前田敦子の出身高校はどこ?偏差値や学生時代のエピソードを調査

AKB時代はセンターとして絶対的な人気を獲得し、卒業後はバラエティー番組や女優として幅広く活躍の場を広げていった前田敦子さん。アイドルは高校等の学業が疎かだと思われる傾向がありますが、こと前田敦子さんに関しては2つの高校に通っていたという噂があるようです。

前田敦子の出身高校はどこ?偏差値や学生時代のエピソードを調査

目次

  1. 元AKB48前田敦子は高校を卒業したのか
  2. 前田敦子が卒業した高校はどこ
  3. 前田敦子が通った高校の偏差値について
  4. 前田敦子の高校生時代とは
  5. 【まとめ】前田敦子は高校もしっかりと行きアイドルとの両立を図っていた

元AKB48前田敦子は高校を卒業したのか

元AKB48センター前田敦子は高校を出ているか

国民的アイドルであるAKB48のセンターを連続で獲得していた前田敦子は、高校を卒業したことがあるのでしょうか。また卒業していたとしたらどこの高校なのでしょうか

過去のアイドルから見ると学業は

アイドルというと芸能活動が忙しく、あまり学業に専念することが難しいといわれています。ましてや前田敦子のようにAKB48のセンターを常時獲得するような人気アイドルともなればなおさら高校の勉強もついていくのも難しいかったのではないでしょうか

70年代のアイドルの代表ピンクレディーは堀越の高校に通うのは勿論、食事をする時間もままらなかったといわれています。

社会的風潮の変化

またAKB48誕生以前のモーニング娘の時代では、子供にそこまで働かせるのはどうだろうという風潮が高まったせいか高校など学業優先とハロプロはしていたようです。とはいっても建前という面もあったようですが

そして、AKB48の前田敦子時代はモーニング娘の辻ちゃんと加護ちゃんの学業を疎かにさせてしまった失敗が世間に露呈してしまった反省からAKB48では忙しくても学業を優先という形をとったらしくできる子では偏差値60以上の子もいるということらしいです

なので前田敦子がもしモー娘。時代であれば仕事優先だった可能性が高いですが。現在はそうではない可能性の方が高いということになりそうです。昔はめちゃくちゃで大人の都合が優先されがちだったので前田敦子はアイドルにやさしい時代にアイドルになれたのかもしれないです。

Thumb山本彩はどこの高校に通っていたの?気になる出身校を調べてみた! | Pinky

前田敦子が卒業した高校はどこ

前田敦子は高校にちゃんと通っていた

前田敦子は高校に通っていたのかどうかなのかですが、ズバリ!高校にはしっかりと前田敦子も通っていました。

どこに通っていた&ダブルスクーリングをしていた?

では、どこの高校に通っていたのでしょうか。また噂によれば前田敦子は2つの高校に通っていたといわれています。ダブルスクーリングをしている時期でもあったのでしょうか。

アイドル御用達の高校か

冒頭でも出ましたアイドルなどがよく通う高校に堀越があります。前田敦子もそこに通っていたのかというとそれは違っていて、日出高校という高校に通っていたそうです。

そして前田敦子は日出高校から晃陽学園高校の通信制に転向をしたそうです。理由としては晃陽学園高校の通信制であれば学業とアイドルとしての活動を両立しやすかったからと言われているようです。

一昔前では堀越高校がアイドルが一番多い高校と思われていましたが、現在では日出高校の方がアイドル等タレントが多く通う傾向にあるようです。理由は通いやすいからというシンプルな理由のようです。

前田敦子ほどであれば相当忙しいはず。にもかかわらず忙しい合間をぬってでも高校をちゃんと卒業しようと頑張ったのはとっても偉いと思いました。そういう面からも前田敦子はちゃんとした強い意志を持ったアイドルだと思いました。

