簡単・リゾットレシピ24選!残りご飯をチーズやトマトで美味しく!

リゾットは生米から作らなくとも、簡単に美味しくいただけます。残りご飯やチーズ、トマトを使って簡単にリゾットが作りたい!と考えておられる方必見の、厳選レシピを24品紹介します。基本のリゾットの作り方もお伝えしますので、オリジナルリゾットを作ることもできます。

簡単・リゾットレシピ24選!残りご飯をチーズやトマトで美味しく!

目次

  1. リゾットとは
  2. リゾット基本の作り方
  3. 簡単!残り物のご飯&チーズで美味しくなるリゾットレシピ
  4. 残りご飯とトマトベースの簡単リゾットレシピ!美味しくなるコツ
  5. トマト抜きでも美味しくなる工夫あり簡単リゾットレシピ
  6. 圧力なべで美味しくなる待つだけ簡単リゾットレシピ
  7. 炊飯器で簡単!人気のチーズリゾットレシピ
  8. 鍋の〆にご飯とチーズで超簡単リゾットレシピ
  9. 生米からでも簡単で美味しく!ご飯を炊き忘れても救済レシピになるリゾット
  10. リゾットは思ったよりも簡単に美味しくいただける一品

リゾットとは

元々米で作られた料理ではないリゾットですが、現在では麦を使わず生米から調理する料理として日本では、イタリア料理として知られています。フランスではピラフと呼ばれ、炒め合わせた食材に水を付けくわえ煮立てるだけの簡単な調理方法で作ることができます。

古い米がリゾット向きであり、残った冷ご飯でも簡単に作ることができます。余った食材を活用してリゾットは作ることができるので、困った時の一品として覚えておくと何かと重宝します。後ほど鍋の残り出汁で作るリゾットの作り方も紹介しています。

リゾット基本の作り方や残り物で簡単に作れるリゾットだけを紹介します。生米から作るリゾットは勿論、水分量の目安など一人暮らしの男性でも女性でも、手軽に作れる方法ばかり厳選しています。

Thumbスープカレーの簡単人気レシピ15選!鶏や野菜が入った美味しい料理を紹介

リゾット基本の作り方

リゾットの基本的な作り方として、ニンニクや玉ねぎ又はネギを香がたつまでオリーブオイルで炒めます。洗わない生米を加え炒め透き通れば、水若しくは熱した野菜の出汁(ブイヨン)を加えます。

水分は常に米が浸る程度をキープし、若干硬いと思う程度まで煮立てます。後はお好みで食材を加えて味を調えると完成です。リゾットは、鍋一つで作れる手軽な料理とも言えます。

後ほど、残りご飯でも作れるリゾットのレシピも紹介していきます。チーズやトマトケチャップ(トマト缶)を使って、美味しくいただけるリゾットが簡単に作れるレシピだけを厳選してお伝えしていきます。

Thumb恵比寿のランチおすすめランキング!おしゃれで人気のイタリアンやフレンチもあり!

簡単!残り物のご飯&チーズで美味しくなるリゾットレシピ

残りご飯で簡単きのこ&チーズリゾット

残り物のご飯がぼそぼそと美味しくなくなってしまった時でも、リゾットとして使えば捨てる必要はありません。「リゾット基本の作り方」でお伝えした通り、きのこなどの食材をオイルで炒め合わせた後、冷ご飯とひたひたの水にブイヨンとチーズを加えるだけで1品完成です。

残りご飯で簡単トマトベースリゾット

水の代わりにトマト缶を使えば、さっぱりと夏場でも食べやすいリゾットが簡単に作れます。初めにオイルでニンニクや玉ねぎをしっかり炒めることで、簡単なのに仕上がりが格段に違ってきます。トマト缶の酸味が気になるようであれば、ソースや砂糖などの甘み成分をほんの少し加えるだけで押さえられるので、味見をしながら加えます。

クラムチャウダー缶で味付け簡単リゾット

冷や飯特有の食感を生かして作るのがリゾットなので、加える前に温める必要もなく極力混ぜすぎないように煮詰めるのがポイントです。クラムチャウダー缶を使えば、仕上げの味付けの手間も省き簡単にリゾットを作れます。

