ワンルームの収納アイデア集!デッドスペースを上手に使ってスッキリ空間に

ワンルームのお部屋、収納に困っていませんか?限られたスペースの中で、スッキリとしたお部屋を実現するためにはちょっとした工夫が必要です。ワンルームのお部屋をこれから素敵にアレンジしたいと考えている方は、デッドスペースを上手に活かして収納してみましょう。

ワンルームの収納アイデア集!デッドスペースを上手に使ってスッキリ空間に

目次

  1. ワンルームの収納アレンジ
  2. 収納を変える事でワンルームのお部屋も素敵になる?
  3. 「デッドスペース」に使うのに便利な収納アイテム
  4. ワンルームのお部屋!「収納ラック」で上手に収納
  5. 「ディアウォール」でワンルームに新たな収納スペース作り!
  6. ワンルーム!「ベッド下」の収納を充実させよう
  7. ワンルームのお部屋!壁沿いに収納を
  8. 「突っ張り棒」を使って物を隠そう
  9. スッキリとした収納をワンルームで実現
  10. ワンルームの収納を充実させよう

ワンルームの収納アレンジ

お部屋をスッキリと見せるのは簡単な事ではありません。しかし、ある程度収納スペースを確保しておけば、ワンルームのお部屋でも、素敵にアレンジすることができます。一人暮らしの方も、自分が過ごしやすいと思えるお部屋の収納を作って、毎日を快適に過ごしてみませんか?デッドスペースなどを上手に利用して収納に役立ててみましょう。

収納を変える事でワンルームのお部屋も素敵になる?

物を減らすことから収納をスタート

ワンルームのお部屋。物を収納できる場所には限りがあります。まずは持っている物を減らすことができないかを考えてみましょう。リサイクルに出したり、物を減らす方法はいくつかあります。使っていない物がお部屋に眠っているなら、収納スペースを増やす前に、手放してみましょう。特に服などは、気が付くと増えてしまうものです。定期的に収納アイテムを見直してみましょう。

ワンルームに収納場所を確保してみよう

ワンルームの場合、お部屋に置くことができるインテリアには限りがあります。沢山収納家具を買ったところで、逆に部屋が狭くなってしまって、快適に過ごせなくなることもあります。収納向きのインテリアは、マルチで使えるタイプを選んで、収納をスッキリと見せるような工夫が必要です。一人暮らしの方も、持ち物に合わせてワンルームの収納場所を考えてみましょう。

デッドスペースは収納に最適

ワンルームのお部屋に無理なく収納スペースを増やすためにデッドスペースを収納に活用するのはおすすめです。デッドスペースはワンルームのお部屋にもあります。壁や天井であったり、シンクの下のちょっとした空間だったり。まずはお部屋をチェックして、デッドスペースや収納スペースがないかチェックしてみましょう。こちらを収納に有効活用することで、収納力がアップします。

「デッドスペース」に使うのに便利な収納アイテム

突っ張り棒はデッドスペースを収納に活かせる

突っ張り棒にはいろんなサイズがあります。小さなものは収納スペースを仕切るために使ったり、ちょっとした隙間に新たな収納スペースを確保するために使うことができます。特に物を吊るして収納する時、突っ張り棒は便利です。フックと一緒に購入することで、物を引っ掛けるための収納に活かすことができます。100均ショップなどでも手に入るのでコスト的にもお得です。

ファイルボックスを使って収納に活かそう

アイデア次第でいろんなアイテムをデッドスペースの収納に活かすことができます。例えばファイルボックス。ファイルボックスは、シンク下のアイテムを整理したり、クローゼットのアイテムを整理したりするために役立ちます。透明のタイプを選べば、中に何が収納されているのかすぐに分かります。仕切りとして使うことで、細々としたものを整理したり収納することもできます。

マルチに使える収納家具をデッドスペースに置こう

デッドスペースは、机の横やベットの横などいろんなところにあります。家具は見た目も気にしたい!そんな方はマルチに使える収納家具を置いてみる事をおすすめします。収納機能がついた椅子やベンチなどは、ちょっとした隙間に置いておくと役立ちます。またキッチンやバスルームでは、キャスター付きのスリムなワゴンなどを収納のために置いてみるのもアイデアです。

ワンルームのお部屋!「収納ラック」で上手に収納

収納ラックはお部屋のスキマ収納におすすめ

収納家具は何を置こうかと迷ったら、収納ラックを置いてみるのもおすすめです。お部屋のインテリアとして、おしゃれな収納家具を置きたいと考えている方は、デザイン性の高いスタイリッシュな収納ラックをお部屋に置いてみましょう。収納ラックは小さな物から大きな物まで種類が豊富です。ワンルームのお部屋のデッドスペースにぴったしの収納アイテムを探してみましょう。

ワンルーム向き収納ラックは手作りも可能?

100均のアイテムを使って収納ラックは手作りをすることが可能です。どうしてもちょうど良いサイズの収納ラックが見つからない。そんな風に感じている方は、いっそ収納ラックを手作りしてみる事をおすすめします。収納ラックはスノコを使って作ったり、木のトレイを使って作ったり、とアイデア次第でアレンジが可能です。アイデアを練ってから材料探しに出かけてみましょう。

「ディアウォール」でワンルームに新たな収納スペース作り!

