舛添要一がついに調査結果を発表!選任弁護士の説明に都民激怒?

舛添要一の政治資金流用疑惑に関する調査結果がついにでました!先日の会見で「第三者による厳しい目で」を壊れたレコードのように繰り返していた舛添要一でしたが、さて、どのような人たちによってどのような調査結果が出たのでしょうか?有権者の皆さま必見です!

舛添要一がついに調査結果を発表!選任弁護士の説明に都民激怒?

目次

  1. 舛添要一のプロフィール
  2. 舛添要一ってどんな人?
  3. 舛添要一の政治資金流用疑惑とは?
  4. 第三者による調査結果を出すということ
  5. 政治資金流用疑惑に関する調査結果
  6. 舛添要一の調査結果を受けての「けじめ」
  7. 政治資金流用疑惑の調査結果に関するまとめ

舛添要一のプロフィール

本名:舛添要一
生年月日:1948年〈昭和23年〉11月29日
出身地:北九州市八幡東区
出身校:東京大学法学部政治学科
特技・趣味:乗馬、ゴルフ、スキー、柔道(講道館二段)、金魚・熱帯魚飼育、美術鑑賞、書道
好きな芸能人:矢沢永吉
経歴:1979年4月~89年6月 東京大学教養学部政治学助教授
1989年7月~07年7月 舛添政治経済研究所所長
1999年2月~01年8月 国際大学GLOCOM主任研究員・教授
参議院議員
厚生労働大臣
参議院予算委員会理事
新党改革 代表

舛添要一ってどんな人?

結婚3回子供が5人?

最初の結婚は1978年、フランス人女性との結婚ですが、3年で別れています。二回目は当時大蔵省官僚であった片山さつきとお見合いで1986年に結婚しています。こちらも2年3ヵ月で破たんしています。そして、最後が1996年に結婚した現在の妻である雅美です。子供に関しては、2人の愛人のところに合わせて3人、現在の夫人との間に2人の子供がいます。

二人目の妻であった片山さつきの話では、舛添要一は当時大蔵省の官僚で、係長でもあった片山さつきに大蔵省に勤めているなら、金回りがいいだろうと思ったのに、何も良いことがないと言い、それでもお給料の約半分程度を家庭に入れさせられたと述べています。月収が手取りで20万円ちょっとであったとのことですが、一般家庭では仮に10万円家に入れていたとしても、10万円が小遣いとして残るのだから十分すぎるのではないかとも思えるのですが・・・

ちょっと帰りが遅くなると、大声でまくしたて、物を投げつけてくるので、嫌になってたった3ヵ月で離婚を考え、弁護士に相談したといいます。そういった中で、当時舛添要一には愛人がおり、妊娠3ヵ月であったが、舛添要一はなかなか離婚に同意せず、やっと離婚が成立したのは2年後のことでした。

舛添要一の政治資金流用疑惑とは?

始まりは高額すぎる海外出張費や公用車の使用に関する問題でした。その後出てくる出てくる、叩けばホコリが出るとはまさにこのことと言えるでしょう。あまりのことに、思わず初めの原因はなんだったろうか?という疑問になかなか答えを出せないほどでした。

舛添要一はあの人にそっくり?

会議目的で宿泊したホテルが実は家族旅行だった疑いがあるとのことで、公用車を使って別荘のある湯河原に通っていた一件に続くスキャンダルとして、絶体絶命のピンチに立たされていた時のことです。舛添要一と、同じく金の問題で失脚した元兵庫県議の野々村竜太郎との間に奇妙な一致が見られるというのです。

なるほど。このポーズ、確かに見覚えがありますよね?このポーズと会見中の大号泣で有名になった、あの人です!でもどうしてでしょう?

そうです!この人、元兵庫県議の野々村竜太郎です。右手と左手の違いはあるものの、二人のポーズは瓜二つです。デジャブを感じて、そのうち舛添要一も号泣し出すんじゃないかと不安になるくらいです。

「厳しい第三者の目で調査する」

5月20日に開かれた定例記者会見で、舛添要一は冒頭に「ご心配、ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げたい」と述べた後は「政治資金に精通した弁護士に調査を依頼した」として、「第三者の弁護士」によって調査し、その調査結果を公表するという言葉を繰り返すだけで、まともな返答は得られませんでした。

政治資金に関する一連の疑惑について、舛添要一は5月13日にやはり記者会見を開き釈明しましたが、その後もインターネットオークションで落札した美術品代を政治資金から支払っていました。また、都知事選(2014年)に無所属で出馬したにも関わらず、代表を務めていた新党改革が解散する直前に自身の資金管理団体に政党交付金429万円を含む526万円を寄付した疑惑などが浮上してきました。

第三者による調査結果を出すということ

2016年6月6日16時、東京都庁での会見で舛添要一の政治資金流用疑惑の調査結果を都民に報告しました。政治資金を使った「盆と正月のホテル代金」「大量の絵画購入」「飲食代金」「自宅への政治事務所賃料」などについて「第三者の厳しい目」での調査結果を2名の弁護士が発表しました。

検事出身の弁護士である、佐々木弁護士と森本弁護士による調査結果として述べられたのは「一部不適切なものはあるが違法性はない」というものでした。つまり「セコいけど法的な罰はない」といったところでしょうか?

舛添要一の政治資金の調査をしたのはどんな人?

