グミがダイエットの妨げに?袋に手を伸ばす前に詳細をチェック!

ダイエット中にグミを食べる時に気をつけたいポイントやおすすめグミをまとめました。グミをダイエット中に食べる場合は、効果的な食べ方を把握しておくのがおすすめです。ハリボーなど、コンビニでも購入できるダイエットに最適なグミをおやつにしましょう。

グミがダイエットの妨げに?袋に手を伸ばす前に詳細をチェック!

目次

  1. グミがダイエットに及ぼす影響を解説
  2. グミがダイエットの妨げになる理由
  3. グミを食べた時のダイエット効果
  4. ダイエット時のグミの選び方
  5. ダイエット時のグミの食べ方
  6. コンビニやスーパーで買えるおすすめグミ
  7. グミ以外におすすめのダイエットおやつ
  8. グミをダイエットに生かそう!

グミがダイエットに及ぼす影響を解説

ダイエット中は食べる物に気を使う事が多くなりますが、おやつに関しても同様です。空腹はダイエットの最大の敵なので、おやつで紛らわす事も大切ですが、高カロリーなおやつだとダイエットの妨げになってしまいます。ダイエット中のおやつとして注目されているのがグミ。コンビニでも気軽に購入する事ができるグミがダイエット中のおやつになります。

食べ方次第ではダイエットに効果的

グミは、食べ方次第ではダイエットに良い効果を発揮してくれると言われています。上手にグミを取り入れる事で、空腹を紛らわしながらダイエットを続ける事ができるのではないでしょうか。コンビニでは色々な種類のグミが販売されているため、気軽にダイエット中のおやつにする事ができます。

しかし、グミの食べ方を間違えるとダイエットの妨げになってしまう事があるため注意が必要。間違った食べ方によってダイエットに失敗してしまう可能性もあるため、グミをおやつに取り入れる場合には気をつけましょう。グミを上手に使って、空腹のストレスを溜める事なくダイエットをしてみませんか。

Thumbヘルシースナッキングはストレスフリー!確実なダイエットのグミを使ったやり方! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

グミがダイエットの妨げになる理由

まずは、グミがダイエットの妨げになる理由についてチェックしていきましょう。グミは食べ方を間違える事でダイエットに逆効果になってしまうため、注意が必要。どうしてグミがダイエットの妨げになるのか知っていれば、気をつけて食べる事ができるようになります。グミを食べてダイエットに失敗してしまう時に考えられる理由について、ご紹介します。

低カロリーだからと油断する

グミがダイエットの妨げになる理由として挙げられるのが、低カロリーだからと油断してしまう事です。グミは、一袋あたりのカロリーが120〜160kcal程です。クッキーやチョコレートなどのおやつ類と比べるとカロリーが低いため「たくさん食べても大丈夫」と思ってしまいがち。しかし、グミも食べ過ぎるとカロリー過多になりダイエットに悪い影響を及ぼします。

一気に食べてしまいやすい

グミは小さくて食べやすいので、おやつで食べる時は早食いになってしまう事があります。おやつの早食いは、ダイエット失敗の原因になるので気をつけましょう。グミを一気に食べる事によって満腹中枢が刺激されず、おやつに物足りなさが残ります。物足りないからとグミを更に食べる事でカロリーを多く摂取する事になり、ダイエットに逆効果になってしまうのではないでしょうか。

満腹中枢は、よく噛む事によって刺激されます。一気に食べてグミをよく噛んでいないと、満腹になる事ができません。グミをおやつとして食べても満足できないという方は、食べ方を見直してみましょう。満腹中枢を刺激する事ができる食べ方であれば、おやつの満足感んがアップします。

知らぬ間に糖質を摂りすぎる

グミは低カロリータイプが多いですが、実は糖質が多い事をご存知ですか?グミの原材料となっているのが、砂糖や果汁、ゼラチンといった物です。こうした原材料は糖質量が多い事で知られており、一袋あたりのグミの平均糖質は50〜60gとされています。一粒あたりの糖質は約4g程度とされているため、糖質の取りすぎには十分に注意が必要。

