ふわふわキュートなラガマフィン♡性格や飼いやすさなどを丁寧に解説

ラガマフィンは比較的新しく公認された猫の品種で、日本ではまだあまり知られていません。希少なラガマフィンの子猫を入手する場合は、ブリーダーさんからのお迎えがおすすめです。今回は、ラガマフィンの性格や飼いやすさ、寿命や大きさ、子猫の価格等を解説していきます。

ふわふわキュートなラガマフィン♡性格や飼いやすさなどを丁寧に解説

目次

  1. ラガマフィンの性格や飼い方を解説
  2. ラガマフィンの基本プロフィール
  3. ラガマフィンによく見られる性格
  4. ラガマフィンを飼う時のコツ
  5. ラガマフィンのお迎え方法
  6. ラガマフィンがかかりやすい病気
  7. ラガマフィンにおすすめのおもちゃ
  8. ラガマフィンと幸せな日々を♡

ラガマフィンの性格や飼い方を解説

ラガマフィン(Ragamuffin)は、猫の品種の一種です。1994年に作出された新しい品種で、日本ではまだあまりよく知られていません。ペットショップにもほとんど流通していないので、子猫を入手したい場合はブリーダーさんを探しましょう。今回は、ラガマフィンが一体どのような性格をしているのか、飼いやすい猫なのか、体の大きさや寿命、かかりやすい病気等を解説していきます。

一緒に遊べるおもちゃも紹介

ラガマフィンの性格や飼い方のポイント等を解説するだけでなく、一緒に遊べるおもちゃもご紹介します。室内での飼育が中心となる場合でも、おもちゃがあるとラガマフィンもストレスを発散し運動になるでしょう。ラガマフィンと飼い主さんが一緒に遊べるおもちゃなら、コミュニケーションが深まります。

Thumbロシア原産の猫サイベリアンの魅力紹介!ふわふわ被毛をモフりたい! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラガマフィンの基本プロフィール

まずは、ラガマフィンの基本的なプロフィールを見て行きましょう。ラガマフィンは上述のように1994年に作出された新しい品種とされていますが、その背景は複雑です。そのため、現在でも世界最大の猫の血統登録機関とされるTICA(The International Cat Association)では、品種として公認されていません。一体、どのような猫なのでしょうか?大きさや寿命などをチェックしてみましょう。

ラグドールから誕生した猫

ラガマフィンは、ラグドールとよく似ています。それもそのはず、ラガマフィンはラグドールから派生した品種です。ラグドールを作り出したブリーダーさんが、自身で団体を設立しラグドールの繁殖や売買を掌握しようとしたことがきっかけだったそう。そうした事態に反発してグループを離脱したブリーダーさんたちが、新たにスタンダードを定義し直したのがラガマフィンなのです。

こうした背景の為、ラガマフィンとラグドールの間には共通点が多く、別品種と認めない団体もいます。しかし、新しくラガマフィンの繁殖に努めたブリーダーさんたちは、異種交配による育種に成功し、次第に新しい猫種として認められていきました。以前は、ペルシャやラグドール、サイベリアンとの異種交配も認められていましたが、現在はほぼ認められていません。

筋肉質で大きめな体

ラガマフィンは、筋肉質で大き目の体を持っています。ラガマフィンの体型は、ロングアンドサブスタンシャルタイプに分類されます。骨太で大きめの体格を誇る猫種で、体重も重く高さと長さのある体型が特徴です。ラガマフィンを作出するために交配されたとされるラグドールやサイベリアン、メインクーンも大きさを誇る体型です。

大型猫種のラガマフィンは、体長が30センチから46センチに成長すると言われています。一般的な体重は、オスのラガマフィンで6.5キログラムから9キログラム、メスのラガマフィンで4.5キログラムから7キログラムです。但し個体差があるので、大きく育つラガマフィンの中には10キログラム以上の大きさになる子もいるそうです。

テディベアのような被毛

ラガマフィンは、「猫のテディベア」と呼ばれるような被毛の持ち主です。シルキーでふわふわっとした被毛は、柔らかく滑らかな手触りがたまりません。ラガマフィンの個体によって、被毛の長さはミディアムヘアーからロングヘアーまでさまざまです。後述しますが、繊細な被毛を美しくキープする為にも、日頃のお手入れは丁寧に行ってあげるようにしましょう。

