お風呂マット・赤ちゃん用!浴室でも安全なおすすめ商品の選び方!カビ対策も

赤ちゃんのお風呂のお供であるお風呂マットの選び方やカビ対策、保管方法などを徹底紹介!安心して赤ちゃんをお風呂に入れてあげるためにも、滑りやすい床にはお風呂マットで対策!湿気の多い浴室では特にカビに注意し毎日清潔なマットを使いましょう。

お風呂マット・赤ちゃん用!浴室でも安全なおすすめ商品の選び方!カビ対策も

目次

  1. お風呂マットは赤ちゃんのお風呂のお供
  2. 赤ちゃん用お風呂マットの役割
  3. 赤ちゃんお風呂マットはいつまで使う?
  4. タイプ別赤ちゃんお風呂マット
  5. 赤ちゃんお風呂マットの選び方
  6. 赤ちゃんのお風呂マットは安全性を重視しよう
  7. おすすめの赤ちゃんのお風呂マット3選
  8. お風呂嫌いな赤ちゃんにキャラものお風呂マット3選
  9. 赤ちゃんお風呂マットは定期的にカビ予防を
  10. カビが原因で赤ちゃんが病気になることがあるので要注意!
  11. 赤ちゃんお風呂マットの手入れ方法
  12. 赤ちゃんお風呂マットは浴室保管する?しない?
  13. 赤ちゃんのお風呂マットを使う上での注意点
  14. 赤ちゃんのお風呂マットはいつも清潔に保とう
  15. まとめ:お風呂マットを活用して赤ちゃんとお風呂を楽しもう!

お風呂マットは赤ちゃんのお風呂のお供

赤ちゃんをお風呂に入れるのって大変ですよね。育児には苦労がつきものですが、その中でもお風呂は特にママも疲れてしまうのではないでしょうか。暴れまわる赤ちゃんを抑えながら体を洗ってあげるのも多くの体力を使ってしまいます。そんなときに育児の手助けアイテム「お風呂マット」がおすすめ!赤ちゃんのお風呂をぐんと楽にしてくれるのがお風呂マットです。

お風呂マットといえば無地のものや介護用が目立ちますが、赤ちゃん用のマットは柄も可愛く機能的で赤ちゃんのお風呂には欠かせません。そんな育児が大変なママや赤ちゃんにおすすめのお風呂マットの選び方や保管方法など詳しく調べまとめました!あるのとないのとではお風呂の楽さが違うので、まだ使ったことがないならぜひ使ってみましょう!おすすめ商品もご紹介します!

赤ちゃん用お風呂マットの役割

赤ちゃんのお風呂マットの役割はまず、浴室の冷たい床から赤ちゃんの体を守ることです。いくら暖めた浴室といっても、床に足を置くとひんやりとした感触がしますよね。それでは赤ちゃんの体が冷えてしまいますし、お風呂を嫌がる原因にもなってしまいます。お風呂には危険がいっぱい潜んでいるため、きちんと足元から安全面に配慮することが赤ちゃんを守る上で重要です!

また赤ちゃんを支えながら洗うのが大変というときに、マットの上に座らせることで両手で赤ちゃんの体を洗ってあげることができます。洗いにくさを感じているときでも、赤ちゃん用のお風呂マットには滑り止めが付いているため、浴室の床に直接座らせるよりもずっと安全なのでママも安心できます。

赤ちゃんのお風呂って何があるかわかりませんよね。時には転んでしまうこともあるでしょう。その場合大きな事故にもなりかねないので、きちんと安全を意識しなければなりません。滑り止め付きのマットであれば滑り防止・ケガ防止になります。つるつる滑る浴室の床に困っているならお風呂マットを使ってみましょう。

赤ちゃんお風呂マットはいつまで使う?

