生後5ヶ月の体重の平均は?授乳間隔や離乳食など育児のポイント

赤ちゃんは生後5ヶ月頃から徐々に体重の増え方に変化が現れます。その理由と平均体重、痩せすぎ・肥満が心配な方にお伝えする対処法、授乳感覚や離乳食など育児のポイントをまとめました。生後5ヶ月のあかちゃんの気になる体重を詳しく紹介します。

生後5ヶ月の体重の平均は?授乳間隔や離乳食など育児のポイント

目次

  1. 生後5ヶ月赤ちゃんの平均的な発育
  2. 生後5ヶ月赤ちゃんの平均体重や平均身長
  3. 生後5ヶ月~赤ちゃんの平均的な体重の増え方
  4. 生後5ヶ月赤ちゃんの授乳のタイミングで体重が変わる?
  5. 生後5ヶ月の赤ちゃんの体重によっては離乳食が必要?
  6. 生後5ヶ月赤ちゃんの体重に合わせた育児アイテムとは
  7. 生後5~6ヶ月赤ちゃんの夜泣き
  8. 生後5ヶ月赤ちゃんが肥満?体重が気になる
  9. 生後5ヶ月赤ちゃんの体重が増えない場合は?
  10. 体重で悩まない生後5ヶ月の赤ちゃんのための育児ライフ

生後5ヶ月赤ちゃんの平均的な発育

泣いて授乳、寝るを繰り返す生活パターンは生まれた時から変わりはありませんが、そのスパンが伸びたり、動きが徐々に大きくなるころが生後5ヶ月の赤ちゃんの平均的な発育です。体の各部の力が増し、不安定ではあるものの頻繁に動いて興味を示す様が愛くるしい時期でもあります。

生後5ヶ月になると、ずんずん増えていた体の大きさが徐々にペースダウンし始める時期でもあります。突如体重の上がり方が減って気になったり、中々体重が増えない赤ちゃんの場合は心配になることもあるのではないでしょうか。逆に体重が増え過ぎているのではないか、肥満なのではないかと気になる方もいるかと思います。

今回はそんな方の為に、体重の変化が起こり始める生後5ヶ月の赤ちゃんの平均的な体重と、それにまつわる授乳感覚や離乳食などの育児のポイントをお伝えしていきます。生まれた際の状況や、赤ちゃんの個体には大きな差が付きものです。また、育児に関わりを持つ赤ちゃんの両親以外からの干渉なども交えて、これからの体重の増え方なども詳しく解説していきます。

生後5ヶ月赤ちゃんの平均体重や平均身長

生後5ヶ月の男の子の平均体重は6~9kg、平均身長は61~70cmです。女の子の平均体重は5~8kg、平均身長は60~68cmです。寝がえりを始めたり手足をばたつかせたりと、このころから体重の増加が緩やかになっていきます。生まれた時から食の細い子だったり、よく飲む赤ちゃんであればその差は大変大きく、定期検査などでその違いに驚かれる方もいるのではないでしょうか。

昔に比べて現在の出生体重が減少している傾向があり、その理由として妊婦さんの健康管理が昔に比べてしっかりされていたり、健康志向が高まった結果です。このことから、ママの両親や義理両親の時代とは生まれる赤ちゃんの平均体重や身長は違っています。

反面、喫煙や飲酒による低体重児の出産も含まれるため、平均身長や体重はあくまでも目安として把握しておくのがいいでしょう。後ほど詳しくお伝えしますが、他の子に比べて太り過ぎていると感じる要素も多くあるために乳児の肥満についても触れてお伝えしていきます。

Thumb生後4ヶ月の体重の平均は?授乳間隔や赤ちゃんとの過ごし方

生後5ヶ月~赤ちゃんの平均的な体重の増え方

生後5ヶ月以前までには、1ヶ月に約700g~1kgとハイペースで増え続けていく赤ちゃんの体重ですが、寝がえりを始める頃ぐらに当たるこの時期から、徐々に体重の増え方が緩くなっていく傾向があります。先にもお伝えした通り、発育には個々の違いがあるため、平均体重と余りにも違う場合は小児科医へ相談しておきましょう。

特に食の細い赤ちゃんで体重も平均値ぎりぎりの場合、ここでまた体重が伸び無くなってきたと思うと不安になるかと思います。生後5ヶ月以降からは体の動く範囲も増え始め、中には寝がえりだけでなくズリバイやハイハイを始める赤ちゃんもいますので、その分体重が増えないということもあります。

逆に、とても丸丸と太っていると感じられる赤ちゃんの場合は、本格的に動き出す時期に一気に体重に変化が現れることがあります。生後5ヶ月から痩せるわけではないので、本格的に歩き出すようになる時期に大きな変化がみられるでしょう。

生後5ヶ月以降の体重の増え方は、約5~600gずつ増加するようになります。このころにある定期健診では、赤ちゃんの個体差をとても感じられます。赤ちゃんの機嫌が悪い状態が続いていない限り、心配することは無いでしょう。

生後5ヶ月赤ちゃんの授乳のタイミングで体重が変わる?

