手作りおもちゃは保育に使える?赤ちゃんから小学生まで喜ぶネタを紹介!

手作りのおもちゃは素朴でシンプルな物が多いのに、心が温かくなるのはなぜでしょうか。それは作る過程自体を楽しむことが出来たり、遊ぶ人が喜ぶ顔を想像して作っているからかもしれません。ここでは赤ちゃんから小学生まで喜ぶ手作りおもちゃをご紹介します。

手作りおもちゃは保育に使える?赤ちゃんから小学生まで喜ぶネタを紹介!

目次

  1. 手作りのおもちゃで遊ぼう!
  2. 手作りおもちゃのメリットデメリット
  3. 保育に活かせる手作りおもちゃとは?
  4. 保育に活かせる手作りおもちゃ①無限ティッシュ
  5. 保育に活かせる手作りおもちゃ②フローティングボトル
  6. 保育に活かせる手作りおもちゃ③ペットボトルマラカス
  7. 保育に活かせる手作りおもちゃ④プレイマット
  8. 保育に活かせる手作りおもちゃ⑤ダンボールハウス
  9. 小学生と楽しむ手作りおもちゃとは?
  10. 小学生と楽しむ手作りおもちゃ①ダンボールおもちゃ
  11. 小学生と楽しむ手作りおもちゃ②フェルトままごと
  12. 小学生と楽しむ手作りおもちゃ③ペットボトルけん玉
  13. 小学生と楽しむ手作りおもちゃ④スクイーズ
  14. 小学生と楽しむ手作りおもちゃ⑤ハンドスピナー
  15. 手作りおもちゃで心を豊かにしよう!まとめ

手作りのおもちゃで遊ぼう!

手作りのおもちゃと聞くと手芸や工作を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。子どもにとっておもちゃとはどんなものなのでしょうか。一枚の折り紙で手作りした紙飛行機。これでも子どもにとっては十分な手作りおもちゃなのです。子どもは何でも遊びに繋げていく事ができる能力があります。手作りのおもちゃと意気込まず、気軽に手作りおもちゃで遊んでみませんか!

市販されているおもちゃにも様々な配慮がなされ、子どもにとって良い刺激になるものもたくさんありますが、やはり手作りのおもちゃにかなう暖かさはありません。手作りのおもちゃは、大人と子どもが一緒に作る過程さえ遊びになるのです!保育の現場においても手作りのおもちゃは子どもに様々なメリットがあります。ぜひ手作りおもちゃを保育に活かしていきましょう!

Thumb牛乳パックでおもちゃを工作!高齢者も幼稚園児も簡単にできると評判

手作りおもちゃのメリットデメリット

手作りのおもちゃには何ともいえない暖かいものがありますね。手作りをする事は子どもにとっても一緒に遊ぶ大人にとっても様々な体験をする事ができます。手を使っておもちゃを作る事で脳が刺激され、脳の発達を促します。よく、お年寄りの活動に折り紙や塗り絵を取り入れているのも脳の活性化に繋がる遊びとして取り入れられている事は多いようです。

保育の現場でも同じようなメリットがあります。また手作りのおもちゃには子ども自身の愛着がわきやすく物を大切にする心や手作りのおもちゃを作り上げていく際の情緒への良い刺激も得られます。また手作りのおもちゃが出来上がった時の達成感は子どもの自信へとつながります。その反面、小さな子どもが手作りをする際には保育者の十分な配慮が必要で年齢が下がれば下がるほど細やかな配慮が必要になります。

保育に活かせる手作りおもちゃとは?