糖質はエネルギー源として必要な栄養ですが、摂取し過ぎると脂肪として残るのが問題です。グミの糖質は吸収されにくく、太りやすくなるとされています。カロリーばかりに注目していると糖質過多になってしまう事もあるので、その点には気をつけてください。こうした点に注意をしてグミを食べる事で、ダイエットへの悪影響を防ぐ事ができます。

グミを食べた時のダイエット効果

グミの注意点について把握する事ができたら、続いてはグミを食べた時のダイエット効果についてチェックしていきましょう。間違えた食べ方をするとダイエットに逆効果となってしまうグミですが、正しい食べ方をすればダイエット効果を期待する事ができます。おやつとしてグミを美味しく食べる事ができるように、工夫をしてダイエットをしていきましょう。

中枢神経を刺激して満腹感UP

グミを食べる時に意識しておきたいのが、よく噛むという事です。よく噛まずにすぐに飲み込んでしまうと、満腹中枢を刺激する事ができません。グミを一粒口の中に入れたら、20〜30回程度は噛むようにしてください。噛めば噛むほど満腹中枢を刺激する事ができるので、少量のグミでも満足する事ができるようになります。

空腹時はどうしても早食いになってしまいがちですが、噛まない事はダイエットに悪影響を与えてしまうので気をつけてください。グミをよく噛んで食べて満腹感をアップする事ができれば、空腹によるストレスも軽減する事ができます。

よく噛むことで美容効果も

グミをよく噛んで食べるのは、小顔効果も期待する事ができます。よく噛む事でフェイスラインの筋肉が刺激され、たるみなどを防ぐ事ができるのが嬉しいポイント。ダイエット中に小顔も目指したい時は、グミをよく噛んでみましょう。口周りの筋肉を意識しながらグミを食べるのがおすすめです。継続する事で、すっきりとしたフェイスラインに近づく事ができます。

コラーゲンでハリツヤのあるお肌に

グミには、原材料にコラーゲンが含まれている事が多くあります。コラーゲンは、肌のハリツヤを保つために必要な栄養素の1つ。コラーゲンを摂取する事で、若々しい肌を保つ事ができると言われています。グミをおやつとして食べれば、ダイエットだけでなく美容効果も期待する事ができるのではないでしょうか。コラーゲン入りのグミを選んで、美容に役立ててみてください。

ダイエット時のグミの選び方

グミのダイエット効果をきちんと引き出したい時は、選び方にこだわるのがおすすめです。グミの選び方によってダイエット効果が変わってくるので、厳選していきましょう。コンビニには色々な種類のグミがあるため、どういったグミを選ぶのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいグミの選び方についてご紹介します。

よく噛めるハードタイプを選ぶ

多種多様なグミの中でおすすめしたいのが、ハードタイプのグミです。コンビニなどで売られているグミのパッケージを見てみると「ハードタイプ」といった記載がされているグミを見つけられるのではないでしょうか。ハードタイプのグミは噛みごたえがあり、早食いを防ぐ事ができます。なるべくたくさん噛む事ができる硬めのグミがダイエットにはおすすめです。

ハリボーなど、コンビニで手に入れる事ができるグミにはハードタイプが多くあります。近年はグミのダイエット効果に着目して、ハードタイプのグミも増えているため活用してみてはいかがですか。味も美味しく、満足感のあるハードタイプのグミがコンビニで人気を集めています。

糖質や塩分に注意して選ぶ

グミを選ぶ時は、カロリーだけでなく糖質や塩分にも注目しましょう。グミのパッケージに記載されている栄養成分表示をチェックするのがおすすめです。糖質や塩分がどのくらい含まれているのか、他のグミと比べてどれが糖質・塩分が低いのかも確認してみてください。糖質が少ないグミを選ぶ事で、ダイエット注も安心して食べる事ができます。

また、グミの中には甘いタイプだけでなくしょっぱいタイプもあります。梅干し味など、しょっぱいタイプのグミは塩分が多く入り過ぎている事があるため気をつけてください。塩分を多く摂取し過ぎると、むくみの原因になります。

