NMB渡辺美優紀がソロデビュー!今までの経歴や売上についてまとめ

小悪魔的な魅力でファンを虜にするNMB48の渡辺美優紀。「じゃんけん大会」で優勝しソロデビューを果たしました。昭和のアイドルを意識したキャッチーな曲ですが、どれだけ売れたのか気になるところです。渡辺美優紀のソロデビューについてまとめてみました!

NMB渡辺美優紀がソロデビュー!今までの経歴や売上についてまとめ

目次

  1. ソロデビューが話題!渡辺美優紀の経歴
  2. 小悪魔だけど堅実?渡辺美優紀ってどんな人?
  3. 昭和のアイドル?渡辺美優紀がソロデビュー!
  4. CD不況の中、渡辺美優紀ソロ曲の売上は?
  5. 渡辺美優紀がNMB48を卒業!気になる渡辺美優紀の今後

ソロデビューが話題!渡辺美優紀の経歴

じゃんけん大会で優勝し「やさしくするよりキスをして」でソロデビューを果たした、人気アイドル・渡辺美優紀。ソロデビュー曲の売上はいかほどだったのでしょうか。気になるところですが、まずは渡辺美優紀の経歴を振り返ってみましょう。

ダンスを活かしたい気持ちがきっかけ

渡辺 美優紀(わたなべ みゆき)は1993年9月19日生まれの奈良県出身。「みるきー」という愛称で親しまれています。渡辺美優紀は幼いころからダンスをしていて、それを活かしたいとNMB48の1期生オーディションに応募。見事合格し、アイドルとしての道を歩み始めます。

写真集が大人気に

2012年11月20日には1stソロ写真集「みる神」が発売。このソロ写真集では、同時発売となったNMB48・山本彩のソロ写真集「さや神」との売上対決が、スシローのCM出演権をかけて行われました。

オリコンランキングで見事勝利した渡辺美優紀のソロ写真集「みる神」は、2013年上半期のランキング写真集部門にて3位を獲得するなど目覚ましい成果をあげました。

チームを転々?

NMB48の1期生でチームNのメンバーとしてデビューした渡辺美優紀。しかしそこだけには留まらずAKBグループ内での兼任も経験しました。AKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」で選抜されたのを皮切りに、翌年のコンサートではAKB48チームBとの兼任が発表。

2014年にはチームBⅡへ異動し兼任先がSKE48チームSへと変更されることになります。翌年には兼任先がSKE48チームSからAKB48チームBへ再び変更されるなど、目まぐるしく所属を転々としました。しかし、ソロとしての渡辺美優紀の人気は勢いを増すばかりだったようです。

小悪魔だけど堅実?渡辺美優紀ってどんな人?

「釣り師」

渡辺美優紀といえばファンの間では「釣り師」として有名です。釣り師といっても釣り上げるのは魚ではなく、ファンの心だそうで。1人を虜にするどころか全員の心を鷲掴みにするので、プロデューサーの秋元康曰く「釣り」というようりも「投網」なんだそうです。

わるきー

そんな「釣り師」と呼ばれるほどの小悪魔っぷりから渡辺美優紀は「わるきー」とも呼ばれています。「悪いみるきー」から来ている愛称なので本人はあまり気に入っていなかったそうですが、関係者のフォローもあって渡辺美優紀の中にある別の人格という解釈で受け入れているそうです。

この愛称を受けて、NMB48の4thシングル「ナギイチ」の劇場版には「わるきー」という渡辺美優紀のソロ曲が収録されています。このソロ曲は人気が高く、他のAKBグループメンバーにもよくカバーされる定番ソロ曲となっているようですね。

計画的に生きるタイプ

可愛らしい見た目とふわふわした雰囲気のある渡辺美優紀。そんな印象とはうらはらに、渡辺美優紀は割と計画的で堅実なようです。

中学のころには将来をしっかり見据え、人生計画を自分なりに練った渡辺美優紀。助産師になりたいと思い、逆算して、まずは進学校に入るため塾に通い猛勉強。無事第1志望に合格します。しかし高校2年のNMB48オーディションで人生が変わり、アイドルの道へ進むこととなりました。「アイドルの仕事は計画通りにはいかない」と話す渡辺美優紀ですが、自分の中では色々としっかり決断をしているのかもしれませんね。

昭和のアイドル?渡辺美優紀がソロデビュー!

そんな小悪魔なみるきーこと渡辺美優紀。2014年9月17日の「AKB48グループ じゃんけん大会 2014 〜拳で勝ち取れ! 1/300のソロデビュー争奪戦〜」では見事優勝し、ソロデビューの権利を勝ち取ります。

2014年12月24日には「やさしくするよりキスをして」でNMB48メンバーとしては初のソロデビュー。ファンの間ではこのソロデビュー曲が大きな話題となりました。

昭和のアイドルをイメージして作られたこの曲。その徹底ぶりはCDジャケットにも及びました。渡辺美優紀はいわゆる「聖子ちゃんカット」のウィッグを装着し、表情もどことなく昭和アイドルを彷彿とさせる物憂げなもの。ジャケットそのものも紙ジャケ仕様で帯も昭和当時のレコード風に仕上がっています。

CD不況の中、渡辺美優紀ソロ曲の売上は?

AKBグループでは12人目、NMB48としては初のソロデビューを飾った渡辺美優紀。気になるのはその売上ですよね。CD不況と言われる現代ですが、ソロデビュー曲「やさしくするよりキスをして」は果たしてどれだけ売れたのでしょうか。

オリコン4位!

「やさしくするよりキスをして」の初週売上枚数は41068枚で、オリコン週間ランキングで4位を記録しました。これは2014年の「女子アイドルCDシングル初週ランキング」で前田敦子、安室奈美恵、aikoに続いて4位の記録です。

CDが売れないと言われる中、この数字は立派です。しかもグループ曲ではなくソロで初週4万枚以上を売り上げるとは、やはりアイドルの人気は凄まじいものがありますね。

渡辺美優紀がNMB48を卒業!気になる渡辺美優紀の今後

1stソロデビューシングル以降、ソロ曲を発表していない渡辺美優紀。新しいソロ曲が聞きたいところですが、なんと2016年4月13日のNMB48劇場公演にて、渡辺美優紀の卒業が発表されました。

やっぱり同期のメンバーが、たくさん卒業していって、見渡すと本当に後輩たちが、キラキラ輝いていて、次世代と呼ばれているNMBのメンバーに”今”を任せたいなと心から思いました

今後、芸能活動をするのか何をするのか未知数な渡辺美優紀。グループから飛び出してソロの渡辺美優紀がどんな風になって、ファンを驚かせてくれるのか今から楽しみです。渡辺美優紀の今後から目が離せません!

渡辺美優紀の関連記事

Thumb渡辺美優紀は妊娠で卒業?引退説も!気になる卒業後を徹底調査!
Thumb渡辺美優紀(元NMB48)セクシー水着グラビア画像まとめ!カップ数は?
ThumbNMB48メンバー人気ランキングTOP20!画像と共にプロフィール紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