手作りのおもちゃを保育に活かしたいと思ったら注意したい点がいくつかあります。まずは手作りをする際の安全性です。例えば低年齢の子どもに与える手作りおもちゃであれば口に入れても大丈夫な素材なのか?また誤飲の恐れがあることなど年齢に合った手作りのおもちゃである事が大前提です。手作りの暖かさは何物にも変えがたいものであるのですが、安全に遊べる事は重要なポイントです。

また、保育の一環として手作りおもちゃを保育に取り入れる場合も年齢にあった製作であることはもちろん、保育の中でのねらいもその時だけではなく一貫性のあるものであることも重要です。手作りのおもちゃを保育に取り入れる際はその年齢と子どもたちに沿ったものである事が重要です。また手作りのおもちゃを通して何を学ばせたいのか保育者のねらいも大切な部分です。

また、あ手作りおもちゃに欠かせないのが「廃材」です。大人にとってゴミと認識するものを子どもは宝物のように取っておきたがることがありませんか。廃材とは空き箱やペットボトル、牛乳パックなどの事でそれらは手作りおもちゃに欠かせない材料になります。廃材を利用する事で材料費がかかりませんし、資源がムダにもなりません。廃材はわざわざ工作のために買ってきた材料ではないので子どもが失敗してもまたやり直させてあげられますね!

Thumb赤ちゃんの手作りおもちゃのアイデア集!簡単に作れる作成例まとめ

保育に活かせる手作りおもちゃ①無限ティッシュ

赤ちゃんはティッシュケースからティッシュを取り出したりするのが大好きです。またなんでも手に付いたものは口に運んだりもします。そんな赤ちゃんに最適な手作りおもちゃをご紹介します。箱ティッシュおもちゃです!準備するものは空き(ティッシュ)箱とガーゼを数枚です。赤ちゃんがティッシュを箱の中から取り出して遊ぶのは引っ張ると次つぎティッシュが出てくるからですね!そんな遊びをガーゼと空き箱で手作りしましょう!

作り方は簡単です。準備したガーゼを結び、空き箱の中に入れてはじめの一枚だけ箱から出しておきましょう。5枚ほどガーゼがあると赤ちゃんは喜んで箱から引っ張り出して遊びます。赤ちゃん用のガーゼなら取り出した後に赤ちゃんが口に運んでも衛生的に安心ですし、ガーゼならよだれで汚れても洗うことができまあすね。

保育に活かせる手作りおもちゃ②フローティングボトル

次にご紹介するのは洗濯のりとビーズを使ったフローティングボトルです。使用するのは空のペットボトルです。ゆらゆらとゆれるビーズやスパンコールがとてもきれいで赤ちゃんも大好きな手作りおもちゃです。作り方もとても簡単なので工作が得意ではないママやパパでも簡単に作る事ができます。

では、作り方をみていきましょう。作り方は簡単です。準備するものは空のペットボトルと中に入れたいビーズやスパンコール。水、洗濯のりです。ペットボトルは赤ちゃんの手で持ちやすい大きさの物で透明な物を選ぶとより赤ちゃんが遊びやすくなります。中に入れる素材もいろいろと試してみたくなりますね!

Thumbペットボトルおもちゃの作り方!赤ちゃん幼児向け簡単手作りおもちゃ

保育に活かせる手作りおもちゃ③ペットボトルマラカス

続いてご紹介するのは赤ちゃんも大好きなマラカスです!廃材を利用して作る事が出来るので保育の現場でも親子製作などで活用しやすい手作りおもちゃです。ママやパパと一緒に手作りしたペットボトルのマラカスで音楽に合わせて一緒にリズム遊びをしたりするのも良いですね!

作り方を動画でみていきましょう。準備するものは先ほどのフローティングボトルと同じような材料になりますが、ポイントはペットボトルなどの中に入れた時にかちゃかちゃと音が鳴るように固い物を用意するところです。100均などの鈴を入れてもいいですね!アイデア次第で赤ちゃんの喜ぶ楽しいおもちゃを簡単に手作りする事ができます。

Thumbペットボトルのキャップで工作しよう!手作りおもちゃ・雑貨をご紹介

保育に活かせる手作りおもちゃ④プレイマット

男の子女の子に関わらず赤ちゃんにも人気のミニカー遊び。ミニカーに限らず、動物のフィギュアやお人形さんでだって遊べてしまうプレイマットが合ったら素敵ですね!そんなプレイマットを手作りしている人が増えているようです!男の子だったら道路があるだけでも十分ミニカー遊びができます。子どもはその世界に入り込んで遊ぶのが大好きなので是非手作りおもちゃとして挑戦したいですね!

