ヒャダインとももクロは不仲?確執の噂・現在の関係について調査

ヒャダインとももクロはデビュー当初は仲が良く、ヒャダインがももクロのメジャーデビューシングル「行くぜっ! 怪盗少女」や「ココナツ」等の人気曲を書いていました。ある時期からヒャダインとももクロの不仲説が囁かれるようになりましたがその真相を検証します。

ヒャダインとももクロは不仲?確執の噂・現在の関係について調査

目次

  1. ももクロとヒャダインの関係
  2. 早見あかり在籍時代のももいろクローバー
  3. ヒャダインとは?
  4. ももクロとヒャダインの不仲のきっかけ
  5. その後のヒャダインの活躍
  6. ももクロとヒャダイン 不仲解消の兆し
  7. ヒャダインももクロ不仲解消へ

ももクロとヒャダインの関係

ももいろクローバーZとは

ももいろクローバーZはスターダストプロモーション所属のアイドルグループ。以前はスターダストの「ダスト組」を標榜していたが、ブレイク後は嫌味に聞こえるためかこのネタは使用しなくなった。5名のメンバーはそれぞれ、高木れに(パープル)・百田夏菜子(レッド)・有安杏果(グリーン)・玉井詩織(イエロー)・佐々木彩夏(ピンク)(年齢順)

Thumbアイドル体重公開!乃木坂・ももクロ・あーりん・韓国アイドルも!

早見あかり在籍時代のももいろクローバー

女優として活躍している早見あかりはももクロのメンバー(ブルー)でした。早見あかり脱退後、「Z」がついてももいろクローバーZというグループ名に解消されました。一人だけ突出して背が高いのがわかります。大きいためか「ダンスがドスンドスンとしか踊れないのが嫌だった」と後に語っています。

Thumb有安杏果・握手会号泣事件の真相!病気やパニック障害の噂も。

ヒャダインとは?

ヒャダイン(本名 前山田健一)は音楽クリエイター、作詞家、作曲家、編曲家。音楽活動のみならず、ラジオ、テレビでタレントとしても活躍中。1980年大阪府大阪市住吉区生まれ。京都大学を卒業してから音楽活動を始め、ヒャダインとして動画投稿サイトに楽曲をアップしたことがきっかけとなりブレイク。

いくぜっ!怪盗少女

作詞・作曲・編曲:前山田健一。ももクロのメジャーデビュー第1弾シングルにして、代表曲。曲の中のダンスで百田夏菜子がおそろしいほどのえびぞりジャンプをします。そこから「このジャンプがアイドル史を更新する」という名言が生まれました。この名言と名曲がももクロをブレイクに導いたといっても過言ではないでしょう。(2010年5月5日発売)

灰とダイヤモンド

作詞:只野菜摘 作曲:前山田健一 編曲:近藤研二。セカンドアルバム 「5th Dimension」収録。ライブでの最後を飾るバラードの名曲です。この曲を最後にヒャダインはももクロとしばらく離れることになりました。(2013年4月10日発売)

ももクロとヒャダインの不仲のきっかけ

ある時期を境にももクロとヒャダインの不仲がささやかれ始めます。それはヒャダインがつぶやいたあるツイートがきっかけでした。

不仲のきっかけとされるツイート

セカンドアルバム「5th が出るときヒャダインさんがこうつぶやいてしまったのです。これがももクロ運営側の逆鱗に触れたようです。

これ以来、ももクロとヒャダインがテレビ等で絡むことはなくなりました。ももクロ運営やメンバーがヒャダインの事を口にすることはなくなり、またヒャダインもこの頃からテレビの露出が目立つようになりますが、ももクロのことを語ることはありませんでした。

その後のヒャダインの活躍

その後ヒャダインはももクロと袂を別ったかに見えます。しかしももクロの妹分である私立恵比寿中学やたこ焼きレインボーへは楽曲提供を続けています。そもそもヒャダイン自体がタレントとしてスターダストプロモーションに所属していますのでこの関係はなんら不自然なことではありません。むしろももクロだけを避けているように見えることが不自然な状況でした。

私立恵比寿中学

ももクロの妹分であるエビ中にも名曲を提供しているヒャダイン。「えびぞりダイアモンド!!」(作詞・作曲・編曲)、「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」(作詞・作曲・編曲)などが代表曲になります。

たこ焼きレインポー

同様にたこやきレインボーにも楽曲提供をしています。主な楽曲は、「なにわのはにわ」(作詞・作曲・編曲) 「絶唱! なにわに生まれた少女たち」(作詞・作曲・編曲)などがあります。

ももクロとヒャダイン 不仲解消の兆し

そしてある日突然、スターダストプロモーションの理事長がヒャダイン(文中では前山田)のことをツイートしました。このツイートにももクロファンは騒然としました。いよいよ雪解け間近かと期待が高まりました。

スターダストプロモーション理事長のツイート

理事長といえば川上プロデューサーより格上にあたります。その方が「もうそろそろ」と言ったことで和解への機運が高まります。

運営側の反応

しかしこのコメントはストレートに不仲解消に進むものではありませんでした。理事長のコメントに対してスターダストプロモーションの川上プロデューサーやキングレコードの宮本純乃助が反応します。この時点では決してヒャダインに好意的ではないようです。

ガチか?プロレスか?ももクロお得意の茶番劇か?

このやりとりの後、ももクロのレギュラー番組「ももクロChan」にてヒャダインが登場します。久しぶりのヒャダインとももクロの絡みです。ももクロファンもドキドキして見守っていました。

抗争勃発!? 和解へのステップ?

ビール瓶で川上プロデューサーの頭をカチ割るヒャダインとうずくまる川上マネージャー。この後川上プロデューサーを助けようとするれにちゃんもビール瓶で殴りつけます。

川上プロデューサーの宣戦布告

そして川上プロデューサーが立ち去っていくヒャダインに向かって、「やりすぎだろお前!7月31日エコパでリング用意してっからな!絶対来いよ!」と喧嘩を売り、番組は引きになりました。

ヒャダインももクロ不仲解消へ

有刺鉄線大爆破スタジアムデスマッチ

そしてエコパスタジアムでヒャダインと川上プロデューサーのデスマッチ(笑)が行われます。結果はヒャダインが大勝利を収め、長かったももクロとヒャダインの不仲が解消となりました。

そしてももクロ+ヒャダインの念願のパフォーマンス実現

その後ライブではももクロとヒャダインが同じステージに立つという歴史的和解が実現します。ももクロメンバーとヒャダインのうれしそうな笑顔が印象的です。

ももクロとヒャダインの不仲説は、本当の確執説や実は売出し用の戦略説やお得意のプロレス説や諸説あり、実際のところは本人たちでないとわからないのでしょう。しかし、ヒャダインとももクロの不仲が解消したのは事実であり、ファンの皆さんも胸をなでおろしていることでしょう。ももクロとヒャダインのコンボでさらなる飛躍が期待できますね。面白くなりそうです。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