赤ちゃん用にお風呂マットを買ったけどいつまで使ったほうがいいの?と疑問に思う方もいるかと思いますが、お風呂マットは比較的どの月齢・年齢でも使うことができます。そのためカビ予防さえしっかりとし、保管に気を付けマットの状態が良好なら長い期間使うことが可能!しかし体にフィットする赤ちゃんを寝かしておけるタイプは対象月齢があるので注意しましょう。

育児中は何かとお金が必要になり大変ですよね。長く使いたい方は床に置くタイプやバスタブに設置するタイプを選ぶと良いでしょう。もちろん長く使う場合は保管方法などに気をつけなければなりません。選び方は人それぞれですが、育児のためにお金をできるだけ取っておきたいなら状況に合わせて選ぶことも大事です。

Thumbベビーバスはいつまで使える?期間や赤ちゃんのお風呂デビューの時期

タイプ別赤ちゃんお風呂マット

浴室内で使うお風呂マットといっても種類がいくつかあり、ただ床に置くタイプだけではありません。バスタブの中で遊ぶ赤ちゃんにはバスタブの中に設置できるタイプがありますし、赤ちゃんの体を洗うときに両手を使いたいママには赤ちゃんを寝かせられるタイプのものがおすすめです。赤ちゃんの性格やママの使いやすさ、育児方法などで種類を選ぶと良いでしょう。

床に置くタイプ

滑りやすい浴室の床にそのまま置くタイプのものは大判・ハーフと幅広く登場しています。滑りやすい床の安全対策として使いたいなら床に置くタイプが特におすすめ。滑り止めが付いているからママも安心できます。そのまま置くタイプのお風呂マットは大判とハーフでは大きさに違いがあるので、あらかじめ浴室に入るサイズかどうか確認してから購入しましょう。

バスタブに設置するタイプ

バスタブに設置するタイプは裏面に吸盤が付いているので、バスタブの中に入れてもお湯で浮いたりなどのトラブルがありません。バスタブの中は特に滑りやすく、一歩間違えればおぼれてしまうこともあるのできちんとした安全対策をしましょう。バスタブの中でよく遊んぶ・転びそうになるという赤ちゃんならこちらのタイプがおすすめです。

イスみたいに赤ちゃんを寝かせておけるタイプ

あまりお風呂マットで場所を取りたくない方には、赤ちゃんを寝かせて使うタイプがおすすめです。赤ちゃんのサイズに合うように作られているのでとてもコンパクトで場所を取らないのが魅力。赤ちゃんが成長するにつれて大きさを変える必要はありますが、あると育児がぐんと楽になります。

赤ちゃんお風呂マットの選び方

赤ちゃんのお風呂マットの選び方で重視するべき点をご紹介します。お風呂マットを選ぶときはどれが良いのだろうと検索するも、どれも変わりがないように思えますよね。しかし赤ちゃんお風呂マットとして有能なものはその特徴が多いです。どれも同じと考えずに、以下の選び方に気をつけながら選んでみましょう。育児をきっと助けてくれますよ。

選び方①滑り止めがついているか

お風呂の床やバスタブの中ってとにかく滑りやすいですよね。赤ちゃんのお風呂マット選びでとても重要な「滑り止め機能」。滑ることを防止したくてお風呂マットを買ったのに、つるつるしてて安全性が不安…なんてことも。赤ちゃんが一人でお座りしていても、つるつると滑らない滑り止めがついたお風呂マットを選びましょう。

選び方②清潔に使え続けるもの

お風呂で使うものだからカビや水垢がつきやすいです。お風呂マットでもカビにくいマットが登場しているので、保管がきちんとできるか不安な方はそういったカビが生えにくいお風呂マットを選ぶと良いでしょう。赤ちゃんは手をすぐに口に持っていくので、カビが生えやすいマットだとカビ菌を口に運んでしまう危険があります。そういった点にも注意して選ぶことが大事です。

選び方③赤ちゃんが喜びそうなもの

機能だけを追求すると赤ちゃんがお風呂で楽しめません。そのためどれか1つを選ぶよりも、いくつかピックアップして、どれが良いか赤ちゃんに選ばせてあげるのも良いでしょう。新生児期や月齢が幼いときから使うのであれば、長く使えるようにキャラものでお風呂大好きにしてあげるのも一つの選び方ですよ。

