一人暮らしのガス代の平均を徹底調査!高いと感じる理由や節約術を紹介

一人暮らしだけど、周りよりもガス代が高いと悩んでいるあなた!その原因を知りたいですよね。一人暮らしのガス代が高いのは単に使いすぎが原因とは限りません。そこで今回は、一人暮らしのガス代の平均や、ガスの種類、ガス代の節約法まで、様々なことをまとめました。

一人暮らしのガス代の平均を徹底調査!高いと感じる理由や節約術を紹介

目次

  1. 一人暮らしのガス代の平均や冬でもできる節約術を知ろう
  2. 一人暮らしのガス代の平均はいくらくらいなの?
  3. 一人暮らしのガス代…高いと感じるのはやっぱり冬?
  4. 同じ一人暮らしでも地域によってガス代は違う
  5. 一人暮らしでガス代が気になるならガスの種類について詳しく知ろう
  6. 一人暮らしのガス代節約にはガスの違いについても覚えておくと便利
  7. 一人暮らしのガス代が高いのはプロパンガスを使っているから?
  8. 一人暮らしでも高いと感じるプロパンガス…どうしてこっちを利用しているの?
  9. プロパンガスでもガス代を節約できるかも!?冬の前にチェックしよう
  10. 一人暮らしのガス代を安くしたい!プロパンガスの会社変更にはここを頼って
  11. 一人暮らしの人のガス代節約法①シャワーメインにする
  12. 一人暮らしの人のガス代節約法②お風呂の湯量を減らそう
  13. 一人暮らしの人のガス代節約法③給湯温度を上げすぎない
  14. 一人暮らしの人のガス代節約法④料理をする時は中火で
  15. 一人暮らしのガス代節約法は意外とたくさん!自分にあった方法を

一人暮らしのガス代の平均や冬でもできる節約術を知ろう

一人暮らしにどうしても必要になる光熱費…、中でもガス代は料理やお風呂に使用するものなので夏冬などの季節によっても変化する難しいものですね。なるべく一年を通してなるべく平均に近い状態を保ちたい・高くなる月を減らしたいと思うはずです。

また、自分のガス代が周りと比べて高いという人は冬を迎える前にガス代を抑える方法を知りたいと思うはずです。やはり一人暮らしのガス代の支払い平均はどのくらいなのかは知っておきたいものですし、それを大きく越えるようなら、その理由も知っておきたいですね。

そこで今回は一人暮らしのガス代についてまとめさせて頂きます。一人暮らしのガス代の平均から2つのガスの種類や違い、ガス代の節約方法まで様々なことについてご紹介しますのでぜひ活用してみてください!

Thumb一人暮らしの光熱費の全国平均は?驚きの節約術や一ヶ月に必要なお金を調査

一人暮らしのガス代の平均はいくらくらいなの?

「ガス代が少し高い気がする…」と感じた月は、一人暮らしのガス代の平均が大体どのくらいなのか、気になってしまいませんか?実家で聞いてみても一人暮らしとは暮らす人数に差があり、平均が大きく異なるため参考になりませんね。

一般的に一人暮らしの人のガス代平均は3,000円程度と言われています。しかし最初にも書いた通り、ガス代は季節によっても大きく違うものです。あくまですごしやすい季節で一人暮らしの平均と考えるのが妥当であると言えます。

一般的な一人暮らしのガス代平均額と比べてあなたのガス代はどうでしたか?平均を大きく上回るようでしたらもしかすると無駄遣いや何かガス代が高い原因があるのかもしれませんね。すごしやすい季節でも大きく上回るようでしたら一度1から見直す必要があるかもしれません。

一人暮らしのガス代…高いと感じるのはやっぱり冬?