ラガマフィンを作出したブリーダーさんたちが定義したスタンダードでは、ラガマフィンの被毛は首と顔の輪郭で少し長くなりラフな雰囲気になるそうです。また、頭頂部から肩甲骨、背中にかけて被毛の長さが増し、ふわっとした印象になります。前脚の毛はセミロングの長さで厚みがあり、後脚の後部には控えめなフリルのような被毛が見られます。

バリエーション豊かな毛色

ラガマフィンの被毛の色については、ボディのカラーとポイントカラーがはっきり区別されるポインテッドは認められていないようです。ポインテッド以外の毛色には、特に規定はありません。人気が高い毛色は、チョコレートやレッド、クリームにグレー、ブルー等でしょう。単色だけでなく2色ミックスの毛色も見られます。

ラガマフィンの被毛には、バリエーション豊富な模様も出ます。ノルウェージャンフォレストキャット風の顔立ちの子猫もいますし、縞模様が入ったメインクーン風の毛並みの子猫もいます。被毛の色だけでなく瞳の色も様々で、ブルーやグリーン、イエローなどがあるそうです。さらに、単色だけでなくオッドアイとも呼ばれる虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)の個体もいる品種です。

成猫になるのは約3~4年目

大型猫種であるラガマフィンは、子猫の時期が長い猫としても知られています。平均的に、3歳から4歳頃にようやく成熟します。飼育する上で気を付けたいのは、フードの種類と量でしょう。一般的な猫種と同じように、一歳半を過ぎたら成猫用のフードに切り替えるというのではなく、体重を考慮した与え方をしましょう。子猫の時期は、一日に3回から4回にわけてあげて下さい。

Thumb【小さな妖精】シンガプーラはおとなしい?甘えん坊の猫との付き合い方とは | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラガマフィンによく見られる性格

ラガマフィンの大きさや寿命等の基本的なプロフィールをご紹介しましたが、続いてはラガマフィンの一般的な性格について解説していきます。ラガマフィンも、それぞれ個性があります。ですから、一匹一匹、個体によって性格に違いがあるでしょう。ここでご紹介している性格は、あくまでも一般的に見られる傾向です。

子猫のときはやんちゃ

大型猫種で子猫の時期が長いとされるラガマフィンですが、その子猫期はやんちゃな性格が垣間見られるようです。エネルギッシュで運動好きという程ではありませんが、好奇心が旺盛でおもちゃで遊ぶことが大好きです。キャットタワーを上り下りする運動も大好きなので、室内飼いをしていても運動不足にはならないでしょう。

甘えるのが大好き

ラガマフィンは、甘えるのが大好きな性格をしています。直系先祖であるラグドールと同様に、抱っこされる事も大好きです。ラガマフィンを作出したブリーダーさんたちは、こうした性格をキープしようと考えたのかもしれません。また、ラガマフィンは、穏やかで優しい性格でもあります。その為、他の猫やペット、小さなお子さんとも上手に関係を結ぶ事が出来るそうです。

甘えん坊の性格の猫は、時として自分が一番愛されたいと思いすぎてしまう傾向があります。その場合、多頭飼いには向きませんし、小さなお子さんに懐かなかったり引っ掻いたりといった行動に出てしまう場合もあるかもしれません。その点、穏やかな性格のラガマフィンにはその心配はないでしょう。むしろ、愛情深く人懐っこい性格なので、自分から擦り寄っていく子もいるそうです。

人間との触れ合いを好む

甘えん坊で人懐っこいラガマフィンは、飼い主さんはもちろんですが、飼い主さん以外の人間との触れ合いも好みます。人見知りをする子はあまりいません。お客様がいらしたら、撫でてもらいたい!抱っこしてもらいたい!と寄ってくる子が多いそうです。ただし、中には猫が苦手な方やアレルギーのある方もいらっしゃいますので、適切な対応を取るように心がけましょう。

