豆苗を使ったレシピが簡単でコスパ抜群!炒め物・サラダなど絶品料理を紹介

豆苗は美味しくてコスパが良くて人気の高い野菜です。ここでは、豆苗を使ったおすすめの美味しいレシピをご紹介します。サラダや炒め物など様々なメニューがありますが、どれも簡単にできるレシピばかりですのでぜひ作ってみて下さいね!

豆苗を使ったレシピが簡単でコスパ抜群!炒め物・サラダなど絶品料理を紹介

目次

  1. 豆苗はとても栄養豊富!
  2. コスパの良さも豆苗の魅力
  3. シンプルな中華風サラダ!豆苗とザーサイのサラダ
  4. 和定食の副菜に!豆苗の白和え
  5. 夏にさっぱり梅風味!豆苗と春雨の梅サラダ
  6. おしゃれなマリネもおすすめ!豆苗とパプリカのツナマリネ
  7. バター醤油が美味しい!豆苗と海鮮のバター炒め
  8. 超簡単!豆苗と卵のマヨしょう油炒め
  9. ご飯が進む!豆苗とひき肉の中華炒め
  10. シャキシャキ豆苗が活きる!豆苗入り春巻き
  11. 豆苗の緑で鮮やかに!カラフルビビンバ丼
  12. 栄養満点でヘルシー!切り干し大根と豆苗のポン酢和え
  13. ナンプラーがポイント!豆苗のアジアンスープ
  14. 体が温まる!豆苗のショウガ和え
  15. 豆腐でヘルシーに!鶏と豆苗のクリームスパゲティ
  16. ピリ辛で美味しい!豆苗ときのこのオイスターソース炒め
  17. 思いっきり野菜鍋!たっぷり豆苗入りレモン鍋
  18. 定番サラダに変化を!豆苗入りポテトサラダ
  19. 甘辛い味がクセになる!豆苗の味噌炒め
  20. 豆苗を使ったレシピを作ってみよう!

豆苗はとても栄養豊富!

豆苗とは、えんどう豆から伸びた若い茎と葉の部分のことで、緑黄色野菜に分類されます。豆としての栄養素と緑黄色野菜の栄養素を持っているので、豆苗はとても栄養豊富でバランスの良い野菜です。豆苗には、ビタミンK・ビタミンA・葉酸・ビタミンC・たんぱく質などの栄養が豊富に含まれています。

ビタミンKには骨を強くする効果がありますし、ビタミンAやビタミンCにはお肌を綺麗に保つアンチエイジング効果があります。また、葉酸は細胞分裂やDNAの合成、赤血球の形成に重要な栄養素なので、特に妊娠中や授乳中には積極的に摂りたい栄養素です。たんぱく質は体を作る材料になるため、健康を保つための基本的な栄養素としてとても大切です。

他にも、豆苗には食物繊維やビタミンE、ビタミンB群なども含まれます。豆苗を50グラム食べると、成人女性が一食で摂取するべきビタミンKを十分にとることが出来ます。また、ビタミンA、葉酸、ビタミンCも一食の必要量の7割以上を摂取できるといわれています。豆苗は、とても栄養面で優れている野菜なんですね。ちなみに、さやえんどうやグリーンピースなども豆苗の仲間です。

えんどう豆には様々な品種があり、さやえんどうはえんどう豆の若いサヤの状態で、グリーンピースはえんどう豆の実の未成熟な状態です。どちらも栄養価の高いおすすめな野菜です。今回は、豆苗を使った様々なおすすめレシピをご紹介します。炒め物やサラダなど、ぜひ作ってみて下さいね!

コスパの良さも豆苗の魅力

豆苗は栄養豊富なだけでなく、コストパフォーマンスが良いという魅力もあります。豆苗は、えんどう豆から茎と葉が伸びた状態で売られていますよね。ハサミや包丁で茎の根元をカットして使うのですが、根の部分を水につけて陽を当ててあげると、なんと新たな茎と葉が伸びてくるんです!