100均の材料だけでプレイマットを手作りしているすごい人を発見しました!手作りおもちゃはアイデア次第ですね!動画の作り方ではパソコンから道路の絵をプリントアウトしていますが、手書きでもよいですし、貼り付ける物は画用紙やクッションマットなどで代用もできます。あなたのアイデアであなただけのプレイマットを作ってみませんか!

保育に活かせる手作りおもちゃ⑤ダンボールハウス

子どもは狭い場所が大好きですね。子どもたちが大喜びする子どもだけのお家、ダンボールハウスを手作りしてみましょう!作り方が難しそうに感じるかもしれませんが、意外と簡単に作る事ができます。ダンボールハウスだけは落書きもシール貼りも自由に出来る場所!としてあげれば、子どもにとって開放感抜群の居場所になること間違いなしです!

ダンボールハウスの作り方を動画でみていきましょう。用意するものは大きめのダンボール、はさみ、カッターガムテープなどです。動画では小さめなダンボールハウスですが、ダンボールを何個か繋げて大きなダンボールハウスを作ってあげるのもよいですね!100均などで購入できるセロファンやリメイクしートでアレンジするのもおすすめです。

Thumbダンボールで手作りおままごとキッチン!子供もママも夢中になる作り方は?

小学生と楽しむ手作りおもちゃとは?

小学生が喜ぶ手作りおもちゃなんてあるの?と思ってしまいますが、小学生には小学生に見合ったおもちゃがあります。例えば小学生には赤ちゃんのように作って与えるのではなく、自分たちで工夫して考えながら作る過程も遊びの一環なのです。課題を与えて考えることで脳が活性化されるので小学生にとっても手作りおもちゃはとても有効な遊びの一つといえます。

赤ちゃんのように与えられて喜ぶのではなく、自分で考えて工夫して、一生懸命作った手作りおもちゃはまた格別な気持ちを得る事が出来ます。手作りのおもちゃは小学生には幼いのでは?と思わずぜひ一諸に手作りおもちゃを作ってみてください!では小学生におすすめの手作りおもちゃをご紹介します!

小学生と楽しむ手作りおもちゃ①ダンボールおもちゃ

赤ちゃんにも人気のダンボールハウスですが、小学生もダンボールを活用した遊びは大好きです。小さい頃に「秘密基地」を作った思い出がありませんか。木の枝やダンボール、板などを駆使して自分達だけの秘密の基地はわくわくしたり、ドキドキしたり、完成した時の喜びも大きいものではなかったでしょうか。最近ではそんな秘密基地を気軽に作る事も出来ないようになってきましたが、ダンボールを活用すれば家の中でも秘密基地を作る事ができます!

小学生にもなれば自分たちでどうやれば自立したダンボールハウスが作れるか?と考える事ができます。作り方はその子1人ひとりのアイデア次第!自由な発想で楽しんで手作りする事が大切ですね!動画では実際に宿泊していますが、季節によっては危険なので真似しないようにしましょう!

小学生と楽しむ手作りおもちゃ②フェルトままごと

ままごとなんて小学生が喜ぶ?と思っていませんか?小学生でも低学年であればまだまだままごとを楽しんでくれます!子どもと一緒にフェルトで食材を作ってみるのはいかがですか?手先を使う手芸は脳の活性化にも良いですし、どうやったら思い描くような食材を作る事ができるかな?と知恵を絞って考える事も子どもにとって良い刺激になります。

動画ではフェルトで作るおにぎりの作り方をご紹介します。準備する材料はフェルトしろ、と黒、縫い糸とフェルトの中に入れる綿です。100均でも揃えらる材料で簡単におもちゃを手作りする事ができます。小学生と一緒に手作りおもちゃを作る際は「きれいに」「完璧に」とあまり考えず、自由な発想を尊重して作る楽しさを優先してあげたいですね!

