてしまいますね。繊細なレースを生かした、ふんわりと優しいデザインです。

ウエディングドレスのイメージをそのまま残して、ながーいドレス部分がとても美しく、まるで花嫁さんそのものといったベビードレス。フリルのついた帽子もロマンティックです。このまま大切に残して、赤ちゃんが大きくなった時に見せて自慢してみたくなりますね。

もっとリメイクしよう。赤ちゃんの身の回り品の小物類まとめ

ベビードレスを作ったら、お揃いで帽子も作ってみてはいかがでしょうか?小物類もまとめて用意しておくと、全部お揃いで可愛いし新たに買い足していくこともありません。赤ちゃんが大きくなった時の良い思い出になるように、まとめて保管しておいてもいいですね。

こんな小さなものもお忘れなく。赤ちゃん用の可愛いヘアーバンド。これなら、裁縫初心者の人でも作りやすいのではないでしょうか。サイズを変えれば、大人用にもアレンジできそうなので、ゴージャスなヘアーバンドを作って、パーティなどに付けて行ったら素敵です。

ウェディングドレスの美しい刺繍部分を使って、おくるみも作っておきましょう。これなら男の子でも女の子でも、性別関係なしに使えます。生地が上等なので、赤ちゃんにとっても気持ちの良いおくるみになります。これで赤ちゃんを包んで外出すれば、周りの注目を集めること間違いなし?!

そのほかにも、ドレスの広い面積を利用してプレイマットにもリメイクできます。生地がシルクになっていれば、つるつるとして肌触りが心地良いので、赤ちゃんも気持ちよく使ってくれるでしょう。

ウエディングドレス1枚で、いろんな小物を作る事ができます。赤ちゃんの身の回り品や自分用の小物類を、全部同じデザインで集めてみてはどうでしょう。親子でお揃いってとても素敵ですね。

ウェディングドレスで靴も作れる!

ウェディングドレスリメイクというと、主に衣類を作るイメージがあるかもしれません。でも、靴のような立体的な物にリメイクすることも可能です。ベビードレスをウェディングドレスで作ったら、靴もお揃いにしてみましょう。小ぶりの花の刺繍がワンポイントになった、素敵な靴はいかがでしょうか。

靴を手作りというと難しそうですが、ネットなどでも手に入れることができる、靴の型紙を使えば、手作りで赤ちゃん用の靴を作る事もできます。レース部分を全面に使った、可愛い靴を赤ちゃんに履かせることも夢ではありません。ウェディングドレスのどの部分を使うかで、印象の違った靴が出来上がります。

ウェディングドレスからバッグへ変身!リメイク術

これはナイスアイデア!ウエディングドレスの胸元部分のデザインを利用して、素敵なバッグへリメイク。胸元の飾りが綺麗に決まっています。ちょっとした遊び心も感じるバッグになりました。

シンプルな旅行用の小物入れバッグ。旅行する時に、何かと便利なバッグをたくさん作っておきましょう。迷子になりがちなアクセサリー類や部屋用のシューズやメイク道具など、大活躍すること間違いなしです。

赤ちゃんを連れてお出かけする時に便利な一式です。ウェディングドレスのフリル部分を集めて、可愛い飾りとして使っています。オムツ入れや着替え入れの他に、哺乳瓶入れまで全部お揃い。赤ちゃん連れのお出かけも楽しくできそうです。

まだまだ作れる!ウェディングドレスからリメイクする小物集

小物類なら、かなりたくさんの種類を作る事ができます。クッション、ポーチ、バッグ、フォトスタンドなどなど、あなたが欲しいと思っている小物があれば、どんどんアイデアを出してみましょう。色々考えているうちに、あなただけの特別な思い出の品を見つけることができるかもしれません。

ウェディングドレスからワンピースへ。リメイク作品集まとめ

ウェディングドレスをカジュアルダウンして、お出かけ用のワンピースにリメイクしてみましょう。ウェディングドレスだけじゃなく、新郎のタキシードも一緒にスーツにリメイクして、新婚の2人でお出かけしてみませんか。思い出のつまったペアルックになります。

シンプルなウェディングドレスに、ボレロを別に作って組み合わせると、上品で清楚な装いに。ちゃんとした場所にお呼ばれした時に、こんなワンピースが一着あればとても便利です。長い間活躍してくれること間違いなしです。

ウェディングドレスを、思い切ってタイトなラインに作り替えたワンピース。レース部分を綺麗にリメイクして個性的な装いに。フリルいっぱいのワンピースだと年齢を選びますが、タイトでシンプルなワンピースにすることで、年齢を重ねても着ることができます。

ウェディングドレスだからこそ!パーティドレスへリメイク

せっかくのウェディングドレスなんだから、ドレスのボリュームを残したままでパーティドレスにリメイクするのも素敵です。色のついた生地を合わせて華やかなパーティドレスに変身させてみましょう。あなたの理想を詰め込んだ一着を作ってみては。

ウェディングドレスのレースやフリルを、思いっきり生かした可愛いパーティドレス。たまにはこんな思い切ったデザインで、お姫様気分を味わってみるのも良いですね。パーティで注目を集めそうです。