ダイエット時のグミの食べ方

コンビニでぴったりのグミを見つける事ができたら、続いてはグミの食べ方にもこだわっていきましょう。どういった食べ方をすればダイエットに効果的なのかを把握しておけば、おやつとして美味しくグミを食べられるのではないでしょうか。ダイエット中におすすめしたいグミの食べ方についてご紹介します。グミを食べたい時の参考にしてみてください。

食前に食べる

ダイエット効果のあるグミの食べ方としておすすめしたいのが、食前に食べる方法です。食前にグミをよく噛んで食べる事で、満腹中枢を刺激しましょう。満腹中枢は、噛み始めてから10分程度で機能するので、食前にグミを食べる事で食事の食べ過ぎを防ぐ事ができます。グミである程度お腹を満たしておけば、少量の食事でも満足できるはずです。

烏龍茶と合わせて飲む

グミをダイエット中に食べる場合は、烏龍茶を合わせて飲む方法もおすすめです。烏龍茶にはサポニンと呼ばれる成分が含まれているのが特徴。サポニンは糖質の吸収を抑えてくれるため、グミの糖質が気になる時に最適です。また、烏龍茶に含まれるポリフェノールは中性脂肪を下げる効果もあると言われているのが嬉しいポイント。

グミを食べながら一緒に烏龍茶を飲む事で、お腹を満たし、糖質の吸収を抑える事ができます。烏龍茶を飲む時は、ホットか常温がおすすめ。冷たい烏龍茶は内臓を冷やし、代謝を下げてしまうからです。常温かホットの烏龍茶で代謝を上げるようにしましょう。

ゆっくり少しずつ食べる

グミは一気に食べないようにしてください。よく噛む事を意識して、ゆっくり食べる事で満足感を得る事ができます。一回あたりに食べるグミの量を予め決めておき、時間をかけて食べるようにしましょう。おやつとしてグミを食べる場合は、1日10粒〜15粒程度が目安となります。お気に入りのグミをコンビニで見つけて、ダイエット中のおやつにしてみませんか。

Thumb美味しいグミランキング!コンビニでも買えるおすすめ商品まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

コンビニやスーパーで買えるおすすめグミ

色々な種類のグミをチェックしたい時におすすめなのがコンビニです。コンビニには新商品から定番商品まで、多種多様なグミが揃っています。ハリボーを始めとしたハードタイプのグミもコンビニに揃っているので、気軽におやつを探したい時にぴったりです。選び方のポイントも踏まえた上で、コンビニで美味しいグミを探してみましょう。おすすめのコンビニグミをご紹介します。

ハリボー

ダイエット中におすすめしたいのが、ハリボーです。ドイツ生まれのハリボーは、日本のコンビニを始めとした世界各国の店舗で広く展開されています。カラフルな見た目が可愛いハリボーのファンも多いのではないでしょうか。実は、ハリボーは噛む事に特化して作られたグミです。小さな子供にも噛む習慣をつけてもらうために、硬いハリボーが作り出されました。

他のグミと比べてもハリボーの方が硬く、しっかりと噛む事ができます。グミをゆっくり噛んで食べたい時はハリボーを選ぶのがおすすめ。様々なフレーバーがあるのもハリボーの良い所です。何種類か揃えておけば、飽きずに美味しくハリボーを食べられるのではないでしょうか。コンビニでハリボーを見つけたら、ダイエットに役立ててみましょう。

果汁グミ

ハリボーに続いておすすめしたいのが、果汁グミです。果汁グミもコンビニでよく見かける事ができるグミの代表格。果汁グミは、果汁を含み、優しい甘みであるのが特徴です。甘さが強すぎないので、糖分が気になる方にもおすすめ。適度な弾力があり、噛みごたえもあります。ブドウを始めとした様々なフレーバーが揃っているのも魅力です。

Cケアジューシーコラーゲン

ぷるぷるとした適度な食感と、表面のパリッとしたコーティングが美味しいグミです。食べ応えがあるので、ダイエット中のおやつにぴったりなグミと言えるでしょう。Cケアジューシーコラーゲンの良い所は、ビタミンCとコラーゲンが配合されている事です。美容に良いとされる成分が含まれているため、ダイエット中に美肌を目指したい時にも最適なグミとして人気を集めています。

