夜の爪切りがダメな理由は?言い伝え・迷信の本当の意味や審議を大調査

夜に爪切りをしようとすると両親や祖父母から「夜に爪切りすると縁起が悪いから止めなさい」と注意されることはありませんか?「夜爪切りをすると親の死に目に会えない」「火事になる」など夜の爪切りに関する言い伝えは昔からたくさんありますが、どうして夜の爪切りは良くないのでしょうか?今回は夜の爪切りがダメな理由や、言い伝えや迷信の本当の意味を徹底調査しました!更に正しい爪切りの仕方もご紹介しています。

夜の爪切りがダメな理由は?言い伝え・迷信の本当の意味や審議を大調査

目次

  1. 迷信?事実?夜に爪切りをするとよくない言い伝えがたくさん!
  2. どうして?夜に爪を切ると良くない理由を調査!
  3. 夜の爪切りは親の死に目に会えない説が生まれた理由は?
  4. 爪切りの音がうるさくて迷惑という説も
  5. ただの迷信ではなく夜の爪切りがダメな理由は確かにあった!
  6. 言い伝えは夜の爪切りだけじゃない!
  7. では爪切りのベストタイミングはいつ?
  8. 爪の負担を抑える正しい爪の切り方
  9. 普段から出来る爪のお手入れ方法
  10. 迷信だと侮らず本当の意味を知ることが大切

迷信?事実?夜に爪切りをするとよくない言い伝えがたくさん!

忙しい現代、爪切りをいつするかと聞かれたら夜のリラックスした時に行うという方が多いのではないでしょうか。でも、夜爪切りをしようとすると親や祖父母世代から「縁起が悪いから止めなさい」と注意されることはありませんか?

「夜爪切りをすると親の死に目に会えない」など、とにかく昔から夜の爪切りを禁止する言い伝えは何種類も存在しますが、本当に夜爪切りをすると親の死に目に会えないのでしょうか?そもそもなぜそのような言い伝えが生まれたのでしょうか?

どうして?夜に爪を切ると良くない理由を調査!

夜の爪切りは縁起が悪いと言い伝えられていますが、これにはいくつかの理由がありましたのでそれぞれの言い伝えに沿って意味をご紹介します。

夜の爪切りは親の死に目に会えない説が生まれた理由は?

夜の爪切りが言葉遊びで「世詰め(よつめ)」や「夜詰め(よつめ)」に繋がったから

夜の爪切りが転じて世を詰める「世詰め」や「夜詰め」に通じることから親の死に目に会えないという言い伝えが誕生しました。世詰めとは寿命を縮めて命を落としてしまう事を意味していますので、結果親より早く死んでしまい親の死に目に会えないという考えになります。

また夜詰めの意味は江戸時代のお城勤めの夜勤のことです。この夜詰めは大変厳しいもので、例え親が危篤と知らせを受けても持ち場を離れることは許されず、実際に親の死に目に会えなかったケースもあったそうです。夜の爪切りはこういった縁起の悪い言葉を連想させるのでよくないと言い伝えられていたんですね。

夜の爪切りは手元が見えづらくて危ないから

今ではあまりピンとこない説になってしまいますが、昔は電気がないので明かりは火しかなく夜は非常に暗いものでした。また、便利な爪切りもなく小刀やハサミなどで爪切りをしていました。なので夜の暗い中で刃物を使って爪切りをしている最中に、誤って指を切り落としてしまったり深く切ってしまうという事故も発生していたのです。

昔は今に比べて衛生状態も悪く医療技術も乏しいため、ほんの少しの傷でもそれが元で亡くなってしまう事も珍しくありません。特にこの事故は子供に多かったため、爪切りの傷が元で親より早く死んでしまう、つまり親の死に目に会えないという意味合いを持ったのです。

また昔の仕事は体が資本でしたので、けがや病気で動けなくなると仕事が出来なくなり生活する術を失ってしまいます。夜の爪切りの傷が元で体を壊してしまうと危険だという意味も込められているそうです。

爪が燃える臭いが火葬を連想させた

また、夜の爪切りは明かりが囲炉裏の火くらいしかないので必然的に囲炉裏の傍で爪を切ることになります。そして切った爪が囲炉裏の中に入ると燃えた時の臭いが火葬の臭いを連想させることもあり嫌煙されていました。

爪切りの音がうるさくて迷惑という説も

爪切りを使わずやすりでお手入れをしている方には関係しませんが、爪切りのパチンパチンという音は意外と耳に残り気になってしまいます。昔は長屋などお隣との間隔も狭く、今より建物の防音性も優れていないので、夜に爪切りを行うと例え爪切りの音でも気になってしまう事があるでしょう。

ご近所同士でトラブルにならないようにとの理由で夜の爪切りをよくないとする言い伝えが生まれたとも考えられています。

ただの迷信ではなく夜の爪切りがダメな理由は確かにあった!

夜の爪切りは親の死に目に会えないというのは確かに迷信ですが、夜の爪切りがダメな理由は今ご紹介したように縁起の悪い言葉を連想させたり、暗くて見えにくい中爪切りを行うのは危険だったり、爪切りの音がご近所迷惑になることがあったりとしっかりとした理由があったのです。昔の生活から生まれた知恵、躾の方法といっても過言ではないでしょう。

言い伝えは夜の爪切りだけじゃない!