これから茎を伸ばすえんどう豆が根の部分に付いているため、一度だけでなく2〜3回使えます。もともとリーズナブルな野菜ですが、このように栽培できるのでコストパフォーマンスが大変良いのです。適当なタッパーや器に水を入れて、根をつけて置いておくだけなので、栽培はとても簡単です。適度に陽の光が当たるところに置いてあげましょう。

シンプルな中華風サラダ!豆苗とザーサイのサラダ

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ①

豆苗とザーサイを合わせて作る、とても簡単な中華風サラダのレシピです。作り方は、①ザーサイを薄切りにして、10分ほど水にさらして塩気を抜き、水気を切っておきます。、②豆苗の根元を切り落して水洗いし、食べやすい長さに切って軽く茹でます。

③ボウルに、水を切った豆苗とザーサイを入れて、しょう油・ごま油・白すり胡麻を加えて全体に和えたら完成です。シンプルな材料で簡単に作れるので、食卓にもう一品欲しいという時に便利なレシピです。主菜が中華料理なら、ぜひ副菜にこのサラダをおすすめします。

和定食の副菜に!豆苗の白和え

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ②

一つ目にご紹介した豆苗のレシピは中華風サラダでしたが、和食の副菜を作りたいなら豆苗の白和えがおすすめです。こちらもとても簡単に作ることができるので、あと一品増やしたいという時にぜひ作ってみて下さいね。作り方は、①絹ごし豆腐を水切りしておきます。②根元を切り落して食べやすい長さに切った豆苗を、軽く茹でて水気を切っておきます。

③ボウルに、砂糖・みりん・しょう油・だし汁・白すり胡麻・かつお節を入れて混ぜ、合わせ調味料を作ります。④合わせ調味料を作ったボウルに、豆苗と絹ごし豆腐を入れてよく混ぜて和えたら完成です。豆腐の水切りが甘いと水っぽくなりがちなので、しっかりと水切りしておきましょう。豆苗と豆腐だけで作れるので、経済的なレシピですね。

夏にさっぱり梅風味!豆苗と春雨の梅サラダ

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ③

梅を使うと、さっぱりとして夏におすすめなサラダを作ることが出来ます。作り方は、①春雨を茹でて水気を切り、食べやすい長さに切ります。②カニカマをほぐして、塩コショウと酒で下味をつけておきます。きゅうりは細切りにして塩もみし、さっと水洗いして水気を切りましょう。

③根を切り落した豆苗を、食べやすい長さに切って茹で、水気を切ります。④ボウルに、つぶした梅干しとお酢、砂糖、塩、粗びき黒コショウ、ごま油を入れて、春雨、カニカマ、きゅうり、豆苗を合わせて和えたら完成です。春雨とカニカマと、きゅうり・豆苗で色鮮やかなサラダになります。

おしゃれなマリネもおすすめ!豆苗とパプリカのツナマリネ

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ④

マリネは、作り置きするのもおすすめなおしゃれサラダです。豆苗と赤パプリカ、黄パプリカを合わせることによって、色鮮やかで華やかな料理になります、作り方は、①赤パプリカと黄パプリカの種を取り除いて、細切りにします。

②豆苗は根元を切り落して食べやすい長さに切ります。パプリカと豆苗を軽く茹でて、よく水気を切りましょう。③ボウルに、白ワインビネガー・はちみつ・塩・ツナ缶を入れて、パプリカと豆苗を加えてよく混ぜたら完成です。出来立てでも美味しいですが、冷蔵庫で寝かせると味が馴染んでさらに美味しくなります。

バター醤油が美味しい!豆苗と海鮮のバター炒め

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ➄

バター醤油炒めは、香ばしくて食欲をそそる人気の味付けですよね。ここでご紹介するのは、エビやホタテなどの海鮮と、豆苗を合わせて炒めるおすすめレシピです。作り方は、①フライパンにバターを熱して、むきエビとホタテを炒めます。

②皮をむいて食べやすく切った長いもを加えて炒め合わせます。③豆苗の根元を切り落して、食べやすい長さに切ってフライパンに加えます。④しょう油と塩コショウで味付けをして、全体に炒め合わせたら完成です。海鮮は、冷凍のシーフードミックスを使うと便利です。

超簡単!豆苗と卵のマヨしょう油炒め

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑥

卵は冷蔵庫に常備されていることの多い食材ですよね、卵と豆苗だけでできる簡単な炒め物のレシピをご紹介します。作り方は、①豆苗の根元を切り落して、食べやすい長さに切ります。水洗いして、水気を切りましょう。②フライパンにマヨネーズを入れて、卵を入れて半熟の炒り卵を作ります。一旦お皿に出しておきましょう。

