角居勝彦と武豊の確執の真相!調教師と天才ジョッキーの大喧嘩の噂を調査

天才ジョッキーとして有名なのが武豊です。しかし天才にはもう1人います。それが天才調教師である角居勝彦。この武豊と角居勝彦は何度もタッグを組んできましたが、2人に確執が生まれたと言われるのです。その話は本当なのか?真相に迫ります。

角居勝彦と武豊の確執の真相!調教師と天才ジョッキーの大喧嘩の噂を調査

目次

  1. 2人の天才!?武豊と角居勝彦!
  2. 武豊がスランプ!?
  3. 武豊のスランプは角居勝彦と無関係?
  4. 武豊の真の確執相手!角居勝彦ではない?
  5. 今後の武豊と角居勝彦

2人の天才!?武豊と角居勝彦!

天才ジョッキー「武豊」

名前:武豊
出身地:滋賀県
誕生日:1969年3月15日
血液型:O型
身長:170cm
職業:騎手
所属:JRA(日本中央競馬界)
趣味:競輪
特技:暑い時でも涼しい顔でいられる事

武豊のジョッキーとしての成績はまさに圧巻です。1着になること3800回を越えて、2着は2700回を越えます。獲得賞金は800億円近くにもなるのです。40歳を過ぎた今でも勝ち続ける、まさに生きるレジェンドと言えるでしょう!

天才調教師「角居勝彦」

名前:角居勝彦
出身地:石川県
誕生日:1964年3月28日
職業:調教師
所属:JRA(日本中央競馬会)

角居勝彦は調教師として「最多賞金獲得調教師賞」を何度も受賞している人物です。恐らく競馬に少しでも興味のある方なら、多くの方に知られる天才調教師が角居勝彦なのです。

武豊と角居勝彦の関係

天才ジョッキー「武豊」と天才調教師「角居勝彦」は何度もタッグを組んできた仲です。しかし、この2人に確執が生まれたとうい話がまことしやかに、ささかれるようになりました。その原因は何だったのでしょうか?

武豊がスランプ!?

TV放送された武豊の落馬

武豊と角居勝彦に確執が生まれるようになったのは、武豊のスランプが大きく関係していると言われています。そのスランプの発端となったのが武豊の落馬です!

武豊が極度のスランプ

落馬をしてから、しばらく休養を余儀なくされた武豊。ジョッキーというのは命がけの職業であり、落馬により命を落とす危険性があるのです。そのため、落馬によって休養で済んだだけでも不幸中の幸いでした。しかし、落馬をしてから武豊はスランプに陥ったのです。

武豊が引退しない理由

スランプに陥った武豊は引退間近だろう。そのような言葉をささやかれても、武豊は引退しようとしませんでした。その理由は、武豊がディープインパクトに誓った言葉を守るためだったのでしょう。

あの日、凱旋門のゴール後にディープインパクトと約束をしたんです。 絶対に、お前の子供で凱旋門のゴールを駆け抜けるからと

武豊のスランプは角居勝彦と無関係?

武豊がスランプに陥ったら、調教師の角居勝彦も面白くないだろうと思われていました。しかし、実際に武豊と衝突していたのは、角居勝彦ではなく「社台」グループと言われています。

激怒した社台グループ系の馬主

社台グループとは、馬の生産から育成まで携わっており日本競馬界になくてはならない存在なのです。この社台グループ上層部が、スランプに陥って結果の出せないジョッキー武豊に激怒したと言われているのです!

社台グループ下にある角居勝彦

天才調教師である角居勝彦も、社台グループ系の下にいるのです。つまり、武豊に騎乗依頼が少なくなったから、武豊と角居勝彦に確執が生まれた訳ではありません。社台系グループ上層部の意向に角居勝彦が従って、武豊へ騎乗依頼をしなくなったと言われています。

武豊と角居勝彦の確執という誤解

スランプになった武豊に騎乗依頼をすれば、社台グループ系の上層部に怒られるのではないか?角居勝彦がそう思っても不思議ではありません。

武豊の真の確執相手!角居勝彦ではない?

武豊と近藤利一が衝突

武豊と最も衝突したと言われるのが「近藤利一」という人物です。近藤利一は社台グループ系の馬主で、傲慢な性格と言われています。近藤利一の所有馬の成績が良く無かったら、ジョッキーを簡単に変える事でも有名です。

馬主が武豊に注文

武豊のスランプに、この近藤利一が激怒したのは容易に想像がつきます。実際に近藤利一は武豊のやり方に注文をつけた事も知られているのです。ジョッキーのプライドもある武豊としては、ジョッキーでもない馬主にそこまで注文をつけられるのは面白く無かった事でしょう。

武豊と近藤利一が口論

武豊がアドマイヤオーラで負けてしまった時の事です。ジョッキーでもない近藤利一と騎乗方法を巡り、口論になったのです。それから近藤利一は、武豊に騎乗依頼をしなくなりました。つまり真の確執相手は近藤利一と言って良いでしょう。

今後の武豊と角居勝彦

スランプを克服した武豊

スランプに陥った武豊でしたが、復調の兆しが見え始めたのです。2015年にはキズナに騎乗して5度目のダービー制覇を成し遂げたのです。

このキズナこそ、ディープインパクトの子供だったのです。いよいよ武豊は、ディープインパクトと交わした約束を守る為に、キズナと一緒に凱旋門賞に挑戦する事になるでしょう。

武豊と角居勝彦のタッグ

スランプを克服して、社台グループ系から騎乗依頼が徐々に増えてきた武豊。現在では社台グループと和解したという話題でもちきりです。そのため、天才ジョッキー「武豊」と天才調教師「角居勝彦」のタッグが増えてくるのは間違いないでしょう。

武豊の関連記事はこちら

Thumb武豊が勝てない!その理由は落馬が起因?引退危機が迫っている?

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2022-10-06 時点

新着一覧