ディアウォールで収納スぺ―スを増やそう

ディアウォールはツーバイフォーの木材を使って作る壁です。壁や天井を傷つけることなく収納スペースをお部屋に増やしたいと考えている方におすすめです。ディアウォールを壁沿いに作ってテレビを吊るしたり、部屋の真ん中に作って仕切りとして使う事もできます。一人暮らしのワンルームのお部屋も、ディアウォール使えば素敵に収納向きにアレンジすることが可能です。

棚を付けてインテリア兼収納アイテムとして役立てよう

ディアウォールはアイデア次第で収納スペースとして活用する以外にも、インテリアを飾るための素敵なスペースとして用いることができます。棚を取り付ける事で、観葉植物や趣味のアイテムを飾るためのスペースを作り出してみましょう。アイデア次第で、お部屋のテイストにマッチした、素敵な空間を作り出してみましょう。服や小物などを引っ掛ける場所としても使えます。

ワンルーム!「ベッド下」の収納を充実させよう

ベッドの下に収納するためのスキマがあるなら

ワンルームのお部屋にベッドがあるという方、又はソファーベッドを利用しているという方も、家具の下に隙間があることがあります。こちらをアイデア次第で上手に利用してみましょう。あえて収納スペースを確保しやすいベッドやソファーベッドを購入してみるのもおすすめです。ベッドに必要なシーツや枕カバー、ブランケット、部屋着などの服を収納しておくことができます。

一人暮らしの収納を快適に

お部屋の掃除から模様替えまで、一人暮らしの方はワンルームで何かと忙しいかもしれません。服などの毎日使うアイテムを分かりやすく収納しておくことで、物を探して部屋をウロウロするという時間を短縮することができます。一人暮らしの生活を快適にするためにも、物は一定の場所に収納しておくことをおすすめします。ライフスタイルに合わせた収納を心がけましょう。

ワンルームのお部屋!壁沿いに収納を

ワンルームのお部屋!壁を収納に活用

ワンルームのお部屋の収納でお部屋をスッキリと見せるためには、壁沿いに収納スペースを確保してみる事をおすすめします。壁沿いに収納を作ることで、部屋の中心にすっきりとした空間を作ることができます。壁沿いに置く収納家具のおすすめとして、シェルフなどがあります。壁いっぱいに本を収納するだけでなく、アイデア次第でおしゃれなインテリアなどを飾る事もできます。

壁沿いにワークデスクを置いて収納しよう

壁沿いにワークデスクを置くことで、デッドスペースを有効活用することができます。デスク周りには、収納スペースを設ける事も可能です。壁沿いにただカラーボックスなどを置くよりも、パソコンなどを置いて作業できる場所を確保し、一緒に小物を収納するためのスペースを確保してみる事をおすすめします。こちらは、一人暮らしの方にもおすすめの収納アイデアです。

「突っ張り棒」を使って物を隠そう

長めの突っ張り棒で物を隠して収納

大きめの突っ張り棒は収納以外にも、お部屋を仕切ったりするためにも使うことができます。お部屋の一角を収納スペースとして使いたいと考えている方は、長めの突っ張り棒で部屋を仕切り、のれんなどで隠してしまいましょう。いつも片づけをするのは大変。そんな風に感じている方は、突っ張り棒で部屋を仕切ってスッキリと見せるのもアイデアです。部屋をおしゃれに見せましょう。

ワンルームの服の収納にも役立つ?

長めの突っ張り棒は、クローゼットの洋服の収納スペースを増やすためにも役立ちます。服が沢山ある。そんな方は、突っ張り棒を使って服の収納スペースを増やしてみるのもアイデアです。一人暮らしの方は、自分が快適に毎日過ごせるようにクローゼットをアレンジしてみましょう。ワンルームのお部屋。クローゼットなどのデッドスペースも収納に有効活用してみましょう。

スッキリとした収納をワンルームで実現

収納は快適に過ごせるお部屋を目指そう

収納スペースをいろいろと作っても、片づけにくかったりどこに何が収納されているのかわかりにくかったら残念です。収納スペースを作る際は、快適に過ごせるかどうかチェックを入れてみましょう。無理にデッドスペースに収納しても、毎日使う上で使いにくかったらストレスとなります。物はすっきりと収納するように心掛けてみましょう。

素敵なアイテムをディスプレイして収納しよう

収納しようとすると何かと物をしまう事を考えてしまいがちですが、素敵なお皿や洋服は、見えるところに飾って収納することでお部屋を素敵に見せてくれます。毎日朝食に使うお皿など、素敵なアイテムはあえて見える場所に収納してお部屋を飾ってみましょう。部屋に飾るためのインテリアを購入する代わりに、日常で使っている素敵な物をワンルームにディスプレイしてみませんか?

Thumbセリアのファイルボックスで整理!100均の活用や収納法を紹介

ワンルームの収納を充実させよう

ワンルームのお部屋で、スッキリとした収納を実現するためにもいろんなアイデアを試してみましょう。家具のスキマや壁など、ちょっとしたデッドスペースを利用すれば、収納スペースを確保することができます。アイデア次第で素敵にアレンジが可能なワンルームのお部屋。快適なお部屋で毎日過ごすためにも、いろんな収納方法を取り入れてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-02-25 時点

新着一覧