【ハンカチ王子】斎藤佑樹の現在は?球速や成績など徹底検証!

高校時代に「ハンカチ王子」の愛称で人気を博した現在プロ野球選手である斎藤佑樹さん。現在、斎藤佑樹さんは怪我などで思うような成績が伸ばせずもがき苦しんでいる訳ですが、実際のところは現在どうなのでしょうか。斎藤佑樹さんの現在について見ていきましょう。

【ハンカチ王子】斎藤佑樹の現在は?球速や成績など徹底検証!

目次

  1. かつての甲子園のスター・斎藤佑樹さんの現在を追う
  2. 現在の斎藤佑樹さんを見ていく前にプロフィールから
  3. いばらの道のプロ野球人生・斎藤佑樹投手
  4. 斎藤佑樹さんの球速は?現在の持ち球は?
  5. 斎藤佑樹さんの成績の推移は?
  6. 斎藤佑樹さんの年俸推移は?現在の年俸は?
  7. 2016年現在の斎藤佑樹さんは?

かつての甲子園のスター・斎藤佑樹さんの現在を追う

高校時代に甲子園を沸かせたスターの1人、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹さんですが、2016年現在思うような活躍が出来ておりません。高校時代からずっと期待されていた斎藤佑樹さんですが現在はあまり話題にもあがることもなくなってしまいました。

お茶の間に「ハンカチ王子」の愛称で、人気を博したかつての甲子園のスター・斎藤佑樹さん。大学卒業後プロ野球の世界に足を踏み入れた訳ですが、度重なる故障やフォーム崩れなどがあり、2016年末には引退するのではという噂まであります。高校時代からのファンからすると、現在の落ちぶれ度を想像できなかったでしょう。現在ほとんど活躍なしの斎藤佑樹さん。これからどうなってしまうのかとファンもとても心配しています。

冷静なマウンドさばきと端正なルックスで人気だったアマチュア時代の斎藤佑樹さんに比べ、プロ入り後どこか泥臭さを感じるようになりました。この画像からも現在の斎藤佑樹さんの心境を表していると言えるでしょう。

様々な意見がある中、現在ももがき苦しみながらも活躍を思う斎藤佑樹さん。そんな斎藤佑樹の現在を追っていきましょう。

Thumb日ハム斎藤佑樹、オールスターゲームで孤立しぼっちに!?画像アリ | Pinky

現在の斎藤佑樹さんを見ていく前にプロフィールから

高校時代からハンカチ王子として大人気となった斎藤佑樹さん。それではまず現在の斎藤佑樹さんを見ていく前に華々しいプロフィールから見ていきましょう。

1988年6月6日、群馬県太田市生まれ。東京・早稲田実高3年時に春夏連続甲子園出場。夏の第88回全国高校野球選手権大会の決勝では駒大苫小牧との延長15回引き分け再試合を制して、全国制覇を達成した。

泥臭いイメージのある高校野球に突如現れた「優等生」が斎藤佑樹さんでした。お尻ポケットに忍ばせたハンカチで汗を拭う姿から、「ハンカチ王子」と呼ばれるようになりました。現在よりも希望に満ち溢れた斎藤佑樹さんをみることができていました。

全国制覇した高校野球を終えてからも注目度は増すばかりであった斎藤佑樹さんは、大学進学の道を選びました。名門・早稲田大学に入学後すぐに頭角を現し、1年春のリーグ戦では開幕投手を務め、見事勝利投手になっております。以後も活躍を続け、4年次にはキャプテンとしてリーグ戦優勝と全国制覇を果たすなど、大活躍のアマチュア人生となりました。

Thumb日ハム斎藤佑樹のハゲ・薄毛がヤバイ!成績不振のストレス?画像あり | Pinky

いばらの道のプロ野球人生・斎藤佑樹投手

鳴り物入りでプロ野球界に飛び込んだ斎藤佑樹さんですが、1年目、2年目の成績はまだしも、それ以降の活躍はほぼ皆無の状態にあります。日ハムとしても即戦力として獲得した選手だからこそ歯がゆいところでもあります。ファンから待望されていた斎藤佑樹さんの活躍でしたが現在はあまり活躍の場に恵まれていません。

斎藤佑樹さんのプロ入り後、ホームランを浴びるケースや、集中打を受け大量失点してしまうケースが多く見られるようになりました。過去のあれほど絶好調だった斎藤佑樹さんの面影が現在はありません。

期待され登板させられるものの、炎上してしまい降板を余儀なくされてしまう試合が多くあり、「斎藤佑樹引退か」という噂も立ってしまうほどです。全くもって現在地がぼやけている斎藤佑樹さんの野球人生を象徴しているとも言えましょう。斎藤佑樹さんも現在そのような噂を聞いていて胸が痛いに違いありません。

実際にプロ入り後はフォームが悪くなったとも言われており、コーチ陣より指導を受けることが多くなってきた斎藤佑樹さん。そのせいもあるのでしょうか、右肩関節唇損傷など故障が続出してきてしまいました。現在では患部を労わりながらも負担の少ないフォームを見出しているなど、創意工夫をしながらも努めているようです。画像でもわかるように肘の高さが低くなっていることも指摘されている点と言えましょう。

現在の斎藤佑樹さんの姿を、大学時代を見ている人間がどれだけ予想ができたのでしょうか。故障はしょうがないにせよ、高校時代に躍動していた斎藤佑樹さんの姿ではないことはたしかであると言えましょう。

Thumb日ハム斎藤佑樹がポルシェを譲り受けていた!車庫飛ばしで罰金の可能性? | Pinky

斎藤佑樹さんの球速は?現在の持ち球は?

