長引く猫の咳は危険信号!考えられる病気・症状の特徴など詳しく解説

猫の咳の原因や病気の兆候についてまとめました。猫の咳やくしゃみは、毛玉詰まりやアレルギーなど、さまざまな原因が考えられます。猫風邪や呼吸器系の病気も考えられるので、猫の咳が気になる場合は病院を受診し、投薬治療などを行いましょう。

長引く猫の咳は危険信号!考えられる病気・症状の特徴など詳しく解説

目次

  1. 猫が咳をする原因を徹底解説
  2. 猫が咳をする3つの原因
  3. 猫が咳をした時に考えられる病気
  4. 猫の咳に関するQ&A
  5. 愛猫の免疫力を高める方法
  6. 猫の咳が長引く場合は病院へ

猫が咳をする原因を徹底解説

猫が咳をしていると「大丈夫かな」「病気ではないかな」と心配になる飼い主も多いはずです。猫の咳が気になる場合は、どのような原因で咳をしているのか、猫の様子を見ることも大切なポイントになります。生理現象的な咳であれば問題ありませんが、病気やアレルギーが原因だとしたら、病院で治療を行うことも大切です。

本記事では、猫の咳についてまとめました。猫はどのような原因で咳をするのか把握しておけば、猫の様子を確認するのに役立ちます。猫の体調を気遣い、健康な状態を保てるように心がけてみてください。

考えられる病気もチェック

猫の咳がひどいときに考えられる病気についてもご紹介します。病気を原因とした咳の場合は、くしゃみを併発したり、呼吸が荒くなったりする場合もあります。咳によって呼吸が苦しくなると、猫にとってつらい時間が続いてしまうので、なるべく早めに対処するようにしてください。病気は早期発見・治療が大切。猫がいつまでも元気でいられるように、咳に注目してみましょう。

猫が咳をする3つの原因

まずは、猫が咳をするときに考えられる3つの原因についてご紹介します。猫の咳の原因は、大きく3つに分けられるので、猫の様子を見ながら何が原因なのか様子を見てみましょう。問題のない席もあれば、注意すべき咳もあります。大切なのは、咳以外の症状も見ることです。気になる点が会ったら、早めに獣医師に相談をすることも大切なポイントになります。

生理的な防御反応

猫は、生理的な現象によって咳をすることがあります。ホコリを吸い込んで呼吸器に入り込んだ場合、それを出すために咳をします。また、早食いをする猫の場合は、ご飯が喉に詰まりやすくなり、咳をして出そうとすることもあるため気をつけましょう。水を飲んだときに呼吸器に入り、咳をするパターンもあります。

こうした生理現象は、病気とは関係ないので大きな心配をする必要はありません。早食いをする猫なら食事を少なくするのがおすすめです。また、水によって咳き込まないように、飲みやすい水飲みボウルに変えるのも良いと言えます。

毛玉詰まりや異物の誤飲

グルーミングを頻繁に行う猫は、毛玉を吐き出すことが多くあります。毛玉を吐き出すときに喉につまらせると、咳をすることがあるため気をつけましょう。咳によって毛玉を吐き出すことができれば問題ありませんが、毛玉詰まりが気になるときは、毛玉コントロールタイプのフードを与えるのもおすすめの方法です。

また、おもちゃなどの異物を誤飲してしまったときも咳によって吐き出そうとします。異物を飲み込んだ場合は、きちんと吐き出すことができたか確認してください。異物が喉に詰まったままだと呼吸困難になる可能性もあるため、気になることがあったら獣医師に相談すると安心です。

病気を患っている

最も心配すべきなのが、病気が原因となった咳です。病気が原因の咳の場合は、早めに治療をしないと症状が進行してしまうかもしれません。病気の治療を行うことで咳の改善を見込めるので、病気が疑われる場合は早めに対処するようにしてください。生理的な現象や、異物の誤飲が考えられず、咳が長期に渡って続く場合は病気が原因になっているかもしれないため注意が必要です。

猫が咳をした時に考えられる病気

猫が咳をしているときに考えられる病気について見ていきましょう。病気が原因となっている咳は、さまざまな特徴があります。どのような原因で病気にかかってしまうのか、症状はどうなっているのか、基本的な知識を身につけて病気の早期発見に努めてください。代表的な病気についてご紹介するので、心当たりがあったら動物病院の受診をおすすめします。

くしゃみ等の症状も出る「猫風邪」

猫風邪は、猫ウイルス性鼻気管炎 ・猫クラミジア症・猫カリシウイルス・猫ヘルペスウイルスといった病気の総称です。細菌やウイルスが体内に侵入することによって、猫風邪をひきます。猫風邪の原因として考えられるのが、免疫力の低下。高齢猫や子猫などの免疫力が低い猫や、他の病気を併発して免疫力が落ちている猫は猫風邪にかかりやすいと言われています。