どうしても多くの家庭でガス代に悩むのが気温の下がる冬です。それは一人暮らしであっても変わりはないでしょう。ガスを使用するのは主に「お風呂」と「料理」の二つですね。冷たい料理を好んだり短い時間のシャワーのみで済ませられる夏は比較的ガス代に響かない生活ができます。

しかし寒くなると温かいお風呂に温かいご飯を求めてしまいますね。当然それに伴いガス代もしっかり高くなるという人は多いです。一般的に一人暮らしの人の冬場のガス代平均は5,000円といわれています。他の季節の平均と比べるとやはり2,000円も高いですね。

しかしこのことからお湯や火の使用量がガス代の大半を占めることが分かりますね。更に寒い地域に住んでいれば一人暮らしであってももっと高くなるので要注意です。部屋の温度を上げるのに電気代や灯油を利用したりすると他の面でも出費の多い季節になります。冬はガス代をなるべく抑えておきたい季節と言えますね。

同じ一人暮らしでも地域によってガス代は違う

先ほど寒い地域に住んでいるとガス代以外にも光熱費が掛かってしまうと書かせて頂きました。北海道や東北、北陸になると一人暮らしでも冬だとガス代の平均が10,000円を越えてしまう地域もあるのだとか…。一人暮らしで家賃が安くてもガス代が高いとやはり辛いですね。

また、夏や冬といった季節に限らずともガス代が高い地域、安い地域というものも存在します。例えば同じプロパンガスであっても東京なら280円で済むところが同じ量を北海道で使用すると480円掛かるという差があるのだそうです。

都市ガスであっても値段にはわずかに違いがあります。更に、寒い地域と平均的な寒さの地域では水温も違うため、お湯を沸かす時は寒い地域の方がよりガス代を使用してしまいます。一人暮らしを始めるなら、冬のガス代に関しては全国的な平均だけではなく、自分の暮らす地域の平均を知る必要がありそうですね。

一人暮らしでガス代が気になるならガスの種類について詳しく知ろう

先ほどちらりと出てきたプロパンガスと都市ガスという言葉、これから一人暮らしを始める方や始めて間も無いという方なら違いを知らない人もいるかもしれませんね。一人暮らしをするなら違いを知っておくと役立つこともありますのでご紹介いたします。

まず都市ガスとは、全国の世帯のおよそ半分が利用しているガスのことです。一人暮らしを始める際には、自治体のガス局や都市ガスの各社に連絡して使用が可能になります。都市ガスは道路の下にあるガスの導管を通って各家庭に送られるものです。都市ガスのインフラが整ったエリアでのみ使用することができます。

次はプロパンガスについてご説明します。全世帯のもう半分が利用しているのがプロパンガスです。プロパンガスは、住んでいる地域のプロパンガス会社から選び、ボンベを業者が取り替えることでガスを供給してもらいます。一人暮らしや一般家庭にとっては都市ガスと変わりませんが、火力が強いため、料理店には好まれるガスです。

一人暮らしのガス代節約にはガスの違いについても覚えておくと便利

プロパンガスと都市ガスには大きな違いがいくつかあります。一つ目は先ほども少し触れた、供給方法の違いです。都市ガスが道路下のガス管を通してガスを供給するのに対し、プロパンガスは業者がボンベを取り替えることでガスを供給しています。

都市ガスの場合、災害時の復旧に1、2ヶ月掛かりますが、プロパンガスは1、2週間で復旧できるので炊き出し等にも使用されます。しかしプロパンガスは都市ガスと比べると重たいガスを使用するため、ガス漏れなどの際には室内に溜まりやすく事故の可能性が上がるのも特徴です。

さらに、プロパンガスと都市ガスはガス代の料金も異なります。都市ガスは公共料金、つまり国が決めた金額を支払えば利用できますが、プロパンガスは各会社が決めた自由料金で請求することができます。ですのでプロパンガスは都市ガスと比べると、比較的高いことが多いのです。

一人暮らしのガス代が高いのはプロパンガスを使っているから?