優しく協調性が高い

ラガマフィンは優しく協調性が高い性格の持ち主でもあります。新しい環境に適応する能力が高い猫なのです。さらに、上述のように、他の猫や小さなお子さんとも上手に付き合えるので初心者の方にも飼いやすい猫と言われています。ラガマフィンのブリーダーさんたちが愛している、賢く穏やかで愛想が良いというラガマフィンの性格は、世界中で高く評価されているそうです。

いたずら好きな一面も

上述のように、ラガマフィンは3年から4年と長い時間を掛けて成熟していきます。平均寿命からすると、子猫期が3分の1程です。その間、好奇心旺盛でやんちゃな子猫期が長く続きます。ラガマフィンという名前には、いたずらっ子という意味もあるそうです。遊び心いっぱいのあどけない子猫期が長い猫種にぴったりの名前といえるでしょう。

Thumbエキゾチックショートヘアは穏やかな性格!特徴や飼い方まで徹底解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラガマフィンを飼う時のコツ

ラガマフィンを飼う時には、いくつかのコツがあります。上でご紹介したラガマフィンの基本的なプロフィールや性格を考慮し、人間とラガマフィンが共にハッピーに生活していけるように考えてあげましょう。室内で飼育した猫の方が、外に出す猫よりも長生きするというデータもあります。長く健康な状態で過ごしてもらう為に、ラガマフィンも室内飼いがおすすめです。

寿命を理解して育てる

ラガマフィンの寿命は平均して10年から13年とされています。猫種による平均寿命を理解して育てる事は、健康管理の面においても重要な意味を持ちます。年齢に合わせてフードの内容を変えたり、意識して運動させたりすると良いでしょう。もちろん猫の寿命には、環境差や個体差がありますので、もっと長生きする子もいます。

因みに、一般社団法人ペットフード協会が2019年12月に発表した全国犬猫飼育実勢調査によると、飼い猫の平均寿命は15.03歳です。ラガマフィンの平均寿命は、猫全般の平均寿命よりも少し短いと言えるでしょう。寿命がやや短い猫種なので、常日頃からフードや運動量に留意し、体調変化に注意してあげましょう。飼い主さんの対応により、ラガマフィンもより長生きできるかもしれません。

一緒に過ごす時間を確保する

上述のように、ラガマフィンは甘えるのが大好きで人懐っこい性格をしています。とても飼いやすい猫なので、初めて猫を飼う初心者さんでも心配いりません。飼い主さんは、出来るだけ一緒に過ごす時間を確保してあげましょう。一緒にいる時間は、猫じゃらしのようなおもちゃで遊ぶというよりも、抱っこやコーミングといったスキンシップがおすすめです。

大きさに適したスペースを用意する

日本でラガマフィンを飼育する場合、その多くは室内飼いになるのではないでしょうか?どんなお部屋でもラガマフィンを飼育する事は可能ですが、出来ればラガマフィンの大きさに適した広めのスペースを用意してあげたいものです。ラガマフィンの大きさは、既に述べたようにかなりの大きさです。ゆったりと動けるスペースがあると喜びます。

大型猫種のラガマフィンですが、上述のように活発に走り回る性格でもありません。また、体重が重くなるので、あまり高い場所に飛び上がる事も好まないようです。キャットタワーは、高さのあるタイプよりも安定感のある低めのタイプがおすすめです。どっしりとしたキャットタワーが設置できるスペースを、用意してあげましょう。

被毛のお手入れは入念にする

ふわふわの被毛を持つラガマフィンは、お手入れを入念にしてあげる必要があります。その理由の一つは、艶やかな被毛を保つためです。被毛が傷んだりほつれたりすると、ラガマフィンが自分で毛繕いをした際に毛が抜けやすくなります。そのまま抜け毛を飲み込んで毛球症になってしまうかもしれません。適度なコーミングやブラッシングは、皮膚病を防ぐことにもつながります。

ラガマフィンに被毛のお手入れが欠かせないもう一つの理由は、飼い主さんとのスキンシップタイムでありコミュニケーションタイムであるからです。上述のように、ラガマフィンは抱っこされる事が好きな甘えん坊の性格をしています。そんなラガマフィンとのお手入れタイムは、お互いの信頼関係をより深める時間になるでしょう。換毛期には、シャンプーも忘れずにしてあげて下さい。