猫ウイルス性鼻気管炎や猫クラミジア症といった猫風邪にかかると、ゼエゼエと呼吸が荒い咳をしやすくなります。また、咳だけでなく、くしゃみもしやすくなるのが猫風邪の特徴。食欲不振や嘔吐を併発することもあります。食べ物を受け付けなくなることで免疫力がさらに下がり、症状が悪化することもあるので猫風邪が疑われるようなら、早めの対処が必要です。

突発的に咳をする「猫喘息」

ハウスダストや花粉などが原因となって、猫喘息が起きることがあります。猫喘息になると、突発的にゼーゼーと音を立てながら咳をするため、猫の様子をよく観察してみてください。喘息がひどくなると、気管支の炎症が起き、最悪の場合は呼吸困難に陥ります。また、喘息になると気道粘液が増える傾向にあるため、咳だけでなく痰も出やすくなるのが特徴です。

肺が炎症を起こす「肺炎」

何らかの原因によって肺に炎症が起きると、猫も肺炎になり、咳が多くなります。乾いたような咳をすることが多くなるのが特徴です。異物が肺に侵入したことが原因となる誤嚥性肺炎や、アレルギーや寄生虫が原因の肺炎があります。肺炎がひどくなると、咳の数が多くなり呼吸困難になる場合もあるため、早期治療が必要な病気の1つです。

呼吸が浅くなる「肺水腫」

肺水腫は、血液の液体成分が肺胞に入りこみ、溜まってしまう病気です。浅い呼吸が多くなり、短い咳を繰り返していたら要注意。肺水腫になると、口を開いたままになるのも注視すべき特徴です。咳をすると血が混ざることもあります。肺水腫の原因として考えられるのが心臓病です。

心臓病が原因の場合は、心原性と呼びます。心臓病以外の肺水腫は非心原性と呼ばれ、さまざまな原因が考えられるため、動物病院で原因を早期発見することが大切です。猫が苦しそうにして、横たわったまま動かないようになったら気をつけてください。

猫の咳に関するQ&A

続いては、猫の咳に関するQ&Aについてチェックしていきましょう。猫の咳に関しては、疑問に思っていることが多い場合もあるのではないでしょうか。そんなときは、疑問をクリアにしていくことも大切です。猫の咳について詳しく知って、正しい対処を行ってください。

猫が咳をしたら病院に行くべき?

単発の咳は、生理的な現象である可能性が高いので、大きな心配をする必要はありません。くしゃみなどを併発し、長時間咳が続いているようなら注意が必要。病気である可能性があります。動物病院に行ったら、どのくらい咳をしているか、くしゃみなどほかの症状はないか説明をして原因の究明に努めてください。

猫風邪で処方される薬は?

猫風邪になった場合は、体内に侵入した細菌やウイルスに対抗するために抗生剤や抗ウイルス剤といった投薬治療が行われます。食欲が落ちているときは、免疫力を上げるために食欲増進剤の投薬治療も行うかもしれません。くしゃみや咳などの症状によっても投薬方法は変わるので、処方された薬は飲み切るようにしましょう。普段から薬が飲めるように訓練することも大切です。

猫もアレルギーになる?

猫も、ハウスダストや花粉などに対してアレルギー症状を引き起こすことがあります。ただし、猫がアレルギーになったときは皮膚に異変が見られる場合が多く、咳やくしゃみといった症状は稀です。咳やくしゃみだけでなく、皮膚の様子もチェックして、猫の状態を確認してみてください。

愛猫の免疫力を高める方法

アレルギーなど、猫が咳をする原因はいろいろ考えられます。中でもきちんと予防策を立てておきたいのが、猫風邪です。猫風邪は免疫力を高めることで防げる病気。猫風邪予防のために取り入れておきたい、免疫力を高める方法について見ていきましょう。

定期的にワクチンを打つ

猫風邪の原因となるウイルスや細菌は、定期的にワクチンを打って免疫をつけることで防げます。かかりつけの動物病院からワクチン接種のお知らせが届くことが多いと思うので、そうしたら動物病院へ連れていきましょう。きちんとワクチンを打っていれば、猫風邪を防ぐことは可能です。忘れずに、毎年ワクチンを受けてください。

ストレスを防止する

猫はストレスがかかると自律神経が乱れ、免疫力が落ちると言われています。猫のストレスが溜まらないように、環境作りも心がけましょう。猫が安心して過ごせるベッドを設置したり、適度にスキンシップをとるなどの工夫をするのがおすすめです。

猫の咳が長引く場合は病院へ

猫の咳が長引く場合は、注意すべきサインです。毛玉詰まりやアレルギー、病気などさまざまな原因が考えられるため、気になるときは動物病院を受診してください。投薬治療など、適切な処置を行うことで健康的な状態を取り戻せるはずです。

猫に関連した記事はこちら

Thumb猫の血尿で疑われる病気は?病院受診前に知っておきたい観察項目とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb【猫の下痢】こんな症状は至急受診を!おすすめのトイレグッズも紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb猫の頭突きは愛情表現!愛猫のしぐさを見て気持ちを読み取ろう! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-17 時点

新着一覧