離婚率が日本は意外と高い?年齢別の原因や回避策・対策方法を解説

「日本の夫婦はは3組に1組が離婚する」と言われるほど離婚率が高い国。その実際の離婚率はどれくらいなのか気になる人も多いでしょう。また、離婚の理由は年代によって少しづ変わってきます。気になる日本の夫婦の離婚理由、そして離婚を回避する対策法についてご紹介します。

離婚率が日本は意外と高い?年齢別の原因や回避策・対策方法を解説

目次

  1. 日本の夫婦の3組に1組は離婚している?
  2. 世界の中で日本の離婚率は低め
  3. 日本の離婚率は増えている?減っている?
  4. 離婚率が高い日本の都道府県は?
  5. 日本で最も多い離婚原因とは?
  6. 女性の経済的自立が日本の離婚率を上げている
  7. 離婚率が最も高い年齢は?
  8. 年齢別にみる日本の夫婦に多い離婚原因
  9. 結婚式をしない夫婦は離婚率が高い?
  10. ケース別に紹介!こんな結婚は離婚率が高くなる?
  11. 一目ぼれ婚は離婚率が低い
  12. 離婚を回避するために夫婦ができる対策とは
  13. 離婚を回避するためには夫婦が協力することが大切!

日本の夫婦の3組に1組は離婚している?

日本の夫婦は3組に1組が離婚すると聞いて、結婚するのが不安になってしまう人もいるかもしれません。自分に当てはまる当てはまらないは別として、実際どれくらいの夫婦が離婚しているのか気になってしまいますよね。今回は、日本の離婚率は本当に高いのか、また年齢別の離婚の原因と対策についてご紹介します。

日本の離婚率は正確ではない?

日本の離婚率は、「調査をした年に結婚した夫婦」のうち、「調査をした年に離婚した夫婦」がどのくらいの割合なのか計算したものです。この方法では、「調査した年に離婚した夫婦」の中に、調査する以前から結婚している夫婦が含まれてしまいますから、実際の日本の離婚率は調査結果よりも低くなると予想されます。

世界の中で日本の離婚率は低め

世界で離婚率が高い国第1位はロシア。第2位はアメリカ、第3位はドイツとなっています。気になる日本の順位は第6位となっており、「夫婦の3組に1組は離婚する」と言われている割には離婚率が低いといえるでしょう。このことからも、日本の離婚率の出し方はあまり正確なデータではないことがわかります。

日本の離婚率は増えている?減っている?

日本で離婚率が上がり始めたのは1970年頃からといわれています。1983年までは離婚率は上がり続け、バブル期に突入したあたりから1990年まで離婚率は低下します。その後バブル崩壊から離婚率は再び増え始め、2002年頃まで上がり続けます。

しかし、2005年以降から日本の離婚率は減り始めます。数字にすると、最も離婚率が増えた2003年で2.30、その後少しずつ減り続けて2015年の調査では離婚率は1.81となっています。つまり、離婚率が増えていたのは過去の事実であり、現在はむしろ減少傾向にあるといえます。

離婚率が高い日本の都道府県は?

同じ日本の中でも、離婚率は地域によってもかなり差があります。離婚率がダントツで高いのは沖縄県。次に離婚率が高いのが北海道となっています。

北陸地方は日本の中で離婚率が低め

反対に、日本で離婚率が低い地域について見ていきます。日本で離婚率が低い都道府県は、第1位が新潟県、第2位が秋田県、第3位が山形県となっています。離婚率が高い地域が南側の地域に多かったのに対して、離婚率が低い地域は北陸地方に比較的多いという結果になっています。

地域によって離婚率に違いがあるというのは非常に興味深い結果ですよね。このような違いが出るのは、それぞれの地域の風習、県民性などに大きく影響されるといっていいでしょう。

Thumb日本の離婚率・都道府県ランキング!一番は?件数の推移や原因も調査!

日本で最も多い離婚原因とは?

夫婦が離婚する原因はさまざまですが、日本で多い離婚の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。離婚原因のワースト3を見ていきましょう。

どうにもならない経済的な理由

日本の離婚の原因の第3位が、経済的な理由によるものです。結婚生活を続けていくためには、経済的な安定が必要になります。「愛があれば大丈夫」という綺麗ごとは、結婚生活には通用しないのですね。

夫の浮気が原因

日本の離婚原因で2番目に多いのが、夫の不貞行為、つまり浮気です。一度でも浮気をすると、それ以降相手を信じることが難しくなります。信頼関係のない相手とは、結婚生活を続けていけないということでしょう。

一緒に生活してみてわかった性格の不一致

3割以上の夫婦が離婚理由として挙げるのは、性格の不一致。付き合っているときにはわからなかった生活習慣の違いや、金銭感覚、時間間隔の違いは結婚して一緒に暮らすと嫌でもわかります。この感覚の違いが夫婦であまりに違いすぎると、お互いの存在がストレスとなってしまうことも多いのでしょう。

Thumb離婚理由ランキングまとめ!意外な原因で別れている夫婦もいる?