赤ちゃんのお風呂マットは安全性を重視しよう

赤ちゃんのお風呂マットを選ぶときは安全性を一番重視して選ぶようにしましょう。特につかまり立ちを覚えたばかりの赤ちゃんや、お座りしたての赤ちゃんは体のバランスが不安定です。転んで頭を打つ恐れもあるので、滑り防止・ケガ防止のためにもなるべく滑り止めがついたお風呂マットが良いですね。

赤ちゃんが成長すると、おとなしかった新生児期~約生後4か月ごろまでと比べると活発に動き回るようになります。それだけ危険も増えるので、ママが体を洗っているときでも安心して使えるようなマットを選びましょう。せっかく安全性の高いお風呂マットを買ったのに、ママが使いこなせなければ効果も減小してしまうので、ママの使いやすさも選ぶときのポイントにしましょう。

最初に安全性を重視したお風呂マットをピックアップし、最後に形や色柄などのデザインを選ぶようにしましょう。先にデザインを選んでしまうと、どうしても安全面が疎かになってしまいます。浴室でも赤ちゃんが安心して過ごせるお風呂マット、好きなデザインのものがないか探してみましょう。

おすすめの赤ちゃんのお風呂マット3選

赤ちゃんのお風呂マットでおすすめの商品を3つご紹介しますお風呂マットはただ滑らなければ良いというわけではなく、どれだけママやパパが楽になるかも視野にいれて選ぶとお風呂も入りやすいですよ。赤ちゃんの性格に合わせて選ぶのも一つのポイントです。

Richell ひんやりしないおふろマットR

Richellのお風呂マットは軽量タイプで抗カビ効果が高いから忙しい育児で使いやすい!赤ちゃんの体にフィットするように作られているのでママやパパも安心してお風呂に入れると人気のあるお風呂マットです。床置きタイプなのでまだ一人で立てない赤ちゃんにおすすめのお風呂マットです。

やわらかバスマット

こちらも床置きタイプで、簡単に吊るしておける、赤ちゃんも洗いやすいと好評のお風呂マットです。素材が柔らかいので赤ちゃんも痛くなりません。ママが体を洗っている間でも赤ちゃんが安心して寝かせて置けると口コミで人気があります。ただすぐにぺちゃんこになってしまうのが難点なので、少しの間だけお世話になりたい人におすすめです。

イケア パトルル バスタブマット クロコダイル

イケアで買えるバスタブに設置する滑り止めが付いたお風呂マットです。裏側に吸盤付きでどこにでも引っ付きます。90㎝と大きめのお風呂マットなのでまだ足元がおぼつかない赤ちゃんでも滑り止めが付いているので安心です。

お風呂嫌いな赤ちゃんにキャラものお風呂マット3選

育児においてお風呂が好きな赤ちゃんもいれば、お風呂がとても嫌いな赤ちゃんもいますよね。お風呂嫌いだとどうやって入れようか…とママも大変でしょう。そんなときはお風呂マットを赤ちゃんの好きなキャラクターものにしてみましょう。大好きなキャラクターがお風呂で待ってくれていることが分かれば、赤ちゃんもお風呂がだんだんと好きになりますよ。

トイザらス限定ミッキーマウスバスマット

ミッキーやミニーなどおなじみのディズニーキャラクターが描かれた、子供らしいカラフルなデザインのお風呂マット。英語が書いているので英語勉強にも役立ちます。床にもそのまま置けるので暴れて体が洗いにくい赤ちゃんを置いてゆっくりと体を洗ってあげることができます。大判タイプなので小さめな浴室には合いませんが、お風呂でも目一杯遊びたい赤ちゃんにおすすめです。

ワイズアンパンマンハーフお風呂マット

多くの赤ちゃんが大好きなアンパンマンのお風呂マットです。床に置くタイプで、大きさは通常の半分しかないので赤ちゃんが洗うスペースだけお風呂マットが欲しい家庭におすすめです。保管や置き場所に悩むならこちらのお風呂マットが良いでしょう。アンパンマンやバイキンマンでお風呂嫌いな赤ちゃんもテンションupです!

