マツコ・デラックスの性別はどっち?男か女か、本名についても調査

バラエティ番組やCMで大活躍のマツコ・デラックス。毎日のように目にする割にはミステリアスな部分も多く、そもそも性別はどっち?という声も多く聞かれます。性転換手術はしているの?トイレは男性用?女性用?マツコ・デラックスの性別についてまとめてみました。

マツコ・デラックスの性別はどっち?男か女か、本名についても調査

目次

  1. 性別は男?女?マツコ・デラックスのプロフィール
  2. ズバリ!マツコ・デラックスの性別は?
  3. 様々な処で「女装家」と紹介されているマツコ・デラックス。
  4. マツコ・デラックス自身も性別は男性であると証言
  5. もはや性別を超えた存在?マツコ・デラックスの今後

性別は男?女?マツコ・デラックスのプロフィール

名前:マツコ・デラックス(本名非公開)
生年月日:1972年10月26日
出身地:千葉県千葉市
血液型:A型
星座:さそり座
職業:コラムニスト・エッセイスト・タレント
性別:???

主な出演番組:2005年より「5時に夢中!」で初のレギュラー出演。現在も出演中で、マツコ・デラックスにおいて最も長く続くレギュラー番組。以降、「ホンマでっか!?TV」「マツコ&有吉の怒り新党」「マツコの知らない世界」「月曜から夜ふかし」「アウト×デラックス」「夜の巷を徘徊する」「マツコ会議」「ビートたけしのいかがなもの会」など、他にはラジオやテレビドラマ、CM出演など。

バラエティ番組を中心に、CMなどで常にその姿を目にするマツコ・デラックス。普通の中年女性に見えますが、性別は?

ズバリ!マツコ・デラックスの性別は?

もはや、テレビなどで毎日のように目にするマツコ・デラックス。その姿を見ても性別は「大柄の中年女性」に見えるため、「マツコ・デラックスは女性である」と抵抗なく受け止めている人も多いかもしれません。確かに、声を聞くと男性の面影もありますが、マツコ・デラックスくらいのトーンで喋る女性は珍しい訳でもなく、辛口の言葉遣いも単なるキャラクターとして不自然さが無いため、性別を女性と思い込む人がいても、何ら不思議ではありませんね。

ただ、マツコ・デラックスのプロフィールを検索すると、至る所で「女装家」や「女装タレント」などと表記されており、結論から言ってしまうとマツコ・デラックスの性別は男性であることがハッキリしています。ちなみに、自身が子供の頃からゲイであることもカミングアウトしています。

様々な処で「女装家」と紹介されているマツコ・デラックス。

マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本の女装コラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。千葉県千葉市出身。所属事務所はナチュラルエイト。

マツコ・デラックスが現在のような立場になる以前は、ゲイ雑誌「Badi」の編集者として働いていたそうですが、もちろん性別は男性でその頃はまだ女装はしていなかったようです。こちらがその頃の写真。ヒゲを伸ばし、外見は完全に男性ですね。

その後、人間関係を理由に「Badi」を退職。執筆活動を始めるものの、それだけでは食べて行けず、ドラァグクイーンとしてアルバイトをしたり、ゲイバーの雇われママとして働いたりしたそうです。ちなみにドラァグクイーンとは、女装姿で行うパフォーマンスの一種。つまり、マツコ・デラックスが性別は男性ですが、女装に目覚めたのはこのときかもしれません。

2002年、初となる自著「アタシがマツコ・デラックス」を出版。新宿2丁目界隈で働いていたものの、女装をしたマツコ・デラックスの姿が最初に世に出たのは、この時が初めてだったのかもしれません。

新宿2丁目で働いていた頃、テレビ番組に出演したマツコ・デラックス。かなりケバい女装ですね。

その後、徐々にテレビへの露出が増え始めたマツコ・デラックス。その個性的なキャラクターが受け、徐々にタレントして名を馳せていきます。そうなると、やはり「マツコ・デラックスの過去の姿」にも改めて目を向けるメディアも出てきます。そこで暴露されたマツコの姿がこちら。

完全なるスッピン顔に無精ひげ、坊主頭と、女装をしているマツコ・デラックスの姿からは程遠い写真。この写真を見ると、やはりマツコ・デラックスの性別は男性だったんだと確認できます。

マツコ・デラックス自身も性別は男性であると証言

女装家であり、性別としては男性であることが明らかになっているマツコ・デラックス。本人も特にその部分を隠すつもりはないようです。改めて男性である、ということを公言するわけでは無いものの、当たり前のように自身が男性であることを表す言葉が色々と残っています。

彼は「普段はただの太ったオトコだから」と言うのである。

また、「女装をしていれば男性トイレは使わないのでは?」という疑問も沸き起こっているようですが、これについてもマツコは自らの口で説明していました。

マツコは女性用トイレには入らないのである。彼は「はるな愛のように、なりきっていれば女性用トイレも入れるだろうけど」と言う。

はるな愛は、もうどこから見ても完全に女性。

マツコ・デラックスはあくまでも「女装家」であり、現時点では性転換手術は行っていないようなので、性別は男性です。なので普段は男性用トイレを使っている様子。つまり、自身で性別とはしては完全なる男性だと認めているということになります。ちなみに、はるな愛は性転換手術をし、戸籍も女性に変更しているので、当たり前に女性用トイレを使うということになりますね。

もはや性別を超えた存在?マツコ・デラックスの今後

マツコ・デラックスの性別について、様々な資料を元にまとめてみました。性別としては男性であることが分かっているマツコ・デラックスですが、出演するテレビ番組などで取り上げるテーマは多種多様。政治からオタク路線まで、その鋭い感性と豊富な知識で切り込んで行きます。そこには、単なるオカマだからとか、ゲイだからとかいう偏った視線ではなく、マツコ・デラックスという性別を超えた存在の目線があります。

セクシャル・マイノリティとして辛い経験をしたことも語ったことがあるマツコ・デラックス。辛口ながらも単に嫌われ者としての存在ではなく、随所に愛情と優しさが感じられるところが、これだけメディアに出続ける理由でしょう。身体は男性、性的対象も男性ですが、外見は女性。ただし、心の中は男性と女性の良いところを共存させている、理想的な人物なのかもしれませんね。これからもマツコならではの視線で我々を楽しませてくれるはずです。

マツコ・デラックスの関連記事はこちら

Thumbマツコ・デラックスの経済効果とは?あの一言で数億円?
Thumbマツコ・デラックスの性格は?毒舌だけど優しい?
Thumbマツコ・デラックスの事務所は?事務所の社長と運命の出会い?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