女性の経済的自立が日本の離婚率を上げている

離婚率の問題は、女性が経済的に自立しているかどうかということが大きくかかわってきます。一般的に、女性が経済的に自立している割合が高い国では離婚率も高くなる傾向があります。離婚はしていないけれど、「自分で生活費を稼げるのであれば離婚したい」と考えている女性も実は多いのかもしれません。

離婚率が最も高い年齢は?

日本の離婚率を年齢別にみていくと、男女ともに35~39歳で離婚する夫婦が多くなっています。日本では晩婚化が進んでいますから、結婚生活5~10年以内に離婚する夫婦が多いという結果になっています。熟年離婚という言葉もよく耳にしますが、年齢別の離婚率はやはり高齢になるほど下がっていく傾向にあります。

年齢別にみる日本の夫婦に多い離婚原因

日本の夫婦の離婚率について年齢別に見てみると、その年代に特有の生活環境が大きく影響していることがわかります。年代別の離婚理由について見ていきましょう。

若年層は結婚に対する準備が整っていない

日本の夫婦の離婚率について、年齢別に見てみるとその時の生活環境が大きく影響していることがわかります。10代で結婚するのはできちゃった婚のケースが多く、まだ結婚や育児の準備ができていないにもかかわらず結婚してしまい、生活費を得るのも難しいため離婚に至る場合が多いです。20代では社会人として働き始めたばかりで、パートナーのことを気遣う余裕が足りないという夫婦が多いのではないでしょうか。

30代・40代は子育てで家族の絆が深まる時期

30代、40代は仕事も軌道に乗り、子育てに忙しい時期。多少夫婦関係がうまくいかなくなっても「子供のために離婚はしない」という夫婦は多いでしょう。50代になると子供が成人するなどして、子育てがひと段落する時期なので、子供が理由で離婚を思いとどまっていた夫婦は、これを機会に離婚に踏み切るケースも多いです。

60代以降は生活環境が大きく変わる時期

60代は、仕事を退職する人が多くなり、夫婦で過ごす時間が長くなります。一緒に過ごすことを夫婦で楽しめれば理想的ですが、逆に一日中一緒にいるのをストレスに感じてしまう場合もあります。また、今まで知らなかったパートナーの一面を知ることも多く、「こんな人だったのか」と幻滅してしまう人も少なくありません。

Thumbでき婚の離婚率は高い?でき婚の最も多い離婚理由と長続きさせるコツは?

結婚式をしない夫婦は離婚率が高い?

結婚式を挙げない結婚を「ナシ婚」といったりしますが、結婚式を挙げない夫婦は離婚率が高いという統計があります。離婚歴のある男女で、結婚式を挙げなかったカップルはなんと8割もいるのだとか。

結婚式の準備は、夫婦がお互いに協力しあうことが必要不可欠ですから、お互いの連帯感が強まるのかもしれません。また、結婚式で生涯の愛を誓い合った事実が離婚を思いとどまらせるということもあるのでしょう。

Thumb結婚式を挙げない理由は?ナシ婚のメリット・デメリット、割合など調査

ケース別に紹介!こんな結婚は離婚率が高くなる?

夫婦が離婚する理由で最も多いのは、性格の不一致。ということは、結婚までの期間が短いカップルやお互いに生活習慣の差が大きすぎる場合は離婚の原因となってしまいます。その例をご紹介します。

若年層のできちゃった結婚は離婚率が高い

できちゃった結婚のケースは、若年層に多くなっています。年齢別でみると10代のできちゃった結婚で離婚する夫婦は約8割、20代でも24歳までは約5割の夫婦が離婚するといわれています。できちゃった結婚で離婚する原因は、付き合った期間が短くお互いのことをよく知らないうちに子供ができてしまったことにあるのではないでしょうか。

また年齢が若いということもあり、結婚や子育てについ真剣に考えることなく軽い気持ちで子作りしてしまったということもあるでしょう。しかし現実は厳しく、子育てや結婚生活の大変さから逃げ出すようにして離婚する夫婦は多いです。

文化が違いすぎる!国際結婚

国際結婚をした夫婦も、離婚率は比較的高くなります。国が違えば言葉や文化は大きく異なります。日本では考えられないような生活習慣の国もあるでしょう。国際結婚の離婚で最も多い理由は、文化の違いによるものですが、それ以外に帰省するときにお金がかかるなど金銭的な理由も大きいようです。

単身赴任は問題が多い?