③フライパンに再度マヨネーズを入れて、豆苗を炒めます。④半熟の炒り卵をフライパンに戻し、しょう油とみりんを加えて全体に炒め合わせたら完成です。豆苗は炒める時間が長くなると食感が悪くなってしまうので、手早くさっと炒めるようにしましょう。材料が少ないので、思い立った時にすぐに作れて便利なレシピですね。

ご飯が進む!豆苗とひき肉の中華炒め

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑦

豆苗は様々な食材と合わせて炒め物に使える野菜です。ひき肉とザーサイと合わせて、中華炒めにするレシピがとても美味しいですよ。作り方は、①豆苗の根元を切り落して食べやすい長さに切り、水洗いしてから水気を切ります。②フライパンで豚ひき肉を炒めます。油を引かなくても、豚ひき肉から出る油で十分です。

③豆苗も加えて、ひき肉に火が通るまで炒めましょう。④みじん切りのザーサイを加えて炒め合わせます。⑤火を止めて、ラー油を回し入れて全体を混ぜたら完成です。ザーサイとラー油によって、一気に中華料理の味わいになります。お好みによって、水溶き片栗粉を加えて少しとろみを出しても良いでしょう。

シャキシャキ豆苗が活きる!豆苗入り春巻き

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑧

春巻きは様々なレシピにアレンジして作られる料理ですね。春巻きの中身に豆苗を入れると、シャキシャキした食感が美味しくておすすめです。断面が鮮やかな緑色になるので、見た目もとても美味しそうに仕上がりますよ。

作り方は、①ボウルに、根元を切り落して食べやすい長さに切った豆苗と、豚ひき肉、ごま油、酒、塩コショウを入れてよく混ぜます。②春巻きの皮に①を乗せて巻きます。皮の巻き終わりには、薄力粉または片栗粉を水に溶いたものを塗ってとめましょう。

③きつね色になるまで油で揚げたら完成です。中身の塩コショウとごま油の風味が効いていますので、特にソースなどを付けずに美味しく食べられます。豆苗とひき肉を混ぜる時には、あまり力をかけて混ぜすぎると豆苗の食感が悪くなりますので気をつけましょう。

豆苗の緑で鮮やかに!カラフルビビンバ丼

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑨

ビビンバ丼といえば、お肉や野菜の総菜をカラフルにご飯に乗せる人気の韓国料理ですね、レシピによって使う食材が違ったりしますが、豆苗を使ったビビンバ丼のレシピもおすすめです。豆苗はナムルにすると良いでしょう。作り方は、①豆苗の根元を切り落して食べやすい長さに切って、軽く茹でます。

②しっかりと水気を切って、白ごまとごま油、しょう油または塩で和えれば完成です。他にも、ニンジンや豆もやし、ホウレン草、えのきなどのナムルがおすすめです。お肉は、豚バラ肉を焼いたり、ひき肉を使ってそぼろにするのも良いでしょう。

焼き肉のたれで味付けするのも簡単で便利です。ご飯の上にお好きな具材を乗せて、卵の黄身を乗せて頂きましょう。もし直火で加熱することのできるお皿があれば、石焼ビビンバのようなアレンジレシピにすることも出来ますね。

栄養満点でヘルシー!切り干し大根と豆苗のポン酢和え

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑩

切り干し大根はとても栄養豊富な食材です。大根を干すことによって旨味も栄養も凝縮されているため、切り干し大根には生の大根の約23倍のカルシウム、約14倍のカリウム、約16倍の食物繊維、約10倍のビタミンB1とビタミンB2が含まれているといわれます。そんな切り干し大根を使った、豆苗活用レシピです。

作り方は、①豆苗の根元を切り落して、軽く茹でて食べやすい長さに切ります、水気を切りましょう。②切り干し大根をお湯で戻し、カニカマを手でほぐします。③ボウルに、ポン酢・マヨネーズ・わさび・すり胡麻を入れて、水分を切った切り干し大根と豆苗、カニカマを入れて全体を和えたら完成です。

切り干し大根を戻すのに使った水やお湯は、栄養素が多少流れ出ているので、料理に活用できると良いでしょう。このレシピではお湯の使い道はありませんが、汁物を作るときに活用すると良さそうですね。水よりもお湯で戻す方が、時短になっておすすめです。

ナンプラーがポイント!豆苗のアジアンスープ

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑪

タイ料理などによく使われるナンプラーは、それだけで料理を一気にアジアンテイストにアレンジできて便利な調味料です。豆苗を使った荒れあんスープのレシピをご紹介します。作り方は、①干しエビに料理酒を振りかけて戻し、粗めに刻んでおきます。