小学生と楽しむ手作りおもちゃ③ペットボトルけん玉

ペットボトルを再利用した手作りおもちゃをご紹介します。ペットボトルけん玉です。身近にある材料でおもちゃを手作りすることで資源を大切にすることができますし、おもちゃを手作りする際考える力を身に付けることができます。小学生がおもちゃを手作りする際は最初から材料を揃えてあげるのではなく、子どもの発想に任せて自分で材料を揃えさせてみるのも良いかもしれません。

ペットボトルを利用したけん玉の作り方を動画で見てみましょう。用意するものは空のペットボトルとビニールテープ、毛糸などの紐。玉になる部分は紙を丸めてビニールテープで留めても良いですし、ガチャの空きケースを利用しても良いですね。ある程度重さがあるとけん玉が入りやすいので重さを調節してみると良いようです。一緒に考えながらおもちゃ作りを楽しんでみましょう。

小学生と楽しむ手作りおもちゃ④スクイーズ

子どもからおとなまで大人気のスクイーズというおもちゃも手作りしてしまえるそうです!一見手作りするのは難しそうなおもちゃですがどのように作っていくのでしょうか。独特の手触りが病みつきになってしまう人気のおもちゃの作り方を動画でみてみましょう。

作り方は100均の樹脂粘土などを使用して作っていくようです。本物のような質感を出すためにアルミでたたいたりアイデアがすごいですね!本格的な手作りおもちゃになるので小学校の長いお休みなどの工作などにおすすめです。

こちらはスポンジを活用したスクイーズを手づくりしている作り方です。あの独特な手触りはスポンジで手作りする事が出来るのですね!100均の材料を活用して手作りおもちゃスクイーズを作っているので材料も揃えやすそうですね!大人気のスクイーズおもちゃはキーホルダーなどにしてプレゼントにしても喜ばれそうですね!

Thumb100均レジン液でアクセサリーを手作り!簡単かわいい作り方を紹介

小学生と楽しむ手作りおもちゃ⑤ハンドスピナー

小学生が絶対喜ぶ手作りおもちゃ「ハンドスピナー」をご紹介します。ただただくるくる回るハンドスピナーの一体何が面白いんだ?と思っている大人も多いでしょう。しかし、あのくるくるとまわるただそれだけがなぜか心地よい感覚になるんです。ハンドスピナーというおもちゃで遊んだ事のない人もぜひ手作りしたハンドスピナーで遊んでみてください!

金属やプラスチックで出来ているハンドスピナーですが、手作りをする際はダンボールなどを使用して手作りできるそうです!準備するものはダンボール、ボンドなどです。ポイントは磁石のようです!100均やホームセンターなどで揃う材料なのでぜひ作ってみてください!

手作りおもちゃで心を豊かにしよう!まとめ

赤ちゃんから小学生まで喜ぶ手作りおもちゃについてまとめてきました。おもちゃ屋で数え切れない種類のおもちゃが販売されていますが、おもちゃはその時に流行っても次々に新しいものが販売され、子どもは次々に新しいものを欲しがります。そんな事にならないようにするためにも手作りのおもちゃのすばらしさを子どもたちに伝えたいものです。手作りおもちゃを与えるメリットは何でしょうか?

既製品のおもちゃと違って手作りのおもちゃには温かみがあり、与える喜びや、その子に合わせた配慮や工夫を自在に取り入れる事ができる点です。また小学生においては自分で考えおもちゃを作る過程で、考える力や工夫する力が身に付きます。手作りのおもちゃは大人が与えて喜ぶ、子どもと完成して喜ぶ、愛情の以外にもたくさんの喜ぶ心が詰まっているのです。ぜひ皆さんもお子さんと一緒におもちゃを手作りしてみましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