先ほどはプロパンガスが都市ガスに比べて比較的高いことが多いとご紹介しました。では一人暮らしでプロパンガスを使っていれば、ガス代が高いのはプロパンガスを使っているからということなのでしょうか?答えは「そうとは言い切れない」です。

例えば東京で例えると、都市ガスの単価は100〜145円程です。それに対してプロパンガスは単価が280円と倍の値段ですね。しかし発熱量の点から考えると2.2倍差があり、プロパンガスの方が勝るのです。そのため都市ガスでプロパンガスと同じ温度のお風呂を沸かせば2.2倍の量のガスを使用します。

つまりガス自体の単価から見れば金額に大きな差は生まれません。プロパンガスは会社ごとに自由料金で請求できるため、割高なことも多いですが、良心的な会社も確かに存在します。一概に「プロパンガスだから高い」と言い切ることはできないのです。

一人暮らしでも高いと感じるプロパンガス…どうしてこっちを利用しているの?

それでも一般的には高いと言われるプロパンガス、どうしてわざわざ都市ガスではなくプロパンガスを利用しているのか、疑問になりますね。一人暮らしの場合だと、賃貸に住んでいる人も多いと思います。賃貸での一人暮らしの場合はオーナーさんがガス会社を選ぶ権利を持っています。

先ほどもご説明しましたが、プロパンガスを使用している理由は「自治体のインフラが整っていないから」です。インフラの整っていないエリアに居住する場合、都市ガスが通っていないため、プロパンガスを使用するしかありません。オーナーさんが都市ガスとプロパンガスを選べるわけでは無いのです。

ガスを利用せずに生活するというのは現代ではとても考えられないという人も少なくないはずです。これから一人暮らしを始めるという方は、なるべくなら都市ガスの通ったエリアに住み、プロパンガスを使用していない賃貸を探すことをおすすめします。

プロパンガスでもガス代を節約できるかも!?冬の前にチェックしよう

何度も書きますが、プロパンガスは自由料金であるため割高に販売している会社も多いです。しかしガス会社が一つでは無いため、より低価格なガス会社を探すことはできます。もちろんオーナーさんへの交渉は必要ですが、許可が下りれば当然変更することができます。

また、一人暮らしの方は賃貸が多いので賃貸の場合でご紹介しましたが、分譲の場合はどうなのでしょうか?一軒家の分譲に一人暮らしで住むのあれば、自分がオーナーであるため、好きにガス会社を変更することができます。

しかし分譲であってもマンションであれば集合住宅ですので、管理組合が存在します。プロパンガスの会社を変更するには、その管理組合の同意が必要になります。この場合も許可さえ下りれば自由にガス会社を変更することは可能です。

一人暮らしのガス代を安くしたい!プロパンガスの会社変更にはここを頼って

管理組合やオーナーさんから許可をもらったら、次は「一般社団法人プロパンガス消費者協会」に相談しましょう。優良なプロパンガス会社を紹介している法人で、相談などのサービスを無料で行っています。

またホームページからも協会が設定した適正価格を元に、あなたの家のプロパンガスが高いか安いかを計算してくれるため、プロパンガスを高い値段で払っていないか、知ることができ、より優良な会社を紹介してもらうことができます。

またガス会社の勝手な値上げなどに関する相談に対しても、それが事実であると分かれば協会が元の値段に戻すよう保障してくれます。プロパンガスが自由料金であることに変わりはありませんが、様々なサービスが充実しているため、安心して次の会社に別の会社に変えることができますよ。

一人暮らしの人のガス代節約法①シャワーメインにする

一人暮らしのガス代節約は、やはり毎日の生活で努力することも必要です。ところで突然ですが、皆さんはシャワーとお風呂に浸かるの、どちらの方がガス代が安く済むと思いますか?一人暮らしだとついついお風呂を沸かすのが面倒で不経済だなーなんて思っていませんか?