アボカドのクリームリゾット

どんな材料でも組み合わせ次第で、簡単に美味しいリゾットが作れることがわかります。「リゾット基本の作り方」で紹介した手順でアボカドはご飯を煮詰める段階で投入します。

スープの素で作る超簡単リゾット

ご飯の量が多いと、スープの味が薄く感じられるので調味料を追加で入れる必要があるもののスープの素とお湯、残り物のご飯でもリゾットが楽しめます。勿論、多く作り過ぎたスープで作ることもできます。

Thumbご飯をアレンジにはどんな種類がある?簡単で美味しく作る方法は?

残りご飯とトマトベースの簡単リゾットレシピ!美味しくなるコツ

食材少なめ簡単トマトベースリゾット

オリーブオイルまたはサラダ油などで、ニンニクや玉ねぎをしっかり炒めます。ニンニクが無い場合は、レットペッパーでも代用可能です。炒める際に、調味料を加えると短時間であめ色になります。そこへ残りご飯とトマト缶、ブイヨンを加えて煮立たせて完成です。

トマトベースのシーフードリゾット

トマトベースで併せて美味しく頂ける食材として、エビや貝などのシーフードミックスは一押しです。玉ねぎと一緒に炒めておけば、シーフードの旨みと香が食をそそります。冷凍品を使われる際は、予め解凍等不要です。そのまま食材とともに炒めましょう。

時短朝食!ダイエット商品にもなっているリゾット

ダイエット効果があるとされている、脂肪燃焼を促す食材を活用したスープリゾットも販売されています。ダイエットで感じる物足りなさを払しょくしてくれると口コミでも話題になっています。熱湯で戻すだけの残りご飯もいらない一品です。

トマト抜きでも美味しくなる工夫あり簡単リゾットレシピ

レンジで簡単!カルボナーラ風リゾット

残りご飯にベーコン、粉チーズをかけ、中央に卵を割り入れて黄身に箸で穴をあけておき、レンジで約3分(600w)。できれば卵は半熟になるようレンジ時間を調整するだけで、簡単にカルボナーラ風リゾットができます。

牛乳とチーズの簡単リゾット

トマトの食感が苦手な方なら、ケチャップを代用してもリゾットは簡単に作れます。トマト缶に比べ水分量が少ないため、水を多めに入れる必要があります。若しくは、チーズや水分代わりに牛乳を使うだけでも、美味しいリゾットは簡単に作れます。

きのこリゾット

きのこ類と玉ねぎをオリーブオイルでしっかり炒め、残りご飯とひたひたになる程度の水にコンソメを加えて煮立たせます。全体に粉チーズを混ぜ合わせ、お好みで黒コショウをかければ完成です。

サーモンとクリームリゾット

先にクリーム系リゾットで牛乳を使ったレシピを紹介していますが、豆乳に変えても美味しく作ることができます。シャケフレークをしっかりオイルで炒めることで、その風味がより一層楽しめます。

残り物のカレーで作るリゾット

ご飯と残ったカレーを混ぜ合わせチーズを散らし、レンジかオーブンでチーズを溶かすまで温めるだけでも充分美味しいカレーリゾットが作れます。

圧力なべで美味しくなる待つだけ簡単リゾットレシピ

5分で簡単圧力なべリゾット

食材を炒め合わせる手順までは、先にお伝えした「リゾット基本の作り方」と同様です。圧力なべを使い炒め合わせ、5分の加圧で完成するので短時間で作れます。

生米から作っても、短時間で後から水を追加する手間が無いため簡単で本格的な味わいを楽しめます。一人分を作る場合、生米は手の平一杯分と覚えておくといいでしょう。

上記でお伝えした各リゾットレシピも、圧力なべを使って調理することは可能ですが残り物のご飯を入れてしまうと、おかゆになってしまうので注意が必要です。

玄米は浸水不要!の簡単リゾット

圧力なべを使うことで、6時間ほどかける必要のある浸水が不要です。調理に手間がかかる事とぼそぼそとした食感が苦手な方も多く、これらの問題はリゾットにすることでかなり解消されます。加圧は15分と長めですが、健康におすすめです。

圧力なべで時短リゾット

生米から作る場合は、20分ほど時間がかかるのに比べて、圧力なべは5分の加圧と急冷するだけで理想的な硬さの米でリゾットが作れます。

Thumb圧力鍋のおすすめブランドをランキングで紹介!人気のメーカーはどれ?