②お鍋に、水と刻んだ干しエビ、春雨、ナンプラーを入れて加熱します。春雨が長い場合には、ハサミなどを使って食べやすい長さに切りながら鍋に入れましょう。③お鍋がに立ってきたら、薄切りにしたシイタケを入れます。④再び沸騰したら、根を切り落して食べやすく切った豆苗を入れて、塩を少々加えます。

⑤お鍋が煮立っているところに溶き卵を回し入れて、火を止めます。黒コショウを振りかけて完成です。溶き卵を入れた直後は、すぐにかき混ぜるよりも少し待って自然に漂わせるようにした方が、卵が綺麗にふんわりと仕上がるのでおすすめです。お好みによって、ごま油をたらすのも良いでしょう。

体が温まる!豆苗のショウガ和え

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑫

ショウガは、体を温める効果のある食材として知られていますね。薬味として広く使われるショウガで、豆苗とえのきを和えるレシピです。作り方は、①豆苗は根元を切り落して食べやすく切り、えのきは石づきを切り落して食べやすく切ります。②豆苗とえのきを茹でてから、冷水にとってザルに上げます。水気をしっかりと切りましょう。

③ボウルに、豆苗とえのきを入れてしょう油で和えます。④すりおろした生姜、お酢、塩、砂糖を加えて和え、七味唐辛子を振りかけたら完成です。栄養価の高い豆苗に、健康に良いえのき、体を温めるショウガを合わせた、とてもヘルシーなレシピですね。えのきの他にも、しめじや舞茸、エリンギなどお好きなきのこ類を使ったアレンジレシピにしてみても良いでしょう。

豆腐でヘルシーに!鶏と豆苗のクリームスパゲティ

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑬

豆苗を使ったサラダのレシピや炒め物のレシピは多いですが、パスタの具材として豆苗を使うのもおすすめなんです。ここでは、豆腐を使ったクリームスパゲティのレシピをご紹介します。蒸し鶏と豆苗を具材にしていて、とてもヘルシーなレシピです!

作り方は、①鶏むね肉もしくは鶏ささみを耐熱皿に入れて、酒を振りかけてラップをして電子レンジで加熱します。1分加熱したら、上下を裏返してもう1分加熱しましょう。火が通ったら、粗熱をとってから手で裂きます。火の通りが足りないようなら、追加で加熱してくださいね。裂いた鶏肉は、使うまで汁に漬けておきます。

②絹ごし豆腐・味噌・白だし・オリーブオイルを合わせて、なめらかになるまで混ぜます。ミキサーや泡だて器などを使うと簡単です。③パスタを茹でます。パスタの茹で時間が終わる直前に、根元を切り落して食べやすくカットした豆苗を鍋に入れて、一緒に茹でましょう。

④②の豆腐ペーストに、①の蒸し鶏を汁ごと加え、茹でて水気を切ったパスタも加えて混ぜます。➄器に盛り付けて、黒コショウを振ったら完成です。盛り付け用に豆苗を分けておくと、仕上がりがより綺麗になっておすすめです。クリームスパゲティですが、豆腐や味噌を使っているので和風の味わいになります。

ピリ辛で美味しい!豆苗ときのこのオイスターソース炒め

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑭

豆苗ときのこを使ったヘルシーで美味しいオイスターソース炒めのレシピです。ご飯が進むので、育ち盛りのお子さまにもおすすめなメニューですよ。作り方は、①フライパンにスライスしたニンニクとごま油を入れて火にかけ、焦がさないように弱火で炒めます。

②豆苗は根元を切り落して食べやすくきります。きのこは、舞茸やしめじ、えのき、エリンギなどお好きなものを選んでください。石づきをおとして、食べやすく分けましょう。③ニンニクとごま油を熱したフライパンに、豆苗ときのこを入れて、ざっと炒めます。

④酒・オイスターソース・豆板醬を加えて全体に炒め合わせたら完成です。豆苗ときのこを入れてからは、強火で手早く炒めるようにしましょう。長時間加熱すると食感が活かせないので、さっと炒め合わせるのが美味しく仕上げるためのポイントです。

思いっきり野菜鍋!たっぷり豆苗入りレモン鍋

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑮

寒い冬にはあったかいお鍋が食べたくなりますよね。豆苗は、お鍋の具材としてもおすすめです。ここでは、豆苗を入れたレモン鍋のレシピをご紹介します。鍋の具材は、鶏むね肉・豆苗・白菜・長ネギです。