ウェディングドレスは基本白なので、結婚式にお呼ばれする時のドレスには不向きに思うかもしれません。でも、真っ白い生地は好きな色に染めることができます。鮮やかなブルーに染めたドレスにリメイクすれば、お友達の結婚式にも堂々と着て行けます。元々がウェディングドレスだなんて、信じられませんね。

ウェディングドレスをミニチュアサイズにリメイクして思い出に

ウェディングドレスを普段使える衣服などにリメイクして、新しい思い出を上書きするのも良いですが、結婚式の思い出をそのまま取っておきたいという方は、ミニチュアサイズに作り直して飾っておくという方法もあります。人形やぬいぐるみに衣装をそのまま着せて、いつまでも色あせない思い出にしてみませんか。

こちらは額に入れて思い出を保存。額に入れると、ガラスやプラスチックの板などでフタをする事が出来るので、ホコリが付くのを防ぐこともできます。結婚式で使ったブーケも一緒に入れてしまえば、さらに良い思い出になります。

形も立体的になっていて、まるで花嫁さんをそのまま小さくしたみたいな、そのままウエディングドレスの再現です。部屋に飾っておけば、いつでも結婚式当日に戻ることができそうです。

ウェディングドレスからコスプレ衣装へリメイク!

最近ではすっかりメジャーになって皆が楽しむようになってきたコスプレ。現実離れした世界観を作り出すための衣装として、ウェディングドレスは意外にはまるのかもしれませんね。本格的な仕上がりに、周りもびっくりするかも?!

ウェディングドレスからウェディングドレスへリメイク!

例えば、祖母や母親から譲り受けたウェディングドレス。それを現代風にアレンジして自分の結婚式に着るのも、立派なリメイクです。何度も何度も結婚式を彩ったウェディングドレスをまたリメイクして、次の世代に渡していくのも素敵ですね。

結婚式ではウェディングドレスの他にも、披露宴のお色直しでカラードレスを着る人が多いと思いますが、お母さんから受け継いだウェディングドレスを生かして、美しい色に染めてカラードレスとして使うのも素敵です。式は自分のウエディングドレスを着て、披露宴はお母さんの思い出のウエディングドレスをリメイクしたカラードレスをまとったら、最高の親孝行にもなりますね。

番外編その1:ウェディングシューズもリメイク!

ウェディングドレスの事ばかり紹介してきましたが、結婚式に欠かせない小物として活躍してくれた、ウェディング用のシューズも忘れてはいけません。カジュアルダウンにリメイクして、普段のお出かけでも活躍してもらいましょう。

番外編その2:ウェディングブーケもリメイクして

ブーケやアクセサリーなど、お花を使ったウェディング用の小物もリメイクしましょう。せっかくの思い出が詰まった小物なんですから、ちょっとお部屋に飾っておくと、いつでも気軽に思い出に浸れます。

ウェディングブーケもプロに頼んでリメイクすれば、美しく保存しておくことができます。写真やイニシャルや日付なども入れてくれるので、ブーケ以外の思い出の品も集めて、一緒に飾ってみませんか。

ウェディングドレスをリメイクするまでの保管はどうする?

式が終わった後、ウェディングドレスをリメイクに使うまで、綺麗な状態を保ったままで保管しないといけません。せっかく、子どもを授かって「さあベビードレスを作ろう!」と思っても、箪笥の奥から取り出したウェディングドレスが傷んでいた・・・なんて、悲しすぎます。

カビ・シミに注意

クリーニングから帰ってきたウェディングドレスを、そのままクローゼットの中に仕舞わないでください。クリーニングでは、ビニールの袋に入って帰ってきますが、これは通気性が悪いため、カビやシミの原因になります。袋からドレスを取り出したら、一旦陰干しして不織布のカバーを掛けましょう。

定期的なお手入れを忘れずに

クリーニングに出して不織布カバーを掛けたら、そのまま仕舞いっぱなしという事の無いように注意してください。時々はウェディングドレスを取り出して、陰干ししてあげましょう。ホコリなども取り除くようにしてください。

ウェディングドレスは吊るして収納

ウェディングドレスは型崩れしやすいので、折りたたまずに吊るして収納しましょう。ドレスが嵩張ってしまって、吊るすのは場所的に無理がある・・・という場合は、真空パックをしてくれる業者もありますので、一度問い合わせてみては。

まとめ:ウェディングドレスのリメイクで思い出をいつも手元に

色々なウェディングドレスのリメイク例を見てきましたが、試してみたいと思うのはありましたか?きっと、吟味に吟味を重ねて作った大切なウェディングドレスですから、一度着たら終わりというのはもったいないですね。子ども達に渡すのも良し、普段使いの便利なアイテムに変身させるのも良し、飾っておいて思い出に浸るのも良し。100人いたら100通りのリメイクがあると思います。あなただけのリメイクを楽しんでください。

もっと知りたい!ウェディングドレスに関する記事はこちら

Thumbウェディングドレスは手作りできる?!自分で作る方法や費用などまとめ
Thumbウェディングドレスのオフショルダーとは?可愛さや上品のあるデザイン集
Thumbウェディングドレスの人気はどれ?デザイン・カラー・形で厳選

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-11 時点

新着一覧