ミッフィーバスマット

まだまだキャラの判断がつかない小さい赤ちゃんには可愛いミッフィーのお風呂マットも良いでしょう。黄色なので分かりやすく、赤ちゃんもうさぎさん!と気に入ってくれます。大判タイプの床置きタイプです。凸凹で滑り止めになりお風呂慣れしていない赤ちゃんにも安全です。

Thumbお風呂用おもちゃ人気25選!赤ちゃんも遊べるおすすめの商品は?

赤ちゃんお風呂マットは定期的にカビ予防を

育児で注意したいのが赤ちゃんが口に入れるもの。赤ちゃんは手に取ったものをすぐに口に運んでしまいますよね。お風呂マットにカビ菌が発生した場合、それを触った手を口に入れてしまったら危険です。なので赤ちゃんのお風呂マットはカビ予防をしっかりとし、清潔に保つことが重要です。定期的にカビ予防を行いましょう。

カビが原因で赤ちゃんが病気になることがあるので要注意!

育児で特に気をつけたい赤ちゃんの体調管理。カビが原因で病気になることがあるので、赤ちゃんが口に入れるものや入れる恐れがあるものは要注意!手にカビ菌が付いてしまうこともあるのでお風呂マットも同じく注意しましょう。「カビ肺炎」や「鵞口瘡」というカビが原因でなってしまう病気もあります。

赤ちゃんお風呂マットの手入れ方法

お風呂マットの選び方でカビの生えにくい商品もありますが、きちんとした保管が大切になります。お風呂場は水を扱う分湿度が高いので、お風呂マットは使ったら放置せずきちんと乾燥させましょう。できるだけ立てて乾燥させるのがコツです。それでもカビが生えてしまった場合、気づいたらすぐにカビ取り洗剤を使うようにしましょう。カビの繁殖を少しでも抑えるために、早めの対策を!

赤ちゃんお風呂マットは浴室保管する?しない?

赤ちゃんのお風呂マットはできるだけ浴室保管を避け、使った後に水分が残っているとカビの原因になるのでなるべく天日干しをして乾かすことをおすすめします。天気の悪い日などはお風呂マットを立てかけて保管するな水分が残らないよう工夫しましょう。どうしても浴室に保管したい場合はお風呂マットを立てかけ、換気扇をつけて乾燥させやすくしましょう。

赤ちゃんのお風呂マットを使う上での注意点

赤ちゃんのお風呂マットを使う上で保管に気を付け、定期的にお手入れをすることが安全に使用する上での注意点になります。またお風呂マットを使ったからといって完璧に滑らなくなるわけではないので、赤ちゃんの動きに注意しましょう。赤ちゃんがお風呂マットを好きになってくれるよう、ママも楽しんで使うようにしましょうね。

赤ちゃんのお風呂マットはいつも清潔に保とう

育児をする上で赤ちゃんが使うものって気をつけないといけませんよね。赤ちゃんのお風呂マットも同じで、使用方法だけでなく保管やお手入れが大事。赤ちゃんは免疫力が低く病気になりやすいので、いつも清潔に保っていれば安心ですね。赤ちゃんの健康のためにも、いつも清潔に保ってお風呂を安全に楽しみましょう。

まとめ:お風呂マットを活用して赤ちゃんとお風呂を楽しもう!

赤ちゃん用のお風呂マットにもたくさん商品があり、機能性に長けているもの、デザインに長けているものと様々です。赤ちゃんが使うものだからお風呂マットも安全第一の選び方を!お風呂には危険がいっぱいで滑りやすいので、お風呂マットを使用していたとしても入浴の際は十分に注意しましょう。可愛いキャラものや色柄のお風呂マットも多く、赤ちゃんと一緒に使うのが楽しくなりますよ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