食事管理で肥満を予防する

ラガマフィンのような大きさに成長する猫は、主原料にお魚やお肉が使われている高たんぱくなフードがおすすめです。ラガマフィンに限らず、猫は年齢や成長期毎に必要とする栄養素が変わります。フードのパッケージには、「子猫用」「シニア用」といった表示があるので、しっかり確認して購入しましょう。与える量も、猫が欲しがるままにあげてしまうと肥満の原因になるので要注意です。

Thumb美形猫ソマリは従順で甘えん坊な性格?一緒に遊べるおもちゃも紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラガマフィンのお迎え方法

ラガマフィンをお迎えする際には、どんな点に留意すべきでしょうか?ラガマフィンの被毛の色や瞳の色、そして価格も気になりますが、最も大切な事は、実際にラガマフィンの子猫を見て選ぶ事です。子猫自体の健康状態や性格もチェックする事が出来ますし、何よりブリーダーさんやペットショップのスタッフの皆さんとも実際に対面する事で、信頼出来るかどうかがわかるからです。

ブリーダー

ラガマフィンの子猫を入手したい場合は、ブリーダーさんからお迎えする方法がおすすめです。問題は、上述のように希少な品種であるラガマフィンは、ブリーダーさんの数自体も少ないことでしょう。それでも、スタンダードを理解し正しい方法で繁殖を行っているブリーダーさんから子猫を入手する方法が最も安心できるルートです。ケージやおもちゃ等の相談にものってくれるでしょう。

ラガマフィンの子猫を選ぶ時のポイントの一つに性別があるでしょう。オスの猫は好奇心旺盛で構ってほしがる傾向があります。メスの猫は、自由気ままでツンデレの傾向が見られます。体の大きさも違いがあるので要チェックです。寿命には性差はないとされていますが、大型化する可能性が高いオス猫は、肥満に繋がりやすいので注意がより必要かもしれません。

ペットショップ

ブリーダーさん以外では、ペットショップも人気です。ラガマフィンの子猫がペットショップの店頭に並ぶことは稀ですが、可能性がゼロというわけではありません。特に大手チェーンのペットショップなら、他の店舗でラガマフィン販売している事もあるでしょう。月齢や両親の血統等で価格は変動しますが、ブリーダーさんやペットショップでの平均価格は24万円とされています。

ラガマフィンの子猫を購入する際は、生後半年頃までがおすすめです。月齢が低い程、新しい環境に慣れやすいからです。但し、動物愛護の面から生後56日(8週間)までは販売禁止とする改正動物愛護法が2019年に成立ています。実際の施行は2年以内との事ですが、猫としてのルールを親猫から教わる為にも、生後8週間ルールを遵守しているブリーダーさんやショップはおすすめです。

里親募集・譲渡会

上述のように、希少種であるラガマフィンは里親や譲渡会で出会う事はほとんどないでしょう。特に子猫と出会える可能性は低いです。それでも、何か事情があって手放した方がいないとも限りません。地域の保護団体等が主催するこうしたイベントに足を運んでみても良いでしょう。団体によっては譲渡する条件が細かく規定されているところもありますので要チェックです。

Thumbセルカークレックスってどんな猫?特徴や飼い方などを簡単に解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラガマフィンがかかりやすい病気

大型猫種であるラガマフィンは、上述のように子猫の時期はやんちゃですが成長するにつれ運動量が減っていきます。それでいて大食漢なので、肥満には要注意です。その他にも、遺伝性の病気や猫がかかりやすい病気等もあります。ラガマフィンがかかりやすい病気を見ていきましょう。飼い猫の健康管理は、飼い主さんの責任です。

多発性嚢胞腎

ラガマフィンがかかりやすい病気として、まず挙げられるのは多発性嚢胞腎症(たはつせいのうほうじんしょう)です。ペルシャと血縁関係にある猫種に見られる遺伝性の腎臓病で、両方の腎臓に小さな嚢胞が数を増やしながら大きくなっていく病気です。腎臓が肥大化するにつれ、食欲不振や多多尿、体重減少という症状が出ます。ゆっくりと進行していく病気です。