夜の爪切りのように全部がただの迷信ではなく、きちんとした意味を持っている夜の言い伝えは他にもありますのでご紹介します。

夜口笛を吹くと泥棒が来る

夜に口笛を吹くと泥棒が来るや蛇が来るなど、夜の口笛はあまり喜ばないものを招いてしまうといわれていますね。しかし、蛇は金運のシンボルであったり家の守り神であることも多いですよね。なのでこの場合の蛇は同じ読みの「邪(じゃ)」を意味するそうです。

暗い夜にはそういった悪いものがうようよしていてそれを口笛で呼び寄せてしまうのです。また、夜口笛を吹くと爪切りと同じようにうるさくてご近所迷惑になるからそれを戒めるために作られました。さらに実際昔の泥棒は合図に口笛を使っていたそうなので、下手に口笛を吹くと合図だと勘違いした泥棒が本当にやってきてしまうと考えられていました。

では爪切りのベストタイミングはいつ?

爪切りのベストタイミングはお風呂上り

夜の爪切りが良くないとされる理由は判明しましたが、では実際爪切りは夜を避けた方がいいのでしょうか?実は爪切りのベストなタイミングはお風呂上がりなんです。お風呂上りは爪がふやけていて柔らかいので爪切りがしやすいのです。お風呂に入るのは一般的に夜でしょうから、やはり夜に爪を切ることが多くなりますね。

言い伝えを気にするかもしれませんが、夜の爪切りがよくないとされる本当の理由は暗がりで爪切りをして怪我をしてしまう事を注意している事です。今では夜でも昼間と変わらないほど明るい電気を確保できますし、危険な刃物を使わなくても爪切りなど安全な道具がありますのでそこまで気にする必要はないでしょう。

どうしても夜のお風呂上りは爪を切りたくはないけれど、爪に負担を掛けないように切りたい場合には洗面器にぬるま湯を入れてその中に手を5分ほどつけて爪を柔らかくしてから切るのがおすすめです。

爪の負担を抑える正しい爪の切り方

爪切りは爪がふやけて柔らかくなっている状態で行うのがベストタイミングですが、それ以外にも爪に負担を掛けない切り方をご紹介していきます。

①爪切りは爪の端から始める

爪を切る時、最初に切りやすい真ん中から切ることが多いかもしれませんが、実は爪は意外とデリケートな部分なので、いきなり真ん中を爪切りでバチンと切ると割れてしまう事もあるんです。なので爪切りは爪の端からゆっくり丁寧に切っていくようにしましょう。

②爪切りで角を切らない

爪を切る時はどのような形に切っていきますか?爪の先の白い部分に沿って切っていくという方が多いのではないでしょうか。実はこの切り方はよくないんです。白い部分の大きさは人によって差がありますので場合によっては深爪や巻き爪になってしまう場合があるからです。

また爪の角は爪の中で一番弱い部分なので、角を切ると割れてしまう事があります。なので爪は角を切らず端からまっすぐに切っていきましょう。

③やすりで爪の角を整える

まっすぐに切った爪ですが、角をそのままにしておくと引っかかったりして危ないので最後に角の部分をやすりがけして丸く仕上げます。こうすることでスクエアオフをいう爪の形にすることが出来て、一番丈夫な爪の形にすることが可能ですよ。また、やすり掛けも力を入れすぎると爪を痛めてしまいますので優しく丁寧に、一定方向にやすりをかけるようにしましょう。

普段から出来る爪のお手入れ方法

基本は爪の乾燥対策

実は爪もお肌と同じで乾燥してしまうとよくありません。ですが指先というのは特に乾燥しやすい場所なので日頃から乾燥対策を欠かさずに行いましょう。簡単なお手入れ方法は普段つけているハンドクリームを爪先にまで塗り込むことです。この時爪の周りの皮膚に塗りこむように塗るのがポイントですよ。

ネイルオイルもおすすめ

また、特に爪が乾燥しやすい場合にはハンドクリームだけでなく、ネイルオイルやネイルエッセンスを使ってみましょう。ネイルオイルは爪に必要な油分や水分を与えて保湿する役割持っていますが、メーカーによってネイルオイルやネイルトリートメントなど色んな名称で販売されています。

ネイルオイルのタイプもいくつかあって、蓋を外して直接塗り付けるスティックタイプや、マニキュアと同じように筆やはけで爪に塗るタイプなどがあります。塗りやすいのはスティックタイプですがマニキュアタイプよりも値段が高いことが多いですので、塗りやすさや値段など自分で条件を選んで決めると良いでしょう。

迷信だと侮らず本当の意味を知ることが大切

今回ご紹介した夜の爪切りや夜の口笛の他にも、日本には昔から言い伝えられている言い伝えがたくさんあります。たかが迷信とはなから否定する前に、まずはどうしてそんな言い伝えが生まれたのか意味を知りましょう。言い伝えの多くにはきちんとした意味が必ずあります。

その意味は現代とは事情が異なっている事も多いですし、確かにと当てはまることもまたあります。なので何でも言い伝えの通りにダメダメと禁止するのではなく、夜の爪切りは怪我をしないように手元を明るくしたりと、言い伝えで伝えたかった本当の意味を汲んだ行動をとりましょう。

あわせて読みたい爪切りに関する記事はこちら!

Thumb爪切りのおすすめ人気ランキング!格安から高級な種類まで厳選紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb高級爪切りは切り心地が違う!プレゼントにもおすすめの一品は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-18 時点

新着一覧