それでは現在から高校時代まで遡り、斎藤佑樹さんの球速の推移を見ていきましょう。現在は平均球速は140km/h前後で、プロでは最速147km/hを計測しました。変化球はスライダー、フォークボール、ツーシーム、カットボールを軸としておりますが、アマチュア時代の最高球速は大学時代の150km/hでしたので球速が落ちていると言えましょう。

ではなぜ斎藤佑樹さんの現在が当時よりも悪くなっているのでしょうか。それは以下の動画からわかる部分も多いでしょう。

斎藤佑樹さんは「練習嫌い」で有名です。大学時代はほぼ練習していなかったのではとも言われております。にも関わらず、ウエイトトレーニングによって球速アップを求めたところ、フォームが崩れたままであるなど現在まで尾をひくことになりました。こうして現在の引退説が語られるほどになる斎藤佑樹さんが誕生していきます。

斎藤佑樹さんの成績の推移は?

思うような活躍が出来ず、成績も伸び悩む斎藤佑樹さんですが、日ハムの首脳陣としても悩ましいところであります。そこで通算成績について以下より見ていきましょう

ルーキーイヤーの2011年と2012年の斎藤佑樹さんは先発ローテーションマンバーとして、日ハムの投手陣を引っ張るであろうと期待されていました。しかしながら、蓋を開ければ負け越しており、自慢のコントロールが乱れていきました。画像では強気な発言をしている様子が分かりますが、この時期から少々弱気発言が目立つようになっていきました。

斎藤佑樹さんは2012年のシーズン後に右肩関節唇損傷と診断され、思うように投げれない日々が続くことになります。2013年と2014年は合わせて7試合の1軍登板に留まりました。この時期から「引退」という噂が絶えなくなりました。

フォーム修正などを続けてきた2015年の斎藤佑樹さんは、再度1軍での登板数も増えてきました。しかしながらあまりパッとしないというのが印象で、定着することができませんでした。下手すれば2015年で斎藤佑樹さんは首を切られるかもしれないという噂もありましたが、何とか2016年も契約更新することができました。画像でも2016年への意気込みを表していることがわかるでしょう。

斎藤佑樹さんの年俸推移は?現在の年俸は?

思った成績を出せていない斎藤佑樹さんですが、プロ野球選手として注目される年俸の推移はどのようになっているのでしょうか。

年 年俸(推定) チーム 背番号 2016年 2300万円 北海道日本ハムファイターズ 18 2015年 2500万円 北海道日本ハムファイターズ 18 2014年 2800万円 北海道日本ハムファイターズ 18 2013年 3500万円 北海道日本ハムファイターズ 18 2012年 3000万円北海道日本ハムファイターズ 18 2011年 1500万円 北海道日本ハムファイターズ 18

こういった形で、成績の割には比較的穏便な契約を結んでいると言えましょう。これは日ハムとしても斎藤佑樹さんの「収益力」を無視できないところもあるようです。実際グッズの売り上げやチケットの売り上げは、選手間で比べてもトップのほうに位置するなど、非常に大事な選手でもある訳です。その点を考えると、2016年シーズン斎藤佑樹さんは活躍しなければならないと言えましょう。

2016年現在の斎藤佑樹さんは?

正念場を迎えた2016年現在の斎藤佑樹さんはどのようなシーズンを送っているのでしょうか。2016年5月25日現在の様子を見ていきましょう。

現在の斎藤佑樹さんの画像ですが、ネット上で話題になっているのは「ハゲ」てきたということです。年齢も重ねていることはもちろんですが、周囲の期待とバッシング、そして思うようにいかない自分自身のフラストレーションが溜まっている現在の心境が現れていると言っても過言ではないでしょう。よっぽどのストレスを斎藤佑樹さんを襲っているのは間違いないようです。

5月25日現在、3試合に登板し無失点の活躍を見せております。以前のように低めに集めるピッチングで、安打を許しながらも要所を締めるピッチングでチームの勝利に貢献しているようです。栗山監督としても斎藤佑樹さんを使っていきたい意向で、チームとしても現在クローザー不在の状況が続いているため斎藤佑樹さんを「クローザー」として使っていきたいようです。

斎藤佑樹さんの投球スタイルはツーシームを低めに集め打たせて取るピッチングですので、現在が原点回帰してきていると言えましょう。ここからが本当の勝負どころでしょう。

日ハムのクローザーとして長く活躍してきた増井投手が不調のため、斎藤佑樹さんにとって現在はチャンスの他でもない状況です。このチャンスを生かせば、チームのなくてはならない「クローザー」として復活の狼煙を上げることができるでしょう。

あまり練習が好きではない斎藤佑樹さんですが、現在の自分の置かれている立場と、チームの現在地を踏まえれば更に練習することが求められるでしょう。特に10月頃まで続くシーズンですし、中継ぎであれば多くの試合での登板機会が考えられるため、ケアなどもマメにしていく必要があるでしょう。

高校時代からたくさんの人に期待され現在はプロ野球チームでプレーをすることができている斎藤佑樹さん。そんな斎藤佑樹さんは現在でもなかなかうまく成績が残せていないことにきっと憤りや悔しさを感じていたのでしょう。

これからはイチローを見習い練習に励んで現在の状況から抜け出してほしいですね。やっと復活の狼煙があげれそうな2016年現在の斎藤佑樹さん。斎藤佑樹さんファンはいまでもたくさんいます。あの甲子園を沸かせた時の斎藤佑樹さんが戻ってくることをファンは現在も信じています。今シーズンの活躍を期待していきたいものです。

斎藤佑樹さんをもっと知りたいあなたへ!

Thumb甲子園スター斎藤佑樹が実力を発揮できず戦力外秒読み?悲惨な現在に迫る | Pinky
Thumb【甲子園ではライバル関係】田中将大と斎藤佑樹の格差がひどすぎる…。 | Pinky

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