多発性嚢胞腎症の治療方法は、食事療法や血圧降下剤での高血圧対策等があります。この病気は、予防する事が難しく、完治させることが出来ない病気と言われていますが、子猫のうちに遺伝子診断や超音波検査等で早期発見する事も可能なので、気になる方は動物病院等で相談してみて下さい。

尿石症

尿石症(にょうせきしょう)は、ラガマフィンだけでなく猫全般によく見られる病気です。尿が作られて排出されるまでのどこかに石が出来る症状で、排尿困難を引き起こします。石が出来る場所によって病名も変わりますが、猫にとっては尿管結石や尿道結石は命に関わる危険があります。尿道が広がりにくいとされるオス猫は、特に注意が必要でしょう。

肥大型心筋症

ラガマフィンは肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)にも注意が必要です。この病気は、心臓の筋肉が肥大化してしまう病気で、心室が圧迫されて血流が悪くなります。違和感のある動き方や、ちょっと動いただけで息切れを起こしている時は、病院で診てもらって下さい。早期発見が難しい病気の一つなので、定期健診では超音波検査や血液検査を受けるようにすると良いでしょう。

毛球症

既にご紹介したように、長毛種のラガマフィンは毛繕いの際に抜け毛を飲み込むと毛球症になる可能性が高くなります。飲み込んだ抜け毛が消化器官の中に溜まり体外に出せない状態なので、食欲不振や吐き気があるのに吐けないという症状を見せるでしょう。軽症の場合は毛球除去剤を舐めさせて毛を排出させますが、重症の場合は開腹手術をして腸閉塞を起こさせないようにするそうです。

毛球症を防ぐ為にも、飼い主さんによる定期的なコーミングやブラッシングは欠かせません。上述のように、長毛種の猫の被毛のお手入れは、ルックスを美しくキープするだけではなく猫の健康状態を把握し、病気を防ぐ目的もあるのです。日頃から、抜け毛ケア用のフードやおやつ、猫草などを用意してあげても良いでしょう。

熱中症

長毛種のラガマフィンは、寒さには強いのですが暑さには弱い猫です。熱中症にも気を付けてあげましょう。夏場の室温管理と、飲み水を複数用意しましょう。口を開けたまま苦しそうにしていたりよだれを垂らしていたりする場合は、注意が必要です。熱中症は、重篤化すると嘔吐や下痢を引き起こし、命に関わる場合もあります。すぐに病院に連れて行ってください。

ラガマフィンにおすすめのおもちゃ

最後に、ラガマフィンにおすすめのおもちゃをご紹介しましょう。上述のように、ラガマフィンは子猫の時期はやんちゃな性格をしていますが、成猫になるとまったりと落ち着いてしまいます。ラガマフィンが興味を持つようなおもちゃを用意して、一緒に遊んであげると運動不足の解消にもなるでしょう。

じゃれ猫 LEDニャンだろー?! 光線

「じゃれ猫 LEDニャンだろー?! 光線」は、壁や床に映し出したLED光のシルエットで猫を楽しませる猫じゃらし系のおもちゃです。好奇心が強いラガマフィンにもおすすめのおもちゃといえるでしょう。光線は、ネズミの形をしています。 大きさは、幅3センチ×奥行3センチ×高さ11.5センチ。重さは34グラムしかありません。価格はオンラインショップで880円です。

ねこモテびょんびょんじゃらし

「ねこモテびょんびょんじゃらし」は、スティック状になっている猫じゃらしです。昔ながらの猫じゃらしと違うのは、スティックに付いているのがカラフルなメッシュチューブである点でしょう。ロング・トリプル・ツイストの3パターンがありそれぞれ814円。大きさは ロングとツイストが5センチ×180センチ、トリプルは5センチ×135センチです。

ラガマフィンと幸せな日々を♡

比較的新しい猫種で日本では珍しいラガマフィンの大きさや寿命、性格や飼い方等を解説しました。大型猫種に分類されるラガマフィンは、堂々とした大きさと穏やかで甘えん坊な性格とのギャップが人気を集めています。平均寿命はやや短い猫種ですが、愛情いっぱいに育ててあげましょう。ラガマフィンと幸せな日々を過ごしてみませんか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-27 時点

新着一覧