夫が単身赴任で家を空ける期間が長くなると、妻が寂しさから浮気してしまうというケースも少なくありません。あるいは、単身赴任した夫が開放感から羽目を外してしまう場合もあるでしょう。また一緒に生活しない期間が長くなると、結婚していることの意味が分からなくなるということもあるようです。

単身赴任先では、基本的に夫が自分でごはんの支度をすることになります。「面倒だから」と外食ばかりしたり、偏った食生活で激太りしたという話もよく聞きます。変わり果てた夫の姿に幻滅してしまった妻に離婚を言い渡されるケースもあるようです。

離婚の意思が固い熟年離婚

年齢別にみて、高齢の夫婦に多いのが熟年離婚。熟年離婚とは、20年以上婚姻関係にある夫婦が離婚することを言います。熟年離婚では夫の定年がきっかけになるケースが多く、「夫がなにもせずに家にいるのが耐えられない」と別れを切りだす妻は多いようです。

また、熟年離婚は喧嘩など突発的なきっかけが原因となるケースは少なく、かなり前から離婚を考えていてチャンスが来たら離婚を切り出すという場合が多いです。つまり、離婚する意思は固く、その意思を変えるのは簡単ではないでしょう。

Thumb国際結婚は離婚率が高い?国別の離婚率や離婚率が高い理由・原因を調査

一目ぼれ婚は離婚率が低い

一目ぼれの離婚率について、アメリカで行われた興味深い実験があります。一目ぼれをして付き合ったカップルは約半数がそのまま結婚に至り、その後離婚する確率は男性の場合で約2割、女性の場合は約1割だったそうです。

一目ぼれした相手と結婚したいと思った理由は、「運命の人だと感じたから」という回答もよく聞きます。一目ぼれ婚で離婚率が低いのは、「一生に一度出会えるかどうかわからない運命の人を手放したくない」という気持ちが働くからかもしれませんね。

離婚を回避するために夫婦ができる対策とは

離婚理由で最も多いのは「性格の不一致」なのですが、互いに違う環境で育った二人が結婚するのですから、ある程度の性格の不一致や生活習慣の違いはあって当然です。離婚を回避するには、それをいかに上手く擦り合わせていくかが、幸せな結婚生活を送るコツといえるでしょう。そこで、夫婦でできる離婚を回避する対策について紹介します。

男と女は違う生き物だということを理解する

パートナーに対して、「どうしてわかってくれないの」とイライラすることがあるでしょう。しかし、男と女ではそもそも脳のつくりが違うので、同じ物事に対してもそれぞれ考え方が違います。パートナーに対してイライラしない対策としては、最初から「男と女は考え方が違う」とあきらめてしまうことです。

不満をため込み過ぎない

不満をいつも相手にぶつけていたら、喧嘩の原因にもなりますしあまりいいこととは言えません。しかし、不満をため込み過ぎてしまうと結婚生活が苦しくなってしまいます。どうしても我慢できないことは相手に伝える、ストレスを発散できる手段を持っておくなどの対策をしておくと、不満をうまく処理することができるでしょう。

コミュニケーションを増やす努力を

離婚に至る夫婦は、基本的なコミュニケーションが不足している場合が多く、離婚を回避するためにはコミュニケーションを増やす対策をしましょう。キスや抱きしめるだけで相手に気持ちが伝わるものです。愛情表現をするのが恥ずかしいという人は、一緒に食事をする、会話を増やすなどできるだけパートナーと一緒に過ごす時間を多く取るようにするといいでしょう。

Thumb離婚したくない時の回避方法!やるべき事・してはいけない注意点は?

離婚を回避するためには夫婦が協力することが大切!

日本の離婚率は、世界的に見て極端に多いわけではありませんが、決して少ないわけでもありません。一度は永遠の愛を誓い合った夫婦ですから、できれば離婚はしたくないというのが本音ですよね。離婚を回避するためには、夫婦がお互いを理解しあうことが大切です。離婚を回避する対策法は色々あります。些細なことでも今できることから始めてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-21 時点

新着一覧