タフグミ

しっかりとよく噛んでグミを食べたい時にぴったりなのがタフグミです。よく噛んで食べる事ができるように、かなりハードな食感に仕上げられています。グミを早食いしてしまう方も、タフグミならきちんと噛めるのではないでしょうか。ジンジャーエールやコーラ、ソーダといったフレーバーが揃い、クセになる美味しさと評判になっています。

そのまんまレモン

甘酸っぱく噛みごたえのあるグミとしておすすめしたいのが、そのまんまレモンです。レモンをそのままグミにしたような、適度な甘みとほろ苦さのある味わいが人気を集めています。噛めば噛むほどレモンの美味しさを感じる事ができるので、少量でも十分に満足できるはず。さっぱりとした味わいで、気持ちをリフレッシュしたい時にも最適です。

おなか満足グミ

食物繊維とコラーゲンを含有したお腹に優しいグミです。食物繊維は腸内環境を改善し、老廃物の排出を促進してくれるので、便秘気味の方にもおすすめ。小粒ですが噛みごたえがあるので、少し食べるだけでも満足感を得る事ができます。1袋あたり98kcalと低カロリーなのも嬉しいポイントです。ダイエット中に小腹が空いた時にいかがですか。

フィットチーネグミ

パスタのアルデンテのような不思議な食感が魅力なのが、フィットチーネグミです。他のグミにはない食感で、飽きる事なく食べる事ができます。よく噛んで食べたい時にも最適な噛みごたえのあるグミなので、ダイエットにぴったり。イタリアンピーチやブドウなど、フレーバーの種類も豊富です。食物繊維を含み、腸内環境改善に役立てる事もできます。

Thumbハリボーグミのカロリーは?ダイエットにも効果的って本当? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

グミ以外におすすめのダイエットおやつ

グミは上手に食べればダイエットに役立てる事ができますが、他にもダイエット中のおやつにおすすめしたい食べ物があります。ダイエット中は空腹を感じる事が最も辛いので、安心して食べる事ができるおやつを取り入れて、ストレスを軽減していきませんか?ダイエット中に食べても大丈夫なおやつと、食べ方についてご紹介するので参考にしてみてください。

ナッツ

ダイエット中のおやつとしておすすめなのが、ナッツです。ナッツは噛みごたえがあるので、しっかりとよく噛む事で満腹中枢を刺激する事ができます。香ばしくコクのある風味もナッツの魅力。ナッツはカロリーが高めなので、1日あたり10粒〜15粒を目安に、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。色々な種類のナッツを携帯しておくと、出先のおやつにも役立てられます。

ナッツは、様々な栄養効果のある食べ物としても知られています。若返りのビタミンと呼ばれているビタミンEは、アンチエイジング効果を期待する事ができる栄養素。また、脂質の代謝を促すと言われているビタミンB群もナッツに含まれています。ナッツには食物繊維も含まれているので、便秘が気になる方にもおすすめのおやつです。

ナッツには様々な種類がありますが、コスト面の事を考えると、手軽に手に入れる事ができるアーモンドがおすすめ。大容量パックであれば、高いコストをかけずに気軽にアーモンドをおやつにする事ができます。色々な味を楽しみたい時は、ミックスナッツを取り入れるのも良いでしょう。

ドライフルーツ

続いておすすめしたいのが、ドライフルーツです。ドライフルーツにはビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、ダイエットや美容に良い効果があると言われています。フルーツによって栄養素は異なりますが、ビタミンCを始めとした美肌に良い栄養も含まれている事が多いため、ダイエット中に美容にもこだわりたい方にドライフルーツは最適です。

ドライフルーツを選ぶ場合は、砂糖が添加されていないタイプを選ぶようにしましょう。砂糖がついたドライフルーツだと、カロリーや糖質が多くなってしまいます。よく噛むのもポイント。フルーツに元々含まれている果糖は、脂肪として蓄積しにくいと言われているため、ダイエット中でも安心して食べられます。濃縮した甘みを感じられるので、甘い物が食べたい時にもおすすめです。

