ベビーラップおすすめ人気ランキング!新生児から使える使い方・巻き方は?

今話題になってる新生児から使えるベビーラップは、どのように使うのでしょうか?新生児の安心感も増すそのベビーラップの巻き方は、各ブランドごとの動画と共にお伝えしていきます。また今人気のランキングからメリットデメリットも紹介します。

ベビーラップおすすめ人気ランキング!新生児から使える使い方・巻き方は?

目次

  1. ベビーラップとは
  2. ベビーラップのメリット
  3. 慣れが必要なベビーラップのデメリット
  4. ベビーラップの基本的な使い方と巻き方
  5. おすすめベビーラップの人気ブランドランキング
  6. 3位:腰痛肩こり持ちに絶賛のベビーラップ
  7. 2位:コンパクト収納&低価格でお試ししやすいベビーラップ
  8. 1位:長時間外出にも◎ベビーラップ
  9. 腹帯を再活用!ベビーラップ代わりの使い方
  10. 新生児の安心感が増す!人気ベビーラップを使ってみよう

ベビーラップとは

赤ちゃんを抱っこしたり、おんぶしたりするために使う育児用品にベビーラップと呼ばれるものがあります。他にもスリング・おんぶ紐などと呼ばれた商品がありますが、新生児から使えないものもあります。

ベビーラップの利点は、まず新生児からある程度大きくなっても長く使える事や、抱っこする人と赤ちゃんが密着するタイプのものなので、赤ちゃんに安心感を与えるというメリットがあることです。

ベビーラップは、長めの布があれば誰でもできて、巻き方を変えるだけでおんぶ紐にもなります。ブランドや布の長さ素材により、耐久性や通気性もかわってくるので巻き方だけでなく、人気ランキング上位にあるベビーラップのメリットデメリットもあわせて紹介していきます。

Thumbモンベルの抱っこ紐が便利でおすすめ!口コミ・評価や使い方を紹介

ベビーラップのメリット

市販されているスリングなどは、まだ首の座らない新生児に使える抱っこひもとして販売されていましたが、今話題のベビーラップはその時期は勿論、首が座り始める5ヵ月以降には使い方を変えるだけで、抱っこひもとして使えます。

スリングだと、使用できる期間がとても短くその点と比べるとベビーラップにはメリットがあるのがお分かり頂けるかと思います。更に動きが活発になりだす頃、足元が見ずらい抱っこでは何かと不便な時期が訪れます。こんな時には、おんぶ紐として活用できるのもベビーラップのメリットと言えます。

随分昔から、余った布を使って赤ちゃんをおんぶるのに使っていたおんぶ紐さながら、低価格で用意することもでき、赤ちゃんの成長に合わせて巻き方を変えるだけで使い続けることができるので無駄な買物も省けます。

慣れが必要なベビーラップのデメリット

新生児期の横抱っこ、ぴったり抱っこ、おんぶとそのスタイルそれぞれベビーラップの巻き方が異なりますので、使い方に慣れるまで幾分時間がかかる場合があります。ブランドによっては布(素材)によって扱いやすいものと扱いにくいものがあり、赤ちゃんの快適度が違ってきます。

通販であればその肌触りや厚みがわかりにくく、実際使ってみると縛りにくかったり扱ったりとデメリットを感じることも少なくありません。また、何度か洗濯することで毛羽立ってしまったり毛玉ができやすいという口コミで目にすることもあります。

レンタルで使い勝手を確認してみたり、直接店舗で試してみる方がいいでしょう。赤ちゃんの成長に合わない抱っこグッズを使用してトラブルにあったという話もありますので、これらのアイテムは慎重に選ぶことをおすすめします。

ベビーラップの基本的な使い方と巻き方

基本の巻き方は、動画を参考にすると大変わかりやすので、動画でご紹介します。どのブランドでもこの巻き方が基本で、他にも5つ程巻き方があります。

ベビーラップは、抱っこする側の負担を極力分散できる巻き方で、出産後の腰痛や肩こりで悩んでいる方にも大変助かるアイテムだということもわかります。とにかく長い一枚の布を使いますので、ブランドに捉われず季節や肌触りを考慮した物を好みで探す楽しみもあります。

綿製の生地であれば、通気性良く耐久性も高い為に新生児から10キロ前後(3歳ぐらい)までの子供に使うことができます。メーカーによりサイズ表記が事なる為わかりにくいのですが、幅65cm長さ5mもあるので、色々な巻き方でベビーラップが使えます。

長さが結構ありますので、ある程度巻くためのテクニックやコツを身につけなければなりませんが、成長の都度買い替える必要もない上に、赤ちゃん期が終わっても布として手元に残るので、子供用の小物作りにと再利用することもできます。

おすすめベビーラップの人気ブランドランキング

日本のおんぶ・抱っこ専門の店でもベビーラップはカラーバリエーションやサイズの扱いが豊富ですが、何かとお金のかかる育児用品は割安なものに人気が集まっているようです。