実はこの生後5ヶ月あたりから、赤ちゃんの遊び飲みや離乳食の開始といった生活の変化に伴い授乳の回数にも変化が見られるようになります。母乳は、赤ちゃんが必要とする量だけを作るようになりますので、色々な要因が体重への変化に現れていることになります。

生後5ヶ月の赤ちゃんの1回の授乳量は200~220ml(1日4時間毎)と言われており、更にこの時期から離乳食が始まる赤ちゃんもいます。体重の増え方が著しく乏しいようであれば、ミルクを足してみたりいつもより少し長めに授乳時間を増やしてみる方法で対応します。

このことから授乳回数が減ったことが原因で、体重が増えないというわけではないことが良くわかるかと思います。逆に体重が減ってしまう場合は、小児科医にすぐに相談しましょう。授乳は、赤ちゃんの飲むミルクの量を知るすべがないのですから、赤ちゃんの体重を目安に健康管理をすることができると言えます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重によっては離乳食が必要?

生後5ヶ月の赤ちゃんは、大人の食べる様子を見て興味を示すこともあり、離乳食はこれから食事をする為の準備段階と言えます。

育児書には5ヵ月からの離乳食を紹介している物が多くありますが、生後5ヶ月から始めなければならないわけではありません。離乳食は体重コントロールのためとは考えず、赤ちゃんの様子に合わせて進めて行くようにしましょう。

生後5ヶ月赤ちゃんの体重に合わせた育児アイテムとは

生まれた時に比べて、同じ生後5ヶ月でも体格差に大きな開きがある赤ちゃんがいます。切迫早産で低体重で生まれた赤ちゃんであっても、大変食欲があり生後5ヶ月頃には平均的な赤ちゃんの発育に達しているなんてことも珍しくはありません。

生後5ヶ月ごろから身長や体重の伸びが落ち着くことをしっておけば、その時の体重に合わせたサイズの服選びもしやすいのではないでしょうか。特にこれからは動きが活発になっていくので、薄着も考慮しなければなりません。

首が座り座った姿勢をキープできるのであれば、手足を自由に動かせる危険のない空間を確保しましょう。寝返りも、厚着で阻害されることがあります。生後5ヶ月以降の体重の増え方をしっておけば、体の大きさにあった服選びもしやすいのでおすすめです。

Thumb0歳向けおもちゃ・知育玩具をプレゼント!赤ちゃんにおすすめなのは?

生後5~6ヶ月赤ちゃんの夜泣き

じつはこの生後5ヶ月あたりから、自我がはっきりとしてくることで夜泣きが始まる赤ちゃんもいます。

体重とは特に関連性は無いのですが、昼間は機嫌がよく夜よく眠るようになるようになって来る発育過程において、この夜泣きは多くの方が経験しているようです。

特に昼間多く動くように配慮して、夜ぐっすりねむってもらう。立って抱っこしてゆらすなどで、その場をしのぎます。イライラしてしまうと、それが伝わり夜泣きが長引くこともあるようなので、順調に発育しているととらえてつきあっていきましょう。

生後5ヶ月赤ちゃんが肥満?体重が気になる

平均体重内にもかかわらず、過去の経験をもとに育児について意見をしてくる親や義理の両親が身近にいるママもいるでしょう。

中には赤ちゃんの大きさを見て、肥満(痩せすぎ)ではないかと頻繁に言われているという方もいました。体重だけに関わらず、自身の経験をもとに育児について話をする方は多くいます。

5歳未満は肥満の診断はできないといわれているほど、時期が来れば一気に体が引き締まるケースがほとんどです。生後5ヶ月の赤ちゃんはこれからどんどん変わっていきますので、幼児ごろからの孫への対応を肥満にさせないよう先にお願いしておくのがいいでしょう。

生後5ヶ月赤ちゃんの体重が増えない場合は?

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が気になる場合は、授乳の回数や長さを増やし対応します。それでも体重が増えない場合は小児科の医師への相談は勿論、赤ちゃんの健康チェックだけでなくお母さん自身の体調も確認するようにします。

病院によっては、母乳育児をすすめるところがあったり、母乳の有用性を伝える本などもあります。実は母乳を作っているお母さんの体調によって、母乳量や栄養が不足することなどもあります。

母乳のみにこだわる必要はなく、不足分をミルクで補って体重の増え方を観察してみましょう。万が一太り過ぎても、生後5ヶ月のあかちゃんであればそのままの体型が大人になるまで続く心配はありません。

体重で悩まない生後5ヶ月の赤ちゃんのための育児ライフ

発育の違いには個体差があることを心にとどめ、平均範囲内であれば体重の増え方や減り方は余り気にしないようにすることで余計なストレスを避けることもできます。

また両親や義理の両親とは医療の発達と共に、何が育児に必要であるかといった知識が大きく隔たっていることもあるので、病院で配布されているパンフレットを活用して予め説明しておくのも良いでしょう。

初めての赤ちゃんであれば、今後増える行事に伴い発育について言われるストレスを避けることができ、ストレスフリーな育児を是非楽しんでください。平均体重範囲外の時はすぐにかかりつけの小児科を利用できるよう、こちらの準備も肝心です。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