スルメ

スルメは、ダイエットにぴったりなおやつと言われています。スルメイカを原料としているので、タンパク質豊富かつ糖質が低いのが嬉しいポイント。噛みごたえがあり、満腹中枢を刺激する事ができます。低糖質ダイエットをしている場合にもスルメが役に立つはず。コンビニでも手に入れる事ができるので、スルメもダイエットに活用していきましょう。

スルメを食べる場合は、塩分にも気をつけましょう。塩分の添加量をチェックして、食べ過ぎないように注意してください。塩分の摂取量が多くなり、むくみの原因になります。また、スルメのみを食べるのも重要なポイント。スルメにマヨネーズなどの調味料をつけるとカロリーが多くなってしまうため、その点には注意をしてスルメをおやつにしてみてください。

茎わかめ

コンビニで購入できてダイエットにも良いと言われているのが茎わかめです。カロリーが低く糖質も少ないので、ダイエット中のおやつに最適と言えるのではないでしょうか。茎わかめには、便秘解消効果のある食物繊維や、健康管理に役立つミネラルが豊富に含まれているのも嬉しいポイント。健康的にダイエットしたい時には、栄養も豊富な食べ物をおやつにするのがおすすめです。

茎わかめは適度な噛みごたえがあるので、満腹中枢を刺激しやすいと言われています。ダイエット中はしっかりとよく噛んで茎わかめを食べるようにしましょう。食べ過ぎるとカロリー・塩分過多になってしまう事があるため、食べ過ぎにも注意してください。便秘が気になる時は、茎わかめの食物繊維の量にも注目して選ぶようにしていくと良いのではないでしょうか。

ヨーグルト

ダイエット中のおやつには、ヨーグルトもおすすめです。ヨーグルトには、タンパク質や乳酸菌など、体に良い栄養が豊富に含まれています。便秘解消効果があるため、ダイエット中に便秘になってしまった時にも最適。便秘状態が続くと代謝が落ちてしまうので、ヨーグルトを食べて解消していきましょう。ヨーグルトを選ぶ時は、無加糖で低脂肪や無脂肪タイプがダイエットに良いです。

ヨーグルトをおやつとして食べる時には、お好みでナッツをトッピングするのもダイエット中におすすめの方法です。細かく砕いたナッツを少量トッピングする事で、食べ応えがアップします。もし、甘みが欲しい時は、はちみつを少しかけましょう。はちみつは砂糖よりもカロリーが低く、栄養分も豊富なので甘みが足りない時に役立ちます。ただし、かけ過ぎには注意してください。

寒天ゼリー

コンビニでも購入する事ができる低カロリーおやつとしてダイエット中に人気なのが、寒天ゼリーです。寒天を原料としているのでカロリーが低い場合が多く、糖質も少ないためダイエットにぴったりです。硬めの寒天ゼリーなら食べ応えがあるので、満腹感も得られやすいのが嬉しいポイント。色々なフレーバーがコンビニで販売されています。

寒天ゼリーの種類によっては、ゼロカロリーである場合もあります。カロリーが気になる時は、ゼロカロリータイプの寒天ゼリーをダイエット中に選んでみましょう。また、コラーゲン入りや食物繊維入りといったように、プラスαがついている寒天ゼリーもあります。こうした要素もチェックして、寒天ゼリーを選ぶようにしてみてください。よく噛んで食べるのがおすすめです。

バナナ

バナナはカリウムや食物繊維といった栄養が豊富に含まれています。カリウムは高血圧予防効果、食物繊維は腸内環境の改善効果を期待できるのがバナナの魅力。バナナは柔らかく一気に食べてしまいがちなので、ダイエット中はよく噛むようにしましょう。ゆっくり噛む事で満腹感を得られるため、一本で十分なおやつになります。

グミをダイエットに生かそう!

グミは、食べ方を間違えなければダイエットに良い効果を期待する事がおやつです。一気に食べずによく噛む事、食べ過ぎには注意をする事など、基本的なダイエットポイントを押さえておきましょう。ダイエットに最適なグミを取り入れて、おやつを楽しんでみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-28 時点

新着一覧