一人暮らしのユニットバスであれば、満水の容量は200、185、165リットルのものが多いかと思います。これを通常のシャワーで満たそうとすると、平均15分ほど掛かります。さらに、体を流すのに全て湯船のお湯を使う人で無ければ追加でシャワーも使用していることになりますね。

一人暮らしだとお風呂を沸かすこと自体面倒ですし、冬場など、寒さに負けてついつい長い間シャワーを浴びてしまう人でも15分あれば十分暖まる人も多いはずです。15分以下でシャワーを終える自信があるのであれば、一人暮らしの人はお風呂に湯を張るよりもシャワーで済ませた方が、楽してガス代は安く済みますよ。

一人暮らしの人のガス代節約法②お風呂の湯量を減らそう

一人暮らしの男性だと湯船に浸かる習慣がないのでシャワーで!と思う人もいるかもしれませんが、一人暮らしの女性の場合は話が違いますね。美容や健康のためであったり、単純にお風呂に浸かってリラックスしたいとこまめにお風呂に浸かる人は多いはずです。

しかし毎日入るとガス代が高い…と悩んでしまいますね。そんな人は、まず湯量を見直してみましょう。いつも湯船に浸かる際、お湯があふれてしまっていませんか?その場合はお湯の量が多いので少し減らして沸かすと節約になりますよ。

また、美容を目的とするのであれば半身浴にして長い時間をお風呂で過ごすというのもいいかもしれません。38〜40℃のぬるま湯に20分ほど浸かることで新陳代謝が上がったり血行をよくする効果があるのでむくみなどの悩みからも解放されますよ!

一人暮らしの人のガス代節約法③給湯温度を上げすぎない

一人暮らしでガス代を節約したいなら、給湯温度にも気をつけましょう。給湯温度を上げるとガス代は大きく値段が変わりますよ!おすすめは40~42℃の間で抑えておくことです。もちろん夏場ならもっと低くていい人もいますね。

低くて構わないという人は、もちろん給湯温度が低いほどガス代を節約できます。体を冷やさない程度にですが、低い温度でお風呂を沸かすのもいいかもしれません。また、一人暮らしだと1回の入浴でお湯があまり汚れないため追い炊きする人も多いと思います。

もちろん追い炊きにもガス代は掛かります。目安としては、200リットルを1℃上げるのに3円かかると言われています。冬場は水の温度が低いため、よりガス代が高くなるのです。一度沸かしたら冷める前にすぐに入るようにしましょう。

一人暮らしの人のガス代節約法④料理をする時は中火で

ガス代の節約はなにもお風呂のみではありません。一人暮らしの男性にはできあいの物を食べる・外食するという人もいるかもしれませんね。しかし一人暮らしの女性なら料理をまとめて作って冷凍したりするなど、工夫している人も多いようです。

そんな一人暮らしの女性に覚えておいて欲しい節約方が、鍋からはみ出る火は使わないことです。一人暮らしの場合、大抵はあまり大きなお鍋を使いませんね。しかしレシピに強火と書いてあれば最大火力を使う人もいるのではないでしょうか?

実際には鍋の下に当たっている火以外は無駄な火になってしまいますので、一人暮らしの量だと中火で強火くらいの場合が多いはずですよ。余計なガスを使わないためにも、料理には中火を心がけましょう。

Thumb一人暮らしは料理で生活費を抑えよう!簡単節約レシピが自炊を続けるコツ?

一人暮らしのガス代節約法は意外とたくさん!自分にあった方法を

今回は一人暮らしのガス代について様々なことをごしょうかいしました。一人暮らしだから大してガス代も高くないだろうと考えていた人もいるかもしれませんが、季節によって意外とおおきな 振り幅がありますね。冬だけ異常に高いガス代に悩む人はたくさんいます。

しかし小さなことからこつこつ努力すれば、大きな節約に繋がるかもしれません。一人暮らしだからこそ、協力を得られなくても自分のペースで節約することができるはずです。今一度小さな無駄遣いがないか確認し、ガス代に悩まない生活を送りたいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-04 時点

新着一覧