作り方は、①鶏むね肉を食べやすい大きさと薄さで削ぎ切りにして、すりおろしにんにく・はちみつ・レモン汁・塩・粗びきコショウに漬けます。②お鍋に、食べやすく切った白菜と長ネギを入れて、下味をつけた鶏肉をその上に並べます。つけていた汁は上から全てかけましょう。③酒とごま油を回し入れて、蓋をして蒸し煮にします。

④湯気が立って火が通ってきたら、根元を切り落して食べやすく切った豆苗を上からたっぷりと乗せて、もう少し加熱したら完成です。食べる時には、粗びきコショウを少し追加してもOKです。野菜をたっぷり食べられてヘルシーな鍋のレシピです!残った汁でチーズリゾットを作るのもおすすめですよ。

定番サラダに変化を!豆苗入りポテトサラダ

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑯

ポテトサラダは家庭で作るサラダの定番レシピですよね。きゅうりやハムを入れて作るレシピが王道ですが、豆苗を入れたポテトサラダも美味しくておすすめです。作り方は、一般的なポテトサラダと変わりません。豆苗の根元を切り落して食べやすく切り、潰したじゃがいもと他の具材を混ぜる時に一緒に混ぜましょう。

きゅうりやニンジン、ハム、茹で卵、プチトマト、スライスオニオン、コーンなど、様々な具材と相性良くマッチしてくれます。むきエビなどのシーフードを入れると、普段よりも豪華なポテトサラダになります。ポテトサラダの味付けは、塩コショウとマヨネーズが定番ですね。

他にも、胡麻ドレッシングを混ぜたり、少し酢を加えるアレンジもおすすめです。定番レシピはマンネリ化しやすいので、普段と違う具材や味付けにチャレンジしてみると良いでしょう。豆苗を入れることによって、緑色が入るので彩りが良くなります。

甘辛い味がクセになる!豆苗の味噌炒め

コスパの良い豆苗を使った簡単レシピ⑰

最後にご紹介するレシピは、豆苗を豆腐と一緒に味噌味で炒める料理です。大豆食品を多く使うのでたんぱく質豊富でヘルシーなレシピです。作り方は、①木綿豆腐を水切りし、油揚げは熱湯をかけて油抜きしておきます。②豆苗は根元を切り落して食べやすい長さに切ります。

③フライパンにオリーブオイルを熱して、水切りした豆腐と食べやすく切った油揚げを炒めます。豆腐は手で適当に崩しながら入れましょう。④フライパンに豆苗も加えて混ぜ、味噌・はちみつ・オイスターソース・水を加えて更に炒めます。

⑤煮立ってきたら、溶き卵を回し入れます。卵が半熟になってきたら、全体に混ぜ合わせて完成です。お好みによって、七味唐辛子を振りかけてもOKです。味噌とハチミツは、先によく混ぜておくと馴染みやすくておすすめです。手早く炒めることによって、豆苗のシャキシャキした食感を残して美味しく仕上げることが出来ます。

豆苗を使ったレシピを作ってみよう!

美味しいレシピがたくさん!

豆苗を使った料理のおすすめレシピをご紹介してきました。サラダのレシピや炒め物のレシピだけでなく、パスタやお鍋のレシピなど、豆苗は様々な料理に使えるということが分かりましたね。どのレシピもとても美味しそうなものばかりでした!

栄養豊富でリーズナブルで、しかも水に浸けておけばまた伸びてくるというコストパフォーマンスの良さもある豆苗。かなり魅力的な緑黄色野菜ですよね!また、下処理が要らずにすぐに茹でたり炒めたりできるのも、豆苗の使いやすいポイントでしょう。

キャベツやレタス、白菜のように葉を一枚一枚はがすような手間もありませんし、時間をかけずにさっと料理したい人にぴったりな野菜です。今回ご紹介したレシピはどれも簡単に作れるものばかりです。豆苗はスーパーで手軽に手に入る野菜ですので、ぜひレシピを参考にして作ってみて下さいね!栄養豊富な豆苗で、ヘルシーな食卓を作りましょう。

豆苗について合わせて読みたい記事はこちら

Thumb豆苗の育て方・再生栽培のコツを紹介!置く場所や適正温度、水の量は?
Thumb豆苗の栄養成分・効能まとめ!便秘改善やアンチエイジングなどに効果あり?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-03 時点

新着一覧