ハンカチ王子こと斎藤佑樹の現在までのビッグマウスをまとめてみました!

ファイターズ所属の斎藤佑樹。期待の星として入団しましたが、プロ1〜3年目の斎藤佑樹は成績が振るわずその言動からビッグマウスと呼ばれてしまいます。果たして斎藤佑樹は本当にビッグマウスなのでしょうか?インタビュー動画を踏まえてビッグマウスと呼ばれる所以に迫ります。

ハンカチ王子こと斎藤佑樹の現在までのビッグマウスをまとめてみました!

目次

  1. ハンカチ王子の愛称で一世を風靡した斎藤佑樹
  2. 日本中が熱狂に揺れた田中将大と斎藤佑樹の対決
  3. 2011年にファイターズに入団する斎藤佑樹。ビッグマウス伝説の幕開けです。
  4. プロ入り5年目。ビッグマウスも影を潜めます。斎藤佑樹は引退するのか?
  5. 2016年の斎藤佑樹はビッグマウスではなくなった?
  6. 野村克也氏が斎藤佑樹のフォームの解説と辛口エール
  7. 崖っぷちでも応援してくれる根強いファンが多い斎藤佑樹
  8. まとめ:現在の斎藤佑樹は復活に向けて調子を上げています!

ハンカチ王子の愛称で一世を風靡した斎藤佑樹

プロフィール

名前:斎藤佑樹
出身地:群馬県太田市
生年月日:1988年6月6日
身長:176cm
体重:76kg

斎藤佑樹は2010年にドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団しています。右投げ右打ちでポジションは投手です。プロ初出場は2011年4月17日となっています。

日本中が熱狂に揺れた田中将大と斎藤佑樹の対決

2006年、夏の甲子園で田中将大と斎藤佑樹が投げ合いをし、お互いにエースの意地がぶつかり合い投手戦となっていました。延長15回になってても折り合いがつかず、その日はなんと甲子園史上37年ぶりの引き分けで終わりました。

結局2006年の甲子園で斎藤佑樹は投球回69、投球数948、奪三振数78という素晴らしい成績を残しています。投球回と投球数は歴代1位、奪三振数は坂東英二に続いて歴代2位となっています。彼女など目もくれず、野球に打ち込んだ結果ですね。

2011年にファイターズに入団する斎藤佑樹。ビッグマウス伝説の幕開けです。

劇的な幕切れとなった甲子園大会。対戦した球児たちが次々とプロ入りしていきました。そんな中、動向が注目されていた斎藤佑樹は「未熟な自分を成長させたい」という思いから、大学進学を決意します。その後、プロ入りするのですが・・・。

斎藤佑樹のビックマウス

現在の斎藤佑樹の最高球速は145km前後です。いずれは160kmと目標は高くもつのはいいものの、マウンドに上がると打たれるケースが多く実力と目標が見合ってないとして「斎藤佑樹はビッグマウス」と囁かれるようになりました。

また、プロ入りした頃から、複数の彼女がいたとマスコミに取り上げられたこともありました。色々な彼女いるとは、遊び人ですね。。。

カイエンに乗りてえ

高級外車のポルシェカイエン。車が好きなんでしょうか。800万〜1100万する外車です。年棒が2500万だとすると、約半分ですね。この他にも青山に住みたいなども豪語していました。この頃は斎藤佑樹のビッグマウスも健在です。

マウンドを下される斎藤佑樹

開幕戦でも対戦打者に打ち込まれ、首脳陣の評価が下がってしまった斎藤佑樹。

プロ野球スピリッツの斎藤佑樹

KONAMIから発売されているプロ野球スピリッツでの斎藤佑樹のデータです。ピンチに弱い特殊能力がある点や四球が出やすいといった能力を所有しているあたり、このデータを取った人は、斎藤佑樹の評価と成績を忠実に再現していますね。

ケガに悩まされる斎藤佑樹

プロ入りしてからの斎藤佑樹は一貫して投球フォームが安定していないことが原因で怪我に悩まされる事が多かったようです。2軍に落とされる事も多く、なかなか自分の中の理想像と擦り合わないことに対して苦しんでいたようです。この当たりからファンからも評価が下がり、引退が噂され始めます。

シーズン勝利数を20勝に目標を掲げる斎藤佑樹

プロ入り入団当初の目標を聞かれた際のインタビューに答える斎藤佑樹。当時はまさか自分がここまでいい結果を残せないとは考えていなかったのでしょう。メディアから持て囃されていたのもあり、ハンカチ王子はビッグマウスになっていたのかもしれません。

弱気な斎藤佑樹。あの時のビッグマウスはどこへ。。。

目標が去年よりも1勝というビッグマウスらしくない弱気な発言ですね。2軍でシーズンを終える事が多くなってきているからでしょうか。斎藤佑樹の表情も心なしか暗いです。

プロ入り5年目。ビッグマウスも影を潜めます。斎藤佑樹は引退するのか?

ハンカチ王子と呼ばれ、その名前が一人歩きしている事にもがき、苦しんでいた斎藤佑樹。様々なインタビューを通じて自分の気持ちを吐露しています。入団前よりもビッグマウスはなりを潜めています。

先発にこだわる斎藤佑樹

以前のインタビューにおいて、「誰にも荒らされていない真っさらなマウンドが好き。だから先発にこだわりたい」と話していた斎藤佑樹。しかし思うような結果が出せず、クローザーに転向する事も。

2016年の斎藤佑樹はビッグマウスではなくなった?

野村克也氏が斎藤佑樹のフォームの解説と辛口エール

崖っぷちでも応援してくれる根強いファンが多い斎藤佑樹

まとめ:現在の斎藤佑樹は復活に向けて調子を上げています!

2016年に1軍復帰し、勝利投手になりました。同じチームメイトの大谷翔平もホームランで貢献しました。

斎藤佑樹の関連記事はこちら!

Thumb【ハンカチ王子】斎藤佑樹の現在は?球速や成績など徹底検証!
Thumb甲子園スター斎藤佑樹が実力を発揮できず戦力外秒読み?悲惨な現在に迫る
Thumb斎藤佑樹の現在の評価は?高校からプロまでの軌跡を辿ってみた!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-17 時点

新着一覧