森本哲也弁護士(42)は2020東京五輪・パラリンピックの白紙撤回された旧エンブレムの選考過程を調査する外部有識者の1人でした。米ニューヨーク州の司法試験にも合格した後は、弁護士登録をし、検事任官しました。東京地検の刑事部などに在籍後、昨年、再び弁護士に復帰したとのことです。検事時代は、さいたま地検特別刑事部で経済事件などを手掛けていたそうです。現在は佐々木弁護士と同じ事務所に所属しています。

佐々木善三弁護士(63)は、岩手県陸前高田市出身で中央大学卒業後、1979年に検事に任官しました。東京、大阪両地検の特捜部に長く在籍し、そのしつこく食らいつくところから「マムシの善三」との異名をもっていました。リクルート事件や住専事件など政界汚職かかわるような大型事件を扱い、東京地検特捜部副部長も務めました。2012年11月に退官後は弁護士登録をし、その豊富な捜査経験を生かして、様々な第三者委員会の委員を歴任したとのことです。新しくはプロ野球統一球変更が未公開だった問題に関する第三者委員会の委員や小渕優子元経済産業相の政治資金問題の第三者委員会の委員長も務めました(昨年10月に「小渕氏は不正に関与しておらず、法律上の責任はない」との調査結果を公表)。

政治資金流用疑惑に関する調査結果

調査結果によると、舛添要一は2011年10月、福岡県内の書店で漫画「クレヨンしんちゃん 北与野博士編」やクイズ本などを購入しています。調査結果は「家族を同伴した出張の際に買っており、家族のために購入したとみられてもやむを得ないでしょう。適切とは言い難い」としました。
2013年、14年の正月に宿泊した千葉県木更津市のホテルの計約37万円は「家族旅行と判断するしかない」との調査結果でした。

調査結果によると、ほかにも舛添要一は「ピザの本」や「江戸流そば打ち」などの本を購入しています。舛添要一の神奈川県湯河原町の別荘にはピザ窯があり、舛添要一は「ピザを焼いて支援者に振る舞った」。「そばを打ちながら政治談議をしたことがある」とも話したと言います。「楽しい金魚の飼い方」もあったが弁護士は「不適切とまでは言えないが、避けるべきであった」としました。確かに調査結果はわかるのですが、その調査結果から導き出される答えがずれているとしか言いようがありません。

また、続けて調査結果によると、東日本大震災翌日の11年3月12日に中国・上海で買ったのは、シルクの男性用中国服2着、筆やすずりなど計約14万円分の商品です。舛添要一は「書道の際に中国服を着用すると筆がスムーズになる」と説明しました。弁護士は「書道を趣味としているが、政治活動にも生かしている」と指摘しています。保管していた中国服が墨汁で汚れていることを確認し「知事の説明は具体的で説得力がある」とし、不適切とは言えないと調査結果の中で位置付けました。これらの調査結果に苦笑いする報道陣もいましたが、ある意味それが正常な反応であると思えてなりません。

舛添要一の調査結果を受けての「けじめ」

舛添要一は調査結果を受けて、不適切な支出と指摘された飲食代など125万円の返金、政治資金で買った440万円相当の美術品は美術館に寄付し、公用車の使い方が問題になっていた湯河原の別荘の売却を表明しました。

しかし、調査結果がどうこうより、家族の飲食代など返金するのは当たり前だし、美術品も政治資金で買ったのだから寄付しても痛くも痒くもない。ましてや別荘の売却をしても、その売却益は舛添要一に全額入るわけで、これで「けじめ」と言われても、その意味はさっぱり分かりません。

舛添要一はこのような調査結果が出ているにも関わらず、自分がなぜ批判されているのかわかっていないのか、はたまた分からないフリをしているのか疑問ですが、少なくとも「違法性はないのだから自分は悪くない」と思っている節はありますね。都民は調査結果の中で違法かどうかを知りたいのではなく、道義的責任や舛添要一の人間性を問題にしているのです。

第三者の調査結果を口実にして舛添要一が続投を宣言したことが、民意とのギャップを物語っています。実際、舛添要一本人は調査結果がどうであろうと辞任するつもりはサラサラないのですから。

妻である雅美も堂々とインタビューに答え、「間違ったことはしていません!」と声を大にして述べています。余談ですが、この妻・雅美は夫が謝罪会見を開いているまさにその瞬間はどうしていたかと言うと、ママ友たちと一緒に4650円のランチを食べていたそうです。

政治資金流用疑惑の調査結果に関するまとめ

このような調査結果があろうとなかろうと、舛添要一が辞任せずに都知事の座に居座っているのは、どんなに都民が騒ごうが、現在の状況では所詮は自分をクビにすることはできないだろうと高をくくっているからでしょう。

実際、都議会の自民党と公明党は、表向きは舛添要一批判を繰り広げてはいるが、降ろすつもりは全くなく、初めから続投の方針を決めているようです。

しかし、有権者はそれでいいのでしょうか?舛添要一を都民が直接辞任に追い込むことは難しいとしても、舛添要一を許す自公の都議や国会議員たちを都民はよく覚えておかなければならないでしょう。

舛添要一の関連記事はこちら

Thumb舛添要一の今現在!激やせで顔が悲惨なことに!政界復帰は?【画像】
Thumb辞任を迫られる舛添要一の子供の現在は?年齢や通っている学校、妻の姿など家族の詳細まとめ
Thumb舛添要一がついに調査結果を発表!選任弁護士の説明に都民激怒?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-24 時点

新着一覧