前田敦子が通った高校の偏差値について

前田敦子の通った高校の偏差値はどの程度か

そこで次に気になるのが、前田敦子の通っていた高校の偏差値についてです。偏差値(標準偏差)とうのは調査した母体の基準からどれだけ離れているかという事を客観的な数値によって表したもので学力の偏差値の標準はだいたい50です。

現在前田敦子をはじめ多くのアイドルが通っていたとされる日出高校の偏差値は42とうことだそうです。42と聞くとちょっと低いかな思うかもしれませんが巷に溢れる高校や大学の偏差値はあくまで目安です。

偏差値のカラクリ

同じ偏差値でも有名私立の進学校へ行く生徒が沢山いるような予備校などではじき出される偏差値は必然的に母体の学力も上がってしまう傾向にあるので、ある高校あるいは大学の偏差値が上がったり下がったりします。

大学を引き合いに出しますと一般的に、駿台が難しく各大学の偏差値は低くなる傾向にあり進研ゼミの模試ではじき出される偏差値は高くでる傾向にあります。中には駿台と進研ゼミでは5~10ほど差が出る場合もあります。

前田敦子は馬鹿じゃない!

なので前田敦子をはじめ多くのタレントが通った。日出高校の偏差値も42とは出ていますが実際入学するには50ほどないと余裕で合格し入学後忙しい中勉強についていくというのは難しいかもしれません。なので前田敦子の学力は標準位はあると見ていいと思います。

私なんかは一生懸命毎日勉強してやっとこさ偏差値55ちょと超えたくらいなので、前田敦子は結構努力家で偉いなと思いました。先ほどの偏差値のカラクリがわかっているとちょっと模試で高い偏差値を出してみたい場合は進研ゼミの模試を受けて親御さんに見せてあげると喜ばれるかもしれません。自分にストイックな方は駿台模試がおすすめです。

前田敦子の高校生時代とは

前田敦子の通信制高校の生活は

前田敦子の高校生時代はどのようなものだったのでしょうか。友達はやはり同じアイドルの友達でしょうか。通信制の高校に代わってからはパソコンで授業を受けたりしていたのでしょうか。

通信制の高校と一般的な全日制の高校の大きな違いは、毎日高校に通うかどうか、通信制の高校になると学校の子に合うのは月に数回あるスクーリングのみとなります。なので前田敦子も高校生活を3年間毎日友達とエンジョイしたとは考えにくいです。

前田敦子のブログから読む

前田敦子が通信制の高校に通っていたと思われる時期のブログをくまなく読んでみたところ、高校の話題に触れていたのはわずか2回でした。2009/04/03と2010/01/07の2回のみのようでした。もしかしたら見落としや検索不足もあるかもしれませんが。

その日のブログでは前田敦子は無事高校三年生に進級できたことを報告する感じの内容で宿題と戦っていたそうです。その事を報告せねばと思っていたが遅くなったといった感じの内容もありました。ここでも忙しい合間をぬって学業にもしっかりと頑張っていたことが伺えます。

私も高校時代は結構宿題も頑張ってましたけど、仕事してたわけじゃないので、時々遊びもしてましたね、大学受験前の1年半ほど前からは結構頑張りましたが普段はそうでも無い感じだったので、そんなところは前田敦子の見習えるいい部分だと思いました。

【まとめ】前田敦子は高校もしっかりと行きアイドルとの両立を図っていた

前田敦子の高校時代があったのか、またどのような高校時代だったのかについてみてきました。前田敦子は思った以上に頑張り屋なんだなという事がわかりました。そして学業のレベルも標準位のものでちゃんとしてるんだなということもわかりました。これからも芸能活動を頑張って行ってほしいと思います。

前田敦子の関連記事

Thumb野田洋次郎の彼女「マキ」は死去?前田敦子・吉高由里子など歴代元カノ一覧
Thumb前田敦子に熱愛報道!女性セブン画像がすごいと話題!お相手の彼氏は?
Thumb佐藤健の熱愛彼女遍歴!前田敦子や土屋太鳳、有村架純とも?【画像あり】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-20 時点

新着一覧