ブランドごとに使い勝手はあまり変わらないものの、長く使っているうちに気づくメリットデメリットもありますので、それらもあわせて各ブランドを人気ランキングごとに詳しくお伝えしていきます。

3位:腰痛肩こり持ちに絶賛のベビーラップ

ボバ ボバラップ

カラーバリエーションも豊富で、他のブランドと比べて幾分おやすいのが「ボバボバラップ」です。ベビーラップとしては長めの生地なので、アレンジのしやすさも人気です。頭まで大きく包み込める幅広の布なので、安定感もあります。

こちらのベビーラップでは、首や肩周りにかかる負担解消の使い方がおすすめです。出産後とくに血流の関係で体調を崩しやすい経産婦にとっては、この違いが大きいのではないでしょうか。

赤ちゃんは手足も軽く抑えられる状態が、お腹の中にいた頃ととても似ているので安心感が得られると言われています。その為、公共機関を使う時などの移動で赤ちゃんが泣いてしまう心配も軽減されます。

2位:コンパクト収納&低価格でお試ししやすいベビーラップ

バディバディ ピッタリラップ

「バディバディピッタリラップ」のベビーラップであれば、パット付き収納ポーチ付というプラスアルファ要素がある一方、カラーバリエーションは少なめです。他のベビーラップに比べて若干収縮性に富んだニット素材で、圧迫感に違いがあります。

ボバボバラップに比べてお値段も若干割安なのと、先にもお伝えした通り、スリングやおんぶ紐に比べて負担のかかる場所が分散されるので抱っこする側としては、体が楽だといった口コミが多く見受けられます。

新生児・対面・腰抱っことわかりやすい使い方解説つきなので、長く使えることにかけてはベビーラップはおすすめです。赤ちゃんによっては初めのうちは問題なく使えても、何かしらの負担を泣いて伝えてくることがありますので抱っこ中に泣くようであれば、周りが良く見えるように巻いてみたり、体温が上がり過ぎてないか気にしてあげましょう。

1位:長時間外出にも◎ベビーラップ

モービーラップ

こちらのベビーラップは正規品からの購入となると、日本語解説が無い為ネットなどを活用して使い方の確認しなければなりませんが、赤ちゃんを抱っこする為だけに編まれた生地を使用しています。新生児用としては最適ですが、季節によっては暑いために使う時期を考慮しなければならないといった口コミがあります。

他のベビーラップ商品にも起こりがちなのですが、洗濯による縮みや毛玉の発生が起こる素材もあるのであらかじめ確認が必要です。長さがある為干す際にも工夫が必要でしょう。

他のベビーラップに比べてカラーが黒のみで、4通りの使い方を解説している説明書が付いてきます。何よりも、育児雑誌で紹介され使用者も多く、参考になる意見を収集しやすいベビーラップです。こちらのベビーラップであれば、色落ち色移りの心配が無く、シンプルなのもおすすめです。

腹帯を再活用!ベビーラップ代わりの使い方

新生児以降、首が据わるようになればできるおんぶに、腹帯を再活用されている方もいます。前を開けておくことで安全も確保できると言う利点もあります。特に階段や躓きやすい場所を歩かねばならない時に対面抱っこのベビーラップでは危険な場面もあるでしょう。

そんな時に、腹帯として使っていたさらしが30m以上あればおんぶ紐として再利用することができます。腹帯の場合、市販されているベビーラップ用の布に比べて収縮性が低い為対面抱っこでは圧迫感がある為おすすめできませんが、2~3回使っているうちにだんだんおんぶのコツがつかめてくるでしょう。

腰抱っこにも長ささえあれば、腹帯がベビーラップ代わりになり、抱っこやおんぶ期間が終われば生地を別の用途に再利用することもできるので、無駄も省けます。新生児期からでなくても、このような妊産婦アイテムを利用しない手はありません。

Thumb双子が抱っこ紐を必要になるのはどんな時?エルゴを2つ使うやり方も紹介

新生児の安心感が増す!人気ベビーラップを使ってみよう

出産前からのベビーラップ用の布の用意が、特におすすめです。ベビーラップを行う場合は慣れておく必要があるほか、実際に大泣きしている赤ちゃんをベビーラップを使って抱っこするとなると精神的な負担があるのも勿論、他の小さな兄弟がいると本当に大変です。

ベビーラップに使われる布は大変大きく、慣れるまでは扱いが難しい、面倒臭いといった意見もあります。肩こりや腰痛の為に負荷を分散させたい方、赤ちゃんが大きくなるまでは極力出費を抑えたい方におすすめの育児用品であるということと、どんなものを使っていても赤ちゃんによっては合わないことがあることを知っておきましょう。

子供が生まれて、買ってみたものの結局使わなかったアイテムは付きものですが、巻き方一つで抱っこやおんぶと自由度の高いベビーラップは使い勝手が良いとも言えます。購入してみて失敗したという意見が少ないのも、人気の理由ではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-08-12 時点

新着一覧