炊飯器で簡単!人気のチーズリゾットレシピ

炊飯器チーズリゾット

炊飯器を使って炒める手間もなく、リゾットのレシピを紹介されている方もいます。炊飯器には、米1合・玉ねぎ半分・ベーコン2枚・塩コショウ・バター30g・コンソメ2・牛乳600ccと水600ccを入れて炊きます。

炊き上がったら、全体にチーズを混ぜ合わせて完成です。仕上げにパセリを散らせば彩りもきれいなリゾットになるでしょう。

上記でお伝えしてきたリゾットレシピの生のお米を使った作り方として、炊飯器でも美味しいといった意見が多くみられるレシピです。今回、分かりやすく1合で作った場合の分量をお伝えしています。

Thumb炊飯器・バーミキュラライスポットの炊き具合を調査!炊飯以外もできる!

鍋の〆にご飯とチーズで超簡単リゾットレシピ

和風の鍋でも作れる簡単リゾット

鍋の残った出汁は、リゾットを作るのにうってつけです。残り物のご飯にチーズ、若しくはとき卵を加えて全体的にご飯にひたひたの水分量を目指して作ります。チーズは最後の仕上げとして全体的に混ぜ合わせます。

生米から作るリゾット

生米から作る場合は、残り汁で約20分ほど鍋のふたをして煮立たせます。途中で水気が足りなくなれば、追加します。ほんのり硬さがある仕上がりであればリゾットです。

鍋の残り物をケチャップで簡単イタリアンリゾット

どんな食材の鍋であっても、ケチャップなどで味をトマト風味に変えて残りご飯とチーズを最後に付け加えるだけで、簡単にイタリアンなリゾットに変わります。

キムチ鍋の〆に簡単キムチリゾット

キムチと生クリームを合わせることで、元の食材を忘れるほど美味しいコク深い味わいになります。キムチ鍋の残りに生クリームを加えます。残りご飯は、度水洗いし粘りを取った後汁に対して少なめに入れるだけで完成です。

Thumbおしゃれ鍋で楽しいパーティーをしよう!人気のレシピを紹介!

生米からでも簡単で美味しく!ご飯を炊き忘れても救済レシピになるリゾット

市販されている精米済みの米は、何度も不純物を除去する工程を得ているので、洗わずに調理しても問題ありません。またリゾット作りの為に使われる水分は、米を研ぐための水や炊飯時にかかる水よりも少なく、節水することもできます。

本格リゾット

少ない材料であっても、作り方の手順と混ぜすぎないことを心掛ければ、レストランで頂くリゾットは簡単に作れます。お米は若干硬めのアルデンテを目指して作りましょう。また、お米に対して水分はひたひたである状態をキープします。

ツナ缶とチーズのリゾット

ツナ缶を使えば、その風味とまろやかな味わいが楽しめるリゾットが簡単に作れます。ツナ缶の汁を後から加え入れることで、だし汁としての効果も抜群です。作り方は「リゾット基本の作り方」と同様に、具材は先に炒め合わせてから生米を炒めます。

Thumb美味しい雑炊の作り方・簡単レシピまとめ!卵・白だしなどの使い方のコツ

リゾットは思ったよりも簡単に美味しくいただける一品

実はメインとして、具材を変えるだけでおもてなしの一品としても重宝するのがリゾットです。圧力なべや炊飯器、鍋の残り出汁でも、美味しいリゾットが簡単に作れるのがお分かり頂けたかと思います。

とにかく簡単に作れるということをお伝えしたかったので、詳しい分量は記載していません。一人分で食べられる量の材料と、仕上げにお好みの味付けと味見をするだけでよいのです。

炊飯器の予約炊飯を利用する場合は、食材が痛みやすい夏場は避けるよう気をつける必要がありますが、どれも洗い物がとにかく少ないのも簡単手間いらずで魅力的ですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-11 時点

新着一覧